いつものパターン

 夕立のない暑い一日でした。

 我が家のトラップ、車庫(元納屋)の窓に、黒いアゲハがいると家内が教えてくれました。
 クロアゲハ手玉事件の再現かなと行ってみると・・・
 
ミヤマカラスアゲハカラスアゲハ夏型 ♀ アゲハチョウ科)
カラスアゲハ
 かなり傷んでいる個体です。
 気づくのが遅かったせいか、かなりお疲れのようで、あまり羽ばたきませんでした。
 コンデジによる撮影です。

 見直しにより訂正しました。(2016/4/10追記)
 
カラスアゲハ
カラスアゲハ
 とにかく逃がしてやりたいが先でしたが、外に出ても逃げようとせず、逆に心配しました。
 
ハグルマトモエ(ヤガ科シタバガ亜科 2011/7/27撮影)?
ハグルマトモエ
 目玉模様かと思ってよく見ると、巴模様です。
 流石に、手乗りしてもらう気にはなりませんでした。(^^ゞ


 先日、母を送りました。いくつになっても、つらいものです。
 当分の間、ブログをお休みにさせていただきます。

タグ:   昆虫(蝶以外)  手乗り 

抜け殻


 言わずもがな、今日も暑い一日でした。
 家の周りをちょっと片づけたら、大汗をかきました。
 
モンキアゲハ(アゲハチョウ科 2011/7/15撮影)
モンキアゲハ
モンキアゲハ
 リアトリスで吸蜜中です。
 手がかからない割に、いろいろなチョウが来てくれる貴重な花ですね。
 少しゆっくり目に滞在いただきましたが、近づくとひょいと遠ざかり、羽ばたきをやめませんので、完全開翅写真はなかなか難しいですね。

 一方で、今日はチョウが目につかない日でした。
 
カマキリ
カマキリ
 あちこちの鉢花で見かけますが、地植えのアジサイで山登り?中です。
 餌を捕まえたシーンを見かけたことがありません。
 
セミの抜け殻
抜け殻
 生きてるのを見かけたことがなかったのですが、夕方、デッキの上でヒグラシ?らしきものがひっくり返っていました。
 死んでるのかと近寄ると、ひょこっと起き直り、どこかへ行ってしまいました。
 ガラスにでもぶつかって、目を回していただけだったようです。(^^ゞ

タグ:   昆虫(蝶以外)  草花  花木 

雲辺寺(うんぺんじ)


 昨日一昨日、私の実家(讃岐)に帰省、父親連れで、四国八十八箇所第66番の巨鼈山(きょごうざん)雲辺寺にお参りしました。
 
雲辺寺ロープウェイ(2011/7/14撮影)
雲辺寺ロープウェイ
 雲辺寺は、標高927mの雲辺寺山頂上920mにあり、八十八箇所中一番高い所にある札所です。
 陽射しの強い日でしたが、日陰では流石に涼しく感じました。
 このロープウェイは、全長2594m・高低差657mだそうです。
 
五百羅漢
雲辺寺-五百羅漢
 ユーモアにあふれたお顔でした。
 父親は足元が少し不安なので、写真はそっちのけでした。
 
雲辺寺ロープウェイ
雲辺寺ロープウェイ
 帰りはこんな状態です。
 1時間20分の時間差ですが、山の天気は変わりやすいものですね。
 
テングチョウ(テングチョウ科)
テングチョウ
 高山のチョウは、ほとんど見かけませんでした。探しにも追いかけもできませんでしたが・・・(^^ゞ
 テングチョウは結構見かけましたが、撮影させてくれたのはこんな状態です。^^;
 
琴弾公園-銭形
琴弾公園-銭形
 寛永通寶の砂絵です。(^^ゞ
 春秋の年2回、ボランティアにより整備するそうですが、ろくに影もない状態では、文字も読みにくいですね。
 
伊吹島
伊吹島
 観音寺市沖の島ですが、通称イリコ島、だしジャコの産地です。
 家内は、イリコが買えて満足そうでした。

 たまにはと、故郷の観光案内をしてみました。

タグ: 社寺  自然・季節   

生物農薬


 昨日の激しい夕立で朝方はひんやり、少しの間だけでしたけど・・・^^;

 早めに第一回!の夏休みでした。
 この暑さですから、いつ第二回に突入するか分かりません。(^^ゞ
 
アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハ
アカタテハ
 リアトリスで吸蜜中です。
 結構久しぶりですが、この時季はかなり敏感で、クローズアップは厳しいですね。
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科 2011/7/10撮影)
ツマグロヒョウモン ♀
 こちらもリアトリスで吸蜜中です。
ツマグロヒョウモン ♀
 ナスの葉上に逃げられました。
 
