コクタン(1/2)

 
 朝方は22℃、陽射しもない曇り空で、気温は一旦21℃まで下がり、結局最高気温は24℃、午後には何度か雨がパラつきました。


 玄関のほぼ正面に以前からコクタン(カキノキ科)が居座っていて、4m近い高さだったので、3年ほど前思い切って台切りし、現在の樹高は1.8mほどです。
 ご承知の紫檀、黒檀のコクタンですが、幹が真っ直ぐには育たず、生長もが極めてゆっくりなためか、ほかでは余り見かけたことがありません。

 まだまだ花つきも悪いのですが、にもかかわらずたくさんのチョウが吸蜜に訪れます。眼ほどに鼻が悪くない私でもほのかに香りを感じる程度なのに、チョウの嗅覚には芳香なのでしょうね。

 一昨季は6月の終わりに、ネズミモチ、コクタン、ブッドレアについて花閥抗争と銘打ってその状況を記事にしました。(その1その2
 今季は、ネズミモチ、コクタンの開花が昨季よりかなり早く、ブッドレアはまだ花穂が大きくなり始めた状態です。ネズミモチでは、アカタテハとヒオドシチョウの陣取り合戦以来チョウの姿を見ませんので、コクタン圧勝の様相です。
 
 
ア+ホ(2014/6/9)
20140609-aho-01.jpg
 ホシミスジも、アルメリアにはほとんど戻らなくなりました。アルメリアの花も終わりかけているからでしょうか。
 
ア(2014/6/9)
20140609-a-02.jpg
 アゲハも通りかかっただけはなく、ちゃんと吸蜜しています。
 
 
ホ×2(2014/6/9)
20140609-hoho-03.jpg
 
ホ×3(2014/6/9)
20140609-hoho-04.jpg
 ホシミスジは3頭確認しました。
 
 
ホ+メ(2014/6/9)
20140609-home-05.jpg
 
(2014/6/10)
20140610-home-06.jpg
 
ホ×2+メ(2014/6/9)
20140609-hohome-07.jpg
20140609-hohome-08.jpg
 同じ花穂なら争うこともありますが、相性はよいようです。
 
 
ア+ホ+メ(2014/6/9)
20140609-ahome-09.jpg
 アホで始まりアホメで終わっていますが、50音順で他意はありません。(^^ゞ

 ア:アゲハ(夏型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
 ホ:ホシミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
 メ:メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2014/6/9)
20140609-akata-10.jpg
 欠けも激しくヨレヨレですが、だからこそ越冬個体ではないかと思われます。とすると、長命ですね。


 To be continued. (^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 花木  アゲハチョウ科  イチモンジチョウ亜科  ヒョウモン  タテハチョウ科 

Comment

No:6048|
こんにちわー
こうも毎日雨が降ると参ります(霧雨程度もありますが)。
そろそろ、陽射しが欲しくなるこの頃です。
で、玄関の前のコクタン・・・
仏さまの紫檀、黒檀は知ってましたが、元の木は
生活環境もあり知りませんでした(uke-enさんの前回記事まで)。
コクタンの花に、こんなに沢山の種類の蝶が遊びにこられるとは
…さぞかし、蝶の好きな匂いを発してるのでしょうね。
私も、匂いを嗅いでみたいです。
所で、このコクタンは鉢で栽培できないですかね(蝶寄せ)。
「This story is to be continued」・・・さて、どんな蝶が登場するのか楽しみしてます。
No:6051|kucchan さん
チョウ観察にとって、雨はもちろんのこと、今にも雨が落ちてきそうなどんよりした空模様も大敵です。かといって、陽射しギラギラで真夏日になると出てくるチョウも限られます。人間がすごしやすい気象条件が、チョウにも快適なようですね。

ただ、贅沢を言うようですが、梅雨の晴れ間にわんさか出てくるのも、どれを撮影しようかとオタオタしますので、困り者ではあります。(^-^)v

コクタンは生長も遅く、当地のように霜が厳しくても平気ですから、鉢植えも可能とは思いますが、問題は売っているかどうかでしょうね。HCはもちろん、津の植木屋さんでも見たことがありません。
No:6052|
一本の木に3~4種ものチョウが同時に集まるなんてコクタンの花蜜はチョウにチョウ(超)人気ですね。
花はネズミモチにも似ているようですが雲泥の差がありますね。
uke-enさんのムラサキシジミ等を見て、今日は自宅近くの林に今季まだ見てないチョウ探しに出かけましたよ。本当は花探しですが・・・見当たらない。
いました。ウラギンシジミは木の高いところで敏速に飛びまわり、またムラサキシジミは開翅してくれず綺麗な写真は無理でした。
イシガケチョウもいましたよ。
やはり温暖化の影響で数も増えてきているんでしょうかね?
No:6054|hitori-shizuka さん
今季はネズミモチにチョウがほとんど集まりませんが、リンク先の一昨季はコクタンより開花が遅く、その客を奪いましたので、開花が同時では勝負にならないということでしょうか。
我が家から見られるネズミモチは北面しているため花つきも悪いこともあるのでしょうね。南側は藪の中で、スズメバチがウロウロしているため、入れません。

ウラギンシジミはテリ張りを、ムラサキシジミはとまったのを見つけるのが比較的容易です、一度見かけた付近にはいることが多いので見つけてくださいね。
イシガケチョウが見られるとは、流石に四国ですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する