ヒョウモン・トリオ

 
 朝方は19℃、最高気温は30℃越え、真夏日となりました。


 さて本日はどんな日、楽しみ半分、恐れ半分でしたが・・・
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ ♂
 ブッドレアで吸蜜中です。前翅の黒くかすれたようになっているのが性標です。
 ミヤマカラスアゲハの♂は2~3日前にも見かけたのですが、まともな写真は今季初めてです。
 
ミヤマカラスアゲハ ♂
ミヤマカラスアゲハ ♂
 サンパチェンスで吸蜜中です。ほかの色にとまってくれると撮影しやすいのですが、白花が好きなようです。

 このサンパチェンスは、サカタのタネが作出したインパチェンス属の交配品種で、日射にも強いがうたい文句です。朝方だけ日が当たる場所に置いていますが、今のところ葉焼けはありません。そうは言われても、真夏になれば一日中日陰の場所に移す予定です。
 やはり、園芸ブログだぁ。(^^ゞ



 ミヤマカラスアゲハが去ってから漸くすると、アゲハ10頭ほど、ヒョウモン3~4頭が翔び回り、喧騒の始まりです。
 
 
キ×2
キアゲハ
 そこにキアゲハ2頭が参入しました。もうグジャグジャです。^^;
 キアゲハなんて、昨季まで我が家では珍しい部類のチョウだったので、2頭同時なんて見たことがありません。
 
ア×4・キ
ペンタス
 ペンタスで恒例行事?ですが、右端にキアゲハが入っています。
 
ア×2・キ
ペンタス
 ↑では、キアゲハかどうか分からないですからね。(^^ゞ



 マリーゴールドも相変わらずにぎやかで、お昼過ぎには
 
 
ア×2・ミ♂・メ♀
マリーゴールド
 メスグロヒョウモンの♂が不在の時を見計らってか、メスグロヒョウモンの♀がやってきました。
 しばらくして♂がちょっかいをかけに来て、♀は逃げ去りました。
 
 
左からメ♂・ミ♀・オオ♂
ヒョウモン・トリオ
 ヒョウモン3種の揃い踏みです。ミドリヒョウモンだけ♀ですが、主眼は残り2頭の相違です。
 
左からオオ♂・メ♂・ミ♀
ヒョウモン・トリオ
 これなら、違いがわかる男(女)になっていただけるでしょうね。^O^

 こういうシーンを狙ってずい分気にかけていましたが、回転はする、すぐ移動する、翔び立つなど、まぁ大変です。翅表の揃い踏みなんて、宝くじ並みの確率でしょう。(^^ゞ


 ア:アゲハ(アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
 オオ♂:オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
 キ:キアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
 ミ♂:ミドリヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
 ミ♀:ミドリヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
 メ♂:メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
 メ♀:メスグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)


 明日は午後から雨の予報、心安らかな日を迎えられるでしょうか。こんなことを言ってて何も来ないとなると、ガックリするのでしょうね、(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  花木 

Comment

No:6092|
昨夜、前ブログへのコメントを書き始めて、
途中で睡魔との戦いに負けてしまったわたし・・・
こんな文章を書こうとしてました。
  「一枚目の写真、もうちょっと左、左に寄せてぇ~と、
   思わず言ってしまいそう・・・
   わかってますよ。新生蝶のオオウラギンスジヒョウモンが主役でしょ!
   でも、二種類並んで裏紋の違いを見せつけてほしかったですぅ~」

コメントは送信しなかったけど、わたしの気持ちは受信していただけたようですね。
今回三種揃い踏みの素敵なお写真が登場してて、ビックリしました(^_^)
表はどれもこれも、ヒョウヒョウ言ってて面白みも少ないけど、
裏の模様は、それぞれに控え目な美しさがありますねぇ〜

アゲハとキアゲハがこうして一緒にいると、
やっぱり翅色の感じが、キアゲハの方は黄色っぽいですね(^_-)-☆
ミヤマカラスアゲハも加わって、豪勢な楽園になりましたね!

ところで、ミヤマカラスアゲハの♂ですが・・・
常々思っているのだけれど、さも「オレ様は男である!」…と言いたげに、
性標がやたらデカイんですけど・・・
せっかくの美しい翅が、ホントもったいないです!
男を強調したかったら、もっと他に方法はなかったのかしら・・・

ブッドレアが咲いて、そちらはもう夏ですか?
こちら、ようやく枝が伸びてきたところです・・・
No:6095|みさとさん
同種のものの翅表と翅裏を並べて、同種の♂♀の翅表と翅裏をそれぞれ並べて、違う種の翅表と翅裏をそれぞれ並べて、3種(できればクガタとウラギンを含む5種)の♂♀を全部並べて、等々ヒョウモンについてはやりたいことが一杯です。
ただ、整列してもらっても、撮影のウデが・・・(^^ゞ

アゲハやキアゲハはまぁ何とか見られる写真になるのですが、黒いアゲハは常時翅を開閉させ(ただし翔ぶ時くらいしか平開しない。)、ごく短い時間で移動するなど、こんなに大きいのに撮影が難しく感じています。
性標は無駄に大きくて、余りキレイでないことについては同感です。♀には異なった見え方をするのかも知れませんね。

ブッドレアは下のほうばかりが開花して、上のほうは花穂が色づき始めたところです。撮影には具合がいいですが・・・^O^
No:6096|夢のような1枚
最後の写真は、ミドリ♀+メスグロ♂+オオウラギンスジ♂勢揃いという夢のような1枚ですね~。

それというのも・・・
晴れると場所を変えてヒョウモンチョウの集まりそうな場所に出かけていますが、1頭ずつ丁寧に確認してもミドリもオオウラギンスジも不在でメスグロヒョウモンばかりが一大勢力を誇っています。
一度だけ近くのクリで見たミドリヒョウモンは、その後一向に姿を現しません。
早くオオウラギンスジとミドリ♀に会いたいと思っているのですが、そうこうしているうちに彼らは夏眠にはいってしまいますね。

No:6099|twoguitar さん
ヒョウモンもこれだけ並ぶと、何か有難味が薄くなった気がしますね。10月であればヨレヨレはもういいよということもありましたが、夏休み前にこんなに見かけるのはかってないことです。
思いもウデも届かないためか、こういう並びでお願いしますとへたくそな写真館の主が指示しても、さっぱり言うことを聞いてくれません。

当方も、オオウラギンスジの♀を見逃さないようにが、当面の課題です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する