誘われてフラフラ ♪

[2010/05/31 22℃/13℃]

 5月も終わりですね。今日も曇り空、歳のせいか、五月晴れの記憶がありません。

 シジュウカラとはちょっと違う見かけない鳥さん、それっ!とカメラ片手に待機しました。
 よく似ているのですが、黒ネクタイをしていません。シジュウカラのかなと、勝手に思っていました。
ヤマガラ(左:幼鳥 右:成鳥 シジュウカラ科)

 ナンパしに来たようです。右がヤマガラのかと思います。ということは、左がでしょうか。
 ナンパ不成功で、だけ残りました。と・・・

 このホバリングにフラッとしたようで、追いかけて飛び立ちました。
 に合わせていたので、残念ながらホバリングのピントは甘めです。

 YODA さんのコメントで、ヤマガラの幼鳥と教えていただきました。ありがとうございます。
 したがって、一番下は幼鳥2羽になります。 
 なお、ヤマガラの成鳥は、雌雄同色だそうです。

 最近でも、幼鳥ですよと教えていただくことが多く、何の鳥?と首を傾げる場合、幼鳥ではないかと疑ってかかることにします。^^;(12/22追記)

タグ: 野鳥 

変わった花木

[2010/05/30 24℃/9℃]

 昨日より少し温度が高かったですが、鉢物の水切れはさせていません。^^;

キソケイ(黄素馨)

 横の畑に植わっていて、樹高2m 近くあります。
 どこも変わったところはありませんが、一目先日購入したカロライナジャスミンと思い、家内に、あったやないか、と言ってしまいました。
 つる性ではなく、開花時期も違います。ハゴロモジャスミン(素馨)と同じモクセイ科ソケイ属です。カロライナジャスミンはフジウツギ科ですから、全く別物ですね。
ハコネウツギ(箱根空木)

 進入路の土手に植わっていて、樹高1m 余りです。
 蕾から開花直後は白ですが、時を待たず薄いピンク~濃いピンクに変わります。
 空木と名前が付いていても、ユキノシタ科ウツギ属ではなく、スイカズラ科タニウツギ属のほうです。
アブチロン(品種:キングベル)

 このタイプのアブチロンは、通称チロリアンランプと言われています。一般種と同じ仲間だそうですが、花姿が全く違いますね。
 熱帯、亜熱帯原産の半つる性花木ですが、そんなこととはつゆ知らず(というか、フクシアの親戚くらいに思っていました。)、鉢を冬もずっと庇の下に出していました。ある程度耐寒性があり、落葉しましたが生きのびています。

タグ: 花木 

恋の季節?

[2010/05/29 22℃/11℃]

 陽射しが強く湿度が低かったため、カルミアなどが水切れしてしまいました。昨日はバラ、早朝鉢土が幾分湿っていても、水やりが必要ですね。

ヒヨドリ

 木からドサッという音がして、落ちてきました。ピクッともしませんのでどうしたのかと近寄っても,、逃げようとしません。
 すぐタイトルが思い浮かびましたので、かと思いましたが、区別はつきません。

 下の写真は、裏返しになっていた方です。
 ずっと追いかけられていましたが、逃げ回っていました。

タグ: 野鳥 

畑の花

[2010/05/28 19℃/11℃]

 風は冷たかったですが、陽射しが強い割にさわやかな一日でした。

ベニバナ

 昨日、畑に18ポット分植えました。日照は十分だったはずですが、徒長しているように見えます。間引きする予定で1ポットにおおむね2株ずつになっていますが、間引きしないで植えつけました。
 立ててある棒は、家内にならって、踏まれたりしないようにとの目印です。こんなに大きな苗なら大丈夫よ、と言われました。(そう言うけど、安心できない・・・心の声)

 今日、上の写真を撮りに行って、畑を見渡すと、

ジャガイモ(品種:メークイン)

 隣に植えているキタアカリの花は、まだこれからですが、区別できません。
 芋に栄養を行き渡らせるため花は摘むものと思っていましたが、最近は気にしないでよいとのことだそうです。
 花はシワシワで、うっすらと紫がのっています。そんなにきれいなものではありませんね。
イヨカン(伊予柑)

 みかんの花が 咲ぁいている 
 柑橘系の白い花です。
カキ

 蕾がこんなものとは知りませんでした。これがヘタになるのでしょうね。

タグ: 育苗  草花  野菜  果樹 

ストーブ点いてます

[2010/05/27 17℃/13℃]

 曇り空で時々晴れ、風が冷たく寒いくらいの一日でした。

セージ(ホットリップス)

 源平咲き( 脚注)ですが、赤と白の比率は様々です。
 赤一色のチェリーセージは、こぼれ種で庭のあちこちに咲いていますが、こちらは繁殖力がそんなに強くありません。
ラベンダー

 フレンチラベンダーです。品種名はラビット何とかと書いてあったように記憶しているのですが・・・
 何株もありましたが、庭の模様替えで1株しか残っていません。
ジギタリス

 まだこんな状態です。花弁のブロッチ(斑点)が特徴ですが、毒々しい感じがして、あまり好きな花ではありません。ブロッチのない品種もあるそうですが、どんなものでしょうか。
 強心剤に使われた(現在は化学合成される。)ことは有名ですが、どの部分も有毒なのに、ご近所でも結構植えられています。

