しなやかにしたたかに(虫たち 3.8/3(アブ・ハチ編))

 
 降ったり止んだり、時に陽が射し、狐の嫁入りもと忙しい一日でした。


 さて、看板です。
 
 
オオコンボウヤセバチ(♀ コンボウヤセバチ科 2014/7/2)
オオコンボウヤセバチ ♀
オオコンボウヤセバチ ♀
 フェンネルで吸蜜中です。

 造形としても美しく、こんな特徴的な姿形ですからすぐ分かるだろうと高をくくっていたのですが、ハチ、アブほかいろいろ当たってみてもさっぱり分かりません。
 顔はハチ、長いシッポは産卵管だろうと思われます。他人の巣に産卵管を差し込んで、卵を産みつける寄生バチのうちのオナガバチの仲間にも見つけられませんでした。

 で、本日、形や腹部の赤い輪に似たものを探してコンボウヤセバチ科(知らんがな!)に突き当たり、やっとオオコンボウヤセバチの♀と分かりました。
 やはり、寄生バチだそうです。

 得意!の分からぁ~~~ん、教えてぇ~~~で載せる直前でした。(^^ゞ
 
 
マガリケムシヒキ(産卵? ムシヒキアブ科 2014/6/8)?
マガリケムシヒキ 産卵
 ジャノメ・ポイントで奇妙な格好をしていました。産卵だと思われますが、一作季、落ち葉の下に産卵していた様子とは少し異なり、腹部の色合いなどもかなり違っているので、マガリケムシヒキかどうかずい分迷いました。
 
 
クマバチ(コシブトハナバチ科 2014/6/25)
クマバチ
 朝7時、花壇のペンタスでまだお寝み中です。
 花がらを摘もうとして気づきましたが、気づかなかったら、ビックリしたのはクマバチか私のどちらなのでしょうね。^O^
 
 
コガタスズメバチ(スズメバチ科 2014/6/24)
コガタスズメバチ
 そろそろ建て増しするのじゃないかと見守っているのですが、そんな様子は一向に見られません。
 ハチの出入りも、この形になってから2回それぞれ1匹ずつしか見ていません。


 6月来の虫の在庫も、一応一掃できました。これでチョウが順次出てきてくれるとめでたしめでたしとなるのですが・・・
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ハチ  アブ  産卵  寝相 

Comment

No:6213|
オオコンボウヤセバチ、こんなユニークなハチ初めて見せてもらいましたよ。
細長い尾は産卵管だろう?と思っていたのですが産卵管ではなく産卵管を保護?する鞘のようなものでしょうか。
クマバチは花で一夜を過ごす姿からして蝶のように巣を持たず単独行動をしているんでしょうかね。
コガタスズメバチ制作の作品は私には陶器の鶴首花瓶を埋め込んだ芸術作品に見えますよ。
私は刺されないので呑気なものですよ。(^○^)
今まで気付かなかったり知らなかった昆虫の生態が判り、また孫に自慢できますよ。(`・∀・´) えっへん!
No:6216|hitori-shizuka さん
こんな姿ですから、見かけたら(気がついたら)必ず撮影していると思います。♂は産卵管がない(当たり前)のですが、♂でもこれだけ腹部を持ち上げるなら記憶には残るはずだと思うのですが・・・

この長いものは、みな産卵管とかかれてますね。二重の筒になってるとか、腹端が針状になってるとかは何も記載がありません。この管で他のハチの卵に刺せるのかどうかなど、知りたいことはたくさんあります。

コガタスズメバチの巣は成長段階で、この花瓶をひっくり返した作品の作家は女王バチです。働きバチが追加工事をして見慣れた姿になるハズと思いながら見ています。
No:6217|
蜂や蝿の名前を調べるのは本当に大変です。今、私もミイラに取り付いていたハエの名前がわからなくて、こまっています。似たような姿、恰好のハエがやたらといて、その内のどれなのかがわからないのです。その点で↑のハチの名前を見つけられたとはスゴイです。またまた尊敬しちゃいました。
それにしても格好いいハチですね。
No:6218|clossiana さん
トンボですら同定困難の私は、ハエなどまず調べようと思いませんよ。
チョウとトンボ(時期時期に撮影、ただし少ない。)以外は、形の面白いもの、色合いなどが美しいものを撮影する程度ですが、そんな特徴的なものですら名前が分からないことが多いですね。
チョウでも、フィールドガイドが発行されるまでは結構てこずりました。

jpmoth のようなサイトがそれぞれの種にあれば苦労も半減するのでしょうけれど、あれも名前か属名が分からないと探し難いですね。
その点、地球昆虫図鑑は種の数は少ないですが、私程度ならお似合いです。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/500KonchuTop/index.html

>またまた尊敬しちゃいました。
clossiana さんから尊敬いただくのは嬉しい限りですが、私も1950年生まれですよ。それでも?(^^ゞ
No:6219|
一番最初の「1~2枚目」の写真・・・
見ただけで、どんな姿をしてるのかと
考えてしまいました。
とにかく、初めて見る昆虫です。
それにしても、上手く撮影されてるのには
驚くばかりです。
私が知ってるのはクマバチだけですよ。
この世には、色んな昆虫が居るのですね。
そして、「コガタスズメバチ」・・・
そろそろ、処分された方が良いのではと・・・
素人考えが出てきましたよ。
巣が大きくなると、怖くなるし処分も大変ではと・・・
ついつい、余計な事を考えてしまいます。
No:6220|在庫
今朝家の周りを一周
昆虫等の撮影をしました。
いろいろいましたが相変わらず名前がすぐに出てきません。
スズメバチはやっぱり早目が良いようです。
油断をすると(秋には)2万円以上プロに支払うことになります。
それとスズメバチの死がいを紐で結んでスイカやメロン畑につるすと被害が無くなります。
No:6221|kucchan さん
オオコンボウヤセバチは、何のためにこんなにお尻(腹部)を持ち上げているのでしょうね。産卵管を保護するだけとすると、大げさすぎるような気もします。
近くにはアシナガバチも数匹いるし、本人は案外にちょこまかと花を移り、撮影は結構難儀でした。

コガタスズメバチの巣は、家内と二人思案がつきません。自分では処理できないので、誰か又は業者に頼むのもと二の足状態です。
No:6225|自然を尋ねる人さん
このコメントを拝見してすぐ回ったのですが、なかなかコメントできるようなものがありませんでした。(^^ゞ
チョウなら適当なことも申し上げられますが、ほかの虫はそれをひねり出すのも大変です。

コガタスズメバチの件、ありがとうございます。当地では多分2万円ですまないと思いますが、そのときは高い授業料(サボリ料?)と覚悟しています。オオスズメバチやキイロスズメバチなら、もっと早いうちに処理していることと思いますが・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する