地域発見(1/30)


 家内のアッシーくんで、大字北大河原上中谷(通称 奥田)に出かけました。我が家は国道163号の南側ですが、ここは北側、すぐ隣は三重県です。
 
ミヤマホオジロ(ホオジロ科)+アオジ(♂ アトリ科)
ミヤマホトトギス♂+アオジ?
 ミヤマホオジロが10羽近く群れていました。
 ここには、ミヤマホオジロの♂ばかり4羽の中に別の鳥が紛れ込んでいました。
 初めはミヤマホオジロのメスかと思いましたが、腹部も黄色くアオジの♂のようです。
ミヤマホトトギス番い
 ミヤマホオジロの番いです。手前が♀、奥が♂です。
ミヤマホトトギス♂
 ♂です。黄色部分は、とても鮮やかですね。
 ♂は、初見(No.11)です。(2011/2/1追記)
ミヤマホトトギス♀
 ♀です。♂と比べるとずい分地味ですね。
 
ケリ(チドリ科)
ケリ
 ミヤマホオジロの場所から、200m程で三重県伊賀市島ヶ原(旧島ヶ原村)になります。
 1kmほど三重県側に入った小河川沿いの田んぼで、飛んでいました。
 先日の写真よりはかなりマシですが、まだまだですね。(^^ゞ

 初見(No.12)です。前回、初見扱いしなかったことを忘れていました。^^;(2011/2/1追記)
 とまっている姿は、まだ見たことがありません。

タグ: 野鳥  地域 

かくれんぼ


 朝方は-5℃、昼間は5℃にならない寒い日でした。
 
空
 こんな空でした。(^^ゞ
 ホバリングしていましたのでトビではなさそうですが、遠すぎて分かるような写真にはなりません。
 
キジ(♂ キジ科)
キジ
 先日の田んぼです。
 確認のため横の道を走ると、とりあえずで隠れたようです。
 
キジ
キジ
 何か気配を感じたようです。
 
キジ
キジ
 私に気づいて、トコトコ跳ねるように逃げ出しました。

 我が家の?キジとは違うようで、少し若そうに見えます。

タグ: 野鳥 

強弱広狭


 1月25日、木津川畔を散策しました。
 寒い日で、時折風花も舞っていましたので、水鳥以外は余り見かけず、撮影もさせてもらえませんでした。
 
koukyou01.jpg
 カワウ(ウ科)とヒドリガモ(♂♀ カモ科)が一緒に休んでいました。
 カワウは大きな岩を一人占めですが、ヒドリガモ達は遠慮して一つ岩を隔てた小さな岩でおねむ中です。小さな岩に3羽固まっていたり、岩に乗れなくて水面でおねむなのを見ると、つくづく不平等さを感じます。
 
koukyou02.jpg
koukyou03.jpg
koukyou04.jpg
 と、カワウが飛び立ちました。私に気づいたからでしょうか。
 別の岩に寄り添っていたヒドリガモ達に、まるで当てつける?ように、近くを助走して飛び上がりました。
 いいように考えれば、注意喚起したのかも知れません。(^^ゞ
 
koukyou05.jpg
 一方、ヒドリガモ達は悠揚迫らずといった感じで、1枚目の写真からカワウを消しただけといった状況です。
 
koukyou06.jpg
 さすがにまずいと思ったのか、首をもたげ、しずしずと水に入って遠ざかっていきました。
 
アオサギ(サギ科 1月25日撮影)
アオサギ
 対岸はこんなに蔓がしげっていて、川面をみることすらできません。
 ツルかコウノトリに見えそうですが、だまされていただけませんか?

タグ: 野鳥  地域 

捜索願い


 朝方は、相変わらず氷点下が続いています。
 いくら体が慣れてきたとはいっても、やはり寒いです。
 
空
 こんな空でした。(^^ゞ
 ネタが切れそうになると、空を見上げるようになりました。^^;
 
キジ(♂ キジ科)
キジ♂
 近所を車で走っていると、人家で三方を囲まれた(といっても、街中のようではありませんよ。あちらにポツポツ、こちらにポツンです。)田んぼで、地面をつついていました。
 あわてて車を停め、後部座席のカメラを出していると、移動し始めました。
 何とか証拠写真は残りましたが、下の田んぼに降りたはずが見当たりません。
 キジが住み着いている我が家の裏の畑は、藪もあり、山も近くですので、こんな開けた田んぼにいたことに驚きました。

 最近見かけないと思ったら、こんなところにいたのかい。
 家出のことはもういいから、帰っておいでよ。
 と、言おうとしましたが、遠くて声が届きません。^^;

タグ: 地域  野鳥 

藪の中


 最近また、我が家の周囲でカラスが元気してます。ですから、小鳥くん達は、なかなか出てきてくれません。

 それでも藪では、鳥の声が聞こえます。
 
ウグイス(ウグイス科 2011/1/23撮影)
ウグイス
ウグイス
 向こうから近づいて来てくれました。
 2枚目は枝の間をぬって、何とか全体が見えています。どちらもトリミングしていません。

