我が家の1点物(新生蝶(2014-No.29))

 
 朝方は18℃、風はかなりおさまってきたのですが、午前中は雨模様だったので、また20℃に届かないのかなと思っていました。
 午後には雨も上がり、時おり陽射しもあって最高気温は25℃になりました。


 梅雨の晴れ間、ソレッ!だったのか、後から後からチョウが出てきて、都合9種見かけました。
 しかしまぁ、それはおいといて、
 
 
アカシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 17:18)
20140606-akashi-01.jpg
 ムラシ・ポイントの樹上です。薄日の曇り空でしたが、500円硬貨ほどの大きさなので、案外見つけやすいのですが、なかなか降りてきてくれません。

 アカシジミは、2012/6/18が初見、2013/6/4が2回目で、それぞれ1個体を見かけたきりですが、現在のところ我が家周辺で見られる唯一のゼフィルスです。
 
(17:22)
20140606-akashi-02.jpg
 
(17:53)
20140606-akashi-03.jpg
 挙動が不審で、自身でも回りながら、枝の周りを回わっています。遠くでも近くでも産卵しているようですが、十分には確認できません。
 時間差があるのは、見失って出直したからです。
 
20140606-akashi-04.jpg
20140606-akashi-05.jpg
 やっと全身像が見られました。
 残るは、産卵を確認することと、クローズアップです。
 
(17:55-56)
20140606-akashi-06.jpg
20140606-akashi-07.jpg
 角度が悪いですが、何とか産卵を確認できました。
 左側の小さな芽の下部にあるのが、産みつけられた卵と思われます。
 
(18:01)
20140606-akashi-08.jpg
 産卵シーンを横から撮影しようと藪に入った途端、葉上に上がりました。
 既に薄暗い上両側とも木で、足場も悪く、カメラの設定を変えながら何とか見られる写真になりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   ゼフ  産卵 

Comment

No:6022|
当地は一昨日より梅雨入りしましたよ。
で、雨は降るのですが、風は強くなく、
鉢が倒れるなどの被害はありませんでした。
が、ペチュニアは雨で、凄いダメージを受けてます。
雨が止んだら、少しでも手当をしなくては…です。
で、アカシジミ・・・我が地域では見た事がありません。
是非、会いたいものですが・・・こればかりは・・・。
No:6023|
綺麗なアカシジミのおでましですね。
私もuke-enさんのブログでアカシジミを知り何度か出会えましたが産卵シーンまでは確認するゆとり?根気?がありません。
雌雄別がはっきりしないので最初から諦めているのが本音ですよ。
しかし、チョウを見かけると止まれば覗く癖がつきました。
おかげで昨日はミズイロオナガシジミに出会えました。
>薄暗い上両側とも木で、足場も悪く・・・
歳が歳ですので(私も同様)あまり無理をなさらないでくださいね・・・
いつまで経ってもお互い気だけは若いですよね。
No:6024|
こんにちは。
ちょっと(いや、だいぶかな?)ご無沙汰しているうちに、
な、なんとそちらはもうゼフですか? ビックリ〜!
しかも「我が家の…」ってとこが凄いですねぇ〜
それと、uke-enさんのところでは、
もれなく産卵シーンが付いてくるから、これがまた凄いです!
やっぱり執念ですかね(^_-)-☆

最後の写真、いいですねぇ〜
「わたしはゼフよ。わたしを撮るんだったら美しくお撮りなさい!」
って言ってるみたいです(^_^)
素敵です〜♪

前ブログ(↓)、綺麗なヒオドシチョウですね。
我が家訪問は、いつも越冬個体のボロボロヒオドシだけ(^-^;
翅縁のブルーがこんなにきれいなのは、見たことない!
アルメリアで吸蜜してると、やたら大きく見えますねぇ〜

これからの時期は雨で足場も危険ですから、
ホント気を付けてくださいよ!
No:6025|kucchan さん
関東も相当の雨だったようですが、被害などなくて何よりでした。昨日は陽射しが強くかなり暑くなって夕立、夕立3日と言いますが、こんな日が続くのかも知れませんね。

ペチュニアは、雨が予想される場合軒下に退避させます。折角の花も傷むし、何よりベタベタになって花がら摘みが気持ち悪いのがイヤですからね。
No:6026|hitori-shizuka さん
アカシジミは3個体目、2個体は♀、1個体は不明ですが、産卵中の♀はじっとしていてくれません。ずっとじっとしてテリ張りしているようなのは♂と思えば間違いなさそうです。
識別ポイントは何点かありますが、一見してというのはなさそうです。

ミズイロオナガシジミは我が家でも見られるのではないかと期待しているのですが、まだ果たせていません。ゼフはそれぞれ美しいですから、平地性の残り4種類もぜひ。
No:6027|みさとさん
>「我が家の…」ってとこが凄いですねぇ〜
「お前のところのものじゃない」なんて、チョウに興味のある方がいたら嬉しいのですが、村内でそんな話は聞きませんね。

>もれなく産卵シーンが付いてくる
そんなつもりはないのですが、そういう運命なのでしょうか。ただ、産卵は枝込みで行うことが多いし、明るいうちじゃないし、ちょこまか動き回るので撮影が難しいのが難点です。

最後の写真は、言わなくてもお分かりでしょうが、ほかの写真より大きめにしておきましたよ。(^^ゞ

ヒオドシチョウを家内に見せると、閉翅していて首をかしげた感じでしたが、開翅するとワァと驚いていました。家内の基準は、美しいかどうかのようです。
No:6030|アカシジミ
きれいなアカシジミですね~
特に後裏翅外縁の内側の黒斑が発達しているのが華になっているように思いました。
これほど発達している個体はあまり見ないように思いますが、他をチェックしたわけではないので、間違っているかもしれません。
No:6034|grassmonblue さん
>後裏翅外縁の内側の黒斑が発達・・・あまり見ない
そうなんですか。我が家で唯一のゼフをとりあえず撮影でき、ほっとしてそんなことを考えている余裕はありませんでした。しかも滅多に見ないのですから、フィールドガイドと見比べてフンフン程度です。(^^ゞ

ほかにも平地性のものがいないかと、探し回る毎日です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する