サトキマダラヒカゲ交尾(新生蝶 2017-No.29)

 
 朝方は12℃、日中もヒンヤリした風が強く、最高気温は23℃どまりでした。
 
 
 
サトキマダラヒカゲ(上:♂・下:♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ交尾
 ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上で、サトキマダラヒカゲが並んでいました。
 タテハチョウで両者がTの字を形成する位置関係は、♀の交尾拒否によるものだそうですが、今回は異なるスタイルです。
 
サトキマダラヒカゲ交尾
サトキマダラヒカゲ交尾
 近づいても動かず、若しかすると交尾中かも知れないと、可能な限りのアングルで撮影を試みましたが、どうしても結合部が見えません。
 
サトキマダラヒカゲ交尾
 ファインダーをのぞくことを諦め、液晶表示画面にしてカメラを持ち上げて撮影してみました。
 ♀と思われる下の個体の右後翅が持ち上げられているように見え、矢印部分が多分♂の腹端近くの部分ではないかと推測しました。

 翔ばれても仕方がないと、大抵は交尾飛翔をリードする♀側に指を差し出しましたが、懸念のとおり翔び出されました。
 確かではありませんが、後部飛翔形式は←♂+♀のようでした。

 サトキマダラヒカゲの交尾は、2012/5/24に一度だけ見たことがあります。まぁ、その時も結合部を確認できませんでした。
 サトキマダラヒカゲは一日に二桁を見かけることも珍しくないほど見慣れた種であるのに、交尾シーンを滅多に見かけることがないのは、樹冠下など薄暗い場所で交尾することが多いからでしょうか。
 
 
ヒカゲチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウ
 これもムラサキ・ポイントです。
 これほど遠くても敏感で、すぐ逃げられました。

 ヒカゲチョウは、2016/5/20、2015/5/24、2014/5/27、2013/6/9、2012/6/7、2011/6/9がそれぞれお初です。
 樹液酒場の常連ですが、まだ禁酒中のようです。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
アカタテハ
 これもムラサキ・ポイントです。

 2週間前まではいかにも越冬明けというヨレヨレ個体を見かけていましたが、この個体は翅裏のオレンジが鮮やかで、一化個体に違いないと思いました。
 ただ、開翅してくれると、傷みはほとんど見えないにしてもそれほどでもないなという印象です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   交尾 

モンキアゲハ産卵(新生蝶 2017-No.28)

 
 昨日一昨日の余波で朝方は18℃の曇り空でしたが、午前10時を過ぎてから晴れて最高気温は26℃と夏日に戻りました。




 雨上がりの翌日にしては蝶影も薄く、午前中のパトではほとんど収穫がなかったのですが、午後のことでした。
 
モンキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ
モンキアゲハ
 数日前からムラサキ・ポイントの林縁を一方向に行ったきり戻ったきりしていましたが、思いもかけず翔び出して来るので撮影が間に合いませんでした。
 本日は、付近で大きな弧を描くように翔んでいたので、これなら飛翔撮影も何とかなるだろうと思ったのですが、さて何とかなったでしょうか。
 
(産卵)
モンキアゲハ産卵
モンキアゲハ産卵
モンキアゲハ産卵
モンキアゲハ産卵
 裏の畑の中ほどの大きなユズの木の周りを翔んで、産卵し始めました。
 結構な斜面での大きな木ですから下からは狙いにくく、とりあえず上からの逆光、空抜け撮影ですが、想像産卵、シルエット産卵などなどにしかなりません。
 
モンキアゲハ産卵
 一応写真にはなっただろうと、無理を承知で下からの順光側で待つと、これが最後だよとばかりに低い位置で産卵してくれました。

 モンキアゲハは、2016/5/20、2015/5/14、2014/6/3、2013/5/21、2012/5/27、2011/5/26がそれぞれ初撮ですから、時期としてはまぁこんなものでしょうか。



 さて、今季初撮(2017/5/16)のお口直しです。
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2017/5/19)
コチャバネセセリ
 ジャノメ・ポイント南外側のワラビ畑です。
 粘りましたが開翅してくれませんでした。
 
(2017/5/23)
コチャバネセセリ
 同じワラビ畑です。
 逆にこちらは閉翅しませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵 

晴蝶雨虫(5月の虫たち 甲虫編)