ササグモ(ササグモ科 2011/7/6撮影)
ササグモ
 アジサイ上で、ハエか何かを捕まえています。
 このクモは、クモの巣を作らず、徘徊して獲物を探し、ジャンプして捕まえるようです。

 どぎついタイトルですが、生物農薬として使われたこともあるそうですよ。

タグ:   草花  野菜  その他生き物  捕食 

3頭立て


 20℃を割り込む涼しい朝でした。
 晴れたり曇ったりの一日でしたが、夕方から雨になりました。

 7月4日、下のクロアゲハ手玉事件?の直前です。
 
アゲハ(アゲハチョウ科 2011/7/4撮影)
アゲハ
アゲハ
 ピンクセージで吸蜜中にもう1頭がやってきました。
 どちらも♂のようでしたが・・・

 一緒に翔び始めたと思ったら、いつの間にか3頭になっていました。
アゲハ
アゲハ
アゲハ
アゲハ
 ♂♂♀ではないかと思われますが、どういう事情か分かりません。

タグ:   草花 

株(くいぜ)を守る


 夜になって雨と雷、大したことにならないといいですが・・・

 モンシロチョウとメスグロヒョウモン以来、車庫(元納屋)の窓は、必ずと言っていいほど通りすがりにのぞいています。
 待ちぼうけの歌のとおり、ころりころげた 木のねっこ ♪ は、なかなかないものですね。

 夕方、車庫にチョウがいると家内が教えてくれたので、飛んで行きました。
 
クロアゲハ(アゲハチョウ科)
クロアゲハ
 曇り空で車庫の中は薄暗く、窓の外はそれでも明るいので、黒一色の撮影は難しいですね。
 強制フラッシュを使いました。
クロアゲハ
 同じシチュエーションで、コンデジによる撮影です。

 ここで会ったが百年目、出してあげるから手乗りしての取引条件に、なかなかウンと言ってくれませんでした。(^^ゞ
 何度もバタバタして相当お疲れになってから、やっと乗ってくれました。
クロアゲハ
 こういうスタイルなら、まぁまぁ手乗りという感じなのですが・・・
 右の尾状突起が欠け落ちました。私のせいじゃないですよね。^^;
クロアゲハ
クロアゲハ
 証拠写真は撮れたので、外に連れ出しましたが、全然翔び立とうとしません。
 とにかく大きすぎて、親指なども翅に当たっています。そんなにカメラを離せませんので、うっかりするとフレームからはみ出します。
クロアゲハ
 チョウ接近画像です。(^^ゞ

 近くに柑橘類がなかったので、オオデマリに移してやると、すぐ翔び立ちました。

タグ:   カメラ  手乗り 

半夏生


 今日は半夏生。
 朝からどんより、昼からは晴れたり曇ったりで、蒸し暑い一日でした。
 
シオヤアブ(♂ ムシヒキアブ科)
シオヤアブ ♂
 今季お初です。ムシヒキアブの真打登場といった趣があります。
 白いぼんぼりは♀にはありませんので、♂ですね。
 傾いているラベンダーにとまっています。
 
シオヤアブ ♂
シオヤアブ ♂
 バラのアーチの支柱にとまって、早速、捕食中です。
 よく分かりませんが、ハエでしょうか。アブかも知れませんね。
 
シオヤアブ ♂
 コンデジによる撮影です。
 真横からですが、障害物があってデジイチでは無理なアングルです。
 ただ、これでも体液を吸っているかどうかは確認できませんね。
 
シオヤアブ 交尾体
 交尾シーンは初めてです。
 白いぼんぼりがどちらのものか分かりにくいですが、右が♂のようです。
 こういう奥行きのあるものはコンデジに限ると、コンデジを近づけたら飛び立たれました。
シオヤアブ 交尾体
 使っていなくて傾いたまま放置しているつる性植物のポールにとまりました。
 逆光になって、デジイチでは余計難しくなりました。フラッシュを焚いてみたり、あれこれ試みましたが、結局コンデジ写真です。(^^ゞ
 こちらは、左が♂ですね。

 半夏生とどんな関係が・・・って。

 シオヤアブの半生記を見た感じがします。^O^

タグ: 自然・季節  昆虫(蝶以外)  カメラ  交尾  捕食