通せんぼ

 
 朝方は17℃でしたが、台風19号の吹き返しの強い北風が冷たく、最高気温は19℃どまり、20℃を割ったのはこの秋初めてのことです。
 夕方には既に朝の気温より低くなり、明朝は10℃を割り込みそうです。


 台風19号の影響を見回りましたが、プラ鉢一つが倒れた程度で何の被害もなさそうでした。念のため進入路を下ってみると・・・
 
倒竹
 左の斜面上に竹やぶがあり半分ほど枯れていますが、進入路を塞いでいました。
 たまたま新聞休刊日だったので、午前7時過ぎのこの時刻までに登ってくる人がなかったことが幸いでした。

 少し風が強いとよく竹が倒れるので、大きな顔をして台風の被害とは言いがたいものがあります。(^^ゞ
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 アサギパトの途中、いつもの場所で見張りです。
 ♂は追い払うけれど、♀は通さないのでしょうね。^O^


 アサギマダラは4日連続で見かけていません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節   

Comment

No:6555|
こんばんわー
台風一過の昨日の我が地域は最高気温27℃で暑く、今日は、相反して最高気温17℃と寒く感じる一日でしたよ。
で、台風被害・・・
「プラ鉢一つが倒れた程度で何の被害も無かったと」の事で
良かったですね。
家も、対策忘れのブルーベリープラ鉢二つが倒れ、心配してた
巨峰の房落下も一つと被害が少なくて安心しました。
ただ、風は相当強く感じましたよ。
で、ウラギンシジミ・・・
開翅姿が撮れるとは・・・今季の私は一枚も撮れません。
じっと、待てばよいのかもしれませんが、逃げる事が多くて
どうも、今季は無理みたいです。
No:6558|kucchan さん
台風19号の被害は、大したことがなくて何よりでした。対策と言っても、あれだけ鉢数が多くて果樹などもあると、なかなか行き届きませんね。
何とかしたいと無理を重ねず、なったらなったようにも一つの考え方です。ただ、都会にお住まいだと隣近所に迷惑がかかる場合もあって、考えなければいけないことが多いですね。

ウラギンシジミがテリ張りの際開翅するのは、日向ぼっこだけでなく、オレンジ色を♀に見せるためもあるのかも知れません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する