人生かくれんぼ

 
 昨日の雨で朝は涼しめでしたが、強い陽射しでお昼には30℃を超えました。
 午後には曇りがちで気温は上がらず、午後2時頃これといった兆候もなく夕立になりました。一旦雨は上がって、その後はだらだらの雨模様でした。
 
 
モンキアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ ♂
モンキアゲハ ♂
 夕立が上がってすぐ、花壇のペンタスに吸蜜に来ました。
 フィールドでは翅に欠けはなさそうでキレイに見えたのですが、翅表は幾分スレていて小さな欠けもありますね。
 
 
クロアゲハ(2齢幼虫? アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ幼虫
クロアゲハ幼虫
 鉢植えのウンシュウミカンで、1頭だけ見つけました。体長15mmほどで3齢間近の2齢幼虫だろうと思われます。7/26に産卵したものが孵化したのでしょうか。

 そんな遠くから見えるところにいちゃダメだよ。家内に見つかると・・・
 私は言いつけないから、後はキミの運次第だね。^^;
 
 
ヒガシキリギリス(♀ キリギリス科 2014/8/6)?
ヒガシキリギリス ♀
 玄関ポーチで踏ん張っていました。
 以前からいるヤブキリかと思ったのですが、どうも恥ずかしがりやのヒガシキリギリスのようです。
 
 
シュレーゲルアオガエルニホンアマガエルアオガエル科アマガエル科 2014/8/6)
ニホンアマガエル
 鉢植えのサンパチェンスで半分寝ています。
 眼の前後に褐色の帯がないので、ニホンアマガエルかどうか少し気になっています。
 
カエル
カエル
 Matsu さんからも?が呈されましたので、写真を追加しました。(2014/8/10追記)

 やはりシュレーゲルアオガエルでした。第一印象は大事にしなくてはなりませんね。
 Matsu さん何度もお世話様でした。(2014/8/11再追記) 
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  幼虫  昆虫(蝶以外)  その他生き物 

Comment

No:6274|
おはようございます。
網戸にするには少々寒過ぎる朝を迎えました。
この時間になって、ようやく18℃です。
昨夜までの雨でもう充分のお湿りですから、
そろそろ陽射しが欲しいなぁ…と、勝手なことを思ってます。

モンキアゲハって、どことなく気品がありますね。
無い物ねだりですから、そう見えるのでしょうか・・・
この辺りでも生息しているのかもしれないけれど、
お目にかかったことはありませんのでね。

クロアゲハの幼虫君、元気で育っていたのですね!
これだけ葉を食べられちゃったら、そろそろ気付かれてしまいそう。
どうか無事羽化までこぎつけますように・・・

遅れ馳せながら、フォトコン入賞おめでとうございます♪
わたしでしたらオオヒカゲに1票ですけどね!
希少種はもちろんだけど、木の枝の中にすっぽりと入ったこの構図、
なかなか素敵だと思いますよ〜
「オオヒカゲ愛の営み」…なんてタイトルにしたいけど、
子供たちにとっては「???」でしょうか(^-^;
『みんなの人気投票』というフォトコンは、出品作品に悩みますよね(^_-)-☆
No:6275|
ペンタスの花蜜もチョウ好みのようですね。
今季、黒いアゲハの姿をあまり見てない私から見れば綺麗なモンキーアゲハですよ。
鉢植えのウンシュウミカンにクロアゲハ幼虫、どう見ても奥さんに気づかれますね。
亭主関白もしくは拝み倒しの戦術が必要なのではないでしょうか。(^○^)
クロアゲハの観察楽しみにしてますよ。
>ニホンアマガエルかどうか・・・
他にもいるのですか?
調べて見てみるとハロウェルアマガエルと言うのもいるんですね。
インパチエンスの花に似たサンパチエンスは「サカタのタネ」が開発した交配種なんですね。

台風そのまま真直ぐ進めば香川も直撃です。
こちらは「大雨、洪水、暴風、高潮警報」が出されていますが今は強風が吹いています。
No:6276|みさとさん
台風の影響は当地ではそれほど大きなものでなく、24時間雨量累計は160mm前後(8/10 7:00)、風もだんだん強くなって来ていますが今のところ被害らしいものはありません。
昨日は一日涼しく、今朝は少し蒸している程度でしのぎやすいですが、台風が襲来すると思うと、雨量の推移と首っ引きで心が落ち着きません。

>モンキアゲハ・・・お目にかかったことはありませんのでね。
そうおっしゃられて、改めて南方系のチョウと認識しました。フィールドガイドではナガサキアゲハと同じような生息範囲とされていますが、当地ではナガサキアゲハよりずっとポピュラーです。
ナガサキアゲハが温暖化の指標の一つのように言われているのに対し、こちらは北への広がりが遅いそうです。

コンテストの写真で私の一押しもオオヒカゲです。こけおどしのタイトルにしましたが、審査員審査だとこれが入選したのではと今も思っています。こういうもので人気投票は珍しいと思いますが、それなりの対応をしなくては仕方がありません。
No:6277|hitori-shizuka さん
朝起きて台風11号が上陸していないことに驚きました。上陸して欲しい訳ではありませんが、こう進み具合が遅いと高知や徳島はたまったものではありませんね。
そちらも風が強くなっているかと思いますが、くれぐれもお気をつけくださいね。

当地は今のところそれほどのことはありませんが、昨年9月に東の畑の崖が崩れた際の雨量は180mm前後でしたから気になっています。
村当局(=村民)の防災意識は低く地域にまる投げ状態、当地域の避難場所は昔氾濫した小さな川沿いの低地、避難勧告が出ていますが、浸水を覚悟するのか、家にいて崖崩れの心配をするのか究極の選択です。

クロアゲハの幼虫対策では、家内に拝み倒さなくても聞いてもらえそうですが、観察には結構エネルギーを要しますし、なるようになるだろうですよ。(^^ゞ

ハロウェルアマガエルなんて南の島ですよ。我が家でも何度か見かけているシュレーゲルアオガエルというのがそっくりで、虹彩の色合いや眼前後の褐色帯などが識別点なのですが、知識も少ない私にはこの個体が微妙に見えますね。
No:6278|
昨夜は大雨と強風でしたので、私もてっきり台風は通過してしまったと思っていました。
ところが鳴門市内を通過中と知りました。
我家の被害は菜園場の植物がなぎ倒される被害程度で内心ほっとしました。
今回の台風は速度が遅く強風と豪雨をもたらしているようです。
今後の予想進路で、そちらも含まれていますが斜面地が心配でしょうが十分気を付けてくださいね。
No:6279|
只今、台風の目に入ったようで、クマゼミが鳴き始めました。
どちら様も被害に遭われませんように。 (-人-;) 

シュレーゲルのお子ちゃま・・・かな~? 確信なし。
uke-enさんの観察された通り、眼の前後に褐色の帯がないですし、
アマガエルかシュレーゲルかの見分けのポイントは、
鼻ぺちゃか、すっと尖ってるかで判別できるんですが、
この画像ではちょっと・・・?
No:6280|台風
10日11時前 岡山県赤穂市付近に上陸したらしいです。
ということはお宅の付近を通過する可能性も残ります。
当方の経験からすると風はかなり吹き木の葉が沢山庭や玄関につもっています。
キリギリスに東が付くのもいますか。
生き物の世界も難しいですね。
今クマゼミの合唱が始まりました。
No:6281|
こんにちわー
丁度、今頃は大雨の状態でしょうか(台風の左地域)。
くれぐれも、外はどうなってるのかと、出ないで下さいね。
で、モンキアゲハ・・・
ペンタスの花で吸蜜中ですね。
家にもペンタスは植え付けてますが、この様に黒い蝶が
遊びにきて、吸蜜する姿はありません。
ただ、ヒラヒラと飛び回るのみで、撮影する機会がありません。
この地域の黒い蝶はサービス精神が無いように思われます。
そうそう、クロアゲハの幼虫・・・
単なるアゲハの幼虫に似てますね(ど素人の観察力)。
私なんかでは、クロアゲアか、アゲハなのか判断が出来ません。
可能ならば、蛹の様子も見たいですね。

