詰め合わせ

 
 朝方は3℃、最高気温は14℃と冷え込みが厳しくなりましたが、陽射しにあふれ、風も弱かったので、案外過ごしやすく感じた一日でした。


 昨日も朝方2℃、最高気温13℃で、2日続きで冬本番の感じになったので、留守していたことの埋め合わせの意味を含め、改めてキタキチョウ探しをしてみました。


 まずは本日の看板です。
 
キタキチョウ×3(秋型 シロチョウ科モンキチョウ亜科 15:29)
20141115-kitaki001-003-01.jpg
 ワラビの葉裏の3重連です。
 
(13:48)
20141115-kitaki001-003-02.jpg
20141115-kitaki001-003-03.jpg
 毎年キタキチョウの越冬観察をしている裏の崖の窪んだ場所です。例年は写真中央辺りで見かけることが多いのですが、この場所だと風の影響が大きいような気もします。

 これまで2個体が並んで越冬しているケースを観察したことはありますが、3個体並存は初めてです。どのような順序で3頭が並んだのかを考えると興味深いものがあります。
 なお、看板の写真は100mmマクロレンズに換装して改めて撮影したものですが、2時間弱の時間差があっても全くというほど動きがありません。
 
 
キタキチョウ×5(秋型 15:29)
20141115-kitaki004-008-01.jpg
 東の崖の崩土より南側(左側)です。
 円形の線が細くて分かり難いですが、場所を考えると#5と#Xは居残ったままです。両者の間の個体は#6がいた場所ですが、戻ってきたのかどうかは定かではありません。
 
 
キタキチョウ×4(秋型 14:19)
20141115-kitaki009-012-01.jpg
 東の崖の崩土より北側(右側)です。
 他の個体よりかなり低い場所で、特に下側の個体は地表から50cmほどの場所です。
 
(15:36)
20141115-kitaki009-012-02.jpg
 ↑の写真の上部3個体を南側(左側)から撮影しました。手前の2個体は同じワラビの茎にぶら下がっています。
 
 
キタキチョウ #8(秋型 13:37)
20141115-kitaki013.jpg
 これも居残り組です。と言っても、3個体とも個体識別ができている訳ではありません。
 
 
キタキチョウ(秋型 13:37)
20141115-kitaki014.jpg
 14個体目です。左後翅が大きく欠けています。
 この個体だけは東の崖の上端の里道の奥、お隣の元茶畑のチャの葉裏にぶら下がっています。


 今季はたくさんキタキチョウを見かけたと感じていたのですが、両方の崖だけでこの状況です。チャの木に潜っている個体もたくさんいそうですが、これ以上見つけると管理できそうにありません。
 定着を確認した段階で改めてナンバリングし、♂♀の識別もした上で個別管理に移行しようと考えています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 蝶(越冬) 

Comment

No:6650|
こんにちは。
すごいです! すご過ぎます!
左にキタキチョウ×4、右にキタキチョウ×5 ですか?
ここはもう、『キタキチョウ越冬団地』と化したのですね(^_^)
これだけの人気団地、さぞかしお家賃はお高いのでしょうね・・・
見回りは寒くて大変でしょうけど、でも懐は暖かいでしょう♪
…って、冗談ですよ!
管理人さんも、お風邪など召しませんようお気をつけくださいね。

突然ですがここで一曲・・・
♪四つのお願い聞いて 聞いてほしいの〜
 いえ、一つのお願いでだけでいいのですが・・・
 赤丸印を、前ブログのようにもう少し太くしていただくと有り難いです。
 いえね、細い赤丸もウオーリーのようで、探す楽しみはあるのですが、
 如何せん、目を凝らさねば見えないのでね・・・
 (手をかけて赤丸をしていただくだけでも有り難いことなのに、
  少々図々しいお願いだとは思いますが…)
No:6651|14個体は凄い
昨日、埼玉県中部の公園でキタキチョウなどの
越冬蝶を探してみました。
暖かくなった10:00頃到着したので、藪の中
から、キタキチョウだけでなく、キタテハ、
ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ
が続々出てきて寝床探しは失敗に終わりました。
No:6652|みさとさん
壁面緑化なんてのもあるので、崖面黄化はいかが。もう一つでしょうね。
水滴コロコロを創っていただいた方ですから、キタキチョウ越冬団地を採用させていただきます。とすると、裏の崖の窪地周辺をA棟、昨日までは見かけなかった裏の崖の東側部分をB棟、東の崖の崩土から南側をC棟、北側をD棟、里道奥側を別棟でいかが、余計に分からなくなりますね。^O^

本日は最高気温が17℃と比較的暖かく、キタキチョウも翔んでいたので、大きな動きがあるのかなと思っていたのですが、14-1+2=15で小動きでした。
目指せ2桁だったのですが、いざそうなるともういいよとなりますね。

赤丸の線は込み合っていたので細くしてみましたが、失敗でした。ウオーリーを期待される向きもあったので、まいっかと・・・^^;
No:6653|ヒメオオさん
在庫整理のご都合もおありとは存じますが、八重山だけでなくて足元の情報もお願いしますね。^O^

