新生蝶(2014-No.6)

 
 朝方は9℃、冷たく感じる風が一日中強めで、最高気温は16℃どまりでした。

 昨日は雨の一日だったので、15℃近くになるのを待って勇んでパトロールです。


 裏の畑の尾根の蝶道近くで、翅表の青い小さなシジミチョウが翔んでいました。大きさから考えても、お初のツバメシジミに違いないと、シャカリキに追いかけました。
 
ルリシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ ♂
 とまっても近づくとすぐ翔び立ち、なかなか確認できません。結局、♀より小さいルリシジミの♂でした。
 この写真そのものは、マシなものを選んだので、この後東の畑の法面で撮影したものです。


 下の記事のアゲハがとまったヒメオドリコソウの前辺りで残念がっていると、黒いチョウが舞い降りてきました。
 
ミヤマセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ミヤマセセリ ♂
ミヤマセセリ ♂
ミヤマセセリ ♂
 裏翅の黄橙斑が見えたのですぐミヤマセセリとは分かりましたが、エッ何で今頃との思いが先に立ちました。と言うのは、下表のとおり過去3季は決まりきったように5月初旬がお初だったからです。

 しかも3/25の記事に関連して、「四季おりおり」のtwoguitar さんから「ミヤマセセリは観察できないのでしょうか。」とお尋ねいただき、「ミヤマセセリは、GW明けにしか見られません。2011が5/7(初見)、2012が5/8、2013が5/8と計ったような状態です。」と胸を張って答えた(一部誤りあり)ばかりでした。(^^ゞ

 今季極端に早いと言っても世間並みなのですが、前季までの3季と1箇月以上差があるとその原因を考えてしまいます。

 ミヤマセセリの食草(樹)はブナ科で、本日遭遇の場所付近には大樹が含めてたくさんあります。庭にはありませんが、進入路に沿って小樹が生垣化していてムラサキシジミなどをよく探します。

 当地はかなり遅くまで晩霜があり、防霜ファンが回っていてもお茶に深刻な被害を与えたものでは、4/29、5/19というものが記憶に残っています。そのため、霜に弱い花を庭に植えつけるのは、毎季GW中が恒例となっています。
 庭でのミヤマセセリの吸蜜源は、たいていがパンジーかビオラでセキチクやクリサンセマムの場合もありましたが長居をしていません。パンジーかビオラは越年しているので、今の時期必ず植わっていますがそれほど匂いがあるとはいえないので、GW中新たに植えた花の匂いがミヤマセセリを呼び、結果としてパンジーやビオラを吸蜜源としているのではないかと現段階では推測しています。

 何か原因となるものを思いつかれたら、ご教示ください。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/29 5  3/30 6  4/17 9  4/10 7
ミヤマセセリ  3/31 6  5/8 13  5/5 14  5/7 13
コツバメ     3/19 4  4/13 5
ツバメシジミ     4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ     4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ     4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 14  4/29 13  5/9 14
クロアゲハ     5/13 14  5/7 15  4/16 9
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。
  ただし、5月が初見の場合に限っては、この15頭内での相対的順位を表示しています。

 脚注がどんどん増えますが、ミヤマセセリがランクインしたことにより気づいたものです。

 しかし、ルリシジミをツバメシジミと誤認しなければとことん追いかけず、この時期ミヤマセセリにも会えなかったかと思うと、思い込みも捨てたものではありませんね。(^^ゞ


 このほかの新生蝶関連では
 
モンキチョウ(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ ♂
 相変わらずとまってくれませんが、前回よりダンチな飛翔写真です。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   野草 

新生蝶(2014-No.5)

 
 朝方は7℃、午前9時前に時雨れました。午前中曇り、午後雨の予報だったので、本日はパトロールも無理かなと思っているとすぐ陽が射してきました。
 日中曇った時間帯もありましたが、風も弱く、最高気温は20℃に達しました。


 裏の畑の尾根はアゲハの仲間の蝶道があり、これから4月にかけてアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどの飛翔を見ることができます。行き(西行き)はとまることがありませんが、帰り(東行き)は時折吸蜜などでとまってくれます。
 そろそろかなと、この場所の探索を強化しました。
 
アゲハ(春型 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ 春型
 帰り道の証拠写真以下で、まぁいいかでした。
 