No:6282|hitori-shizuka さん
当地は午後になって雨が強くなってきましたが、京都中部のように時間雨量40~50mmとは比較にならず、10mm超え程度です。ただ降り始めからの雨量は200mmを超えました。
そちらと同様そろそろ暴風圏から抜けるかなといった感じです。庭の野菜や草花は幾分か被害はありますが、とにかくこのまま終わって欲しいですね。
No:6283|Matsu さん
そちらは台風がほぼまとも、ただ勢力が縮小しつつあったので、被害のないことを祈っておきますね。無神論者ですから効果があったかどうかは・・・(^^ゞ

第一印象はシュレーゲルでしたが、えらいメタボだし、虹彩や指先の色などをつらつら眺めていると不安になりました。^^;
トンボでもそうですが、お子ちゃまの場合成体の特徴が現れないことも多いので困ります。鼻ペチャかどうかとおっしゃられても、どちらも鼻ペチャに見えますよ。^^;

写真を追加したので、天の声をお願いしますね。
No:6284|自然を尋ねる人さん
そちらの大雨や台風の影響はいかがでしたか。堂々川の様子を見に行かれた(る)のじゃないかと案じています。お気をつけくださいね。

>岡山県赤穂市
県境を東に少しずらせば当たりですが、私も兵庫県の西か東か地図で確認しないと分かりませんでした。
ナヌッ!とおっしゃる方がいたら困りますので、姫路がどの辺りかはよく知ってますよ。姫路城修復中に行ったら、えらい遠かったですから・・・(^^ゞ

当地も暴風圏は抜けたみたいですが、まだまだ終わったとは思っていません。何事もなくと願うばかりです。
No:6285|kucchan さん
>(台風の左地域)
kucchan さんも私同様地理感覚に欠けているのでしょうか。当地の隣が旧上野市(現伊賀市)だとご存知じゃなかったでしょうか。^O^

風も雨も小康状態ですが、玄関先をのぞく程度で家の周りの点検などは明日のことと思っていますので、ご安心ください。

>クロアゲハの幼虫・・・単なるアゲハの幼虫に似てますね(ど素人の観察力)
いえいえ、おっしゃるとおりですよ。生き延びて終齢幼虫になると、kucchan さんがかわいいとおっしゃる姿になりますよ。
蛹になるため逃亡するのかどうか知りませんが、家内の目を逃れたら載せますね。^O^
No:6286|
台風が関西を通過中で、大雨による被害が心配ですね。
がけ崩れなどないよう祈ります。
こちらは、雨が昨日から時々強く降っています。先ほどから、急に風が強くなってきたので、植木鉢の転倒防止をしてきたところです。
図鑑で見ると、モンキアゲハとナガサキアゲハは似たような分布をしていますね。
しかし、モンキアゲハは、昭和48年(1973年)初版の
カラーガイド 日本の蝶Ⅰ(保育社)
で分布北限が石川県、茨城県になっており、関東には以前より定着していますが、ナガサキアゲハは関東南部に進出してきたのが21世紀になってからですね。
どちらもクロアゲハのように市街地に出てくることはないですが、雑木林や丘陵地に行けば会うことができます。
No:6287|twoguitar さん
今のところ台風被害はない同然で、ホッとしています。樹木や草花がある程度被害を受けるのは、趣味の世界ですから辛抱できますが、崖崩れはそう言っておれません。
崖があるからこそキタキチョウの越冬観察ができるのですから、恩義はあるのですが・・・^^;

フィールドガイドの分布図は転用だったそうなので、元ネタの日本産蝶類標準図鑑(第3刷)を参照すると、ナガサキアゲハの項には20年前はこの範囲だったと図示されていますね。
それからすると、温暖化の指標扱いもうなづけます。
No:6288|
追加画像、ありがとうございます。
最後の画像では、見るからにシュレーゲルアオガエル~☆
口先が優雅に尖って、お公家さん風な優雅さがありますね。(笑)

カエルは栄養状態によって体躯に個体差が出るので、
メタボかどうかは種の判断材料にはならないかもです。
No:6289|Matsu さん
いつもありがとうございます。
?の段階でしまった!と思いましたが、間違いだ!の太鼓判?をお待ち申し上げていました。日和ってはいけませんね。

シュレーゲルアオガエルはいつも痩せていて、これまでメタボの個体を見たことがありませんでしたよ。
本日、比較?個体を載せておきました。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する