キタキチョウも、これだけの数になると食傷しますね。マーキングでもしていれば何番さんご案内で分かりやすくなるのですが、秩父の方のような技能も馬力もありませんね。

ムラサキシジミやウラギンシジミも探すのですが、キタキチョウの数が増えるばかりで、一向に見つけられません。(^^ゞ
No:6654|
14頭も確認できたんですね。
今季はわりとかたまった場所にいるようですね。
まさかuke-enさんの体をチョウが心配してくれたのでしょうか?(^▽^;)
全頭とも触角が格納されているんでしょうか。
越冬体制に入っていればいいですね。
No:6655|
14個体ですか。
キタキチョウには止まりやすく、uke-enさんには見つけやすい場所という好条件のフィールドですね。
ウラギンシジミの場合もそうですが、同じ葉裏に複数が止まるのは、好まれる場所が同じなんですね。
こちらはどこを見回してもキタキチョウが隠れているようです。
その代わり、ウラギンシジミだけはよく見つかります。これから冬眠入りの数が増えてくる予想なので、落ち着いたらあちこちの越冬個体を探してみたいです。
No:6656|
こんばんわー
よくも…まぁ…この様な場所で小さな蝶を
見付けられるとは・・・。
私ならば望遠鏡が無ければ見付ける事ができません。
そして、鈴なり状態のキタキチョウ…これにも驚きです。
まさに、キタキチョウ群生楽園ですね。
この状態で越冬…と、なると、観察も楽ですかね。
今朝、我が屋の庭でキタキチョウを探しましたが、
見付ける事ができませんでした。
そもそも、居なかった…が、正解かもしれません。
そうそう、ムラサキシジミ⇒ムラサキツバメの件、
ありがとうございました。
勉強になりましたよ。
No:6657|定例会
毎月のようにやっているホタルの定例会。
草刈り、ゴミ拾いさくらモミジに肥料やり
蝶の越冬の記事を見せてもらっていますが
16日の草刈り、まさかここが越冬場?
数頭のきたきちょうが飛び出してきました。
悪いことをしました。すべてワラビや笹をきいり倒しました。
No:6658|各位
この間、のっぴきならない用事で実質的には留守同然、観察どころかカメラも触っていない状態でした。
ぼつぼつ再開しますが、コメントをいただいている皆さんには失礼しています。個別の返事も書かせていただきますが、とりあえずのお詫びです。
No:6659|hitori-shizuka さん
今季集まっていると言うよりも、個体数が多いから越冬適地では蝶口密度が高いのではないかと思っています。これが移動すると、どれがどれやら分からなくなります。

早朝や夕方は触覚をほとんど格納していますが、この時は日中でもを格納している個体が多かったですね。余り移動しないので、そろそろ本格的な越冬時期に入ったのではないでしょうか。
No:6660|twoguitar さん
越冬キタキチョウ探しにはかなり習熟したつもりですが、やはり足元にいるものは見つけ難いですね。しかも、うっかりクローズアップを撮ろうとすると、支えの場所に別個体がいて安定しません。

ウラギンシジミも探していますが、適木?の1本は昨季風で倒れ、1本は家内が台刈りに近い状態にしてしまったので、ほかの木で探していますがまだ見つかりません。
No:6661|kucchan さん
望遠鏡よりは視野の広いオペラグラスのほうがよさそうです。ただ、探しなれると案外見つけられるし、薄暗いと黄色が目だって探しやすいです。

この押しくら状態がずっと続いてくれるといいのですが、キタキチョウは集まることがほとんどなさそうなので、すぐ離れそうです。(^^ゞ
ムラサキシジミ、ムラサキツバメなどは翅を寄せ合って越冬しますが、キタキチョウやウラギンシジミは集まらず、それがそれぞれの越冬スタイルであり習性なのでしょうね。
No:6662|自然を尋ねる人さん
先に見つけていれば、そこだけ刈り残して、そっとのぞいて見てごらんとやれば、冬でも人が来てくれたかもしれないのに残念でしたね。
私もそうだったですが、冬チョウは卵か蛹でいて春に羽化するものと思ってる方は多く、冬に成虫を見ると驚くと思いますよ。

真冬に追い出されると翔ぶためにエネルギーを使い越冬は難しくなると思いますが、この時期なら少ないですが翔んでいるものもいますから、べつの場所に潜り込んでいそうですね。
寒い時間帯に近所を探してみてください。
No:6663|キタキチョウ
こいてちらさんを真似して21日午前
ポカポカ陽気の中蝶探し、
探す必要はありませんでした。
蝶の方がでてきてひらひら、それを追いかけてみました。
とまった場所が越冬場所かな。
No:6664|自然を尋ねる人さん
明日(もう今日!)以降の日中その場所を確認してみてください。昼間もジッとしてたら越冬態勢、いなければ一泊の場所だったということになります。
ただ、暖かくなるようですから、くれぐれもそっとのぞいて見てごらん ♪ですよ。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する