アゲハ(春型 ♀)
アゲハ 春型 ♀
 遠くのヒメオドリコソウ(シソ科)で吸蜜しています。とりあえずこれなら許すのレベルです。
 
アゲハ(春型 ♀)
アゲハ 春型 ♀
 近くのヒメオドリコソウで吸蜜し始め、ここまで近づけました。この時期にしては望外です。
 何日か前に羽化したのか後翅の一部が欠け、尾状突起やオレンジ色の斑紋の片方が失われています。

 写真3枚とも同一個体だと思っていましたが、2枚目の個体は右側の尾状突起が完全に残存しているので、3枚目とは別個体のようです。


 ↓の初見(初撮)日一覧表のとおり、ソメイヨシノが早く開花した昨季より1日前になっていますが、蝶道の確認時期の関係だろうと思われます。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/29 5  3/30 6  4/17 9  4/10 7
コツバメ     3/19 4  4/13 5
ツバメシジミ     4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ     4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ     4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 13  4/29 13  5/9 13
クロアゲハ     5/13 13  5/7 14  4/16 9
※ 各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。


 このほかの新生蝶関連では、
 
 
ルリシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ
 東の畑のツバキの花にとまっています。♀と思われますが、羽化不全の影響は見受けられないので、昨日とは別個体のようです。
 
 
ベニシジミ(春型 シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 ハコベの蕾にとまっています。下唇鬚の上部の黄色いものは、直前に吸蜜していたタンポポ(崖の中腹で咲いていて確認できないが、多分ニホンタンポポ)の花粉だと思われます。
 春型の裏翅のショッキング・オレンジ?が好きなのですが、逆光で異なった色合いになっています。


 まだコツバメの便りはありません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  野草  花木 

新生蝶(2014-No.3~4)

 
 朝方は3℃、霜注意報が出ていましたが特に影響は見られませんでした。
 午前9時前まで濃い霧で、鳥たちの姿も見かけましたが写真にはなりません。
 最高気温は22℃と今季の最高を更新、一日中お日さまさんさんで風もなく、パトロールしていても暑いくらいでした。


 そんな中、たくさんのチョウを見かけました。明日、明後日と雨の予報ですので、雨の日対応で2回に分けて掲載します。
 まずは、新生蝶です。
 
 
ルリシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ ♀
ルリシジミ ♀
ルリシジミ ♀
 東の畑で山勝手から降りてきて、スイセンで吸蜜しています。
 とりあえずの証拠写真は抑えましたがすぐ逃げられ、どの写真もトリミングが必要です。
 チラリと伺える翅表から♀のようです。左右の翅ともシワがよったり、たくれたりしていて、羽化不全と思われます。

 ↓の初見(初撮)日一覧表のとおり、サクラも早く開花した昨季を除き、3月下旬の出現、おおむね三番手です。
 
 
左:キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科)
右:モンキチョウ(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
左:キタキチョウ・右:モンキチョウ ♂
 証拠写真以前ですが、モンキチョウがとまってくれず、この写真1枚きりです。

 モンキチョウが誤認求愛しているのか、しつこく求愛してきたキタキチョウにモンキチョウが堪忍袋の緒を切ったのか、私は後者ではないかと推察しています。
 なぜかと言えば、モンキチョウ♀の翅はほとんどが白く(少ないが黄色の個体もある。)、黄色いキタキチョウを♀と誤認する可能性は少ないと思われるからです。
 しかも、過去に、翅の白いモンキチョウの♀がモンシロチョウに追われ、反撃したシーンを見かけたことも考慮すると、私の鼻では識別できないフェロモンだけでなく、翅色も求愛の相手探しの要件になっているのではないかと思っています。

 モンキチョウの初見(初撮)日早まってきているように見えますが、以前には翔んでいる場合キタキチョウと区別できなかったからだと思っています。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]

 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
コツバメ     3/19 4  4/13 5
アゲハ     3/30 6  4/17 9  4/10 7
ツバメシジミ     4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ     4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ     4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 13  4/29 13  5/9 13
クロアゲハ     5/13 13  5/7 14  4/16 9
※ 各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。


 この順番を狂わせているコツバメを探すため一日に何回も3株のアセビを確認していますが、アカタテハやテングチョウ、アブの仲間ばかりで、気にかかっています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   草花  羽化不全 

