春めく

 
 陽射しさんさん、春風そよそよ、最高気温は15℃に達し、過ごしやすい一日でした。


 こんな日は、成虫で越冬しているチョウも顔を見せるのではないかと、裏の畑などを歩き回りました。

 東の畑で、目の前を何かが過ぎりました。
 
テングチョウ ♀
 どこにいるでしょう。(^^ゞ
 ファインダーをのぞいても、なかなか見つかりませんでした。この段階では、エッ!ムラサキシジミ?状態でしたが、何はともあれ証拠写真です。
 
テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♀
 ここです、ここ!^O^
 越冬(明け?)テングチョウは、昨年は4/24、一昨年は5/14が初見なので、ずい分早くなっています。見つけられなかった越冬場所探しのごほうびでしょうか。
 
テングチョウ ♀
 表翅だけでなく前翅裏も見せてくれません。後翅からはみ出た前翅部分の明るい点は、白斑の部分が薄いため、逆光に透けているのではないかと思います。
 翔ぶスピードが速いので、逃げた方向さえ見分けられませんでした。
 
 
キタキチョウ #8(11:59)
キタキチョウ #8
 こちらも、久しぶりに触角を立て気味です。翔び立つ時期はまだ早いと思いながらも、何度か見回りました。
 
(15:29)
キタキチョウ #8
 お昼より一歩?表側に出てきて、日向ぼっこのようです。触角は、先端を残して格納しています。
 
 
ハナアブ(ハナアブ科)
ハナアブ
 陽気に誘われてか、ハコベで吸蜜中です。
 ごくごく小さいアブは真冬でも見かけましたが、この大きさのものは今季お初です。別種のアブもオオイヌノフグリで吸蜜していましたが、チョウほどシャカリキに追いかけないので写真はありません。(^^ゞ
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科 11:39)
フクジュソウ
 
(13:31)
フクジュソウ
 6芽になっていました。葉も展開しかけています。
 上と下は、撮影方向が180°逆です。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 雨樋を設置して、工事はほぼ完了です。足場は週明けに撤去するようです。

 ネタに使った工事が終わればチョウが顔を見せる、世の中捨てたものじゃないですね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  昆虫(蝶以外)  草花  地域 

工事日誌(4回目)

 
 朝方は-2℃、最高は6℃、陽射しはあっても曇りがちで風が冷たく、やはり寒いですね。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 まだスレートを敷き終えていません。
 ↓のクイズはサービスし過ぎのようで、ご覧のとおり下屋根の天窓をなくしました。北側の部屋で明かりとりにはよかったのですが、20年以上経過すると結露するようになって、晴れた日でも雨漏り?します。
 上屋根の天窓も同様ですが、下は階段で明かりが欠かせないので、少しのしずくは辛抱です。
 
 
キタキチョウ #8(16:26)
キタキチョウ #8
 4本脚、触角格納状態です。
 3月は暖かくなるそうなので、パトロールを強化する予定です。
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科 2013/2/24撮影)
フクジュソウ
 もう開いたと言ってもいいのでしょうか?先日の写真のうち一番右側の芽で、ほかにも花弁がのぞいて先が黄色くなっているものがあります。ただ、相変わらず5芽のまま、土を追加してかけた際、少しずれていたようです。^^;
 
 
フキ(キク科)
蕗の薹
 一応蕗の薹です。撮影しようと思ったら、手ごろなのは家内が収穫してしまっていました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    蝶(越冬)  草花 

工事日誌

 
 今日も最高は6℃、風が強く、時おり雪が舞い、とても戸外には長くいられません。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 それでも作業は進みます。
 毎度同じような写真ですが、これが3回目です。キタキチョウの観察日記が、工事日誌に化けてしまいました。(^^ゞ
 防水シートを張り終え、スレートが置かれています。滑り落ちないかと心配ですが、プロのやることですから、まぁ大丈夫なんでしょう。

 さて、ここでクイズです。構造の変更がありますが、それは何でしょう。サービス問題のつもり、早い者勝ちです。^O^
 次回の記事に解答を載せますね。

 ↓の写真では、2階の赤い屋根が波打ったようになっていますが、ファイル容量を小さくしてリサイズするため解像度を落としたところ、このようになってしまいました。
 今回は、WINDOWS付属のペイントを使ってみましたが、このとおり、ファイル容量もそう大きくなく案外優秀です。
 
