アサマイチモンジ

 
 昨日に続き本日も最高気温は34℃、陽射しは強く、風が吹けば熱風、庭で見かけるチョウも2~3を数えるのみで、パトロールする気力も湧いてきません。


 さて、一昨日のことです。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 2014/7/15)
ウラギンシジミ ♂
 翅裏を陽の光に反射させながら通路や庭のあちこちでとまり、すぐ開翅するというパターンで、割に敏感な個体でした。
 台風前に家内が作ったキュウリの支柱(網)にとまったときが、一番近づけた場合でした。



 庭では目ぼしいものも見かけないので、久しぶりにヒカゲランドに出かけてみました。こちらも閑散としており、ジャノメチョウ2頭、キタキチョウ1頭を見かけただけでした。



 継続観察地はどうかと今季初めて回ってみましたが、暑くて立ちくらみを起こしそうだったので、途中で引き返しました。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2014/7/15)
コチャバネセセリ ♂
 草などを燃やした灰に、コチャバネセセリが3頭ほど集まっていました。この時期、我が家の庭では余り見かけることがありません。
 ミネラル補給でしょうか、中には吸い戻しをしていた個体もありました。
 
 
アサマイチモンジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科 2014/7/15)
アサマイチモンジ
アサマイチモンジ
 諦めて引き返してくると、藪の葉上を翔び移っていました。下側の写真でクモの巣が張り巡らされている様子がご覧いただけると思いますが、よくこんな場所で翔ぶもんだと感心しました。

 我が家周辺では、イチモンジ系統はすべてアサマイチモンジという状況だったのに、一昨季イチモンジチョウを見た頃からアサマイチモンジをばったりと見かけなくなりました。
 昨季もイチモンジチョウを見かけるたび、アサマイチモンジじゃないかと念入りに確認しましたが、結局見ず仕舞いでしたし、今季もまだ見かけていません。

 なお、両者の比較図を作ったことがありますので、ご笑覧くださいね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   ヒカゲランド  観察会 

Comment

No:6227|こんにちは。
こんにちは。
アサマイチモンジが久しぶりに現れたとのこと。

神奈川県の東部北部ではイチモンジチョウばかりでアサマイチモンジは現在不在です。イチモンジチョウは森林性の蝶で、雑木林内部で見ることが多く林縁にも出てきます。
神奈川県西部に行くとアサマイチモンジがいますが、河川の流域など明るい場所に生息しています。
両者の生息環境には違いが見られます。

uke-enさん宅付近で、イチモンジチョウの多い地域に変わってきたというのは、環境が森林性に傾いてきているのでしょうか?
No:6232|twoguitar さん
以前我が家でアサマイチモンジばかりの頃、関東周辺では余り記事を見かけなかったので、どうなっているのだろうと不思議に思っていました。ですから、生息範囲を勘違いしてイチモンジチョウは当地にいないなんて思い込んでしまいました。(^^ゞ
それほどにまたアサマか、やっぱりアサマかだったのに、昨季から我が家では音信がありません。

この場所は、水の流れている溝川もあるし、我が家とは少し異なった蝶相ですが、それでもここで見かけて我が家では未見というものはなくなりました。

>環境が森林性に傾いてきているのでしょうか
いずこも同じで山は深くなってきていますが、元々山あいの集落です。木津川流域と言えなくもないですが、川辺は遠いですね。

したり顔の園芸講座、しておきました。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する