そぼふる雨なら ♪(チョウ干し 1/2)

 
 朝方は21℃、朝から雨で最高気温は24℃、数日前の寒波襲来とは違うためか空気はそれほど冷たくなくて、寒いとは感じませんでした。

 雨は大したことがなく、一番強かった17:00前後でも時間雨量は5mm程度でした。
 
 
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科 6:34)
オオチャバネセセリ
 雨の早朝、ロウバイのほぼ天辺の葉上で佇んでいます。
 枝込みの葉ならこの程度の雨は防げると思うのですが、そうなると見つけていませんね。
 この方は、そぼふる雨なら 平気だけれど ♪ なのでしょうか。



 本日は、少しのやみ間にオオチャバネセセリが計2頭、アゲハ3~4頭、モンシロチョウ1頭程度しか見かけませんでした。
 この間、ヒョウモンとアゲハの惑乱に取り残された目ぼしいものを載せておきます。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 2014/6/9)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 玄関ポーチに続く通路で、コンクリートタイルの目地をなめていました。

 ウラギンシジミは、3/28に♀の越冬個体を見かけて以来で、これは1化個体でしょうか。
 一番下の表をご覧いただくとお分かりのように、一昨季以前はこの時期のものがお初だったようで、今季越冬個体を見たのは例外的、つまり当地での越冬は極めて難しいのではないかと思われます。
 
ウラギンシジミ
 しつこく追いかけていると、コクタンの葉裏に隠れました。懐かしさを感じるシーンです。
 
ウラギンシジミ(♂ 2014/6/10)
ウラギンシジミ
 翌日、開翅してくれました。同一個体かどうかは分かりません。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2014/6/13)
ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ
 庭のバーベナで吸蜜中です。

 ヒメアカタテハは当地では秋のチョウで、昨季の8/27がそれまでで一番早かったのです。
 今季ウラギンシジミの越冬個体を見かけ、昨季から秋のチョウだったミドリヒョウモンを6月に、そしてヒメアカタテハ、秋のチョウと位置づけたもので残っているのはウラナミシジミだけになりました。
 
左:ヒメアカタテハ
右:アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2014/6/13)
ヒメアカタテハ+アカタテハ
 似ていると言えば似ているアカタテハとの2ショットです。



[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
テングチョウ  3/12 1  2/28 1  4/24 7  5/14 7
アカタテハ  3/12 1  3/9 4  3/7 2  3/19 2
キタテハ  3/17 3  3/6 2  3/3 1  2/27 1
キタキチョウ  3/17 3  3/7 3  3/29 3  3/31 3
ムラサキシジミ  3/17 3  3/9 4  4/15 5  4/28 4
ウラギンシジミ  3/28 6  8/26 6  6/14 9  6/17 8
ルリタテハ  5/17 7  10/5 8  4/5 4  5/2 5
ヒオドシチョウ  6/4 8  4/17 6
ヒメアカタテハ  6/13 9  8/27 7  9/6 10  9/5 9
クロコノマチョウ     5/2 5
イシガケチョウ     5/5 8
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 ○ ルリタテハは昨季も春先に見かけ、今季も3月の終わりか4月の初めに見かけていますが、相性が悪いのか撮影はずい分遅れています。
 ○ クロコノマチョウは昨季一昨季とも(多分4~5月に)見かけていますが、ルリタテハより更に敏感です。なお、昨季は村内の別の場所で撮影しました。


 こちらが9種、新生蝶38種で計47種、我が家で見かけたことのある62種からは15種も残っています。5種程度はすぐ思い浮かぶのですが、残り10種ほどは・・・(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木  草花 

Comment

No:6102|沢山の種
いろいろな種類がいるものですね。
本気で探せば我が地でもいるかも!
昨日雨の中草刈り、蝶はほとんど見かけませんでした。
日かげが1頭、草の葉の裏にいたかな。
10時過ぎ雨がほぼやむと
ベニシジミや、ヤマトシジミ?等が飛び始めました。
No:6103|自然を尋ねる人さん
少し高いところや水辺、雑木林などなど堂々川にはいろいろな場所がありそうですから、珍しいものもいそうです。
日本広しといえど、中国山系と信州にしかいない例のチョウもいますので、若しかすると宝の山かも・・・^O^
ただ、どんなところにどんなチョウがいるか、食草は何か、具体的にどの場所にいそうかなどを知らずに漫然と探すと、得られるものは少ないかも知れませんね。

この時期、やみ間になるとすぐチョウがでてきますね。書き入れ時なのでしょうか。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する