 
 薄曇りの朝方は17℃、午前10時前後にピッピッ、午後遅くに雨になりました。
 最高気温は23℃、6日続きの夏日が途切れました。



 チョウ以外の昆虫などでも、特定の種のほか形の面白いもの、色合いの変わったものなどは撮影するようにしています。あくまで主観的なものですから、何やと思われる向きもあるやも知れませんがご容赦くださいね。
 なお、同定が不十分(いい加減)なもの、極端な場合は目(もく)さえ怪しいものがありますので、ご承知の方は是非お教えください。(再掲)
 
 
シロコブゾウムシ(ゾウムシ科クチブトゾウムシ亜科 2017/5/5)
クワゾウムシ
クワゾウムシ
 庭の通路上を歩いていました。体長は15mm程度でしょうか。
 ゾウムシは面白い形をしているものが多いので、見たいと思っている種なのですが、我が家周辺ではほとんど見かけません。

 子どもの頃、米びつに入り込むコクゾウムシが米食い虫と言われ、大害虫扱いされていましたが、実物は見たことがありませんでした。最近では、名前すら聞きません。
 
 
ツマグロハナカミキリ(カミキリムシ科ハナカミキリ亜科 2017/5/7)
ツマグロハナカミキリ
 ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上で見かけました。
 今季の初カミキリで、ツマグロハナカミキリそのものも初見なのですが、多分余り気にかけていなかったからでしょうか。
 横顔は、いかにも悪さをしそうに見えます。
 
ラミーカミキリ(カミキリムシ科フトカミキリ亜科 2017/5/17)
ラミーカミキリ
 東の畑のカラムシの葉上で見かけました。カミキリムシとしては少し小さめでしょうか。

 ろくろく調べもしないでラミーとは命名者の名前かなと考えていたのですが、カラムシ(イラクサ科)の亜種であるラミーを摂食するからラミーカミキリと名づけられたと知って納得しました。

 カラムシ(当地ではマオ)は大きくなる雑草として嫌われていますが、アカタテハ、ヒメアカタテハの食草ですから、我が家では家内が除去しない限りあちこちで残っています。(^^ゞ
 
ベニカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科 2017/5/12)
ベニカミキリ
 鉢植えのクレマチスで見かけました。
 赤いカミキリムシらしいものをよく見かけますが、胸背に黒斑があるのが目印です。
 
 
ジョウカイボン(ジョウカイボン科ジョウカイボン亜科 2017/5/17)
ジョウカイボン
 ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上で見かけました。大きさはカミキリムシ並みですね。
 横顔(2017/5/21撮影)は、↑のツマグロハナカミキリとソックリの悪役顔ですね。

 カミキリムシの一種だと思っていましたが、昨季カミキリムシとは別科と知りました。触ったことがありませんが、甲虫にしては柔らかいそうです。
 
 
ナナホシテントウ(蛹 テントウムシ科テントウムシ亜科 2017/5/9)
ナナホシテントウ蛹
 撮影経験はありませんが、過去にちょこちょこ見かけた記憶があります。大きさはナナホシテントウと同じ程度です。
 これが蛹だとは思いもしませんでした。

 そもそも甲虫が完全変態とは考えもせず、何となく不完全変態だろうと思っていました。よく考えると、小さなバッタ類は見たことがあっても、小さなカブトムシは写真すら見たこともありませんねぇ。(^^ゞ
 
 
マイマイカブリ(オサムシ科オサムシ亜科 2017/5/22)
マイマイカブリ
 ジャノメ・ポイント内の樹液酒場No.1で、樹液を吸汁しているようでした。
 サトキマダラヒカゲと並んだ写真でお分かりのように、大きくて体長は50mm以上です。

 カタツムリ(マイマイ)の殻に胸まで潜り込んで食べるのでこの名になったそうですが、後翅は退化していて飛べないようです。
 
 
アカヒゲヒラタコメツキ(コメツキムシ科 2017/5/9)?
アカヒゲヒラタコメツキ
 ジャノメ・ポイント南外側のワラビ畑で見かけました。体長は15mm程度でしょうか。
 コメツキムシを知ってはいても、科があることまでは知りませんでした。(^^ゞ
 
 
コアオハナムグリ(交尾 コガネムシ科ハナムグリ亜科 2017/5/3)?
コアオハナムグリ交尾
 花壇のイベリスの上で励んでいました。
 花弁を齧ることも多いので、あまり増えて欲しくありません。