続きを読む

タグ: 草花  野草 

コリウス、ペチュニアのポット上げ

[2010/05/26 18℃/15℃]

 曇り空で時折雨、気温の変動も安定成長?の一日でした。

コリウス

 4月11日播種、4月24日発芽して順調に生長していたのですが、その後の寒さや予期せぬ霜で傷んだのでしょうか、発育不良です。
 先日の嵐の際、雨が吹き込んで、鉢底ネットの目詰まりでしょうか、苗が泳いでいました。
 無理を承知で、何とかなりそうなものを2.5号ポットに上げました。大きさ(小ささ)が分かりますね。
 たった 13 株、がんばってね。
ペチュニア(ロンド mix)

 4月11日播種したペチュニアの片割れ 90 株を、こちらは3号ポットに上げました。
 昨日、カーニバルの残りものを24 株ポット上げしましたので、累計 135 株、トータルで 225 株のペチュニア、どうするねん!
 コリウスの反動でしょうか。花がついたら、ご近所にお裾分けしましょう。

タグ: 育苗  草花 

雷ゴロゴロ

[2010/05/25 25℃/15℃]

 朝のうち時雨れて、晴れたり曇ったり、夕方には急に暗くなって夕立のような雨、雷もなりました。もう梅雨明け!でしょうか?

ガーベラ

 4月12日に3株を寄せ植えしたものです。栽培中の苗を売っていたもので、品種は書いてありましたが覚えていません。黄色とピンクと白?、咲いてみれば分かるでしょう。φ(..)メモメモ、しなくては、すぐ忘れます。^^;
 ハモグリバエ(エカキムシ)にかなりやられています。農薬はほとんど使わず、オルトラン粒剤をまく程度です。捕殺するにも増えてくると間に合いません。
クロヒカゲヒカゲチョウ(ジャノメチョウ科)

 マユミ(真弓)の花にとまっています。
 昔は弓をマユミで作ったそうですが、樹高1m 程度の木からは想像もつきません。
 秋に実を付けますが、赤かった記憶(危ういですが・・・)があるので、アカミマユミでしょうか。


 間違いでした。時間が経過すると、知識も増えてくるものです。
 この時が初見ですが、一箇月余り前のクロヒカゲの記事には、初見と書いてあります。(^^ゞ(2011/6/18追記)

タグ: 育苗  草花  タテハチョウ科  花木 

雨上がりの庭

[2010/05/24 20℃/15℃]

 風はおさまりましたが、夕方前まで雨、気温は高くないのにモワァーッとした日でした。

ヤマボウシ(山法師)

 我が家のシンボルトゥリーです。樹高は2m 程度に抑えています。

 薄緑色の段階の花が好きですが、すぐ白くなってしまいます。

バラ

 先日蕾の写真を載せたつるバラですが、ろくに誘引していません。樹高は3m を超えています。
 雨を含んで花が垂れています。(ということにしておきましょう。)
シャクナゲ(石楠花)

 樹高は1.5m ほど、ちゃんと芽欠きしてませんので、枝数が少なく、とても樹形はお見せできません。
ヒペリカム・アンドロサエマム(和名 小坊主弟切(こぼうずおとぎり))

 ヒペリカムはオトギリソウ属、真夏に赤い実を付けます。
ムラサキセンダイハギ(紫千代萩)

 黄花のセンダイハギとは別属です。

タグ: 花木  草花 

ツバメの営巣

[2010/05/23 20℃/16℃]

 大嵐です。一日中強い風と雨でした。
 一通りの風対策はとっていましたが、これほどとは思わず、鉢も一部倒れています。深い庇の下の鉢もずぶ濡れです。
ツバメ(2010/05/18撮影)

 今年は来ないのかと思っていましたが、10日ほど前から壊れた巣の修繕を始め、1週間ほど前から夜は2羽とも巣に戻っています。抱卵中かどうかは分かりません。撮影もフラッシュは使いません。
 世間では、もう巣立ったツバメもいそうな時季ですが、我が家に訪れるものはおっとりしています。
 去年の巣立ちは6月10日前後、間に合うのかい?
 今年も、カラスに注意するんだよ。

タグ: 野鳥  自然・季節 

ペチュニアのポット上げ

[2010/05/22 26℃/14℃]

 雨の前兆でしょうか、ムシムシする暑い一日でした。

シャクナゲ(品種:? 樹高2m 余り)

 やっと咲き始めました。枝が枯れ込んだりしていましたので、一安心です。花は、雨に打たれてか、少しいじけ気味です。
ペチュニア(カーニバル mix)

 昨日から今日にかけて、4月11日播種したペチュニア 111 株を、3号ポットに上げました。発芽からちょうど1月かかりました。世間では、コンテナにペチュニアが花盛りでしょうね。
 mix 種でしたから、小さいものを無視すると、花色が偏る可能性がありますので、大小取り混ぜて上げました。肩が凝ります。
 もともと種が多かったので2鉢に播いたのですが、それでも鉢にぎっしりでした。
 ロンド mix のポット上げも近々ですので、カーニバルの残っているものをどうするか思案中です。

 花壇は、まだパンジーが盛りで、植える場所の心配をしなくてはなりません。

タグ: 花木  育苗  草花