時間の問題(新生蝶(2014-No.45))

 
 朝方は20℃、3日続く20℃以下で夜になるとひやっとしています。ただ空には相変わらず雲が多く、スッキリしたお天気にはなりません。



 ↓の記事で今季我が家周辺で見かけていないチョウをリストアップしましたが、リストを眺めていてコミスジとヒメジャノメを見ていないことに喉に小骨の感を覚えました。
 いずれも決して珍しいものではなく時間の問題とは思っていても、8月も終わりを迎え少々焦りを感じ始めていました。
 
 
ヒメジャノメ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ
 東の畑のシュウメイギク(にしては大きすぎる?)の葉上で休んでいます。後翅がかなり傷んでします。
 後翅中央上部にナイキマークが見当たらないので♀のようです。

 新生蝶今季45番手で、2013/5/30、2012/6/6、2011/6/6がそれぞれお初ですから、ずい分遅れています。
 時期を考えると、例年は1化個体、今季は2化個体のように思われます。

 これで今季我が家周辺で見かけたのは、全64種のうち、新生蝶45種、越冬蝶9種の計54種で、残り10種の内訳は↓の記事のリストからヒメジャノメを消してくださいね、^O^
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/8/30)
ミヤマカラスアゲハ
 涼しくなってきたのでおとなしく吸蜜して欲しいのですが、一向に翅の開閉をやめません。
 ♂が開翅した青光りの写真をものにしたいのですが、思うようにはいかないものです。それにしても、前翅表の性標は邪魔者でしかありませんね。(^^ゞ
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/8/30)
クロアゲハ
 こちらは、この写真の後翅のような黒くない暗青色一色の開翅姿が目標です。そうなると性標の白帯は見えなくなりますが、それは見えて欲しいですね。(^^ゞ


 ↑の2種とモンキアゲハは日替わりのように姿を見せてくれますが、例年こんなことはなかったように思います。
 欲を言えば、新鮮なものが・・・^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花 

Comment

No:6362|
こんにちは。
待ち焦がれていたアサマイチモンジの訪問に続いて、今度はヒメジャノメ…と、
64種制覇に向けて、また一歩前進しましたね(^_-)-☆
あと10種ですかぁ・・・
天の神様にお願いして、今年の秋はなが〜くして貰いましょう(^_^)

ミヤマカラスアゲハとクロアゲハ、
同じ黒い蝶でも、ちゃんとそれぞれの味を出してる写真だと思います。
そりゃあ、できることなら青空の下で新鮮な個体を…と思いますけど・・・
でもまぁ、こうして花と蝶のコラボ写真を撮らせて貰えるのですから、
訪問してくれたことに感謝しなくては! …ですね(^_-)-☆

前記事の、百日草とアゲハ・・・
来年度のフォトコン候補にしたいような写真ですねぇ〜
花のこのぼかし具合とくっきりアゲハがいいですね!
とってもきれいな写真です〜♪
そして、蝶たちが幸せそうに感じますね。
眺めているこちらも、ほっこりとさせられる一枚です・・・
誤認求愛の写真も素敵で、内容的にも特ダネだと思うけど、
たぶんフォトコン審査員の中には、
誤認求愛を理解できる人はほとんどいないでしょうから、
清き1票は入りにくいかもね・・・
(高らかな鬼の笑い声が聞こえてくるような気がしますが…)
No:6363|みさとさん
昨季は何種見られたか数えていませんが、今季も制覇?は難しいでしょうね。60の大台?に届くかどうかというところでしょうか。
みさとさんちなら、南方系はともかくもそちらにしかいないものがたくさんいるのですから、数えましょうよ。ね、ね。

願いがかなって秋が長くなったとしても、ずっと秋雨ということになりかねませんね。秋霖とかすすき梅雨とか趣のある言葉はあるのですが、何といっても天高くアサギマダラの翔ぶ秋でしょうね。

鬼が笑おうと蛇が出ようと今から来季の写真を選んでおかないと、間際でジタバタすることになりかねません。そうしていても、スクリーニングに時間がかかり、締め切り間際に駆け込み応募が実態です。^^;
ところで、アゲハ、キアゲハの写真は、すでに耐火金庫に入っていますよ。^O^
No:6364|ご無沙汰です
何とはなく忙しく
ある日は山へ芝刈りに
そしてある日は海へ蟹撮りに
そして今日2日は地元へ帰り花を探しました。
No:6367|自然を尋ねる人さん
主題の山や海とは趣の異なる?コメントをしておきましたよ。
好んで、忙しさを求めておられるように見えますね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する