新生蝶(2014-No.2)

 
 6℃と穏やかな朝、気温はグングン上がり午前10時までには15℃になっていました。お昼前から曇りがちになり、冷たい風も強く吹いて、結局のところ最高気温は18℃どまりでした。


 それでもこの時期、新生蝶探しのためパトロールは休めません。
 
 
ベニシジミ #1(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ #1
ベニシジミ #1
 東の畑の法面で翔んでいて、とまってくれました。近づくと一旦逃げられましたが、何とか半開翅を撮影できました。
 この場所は、フキやオオイヌノフグリを始め草ぼうぼうですが、上の写真なら見方によっては野草園と言えなくもありませんね。(^^ゞ
 
ベニシジミ #2
ベニシジミ #2
 #1とは離れた府道向かいの野菜畑で翔んでいたので、別個体だと思われます。
 本日見かけたのは、この2頭だけでした。

 ベニシジミの初見日は下表のとおり幅がありますが、おおむねはモンシロチョウに次いで見られます。


[新生蝶初見日一覧表]
 
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ     3/17 3  3/31 2  3/28 3
コツバメ     3/19 4  4/13 5
モンキチョウ     3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ     3/30 6  4/17 9  4/10 7
ツバメシジミ     4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ     4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ     4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 13  4/29 13  5/9 13
クロアゲハ     5/13 13  5/7 14  4/16 9
 
※ 4月末までに見かけたことがあるチョウを、昨季の初見日順で整理しています。順次今季の初見日順に修正の予定です。


 で、本日のアセビには、
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
 何度も見かけていたのですが、敏感ですぐ逃げられ、やっと馬酔木天狗になりました。ウメは散り始めましたので、梅天狗は次季以降になりそうです。(^^ゞ
 
ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロウドツリアブ
 赤花に来てくれたのはこの方、主役はもちろんアセビです。

 後は、コツバメを待つばかりですね。
 
ビロウドツリアブ(交尾)
ビロウドツリアブ(交尾)
ビロウドツリアブ(交尾)
 昨季に続いて、交尾シーンを見ることができました。ということは、もう相当な数が生まれているということかも知れません。
 しかしまあ、こんな枯草、枯葉の場所でウロウロしてくれなくても・・・^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   花木  昆虫(蝶以外)  交尾 

新生と越冬明け

 
 朝方は3℃、茶園の防霜ファンが音を立てて回っていました。ただ、軒下の鉢植えには影響は見られませんでした。

 日中は20℃に達し、このくらいの気温になると、虫たちだけでなく、私も活動が活発になるようです。(^^ゞ


 昨日一昨日とお出かけでしたので、本日、庭は何度も、東と裏の畑は朝、昼、夕とパトロールしましたが、ベニシジミやルリシジミなど残念ながら新生蝶は見かけませんでした。


 お代わりは・・・
 
ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロウドツリアブ
ビロウドツリアブ
 東の畑のウメ(ナンコウウメ)で吸蜜中です。こうして見ると、針状のものは角でなく口吻と分かりますね。
 昨季は3/25、一昨季は3/28が初撮で、ほぼ例年並みです。

 姿・形からは、春の妖精とほど遠い気がします。とはいえ旬のものなのでクッキリハッキリに腐心したのですが、空ヌケでは・・・^^;


 一方、越冬明けの皆さんは・・・
 
アカタテハ #1(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 10:37・10:40)
アカタテハ #1
アカタテハ #1
 アセビで吸蜜中です。初めは近づくと逃げるを繰り返していましたが、だんだん慣れてきたのかアップも撮影させてもらえました。
 
アカタテハ #2(12:01)
アカタテハ #2
 ヨレヨレの色褪せですから別個体です。
 
アカタテハ #3?(14:05)
アカタテハ #3?
 #1と同一個体とも思われますが、確認できません。


 このアセビはコツバメさま迎賓花のつもりですが、本日はアカタテハとテングチョウしか見かけませんでした。隣に赤いアセビが、離れた場所にピンクのアセビがありますが、白ばかりが人気でした。
 
 
キタキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ ♀
 東の畑で薹の立った?フキノトウで静止中です。
 ♂から隠れているのか、♂が見つけてくれるのを待っているのか、吸蜜するでなく半時間ほどこのままでした。


