雪害

 
 昨日の雪はほとんど融けず、夜半にも降ったようで、降雪量はデッキの上の実測で18cmに増えていました。

 通路の雪かき、屋根の雪下ろし(上がった訳でなく、下から軒先の雪を落とした。)などに勤しみ、夜入浴しようと服を脱ごうとすると、二の腕や肩がイテテでした。
 日ごろのなまくらの賜?です。(^^ゞ


 昨日のリベンジとばかり、台を抱えてウラギンシジミの接写のため進入路を下りました。何か景色が変わっている様子でしたが、どこがどうかはすぐには分かりませんでした。
 
ウラギンシジミ #4のアラカシ(ブナ科 10:59)
アラカシ
アラカシ
アラカシ
 根元から折れています。葉も茂っていたので、枯れ込んでいるなんて思いもしませんでした。

 ちょうどウラギンシジミの越冬場所に向かって倒れていて、探してみましたが見つかりません。空間が確保されているところに生き続けていることを祈るばかりです。


 春先に越冬明けのウラギンシジミをほぼ見かけることのない当地では越冬は難しいのだろうと考えていましたが、こんな結末は、私にも多分ウラギンシジミにも想定外のことです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  ウラギンシジミ  蝶(越冬) 

大雪警報

 
 一日雪が降っていました。
 10:15に大雪警報が発令され、14:44にやっと注意報になりました。大雪警報が出たのは何年振りでしょうか、よく覚えていません。
 降雪量はデッキの上の実測で17cmになっていました。


 小止みになればソレッ!でしたが、一向にやむ気配がありません。雪を押して出動です。
 
 
キタキチョウ #2 の崖(11:36)
キタキチョウ #2 の崖
 中央左の雪のない場所の奥付近が、キタキチョウの越冬場所です。ほぼ雪に埋まっています。この段階でデッキ上の積雪量の実測は15cmでした。
 崖の傾斜は急なので上がるのは危ないし、崖下からの撮影です。
(15:30)
キタキチョウ #2 の崖
 まだ降っていましたが、十分注意して崖に上がってみました。
 雪に押し流されたのか、どこかに埋もれているのか、キタキチョウは見つかりませんでした。
 明日雪が融けたとしても、崖面が濡れたままだと余計に滑りやすいので、ある程度乾いてから再確認したいと考えています。
 
 
ウラギンシジミ #4のアラカシ(ブナ科 11:38)
アラカシ
 雪で枝が垂れています。
 ずい分探したのですが、ウラギンシジミはどうにも見つかりませんでした。
 
ウラギンシジミ #4(シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:42)
ウラギンシジミ #4
 諦めて一旦戻ろうとして、眼に入りました。
 枝も垂れかなり低くなっていた上、葉も下向きになっていて、違った場所を探していたから見つからなかったようです。
 
ウラギンシジミ #4(15:27)
ウラギンシジミ #4
ウラギンシジミ #4
 かなり低い場所になったので、午後、久しぶりにマクロレンズに換装して撮影してみました。
 葉表の雪はかなり落ちています。
 
(↑2枚目のトリミング)
ウラギンシジミ #4
 中脚は足首?まで深く葉に刺していて、後脚は爪を引っ掛けているだけのように見えます。
 クッキリしていないのは、ウデの問題です。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  シロチョウ科  ウラギンシジミ  蝶(越冬) 

ヒュルリララ

 
 ここ2日ほど、日中でも10℃にほど遠い気温です。
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科 2014/2/12撮影)
フクジュソウ
 それでも春は近づいているようです。
 数芽はあるハズですが、撮影日の前日(2/11)1芽だけ見つけました。開花は、昨季が2/25、一昨季が3/6ですが、さて今季はどうなるのでしょうか。


 ところで、我が家の玄関ポーチの頭上には、例年ツバメが巣を作っています。
 
ツバメの巣(2014/2/11 19:16撮影)
ツバメの巣
 
ツバメの巣
 何度もカラスに襲われ、その都度修理していましたが、異なる場所の土だったためか色ムラがあります。

 中央の黒いものは向かい(写真右側)に玄関灯があるので、何かの影だろうと思っていると・・・動きました。
 目視では真黒く見えましたが、タイトルのように当地でツバメが越冬する訳はありません。(^^ゞ
 スズメが軒下で夜を過ごすと聞いたことがあるのでスズメかとも思いましたが、色合いだけでなく頭部の形も異なるように思えました。
 
 
ジョウビタキ(♂ ツグミ科 ↑それぞれのトリミング)
ジョウビタキ ♂
 
ジョウビタキ ♂
 頭部のロマンスグレイで分かりますね。ジョウビタキにこんな習性があるとは知りませんでした。

 毎日のように見かけるのでもっとハッキリした写真をものにしたいと腐心していたのですが、昼はお出かけで不在ですし、脚立を持ち出すと巣底で首をすくめていてさっぱり見えません。(^^ゞ

 ツバメが訪れる頃にはジョウビタキは出立しているので、明渡し問題がおこるハズもなく、シェアハウスとして有効活用しているのでしょうか。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 草花  野鳥 

真冬日も間近?

 
 今季最低気温の予報でしたが、眼が覚めると雪が積もっていて、朝方は-1℃でした。
 立春を過ぎたというのに最高気温は2日続きの5℃割れ、特に本日は2℃と真冬にもなかった低温でした。
 
 
ロウバイ(ロウバイ科 7:19)
ロウバイ
 一応の証拠写真、背後はナンテンですがそちらの方がよかったと後悔しています。(^^ゞ
 若木だけでなく、成木でも花が開き始めました。


 寒いといっても、当地ではそうそう積もらないですから・・・
 
 
ウラギンシジミ #4(シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 7:57)
ウラギンシジミ #4
 今回は、冬(立春は過ぎてますけど。)と分かっていただけますよね。^^;
 
 
キタキチョウ #2(シロチョウ科モンキチョウ亜科 8:03)
キタキチョウ #2
 暖かろうが、雪が積もろうが、少しも気にもしないでジッとしています。


 どちらも無事に耐えているので、ホッとしました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  花木  ウラギンシジミ  シロチョウ科  蝶(越冬) 

なごやん~救いがたい

 
 朝方は8℃、日中は14℃、あまり陽もささなかったのに暖かい一日でした。


 さて、なごやん事件の結末です。


 敷島パンからの送り状(2/1受)
 
平成26年1月
お客さま各位

拝啓
平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 この度は、弊社商品の一部でカルキ臭のするものがあり、万全を期する為自主回収させていただきました。お客様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたこと、ここに深くお詫び申し上げます。また、自主回収にご協力いただき、対象商品をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。
 今後、原因を徹底究明のうえ、品質管理体制を強化し再発防止に努めて参りますので、何卒ご理解を賜りますとともに、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
 本日、商品代金に代え、クオカード(コンビニエンスストアなどでお使いいただける商品券です)をお送りいたしますので、お納めくださいますようお願い申し上げます。
 末筆ながらお客さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

敬具

〒461-8721 名古屋市東区白壁五丁目3番地
敷島製パン株式会社 パスコお客さま相談室
フリーダイヤル:0120-877-835
 
 私の気になったのは、「万全を期する為自主回収させていただきました」との文言、食べたって大したことはないとの考え方が透けて見えるように思えます。穿ち過ぎでしょうか。(^^ゞ
 
quo.jpg
 写真が1枚もないのもさびしいので・・・
 我が村にはコンビニが1軒もないなんて、思いもしないのでしょうね。(^^ゞ

----------------------------

販売店に対する私のメール(1/9送信)

敷島製パンが、「なごやん」などでジクロロフェノールが混入しカルキ臭がする製品を自主回収しているということが昨日の新聞等で報道されました。
よりにもよってその当日(1/8)、家内が買い物に行ったところ、●●店では「なごやん」が売り出しされていて、この製品は問題ない旨の小さな注意書きはあったそうです。
混入の原因や範囲は敷島製パンから具体的に説明されておらず今後の防止策も必ずしも明らかではありません。
http://www.pasconet.co.jp/20140107.html
口に入る食品であるのに、流通業者である御社が責任を持って即日どのように確認したのか疑問です。当面は販売を控え、防止策などを確認の上、再開するというのが妥当な線ではないでしょうか。
お手数ですが、お考えをお示しください。


販売店からのメール(1/10受信)

平素は○○をご利用いただきありがとうございます。
私は、○○××部お客様相談室の□□と申します。

なごやんの件でメールをいただきました件におきましては報道されました パスコ なごやん でカルキ臭があると指摘されました。
下記該当日付けの商品は全て売場より撤去を致しております。
該当商品 2014/2/6~2014/2/13 までの賞味期限です。
この度の商品撤去は原材料に何らかの原因でカルキ臭が付着したとの事より該当の原材料を使用している全商品の撤去を行いました。
該当商品(該当原材料)以外は異常がない旨もメーカー様に確認の上販売致してしております。

今後とも、○○へのご愛顧ご利用をお願い致します。


 これは論点をずらしたりすり替えたりする議会答弁の見本、ツッコむ気にもなりませんでした。
 数日後家内が買い物に行った際は、なごやんの姿はなかったそうですから、問題視したのは私だけではなかったようです。
 
 
写真をクリックいただくいても、今回だけは大きくなりません。(^^ゞ
 

タグ: 事件