 晴蝶雨虫と言っても、雨の日はついでの虫パトもできません。撮りためた段階である程度までは仕分けをしていますが、調べるのにチョウよりずい分時間を要します。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 昆虫(蝶以外)    交尾 

クロアゲハ産卵(新生蝶 2017-No.26-27)

 
 朝方は15℃、少し風があって最高気温は29℃でした。
 昨日は30℃-、当地は今季まだ真夏日になっていません。



 とは言うものの、日中はチョウもほとんど翔んでおらず、日陰で涼んでいるようですから、早朝に出てみました。
 いたのはカシ類の葉上で寝ていたスズメバチくらいで、うっかりポイントも歩けません。
 
 
クロヒカゲ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 恐る恐るジャノメ・ポイント内の樹液酒場(No.1)をのぞくと、すぐに翔ばれたサトキマダラヒカゲ1頭と、別にチョウ1頭を見かけました。
 薄暗いところですから目視では斑紋がよく見えず、フィールドでは我が家周辺で先行して出現するヒカゲチョウだと思い込んでいました。
 PCに落としてクロヒカゲと分かりました。青紫色のラインが鮮やかで、傷みも見えない個体でした。

 クロヒカゲは、2016/6/15、2015/6/7、2014/8/12、2013/6/24、2012/6/10、2011/9/25がそれぞれお初で、これまでで初めて5月中に見かけることになりました。
 まぁこれで世間並みで、我が家周辺では一化(第一世代)の個体数が少ないため時代遅れになっていたものが、今季はたまたま早く見られたのではないかと思っています。
 
樹液酒場No.1
樹液酒場
 午後になるとオオスズメバチが居座って樹皮を齧っていて、サトキマダラヒカゲは遠慮がちのようでした。
 
樹液酒場No.4
樹液酒場
 大クヌギの樹液酒場も本日オープンしたようで、ここではスズメバチの姿が見えず、サトキマダラヒカゲが腰をすえて樹液を吸汁中でした。
 潜っているのは、ヒメオビオオキノコのようです。
 
 
ヒメキマダラセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
ヒメキマダラセセリ
ヒメキマダラセセリ
 ジャノメ・ポイントで見かけました。

 フィールドでは、てっきり我が家周辺でポピュラーなキマダラセセリかと思い、早いなぁと翅表がこんなにオレンジ色の範囲が広かったかなという印象でした。
 翅裏の斑紋が異なっているのでキマダラセセリとは違うと思いましたが、似たようなものは多いので、PCに落としてからやっとヒメキマダラセセリと分かりました。

 ヒメキマダラセセリは2015/5/24、2013/6/8(初見)がそれぞれお初で、そう珍しいチョウではないのに我が家周辺では比較稀少種になっています。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ産卵
 産卵に来たハズなのに、鉢植えのシークワーサーの周りを翔び回って一向にとまりません。
 
クロアゲハ産卵
 数瞬の間でしたので、ピントが大甘です。
  
クロアゲハ(卵)
クロアゲハ卵
 1個しか卵を見つけられませんでした。
 
アゲハ(3齢?幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ幼虫
 アゲハの幼虫が何頭かいますが、中で一番大きくて体長は15mm程度です。
 クロアゲハが産卵にきたので驚いたのか、慌てて全員が移動し始めました。

 もっと大きくなったのもいたのですが、この木には徘徊性のクモもいるし、まだ葉が展開し始めた段階で素通しですからトンボなどに捕食されたのか、家内が見つけて排除したのか、とにかくリスク満載です。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   樹液酒場  昆虫(蝶以外)  産卵   

ダイミョウセセリの地理的変異

 
 朝方は11℃、ジロジリと焼けつくような陽射しで3日続きの夏日となり、最高気温は今季一番の29℃に達しました。



 ダイミョウセセリ(セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)の生息域は九州から北海道の一部まで広がっていますが、後翅表の紋様により関東型と関西型に分けられています。
  関東型:後翅表に白斑がないか1対程度。
  関西型:後翅表の白斑が帯状に連なっている。

 その境界は若狭湾東部と伊勢湾西部付近を結ぶラインだそうですが、このラインの具体的な場所は承知していません。
 地理感覚はないも同然の私ですが、この場合の境界は山地と考えられ、北の伊吹山系から関が原を経て鈴鹿山系、布引山系、朝熊(あさま)山系と続くラインとなりそうです。南の鈴鹿山系から関が原を経て伊吹山系のラインではないかと思っています。

 blog.mcnj」のmcnj さんに教えていただきました。ありがとうございます。(2017/5/22追記)