 
キタキチョウ #8(16:40)
キタキチョウ #8
 本日は夕方の写真です。変わりありません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    蝶(越冬) 

寒さ続き

 
 ここ数日寒い日が続き、雨や雪などでパトロールも滞っていました。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 こちらの作業も、4日振りに再開です。
 2階が終わり、1階の屋根のスレートをはがしています。薄暗くなるまで作業していましたが、ベニヤの上に防水シートをかぶせて、本日は終了のようです。
 
 
キタキチョウ #8(10:00)
キタキチョウ #8
 屋根の葺替えもせず、同じ葉裏でがんばっています。雨や雪にも大丈夫だったようです。
 右後翅には、破れや傷みが見えます。風に飛ばされた際、傷んだのでしょうか。↓で気づいてはいたのですが、書き落としました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  地域 

チョウは翔ばず

 
 久しぶりに10℃を越え、陽射しもたっぷりだったので、裏の畑をキョロキョロしてみました。

 越冬組のタテハチョウはかけらもなく、飛んでたのは小さな虫ばかり・・・
 
 
キタキチョウ #8(13:52)
キタキチョウ #8
 この方も陽射しを浴びてましたが・・・
 100mmマクロに換装して、クローズアップを撮影しました。やはりこんな日は4本脚でしたが、触角は格納したままでした。


 代わりにこんなものを見かけました。(^^ゞ
 
瓦の葺替え
葺替え
葺替え
 2階の屋根から作業を開始し、スレートをはがし、ベニヤを張ったうえに防水シートをかぶせています。
 スレートは瓦程度の大きさかと思っていましたが、横90cm余り、縦の広いところで約42cmと大きいことに驚きました。

 ほぼ2月一杯かかるそうで、周りの鳥たちを全く見かけなくなってしまいました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  地域 

春遠からじ?

 
 気温は上がりませんが、風の冷たさも少し和らぎ、陽射しにも幾分かは春めいたものを感じました。寒いのは一緒ですが・・・
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウ
 地植えのフクジュソウが芽を出していました。一昨日は見えなかったのに、三日見ぬまのですね。撮影時には4芽しか見えませんでしたが5芽ありました。咲くのにはもう少し時間がかかりそうです。
 
 
ウメ(バラ科)
メジロ
 蕾はまだまだ固そうです。
 
 
キタキチョウ #8(8:56)
キタキチョウ #8
 匍匐スタイルで撮影してみました。風に吹かれて倒れそうになったりしていました。
 このヒトの春は、ずい分遠いのでしょうね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節    蝶(越冬)  野鳥  草花  花木 

2013モンシロチョウ初見日調査

 
 朝方は-2℃、最低気温は何と2℃、今冬当地では真冬日になったことはありませんが、日中では一番寒い日になりました。しかも、一日中西風ないし北風が強く吹き、時おりゴォーッと不気味な音、戸外では長居無用です。(^^ゞ


 さて、「my蝶あるばむ」のgrassmonblue さんは、数年来、全国各地のモンシロチョウ初見日を調査をされています。
 各地域の初見日を拝見すると、ここがなぜこんなに早いのとか、へぇ~あそこがこんなに遅れるのとか、必ずしも地図や気温の高低どおりになっていないなど気のつくことが多くあります。

 このような調査は、毎日のように野に出ている場合と、たまたま目にした場合など、必然的に偏りが現われますが、データ数が多くなるほどその偏りは小さくなります。
 昨年もPRさせていただき、ご協力をいただきましたが、モンシロチョウを今季初めて見かけられた場合、日付、場所(都道府県+市区町村で可ですが、差し支えなければ町名or大字名まで)、頭数、その他(野菜畑、川原、庭などの環境etc.)をコメントいただくようお願いします。
 追っかけたけれど写真はない、でも結構です。^O^

 昨季我が家周りでは3/27でしたので、私がコメントするのは忘れそうなほど先のことになりますが、もう見かけたよとおっしゃる方は早速お願いしますね。
 初見日が早いだけが値打ちでなく、いつどの地域で見かけたかが重要で、昨季は5/22(北海道中標津町)が一番遅く、流石ぁ?です。


 1頭残ったキタキチョウは、余寒の春を迎えています
 
キタキチョウ #8(13:06)
キタキチョウ #8
 ↓と同じ地表高約30cmの場所で、姿勢を変えながら耐えています。
 南向きの崖面に向かって斜め下からの写真です。風が強いのに、本日は前脚を使っていないようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)