ピント以前(アサギマダラ(2014-04))

 
 朝方は15℃、最高気温は25℃、過ごしやすいハズなのですが、何かスッキリしませんでした。



 アサギパトの途中で、
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 ムラサキのお二方がいた場所で、テリ張りしていました。
 そこに♀がきて追いかけごっこが始まったのですが、右に左に猛スピードで翔び回り、フレーム内には瞬間のことで、あっさり諦めましたよ。^^;



 で、アサギマダラといえば・・・
 
アサギマダラ #5(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科 11:50・11:53)
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
 かなり寝坊助で、こんな時間にやっと出てきました。昨夜はお泊まりだったようです。
 この1頭だけがお隣の奥側で翔んだりとまったりで、我が家には来てくれませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ウラギンシジミ  アサギマダラ 

Comment

No:6532|朝寝坊
私は誰かとお泊りなどはしていませんが
今朝の目覚めは10時過ぎで遅かったかな。
アサギマダラ が木の付近にいますが良く見つけましたね。
チョウを追いかける内に動態視力がよくなっているのですね。
No:6534|アサギマダラに接近出来ず(涙)。
台風接近により湿気が多いからでしょうか?
こちら埼玉県南部でも本日、ウラギンシジミ
、アサギマダラをそれぞれ1頭づつ観察出来
ました。
No:6535|自然を尋ねる人さん
定宿はどんなところか存じませんが、チョウは野宿です。水滴コロコロ3人衆は見つけやすいですが、ほかのチョウでは数えるほどしか寝姿を見たことがありません。
皆さんつつましやかなのでしょうね。

アサギマダラは予測できないような翔び方をあまりしないので、遠くなら飛翔撮影もそれほど難しくはありません。近くになるとフワリフワリでもピント合わせは難しく、フレームを外れることもしばしばです。
No:6536|ヒメオオさん
台風が足を速めているようで、アサギマダラももちろんですが、吸蜜源がなぎ倒されそうです。
沖縄は厳しい状況のようですが、これ以上被害が広がらないことを願うばかりです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する