 当地は一部が三重県に接していてもそのラインからは西側で、関西型の地域に当たりますが、実際に見かけるダイミョウセセリの後翅表の斑紋は、関東型に近いものから関西型に近いものまで様々です。

 今季5/7のお初から本日までのダイミョウセセリを以下に掲載しますが、斑紋の形状などにより同一個体と思われるものはあらかじめ除いています。
 また、ほとんどが占有行動(テリ張り)中の♂で、特に場所の記載がない場合、ジャノメ・ポイント南外側のワラビ畑で見かけたものです。


[関東型若しくはそれに近い個体]
 
E-01(2017/5/7)
ダイミョウセセリ
 今季お初の個体です。
 典型的な関東型ですね。
 
E-02(2017/5/16)
ダイミョウセセリ
 庭でカラスの糞を吸汁していた個体で、吸い戻し行動を確認しています。
 やはり関東型ですね。
 
E-03(2017/5/16)
ダイミョウセセリ
 すぐ上と同日でよく似ていますが、かなり離れているので別個体としました。
 これも関東型ですね。

 昨季までこれらのような関東型と思われる個体は見かけなかったと記憶していますが、今季見られるような要因に思い当たることはありません。


[関西型若しくはそれに近い個体]
 
W-01(2017/5/12)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑が小さく薄いですが、一応帯状になっています。
 左前翅後縁部の縦型の傷が識別点です。
 
W-02(2017/5/14)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑の大きさにかなりバラつきがあります。
 
W-03(2017/5/15)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑が小さい個体です。
 
W-04(2017/5/18)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑は薄いですが帯状になっていて、腹部も少し白くなっています。
 左後翅の割れが識別点です。
 
W-05(2017/5/18)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑は薄いですが帯状になっています。
 
W-06(2017/5/20)
ダイミョウセセリ
 W-02によく似ていますが前翅表の白斑の形状が異なっています。
 ただ、開翅の度合いにより前翅表の白斑の形状は変わってくるので、確かとは言い切れません。

 当地は関西型のエリア内のハズですが、クッキリした白斑が帯状に連なっている典型的な関西型はほとんど見かけた記憶がありません。


[上のいずれでもない中間型とも言うべき個体]
 
M-01(2017/5/12)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑は一応2対です。
 
M-02(2017/5/16)
ダイミョウセセリ
 後翅表の白斑を3対と見るか1対と見るか難しいところです。
 
M-03(2017/5/16)
ダイミョウセセリ
 関西型に近い個体と分類してもよさそうですね。
 
M-04(2017/5/17)
ダイミョウセセリ
 左前翅外縁部のくの字型の傷が識別点です。
 
M-05(2017/5/20)
ダイミョウセセリ
 これも関西型に近い個体と分類してもよさそうですね。
 
M-06(2017/5/20)
ダイミョウセセリ
 自身でもどう分類したのか分からなくなってきました。(^^ゞ


 過去に産卵中の♀を確認したことがありますが、その個体はまぁ関西型と言える個体でしたが、それ以外には♀と確認できた個体はなかったと記憶しています。


 いずれにしても、これだけ関東型に近い個体や関西型に近い個体が並存している当地は、中間地域と位置づけてよさそうです。
 ご意見をお聞かせください。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:  

樹液酒場開店(新生蝶 2017-No.24-25)

 
 朝方は10℃-、久方ぶりに陽射しが強く、最高気温は夏日の25℃+になりました。パトロールするだけでも暑いくらいでした。
 
 
 
樹液酒場No.1(2017/5/17)
樹液酒場
 昨日、ジャノメ・ポイント内の樹液酒場が開店しました。
 サトキマダラヒカゲが2頭(1頭はつるの下)いましたが、ヨツボシオオキスイ(オオキスイムシ科)も何頭か見かけました。
 こういう方が出てくると酒場を広げることになるので、先が楽しみになります。
 
樹液酒場
 これは本日、チョウの世界も5月場所なのか、仕切り中です。
 気になるのは行司の方で、特徴ある腹部の色合いと縞々の翅ですからミバエの仲間かと思いましたが見つからず、アブも併せて調べましたが同定できませんでした。(トリミング部分は別の写真からです。)
 
 
アサマイチモンジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
アサマイチモンジ
 庭先下に里道を隔てて柿の木があり、朝、滑空しながらチョウが翔んでいました。
 ここ数日来よく見かけていて撮影し損ねているコミスジに違いないと思ったのですが、写真を見ると一筋しかありません。

 我が家周辺のイチモンジ系は、ソックリさんのイチモンジチョウとアサマイチモンジがいるので、識別点を確認するためほかの写真を寄せ集め、前翅表の肩部分に白斑がクッキリ見えること(青○:イチモンジチョウは、ないかぼんやりしている。)、後翅裏つけ根にVマークがあること(赤○:イチモンジチョウは、この部分が平行になっている。)からアサマイチモンジと同定しました。

 頭の中で合成すると、ほら、アサマイチモンジになりましたね。(^^ゞ
 
アサマイチモンジ
 探しても姿を見せてくれなかったのですが、午後遅くにムラシ・ポイントで見かけました。
 敏感で回り込もうとしたら逃げられ、裏の畑の方向に消えました。

 アサマイチモンジは、2016/5/10、2015/6/15、2014/8/29、2012/5/28、2011/5/13がそれぞれお初で、2013年は見かけないままでした。
 我が家周辺では、2012年以前にはイチモンジ系のチョウと言えばほとんどがアサマイチモンジだったのに、2013年以降は珍しい部類になりました。
 その原因は何か、未だにさっぱり分かりません。
 
 
イチモンジセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
イチモンジセセリ
 お隣の裏のツツジに集まる黒系アゲハを崖上の元畑待っていると、その元畑に咲いているツツジにセセリチョウが飛来しました。
 先日、遠くからしか撮影できなかったコチャバネセセリの口直しかと思ったら、翅に一文字の白斑が見えました。

 イチモンジセセリは、2016/6/30、2015/5/13、2014/6/4、2013/5/24、2012/5/26、2011/6/15がそれぞれお初ですから、待ちくたびれた昨季とは大違いです。

 イチモンジセセリは幼虫で越冬した世代が北へ広がり、世代を重ねて北海道の中部まで見られるようですが、当地はぎりぎりで越冬可能範囲に含まれています。
 実際問題として当地の冬の寒さは厳しいので、越冬できた年には5月に一化個体が見られ、できなかった年には飛来した二化個体個体が6月中旬以降に見られることになるのではないかと推測していますが、確かではありません。
 
 
ジャコウアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ
 アサマイチモンジを追いかけて裏の畑を回っていると、ムラサキ・ポイント近くで見つけました。
 黒っぽいのでてっきりアサマイチモンジと思いましたが、ファインダーをのぞくと黒系アゲハで、前翅表が白っぽく見えたのでジャコウアゲハの♀と分かりました。
 先日♂を見かけましたが、♀は今季お初です。

 とまってくれないので、得意の?飛翔撮影でちょいちょいと・・・(^^ゞ

 庭に御用達のウマノスズクサがあるのに、庭ではまだ姿を見たことがありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   昆虫(蝶以外)  樹液酒場 

チャマダラ型セセリの吸い戻し行動(新生蝶 2017-No.22-23)

 
 ヒンヤリした朝は10℃、午前中は薄曇りでも陽射しが多かったのですが、午後には曇り空に変わり、最高気温は22℃どまりでした。
 
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ
クロアゲハ
 お隣の裏の崖のツツジでは毎季黒系アゲハを見かけていて、勝手に入る訳にもいきませんから崖上の元畑から撮影しています。
 今季お初のクロアゲハが吸蜜に来ていましたが、見えない側で吸蜜することが多くどうしても飛翔狙いになります。
 
クロアゲハ
 通常は隠れている後翅表前縁の白い帯状の性標が見えます。
 
クロアゲハ
 見える場所でやっととまってくれましたが、連写モードなのでピントがもう一つです。(ウデ?)

 クロアゲハの出現時期は黒系アゲハの中でも早い部類なのですが、今季はこれまでで一番遅くなりました。
 
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ
コチャバネセセリ
 お昼過ぎに再度黒系アゲハ待ちをしていて、元畑の法面のツツジで見かけました。

 コチャバネセセリの出現時期は、2013を除き4月下旬から5月中旬ですが、その中では一番遅くなりました。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ツバメシジミ 4/16 7 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジ
ャノメ
 4/16 7 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
ヤマトシジミ 4/18 9 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
ミヤマセセリ 4/18 9     3/31 5/8 13
スジグロシロチ
ョウ
 4/18 9 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
トラフシジミ 4/22 12 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ 4/24 13 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
コツバメ 4/27 14 4/5 5 3/22 4/3 3/19
アオスジアゲハ 5/12 15 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
ツマグロヒョウ
モン
 5/14 16 4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ 5/16 17 4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
コチャバネセセ
 5/16 17 5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。


 2011年以降のいずれかの4月末までに見かけたことのある新生蝶18種は、本日でめでたく?コンプしました。
 昨季、一昨季はミヤマセセリを見られなかったのですが、今季は総じてチョウの出現時期が遅かったとはいうもののコンプできたのは3年ぶりです。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ
 玄関先の通路の多分カラスの糞で、ダイミョウセセリが吸汁していました。

 翅表を見ると関東型に近い個体ですが、地域型の関係で、ここ3日連続して見かけているダイミョウセセリをまとめて掲載する予定でした。
 この個体もその際再掲する予定ですが、本日ばかりはすぐ記事にする必要が生じました。
 
ダイミョウセセリ
 デッキの上の糞に移動したので状況がよく見えるようになり、腹ばいになって腹端の撮影に執心しました。

 流石にオシッコしているかどうか見えませんが、腹端を曲げていて、その部分辺りから前方が濡れている上、口吻が濡れた場所に届いていることから吸い戻しを行っていることは確かなようです。

 吸い戻しとは、乾燥した糞を腹端を曲げて排泄した水分(要はオシッコ)で溶かし、吸汁しやすくして吸うもので、イチモンジセセリなど黒三角型のセセリチョウではしばしば見かけるのですが、チャマダラ型のセセリチョウでは初めてです。

 とまっている時のチャマダラ型のセセリチョウは通常開翅しているため、腹端などの撮影が難しいので、こんな写真は私が初めてではないかとの助平心がもたげてきました。

 ですが、こっそりではあるけれどよくお世話になっている輝(かがやき)さんの「大阪市とその周辺の蝶」に「ダイミョウセセリの吸い戻し」としてバッチリ掲載されていて、ギャフンと言わされました。

 何でもご存知の方はいらっしゃるものですねぇ。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   吸い戻し 

まだ頑張りますか(新生蝶 2017-No.20-21)

 
 朝方は15℃、陽射しは弱めで最高気温は24℃どまり、午後遅くには薄曇りになりました。



 裏の畑の尾根のムラサキ・ポイント付近には、アゲハの仲間が通過する蝶道があるので、パトロールごとに空を見上げています。
 狙いは黒系アゲハです。
 
 
カラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
カラスアゲハ
カラスアゲハ
 林縁をかなりのスピードで通過するので、離れないとフレームに入らず、しかも前方を待ち受けて狙うと途中で引き返したりと悪戦苦闘しました。

 カラスアゲハは、2016/6/10、2015/5/17、2014/6/15、2013/9/13、2012/6/10、2011/5/16がそれぞれお初です。我が家周辺ではカラスアゲハよりミヤマカラスアゲハのほうが個体数が多く、出現時期にはかなりバラつきが見られます。



 今朝、家内から、庭で白い丸のある黒いアゲハがいると呼ばれました。
 丸くはないけど、一にモンキアゲハ、二にナガサキアゲハくらいかなと思いながら庭に出たのですが、仏の顔も二度までだったのか、姿も見ないまま翔び去っていました。

 午後、庭から見える下隣りの元畑で、ウンシュウミカンの周りを黒いアゲハが翔び交っていました。
 
ナガサキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
 まだ蕾が膨らんだ段階のウンシュウミカンやキンカンの周囲を翔び回って産卵しているようでしたが、とまっても向こう側の枝込みですぐ翔び立ち、産卵は確認できませんでした。

 ナガサキアゲハは、2016/8/3、2015/5/25、2014/9/3、2013/5/20、2012/7/25(初見)がそれぞれお初で、時期にバラつきが大きいのは我が家周辺で個体数が極端に少ないからだと思われます。


 我が家周辺でこれまでに見かけた黒系アゲハは、多い順にクロアゲハ>モンキアゲハ>ミヤマカラスアゲハ>カラスアゲハ>アオスジアゲハ>ナガサキアゲハ>ジャコウアゲハだろうと推定しています。
 ただ、今季はまだクロアゲハを見ておらず、カラスアゲハやナガサキアゲハがそれより早くなったのはこれまでで初めてです。



 さて、タイトルですが、西の方のことでは決してありません。(楽屋落ち)(^^ゞ
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで見かけました。傷み具合から、昨日と同一個体と思われます。
 開翅してくれても、どこが紫なんやねんとツッコミたくなるような姿です。
 
(産卵 13:11~13:51)
ムラサキシジミ産卵
 何と産卵し始めました。
 
ムラサキシジミ産卵
 芽のつけ根右側に↑で産卵した卵が見えます。
 
ムラサキシジミ産卵
 葉裏にも産卵していました。

 ムラサキシジミ越冬個体の産卵は4/14に見かけているので、今回のものが別個体にしてもちょうど1箇月の差があります。気温差があるので、一化個体の羽化がそのまま1箇月遅れるわけではないにしても、かなりの幅があることになりますね。
 
 
サトキマダラヒカゲ(春型 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
 ムラサキ・ポイントの木の下闇で、幹に2頭が奇妙な並びでとまっていました。
 右の♂が左の♀に愛をささやいているのではないかと思われましたが、振られたのか結局右の個体が翔び去りました。

 なお、↓の記事の個体は、やはりサトキマダラヒカゲでした。
 今度こそ割り切りました。^^;
 
 
樹液酒場 No.1
樹液酒場
 ジャノメ・ポイント内の樹液酒場で、オオスズメバチが作業中でした。
 例年5月中旬から下旬に樹液酒場が開店するので、その準備に来ているようです。

 この方やお仲間には近づかないようにしながらも、パトロールが楽しみです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  産卵  樹液酒場  昆虫(蝶以外) 

割り切れず(新生蝶 2017-No.19)

 
 朝方は15℃、最高気温は26℃でした。
 
 
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン
 進入路の入り口近くから東の畑まで追いかけて撮影しました。息が切れました。
 2~3日前から翔んでいたのですがカメラを構えるのが間に合わず、本日もえいやぁ!でした。

 ツマグロヒョウモンの出現時期は、過去6季で5/13が一番遅いのですが、一日遅れで記録を更新しました。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ツバメシジミ 4/16 7 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジ
ャノメ
 4/16 7 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
ヤマトシジミ 4/18 9 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
ミヤマセセリ 4/18 9     3/31 5/8 13
スジグロシロチ
ョウ
 4/18 9 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
トラフシジミ 4/22 12 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ 4/24 13 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
コツバメ 4/27 14 4/5 5 3/22 4/3 3/19
アオスジアゲハ 5/12 15 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
ツマグロヒョウ
モン
 5/14 16 4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ   4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
コチャバネセセ
   5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。



 この朝、裏の畑に行こうとしていた家内から、虎か豹のようなチョウが来てると教えてもらいました。それがツマグロヒョウモンかなとカメラを抱えて走りました。
 
サトキマダラヒカゲ(春型 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
○○キマダラヒカゲ
 車庫の外側で、サトキマダラヒカゲ?が野菜の土の袋を舐めていました。肥料入りなので、ミネラル補給しているのでしょうか。
 どこにも傷みが見えず、今朝羽化したのではないかと思われます。

 サトキマダラヒカには裏翅だけを見るとそっくりなヤマキマダラヒカゲがいますが、過去にヤマキマダラヒカゲと思ったものが全てサトキマダラヒカゲだったため、我が家周辺にはヤマキマダラヒカゲがいないと割り切っていたつもりでした。

 ところが、この個体がサトキマダラヒカゲの春型にしては後翅の眼状紋はクッキリし過ぎているし、もしかするとと思ってしまいました。サトキマダラヒカゲに?がついているのはそういった理由です。
 人間なかなか枯れないものです。(^^ゞ

 「蝶鳥ウォッチング」でサトキマダラヒカゲ×ヤマキマダラヒカゲ 翅裏雌雄比較図などチョウの識別資料を幅広くを公開されているYODA さんに一蹴されました。

 ウソです。(^^ゞ
 困った時の○頼みだったにもかかわらず、懇切丁寧にご教示いただき、この個体の特徴はサトキマダラヒカゲの個体差の範囲内とのことでした。(2017/5/15追記)