 チョウではモンシロチョウを数頭見かけただけでしたが、ほかには
 
ツチイナゴ(イナゴ科)
ツチイナゴ
 この方も成虫越冬組です。
 
 
巳
 こんな方も見かけました。
 やさしすぎますが、ウオーリー問題にしておきます。見つけないほうがいいかもしれませんね。(^-^)v
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 昆虫(蝶以外)    果樹  花木  野草  その他生き物 

20℃

 
 3℃と氷も霜もない朝、気温はグングン上がり今春最高の20℃に達しました。


 こうなると、チョウたちもジッとしておれないようで、いろいろ見かけました。
 
 
キタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
キタテハ
 上は、東の畑の法面のヒメシャガの葉上で見かけました。近くにも来てくれましたが、これが一番それらしい写真です。かなり傷んでいます。

 下は裏の畑で見かけたもので、傷みは少なく別個体です。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 越冬場所探しはとうとう実りませんでしたが、青紫色をチラチラさせて翔ぶ姿には特別な思いがあります。
 開翅は次の機会です。
 
 
キタキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ
 オオイヌノフグリで吸蜜中です。この写真ではわかりにくいのですが、♀のような気がします。
 観察していた越冬組は皆行方が分からなくなりましたが、どこで冬を乗り越えたのでしょうか。


 ほかにモンシロチョウ数頭、テングチョウ2~3頭を見かけました。


 これまでは、お出かけの関係もあって18-270mmのズームレンズを着けっ放しにしていましたが、解像の具合を考えると、そろそろ100mmマクロに換装する必要がありそうです。
 明日は午後雨の予報なので、朝のうちにパトロールに出てみます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:  

初モン

 
 朝方はコンコンと音がするほど氷が固かったのですが、予報どおり気温が上がり16℃に達しました。

 ただ、風が強く、花粉で鼻がグシュグシュいう私には、あまりありがたくない気がしていました。
 アレルゲンを調べたことがないので、確たることは申し上げられませんが、経験則からすると、スギよりヒノキ、ブタクサ、イネあたりの時期に発症します。ホコリの類も天敵で、これでは仕事しないでいいよと言ってるみたいですね。(^^ゞ


 それでも数少ない暖かい日、勇んで出動です。
 
 
モンシロチョウ(♀? シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ
モンシロチョウ
 お隣の畑で翔んでいて、近づこうとするとこちらへ翔んできました。裏の畑での撮影で、越境しないで済みました。

 新生蝶のトップバッターは、気にかけ始めてから今季まで4季連続でモンシロチョウです。初撮は、2013が3/16、2012が3/27、2011が3/17でしたからまぁ平年並み、冬から早春の寒さも羽化時期にはそれほど影響しないように思えます。
 
(↑のトリミング)
モンシロチョウ
 傷みは見えず、翅周囲の緑毛にも欠けはなさそう、本日羽化した個体でしょうか。
 羽化直後のためか黒い紋も極度に淡いのですが、♀だろうと思っています。


 ほかに見かけたものは、テングチョウ1頭だけでした。
 
テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♀
テングチョウ ♀
 今回は日向ぼっこ中で、開翅してくれましたので、♀だろうと識別できました。ただ、枯草の影が翅に落ちていて、適当な場所には移動してくれませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:  

やっと春らしく

 
 このところ朝は氷点下、日中は曇り、雨、霰、雪で10℃に届かない日が続いていたので、二度寝の毎日でした。(^^ゞ


 本日は、一転17℃にまでなり、越冬組も目を覚ましたようです。
 寝ぼけているかと思えば極度に敏感で、撮影できたのは・・・
 
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
 東の畑で見かけました。
 近づけてもここまで、チャンスは1回だけでした。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
 朝から翔んでいるのを何度か見かけたのですが、まともにとまってくれたのは夕方でした。
 離れの犬走りにとまり、遠くから証拠写真を撮影しながらここまで来られました。


 越冬組では、ほかにキタキチョウを見かけましたが、すぐどこかに潜り込んだようです。

 モンシロチョウと思われるものが翔んでいましたが、昨季は3/16、一昨季は3/27、一昨昨季は3/17が初撮ですから、今季の寒さを考慮すると早過ぎる気もします。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: