寝相調査

 
 朝方は15℃、最高気温は25℃、陽射しは多かったもののやはり秋晴れにはほど遠い一日でした。
 
 
ハエマンサス・アルビフロス(マユハケオモト ヒガンバナ科)
マユハケオモト
 まだ頬に当ててみたことはありませんが、ほっぺが黄色くなるかも知れませんね。
 背景は入れ損ないですが庭のハマフジバカマ、やっと咲き始めたところです。まだ、アサギマダラだけでなく蝶影は見かけません。



 アサギマダラを見かけなかったので、霧もなかったのですがなんとなく裏の畑を回ってみました。
 
 
モンシロチョウ(夏型 ♀ シロチョウ科シロチョウ亜科 8:17)
モンシロチョウ夏型 ♀
 寝姿は大きな葉や花弁に翅を閉じてぶら下がるスタイルのハズですが、チャの葉上で半開翅していました。
 昨夜からずっとこうだったのかどうかは分かりません。若しかすると、羽化直後で翅を広げたままなのかも知れません。
 
 
メスグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 8:21)
メスグロヒョウモン ♀
 やはり夏休み明けでしょうか、翅がずい分傷んでいます。
 草むらで気づかずに翔ばれたので、この姿で寝ていた訳ではありません。
 
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 8:22)
ヤマトシジミ
 水滴コロコロにはなっていませんが、絵になりそうに思いました。イヌタデをボケさせた写真もあるのですが、それも今一つです。
 主役は何?とツッコミが飛んできそうです。(^^ゞ
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 昼過ぎに、車庫(元納屋)のサッシ窓トラップにかかっていました。
 手に乗ってくれたら助けてあげるよとのいつもの誘いにも耳を貸さないので、しかたなく窓を開けて逃がしてやりました。
 えっ、窓を開けることができたの?と驚かれた方もいらっしゃると思いますが、世間とはそんなものですよ。^O^
 
アカタテハ
 トラップのものとは多分別個体と思われますが、東の畑のハマフジバカマに初のチョウ訪花です。
 こちらは木陰になる場所で、庭のハマフジバカマより開花が少し遅れているようです。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
 東の畑で翔び回り、吸蜜している様子はなく、遠いのは100mmマクロレンズを装着していることもありますが、敏感で近づかせてもらえませんでした。
 ヒメアカタテハは少し久しぶりですが、これから11月にかけてが我が家でのシーズンです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  野草 

Comment

No:6539|
ブラシノキというのがありましたが、頬紅ブラシに似た花があるんですね!
ハマフジバカマは、背が高くてスッキリとしていますね。

我が家のキジョランですが、葉が残り1枚になったところで、新芽が出たところまでお知らせしましたが、その新芽が2枚の葉になりかかっているので植え替えは延期し、しばらく静観するつもりです。
毎日のようにアサギマダラが訪問なんて羨ましいです。
腰痛が軽くなってきたようなので、台風が去ったら低山地まで見に行くつもりです。
↓ムラサキシジミ♂であれだけ紫色の個体は見たことがないですよ。
No:6540|寝相調査
こんばんは。
夜も更けた今「寝相調査」の言葉にドッキリとしますが・・。
uke-enさんはいろいろな「調査」をなさるのですね~。

「メスグロヒョウモン」
雄と雌ではこんなに違うものなのですかぁ
どうも不思議な名前だと思っていました。「メスは黒い豹柄だぞ」的なものなのですね。

マユハケオモト
まあ あでやかな名前をもらった花ですこと!
でも ほんとに頬やら眉が黄色に染まりそう・・いったん落としてからこの白い刷毛を使いましょうか。
No:6544|twoguitar さん
ブラシノキは、キンポウジュ(金宝樹)とかカリステモンなどの名前でも売られていますが、小木のうちは立ち性に見えても大きくなればフェンスなどに誘引する必要がありますね。
横着してその辺を這わして育てていましたが、テッポウムシにやられました。

庭のハマフジバカマは、日は当たりますが周りに木があるので上に伸びているのでしょうか。今のところ、台風の風に耐えています。

>↓ムラサキシジミ♂であれだけ紫色の個体は見たことがないですよ。
新鮮な♀なら時々こんな色は珍しくないのですが、鱗粉のエリアからはどうしても♂に見えます。
No:6545|take さん
我が家の周辺では珍しいチョウをそうそう見られるわけではないので、定点観測でいろいろひねり出します。というより、知らなかったり、驚いたりする生態を見かけたら、あのチョウはどうなのだろうと続きますが、詰まるところは記事ネタ探しですね。(^^ゞ

動物でも植物でも、和名には安直なものが多いように思います。植物ではヘクソカズラなんてひどい名前もありますが、食べられなかったりするとヘビ~、イヌ~なんて、ヘビやイヌにも植物にも失礼ですよね。
チョウでも~モドキとかありますが、ワシが本家やと思ってるかも知れません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する