 まぁまぁマシな写真(ナイ!って言わないでくださいね。)は、クリックしていただくと大きくしてご覧いただけます。
 
ベニマシコ(アトリ科 2011/1/21撮影)
ベニマシコ
 何羽でしょう?(^^ゞ
 大きくしてご覧になっても、分からないかも知れませんね。
 この木1本で、藪をつくっています。^^;
 
ベニマシコ
 ♂の予期せぬ飛び出しですが、PC上で見るまで、もう1羽♂がいたことに気づきませんでした。^^;

タグ: 野鳥 

鬼面仏面


 昨日の記事の後編です。
 奈良県山添村大字遅瀬(おそせ)では、陸でも野鳥をたくさん見かけました。
 
ハクセキレイ(セキレイ科 2011/1/22撮影)
ハクセキレイ
ハクセキレイ
 歯科医院駐車場横の、落ち葉の積もった空き地で歩いていました。人馴れしていて、2m くらいに接近してもトコトコ離れる程度です。
 何の虫かは分かりませんが、虫をくわえた姿は初めて見ました。下の写真(原図をそのままリサイズ)では、嘴ではさみつぶしています。
 
アオジ(♀ ホオジロ科 2011/1/22撮影)?
アオジ ♀
 先日見かけたのはアオジの♂のようで、これが♀ではないかと思います。♀であれば初見(No.10)です。
 
モズ(♂ モズ科  2011/1/22撮影)
モズ ♂
 同じ個体ですが、恐い顔と優しい顔をしてくれました。こんなに印象が変わります。

 ここではほかに、エナガ、シロハラ、ジョウビタキ♂などを見かけました。

 帰る道すがら、三重県伊賀市治田(はった)で、買い物の合間に鳥見です。
 こちらも名張川水系に属する反対側の支川(治田川)があり、以前エナガなどが群れていました。
 
シロハラ(ツグミ科 2011/1/22撮影)?
シロハラ
 かなり遠くて、目一杯のトリミングです。
 何度か見かけたシロハラに比べ、眼が大きくギョロギョロしているのが気にかかります。
ヌートリア?
ヌートリア
 草の上で休んでいて、私に気づいて水に入ったので、まだ濡れねずみになっていません。
 ダブルヘッダーで見かけましたが、山添村も同じ水系ですので、この辺りにはたくさん住み着いているのかも知れません。

 家内の歯医者通いは月一なので、アッシーくんが楽しみです。(^^ゞ

タグ: 野鳥  その他生き物  捕食 

水蜘蛛


 昨日の午後は、家内の歯医者通いと買い物のお供でした。
 歯科医院は、奈良県山添村大字遅瀬(おそせ)にあり、名阪国道五月橋ICのたもと、我が家からは奈良県、三重県を越え、再度奈良県に入ります。

 木津川の上流、名張川水系に属する支川に架かる橋からは、たくさんの鳥を見かけました。
 で、前編として、水関係?です。
 
セグロセキレイ(セキレイ科 2011/1/22撮影)
セグロセキレイ
 ふ~ん、セキレイは水の上を歩けるのか。
 忍者の里、伊賀や名張も近いことだし・・・

 そんなことを思っていると、川の中を黒いものが・・・
 
ヌートリアイタチ(2011/1/22撮影)?
イタチ
イタチ
 濡れねずみになっていると、我が家で見かけるイタチとは別種のようです。と言っても、ニホンイタチかチョウセンイタチか、はたまたテンか、さっぱり分かりません。
 岸辺で何を食べてるのでしょうか?

 Matsu さんのコメントでヌートリアと教えていただきました。ありがとうございます。
 草食性だそうで、岸辺の草を食べているようです。キセキレイも安全牌と分かっているから、無視しているのでしょうか。(1/24追記)

 そこへ飛来したのは・・・
 
キセキレイ(セキレイ科 2011/1/22撮影)
イタチ+キセキレイ
 キセキレイは、ヌートリアイタチに気づいていますが、頓着していません。をいをい、大丈夫かいな。
 やはり、キセキレイも水の上を歩けるのだな。
 (ここまできても、まだ気づいていません。^^;)

 ヌートリアイタチは岸辺の草に隠れたのか見えなくなり、あとはキセキレイの独り舞台です。
 
キセキレイ
おっと              おっとっと
キセキレイ
おっとっとっと              ふ~~
 
 やっと、氷が張っていることに気づきました。
 溝川とは違って結構川幅がありますので、思いもしませんでした。(^^ゞ
 
オシドリ(カモ科 2011/1/22撮影)?
オシドリ
 浮かんでいるときは気づかず、飛び上がってからカメラを向けました。
 オシドリなら初見ですが、♂(左側)はもっとハデハデじゃないかと思っていました。
 それにしても、ピッタリ並んで飛んでいます。オシドリ夫婦とは、よく言ったものですね。
 水上の姿を撮影できたとき、初見にします。

タグ: 野鳥  その他生き物 

クルリンコ


 朝寒くなかったため、今日は久しぶりに冬日でなくなるかと思っていると-3℃、体が寒さに慣れたのでしょうか。

 キツツキの木に行こうとすると、途中で小さな音ですがドラミングが聞こえます。
 
コゲラ(キツツキ科)
drum01.jpg
drum02.jpg
 ものすごいスピードで頭を上下します。脳震盪をおこさないかと心配します。
 上げ下げする途中の写真は、曇り空で少し薄暗いため、どうしてもぶれてしまいます、
 
kururin01.jpg
 「ありゃさ」
kururin02.jpg
 「こりゃさ」
kururin03.jpg
 「どっこいさ」
kururin04.jpg
 「ほいさ」
kururin05.jpg
 「う~~~ん」
kururin06.jpg
 「ふ~~」
 今度は枝を一周です。
 よくこれをやりますから、なかなか全身像の写真が撮れません。

 また、ドラミングです。
 そこへ何か黒っぽいものが・・・
drum03.jpg
 本来の縄張り主でしょうか?
 ぶつかるところも、跳ね飛ばされるところも、撮影できませんでした。
 幹に2羽見えるとは思いますが、ボケボケです。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

タグ: 野鳥 

大寒


 とはいっても午前中は過ごしやすかったのですが、午後からは冷たい風が吹きすさびました。
 
ジョウビタキ(♂ ツグミ科)
ジョウビタキ ♂
 先日のピンボケ飛び出しのヒトですね。その時よりは近くからです。
 こうして見ると、頭はロマンスグレイというより、若々しい感じです。私と同じで散髪がキライなのか、少し伸びすぎでしょうか。

 この写真は 510×340ピクセルですが、なぜこの大きさにしたか忘れています。^^;
 この写真と次の写真は、クリックしていただくと、900×600ピクセルでご覧いただけます。モノクロもどきではないのにファイル容量が小さいので、大きいものを載せますね。
 
ヤマガラ(シジュウカラ科 2011/1/19撮影)
ヤマガラ
 見てる範囲では、今日は食べていませんでした。^O^
 
ベニマシコ(♂ アトリ科 2011/1/19撮影)
ベニマシコ ♂
 もっと枝の少ない木もあるのに、と思います。
 これも防衛本能のなせる業?単に趣味?・・・

タグ: 野鳥 

地域発見(1/16)


 朝方は-1℃と寒さが少しゆるみました。
 比較的過ごしやすいお天気でしたが、我が家周辺では、鳥さんとあまりタイミングが合いませんでした。

 1月16日は家内がお出かけだったため、一人で探索です。
 山に入ると道に迷うこと必定ですので、分かりやすいところにしました。(^^ゞ

 まずは、木津川にかかる府道の橋、笹瀬橋付近を歩いてみました。
 
アオサギ(サギ科 2011/1/16撮影)
アオサギ
 こんな風景です。(^^ゞ
 親水施設はおろか護岸工事もろくろくされていませんので、自然のままです。
 川面を見ようとすると、開けたところを探さなくてはなりません。
 
アオジ(ホオジロ科 2011/1/16撮影)??
アオジ
 岸辺の足元にいました。
 アオジであれば、初見(No.9)です。もっと黄色味が強いと思っていました。
 ほかに思い当たるのは、同じホオジロ科のノジコくらいでしょうか。

 水鳥は見当たりませんので、以前自生のフジバカマが咲いていた大字北大河原小字中谷に回ってみました。
 
カシラダカ(ホオジロ科 2011/1/16撮影)
カシラダカ
カシラダカ
 あちこちで群れていました。十数羽程度の3集団を確認しました。
 ほかには、数羽ずつのホオジロとメジロの群れ各1集団を見かけました。

 で、恒例?のひどい写真です。
 
ジョウビタキ(♀ ツグミ科 2011/1/16撮影)何?その1
何?その1
 嘴がなければ、ガメラの子どもかなといった雰囲気です。(^^ゞ
 白眉斑が目立ちます。当てになりませんが、大きさはシロハラ程度でしょうか。
 さっぱり思い当たるものがありません。

 take1 さんのコメントで、ジョウビタキの♀と教えていただきました。ありがとうございます。
 しかし、ジョウビタキの♀なら何度も見てるのに・・・^^;(2011/1/24追記)
 
ケリ(チドリ科 2011/1/16撮影何?その2
何?その2
 ユリカモメと見まごうような感じです。
 ミカンをくわえているように見えましたが、これも当てになりません。^^;

 同じくtake1 さんのコメントで、ケリと教えていただきました。重ね重ねありがとうございます。
 しかし、これでよく判別できるものですね。^^;(2011/1/24追記)

タグ: 野鳥  地域