紛れてた(新生蝶(2014-No.36~37))

 
 朝方は17℃、最高気温は29℃、昨日との気温の落差にグッタリしました。


 本日もアゲハを同時に8頭、ヒョウモン7頭を見かけましたが、6/16-17よりは落ち着いた感じでした。
 ただ、懸念していたことが、やはり起こりました。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 マリーゴールドで吸蜜中です。背後はミドリヒョウモンの♂です。
 お昼過ぎで、この時間帯にはほかにミドリヒョウモンしか見かけず、撮影時には何やメスグロヒョウモンかぁでした。メスグロヒョウモンにしては敏感で、何度か戻っていましたが近づこうとすると逃げられます。
 PCに落とした段階で、アリャリャ!です。(^^ゞ

 オオウラギンスジヒョウモンは新生蝶No.37で、2013/6/24、2012/7/6、2011/6/26がそれぞれお初です。まぁそれ相応の時期ですね。
 
 
ミドリヒョウモン(左端:♀・♂×3 タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♂×3.♀×1
 ♂3頭は♀にちょっかいをかける様子もなく、↓の疑問は残ったままです。



 新生蝶の順番が合わない理由は・・・
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/6/16)
ミヤマカラスアゲハ ♀
ミヤマカラスアゲハ ♀
 鉢植えのペチュニア、カリブラコアで吸蜜中です。
 右の尾状突起の先端が欠けているなど、かなり傷んでいます。
 
ミヤマカラスアゲハ ♀
 時間をおいて、庭のバーベナでも吸蜜していました。

 ミヤマカラスアゲハは新生蝶No.36で、2013/6/25、2012/5/5、2011/6/27がそれぞれお初です。ばらつきがあるのは、うまく出会えたかどうかによるものではないかと考えています。
 本日まで載せなかったのは、写真がいまいちで撮り直したいと考えていたからです。今朝も見かけたのにすぐ去られ、No.37が出てきた以上飛ばす訳にもいかなくなりました。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花 

Comment

No:6085|
こうも、毎日、私に珍しい蝶が遊びに…しかも、多蝶数で・・・。
ペンタスやマリーゴールドも、蝶の大好物みたいですね…でも、同じ花でも蝶の好む品種があるのでしょうか。
家は、今季はマリーゴールドは植え付けてません…理由は花びらにナメクジが集まるので…夜は、割り箸とビニール袋持参で捕獲をしてます。
まぁ、我が屋に、この様に沢山の蝶が遊びに来ても、カメラ性能と撮影技術の問題で綺麗に撮る事が出来ないので諦めるしかありません。
No:6086|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No:6088|kucchan さん
同じ品種なのに一方は大はやり、他方は閉店一歩手前ですから色の好みはあるのでしょうけれど、どの品種がということはなさそうですよ。
チョウの行動範囲の中で一番好むものを訪れ、コクタンやマリーゴールドがなければ、我が家のほかのものに、若しくは他の場所へ行くのでしょうね。

この花壇は乾燥がきついので、マリーゴールドでナメクジを見たことがありません。別のところにはたくさんいますけど・・・^^;
No:6089|鍵コメさん
ご丁重なお申し出、真にありがとうございます。

折角のお申し出ですが、あくまで趣味の世界で同好の士ならともかくもご商売をなさっておられる場合、恐縮ですが相互リンクはお断りさせていただだいております。ご了承をお願いします。
なお、そちら様からのリンクまで拒否するという趣旨ではありませんので、ご承知おきください。

一層のご盛栄をお祈り申し上げます。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する