 それはそれとして、ハッと気づきました。羽化間もないって。
 
○○キマダラヒカゲ
○○キマダラヒカゲ
 あらよっ!^O^

 一旦逃げ出しても、私の周りを翔び回り、胸に腕に果てはカメラにとまり、また指に戻ってきました。カメラにとまったのだけは撮影したかったですね。

 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 庭のニシキギの葉上にとまっていました。
 翅裏がエライ白っぽく、首をかしげながら早くも一化個体かと喜びましたが、スレスレヨレヨレの越冬明け個体でした。
 遅くても昨年10月上旬までに羽化したものと思われますので、約半年、長生きですねぇ。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   手乗り 

アゲハ・レビュー(新生蝶 2017-No.17-18)

 
 朝方は14℃、朝から晴れて最高気温は27℃に達しました。
 午後には雲が広がり、深夜には雨の予報です。
 
 
 
アオスジアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アオスジアゲハ
 庭で畑!仕事をしていた家内から、黒いチョウが来てると教えてもらいました。出てみると、薹立ちしても残してもらっているネギ坊主でアオスジアゲハが吸蜜していました。
 ちょこまかと移動するし、家内監視の下では畑に踏み込む訳にもいかず、かなりピン甘です。ボクのせいじゃない、社会が悪いんだというところでしょうか。(^^ゞ

 アオスジアゲハは昨季初めて4月に見かけましたが、それ以外は5月中で、5/14という記録もあり、出現時期はそれなりでしょうか。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ツバメシジミ 4/16 7 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジ
ャノメ
 4/16 7 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
ヤマトシジミ 4/18 9 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
ミヤマセセリ 4/18 9     3/31 5/8 13
スジグロシロチ
ョウ
 4/18 9 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
トラフシジミ 4/22 12 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ 4/24 13 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
コツバメ 4/27 14 4/5 5 3/22 4/3 3/19
アオスジアゲハ 5/12 15 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
ツマグロヒョウ
モン
   4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ   4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
コチャバネセセ
   5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。



 数日来、裏の畑で黒系のアゲハが翔んでいましたが、行ってしまうと忘れた頃にしか戻ってこず、撮影できていませんでした。時期としてはクロアゲハだけど、ずい分スリムに見え、何だろうと気にかかっていました。
 
ジャコウアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ジャコウアゲハ
 裏の畑の続きのお隣のワラビ畑の狭い範囲で翔び回っていたので、飛翔撮影を試みました。
 
ジャコウアゲハ
 ワラビ畑の続きではあっても、いつもと異なる場所でダイミョウセセリがテリ張りしていたので、2ショットを狙いました。
 と言えばキレイなのですが、ダイミョウセセリにピントを合わせてパシャパシャやったら、たまたまモノになりました。(^^ゞ
 
ジャコウアゲハ
 とまって平開してくれました。
 フィールドでは黒一色で新鮮そうに見えましたが、写真を見るとスレが目立ちます。
 後翅の赤斑は色褪せていて、首筋の赤はフィールドでは目に入りませんでしたので、クロアゲハではないと分かったのですが、この段階でも何か識別できませんでした。
 
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ
 今度は半開翅でとまってくれたので、翅裏を撮らずにおくものかでしたが、赤い腹部を見てえ~えとなりました。

 ジャコウアゲハは、2015/5/11の♀が初見でその一度限り、♂はお初です。
 庭には食草のウマノスズクサを用意してあるのにと一瞬考えたのですが、もし今花があっても吸蜜しそうにはなく、♂には用がないのだろうなと思いました。
 
 
キアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ
キアゲハ
 お隣の畑のツツジでキアゲハが吸蜜していたので、話しの流れから言えばこりゃぁ飛翔撮影しかないなでした。
 
 
アゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ
 庭のバーベナで吸蜜していました。

 実はこのバーベナにツマキチョウも来ていたのですが、アゲハとの2ショットは情けない結果でした。
 
ツマキチョウ(♀ シロチョウ科シロチョウ亜科)
ツマキチョウ
 単独ならこんなものです、と言っておこう。(^^ゞ
 
 
ダイミョウセセリ #1(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ
 ジャコウアゲハと2ショットになった個体です。
 後翅の白斑が薄く、どちらかと言うと関東型に近い個体でしょうか。
 
ダイミョウセセリ #2(♂)
ダイミョウセセリ
 前翅の白斑の形も異なり、#1とは別個体と思われます。
 こちらはどちらかと言うと関西型に近い個体でしょうか。

 関東、関西のいずれからもちょっと違うとおっしゃられそうですが、だからこそしつこく中間型と主張しているのです。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: