ご利益 or Passing

 
 朝方は11℃、寒っ!でした。



 予報でも久しぶりに晴れだったので、これも久しぶりのお出かけでした。
 
 
紫雲山中山寺(真言宗中山寺派(大本山))
中山寺
 二回り目の西国三十三所で宝塚市の中山寺(第二十四番)に出かけました。
 この寺は子授・安産のお寺で、本日もお宮参りの若夫婦がたくさん訪れていました。以前はそんなに参拝者が多いとは思わなかったのですが、テレビ・スポットなど商売っ気たっぷりでいっそ清清しいほどです。^O^
 
中山寺
中山寺
 上が納経所などへの一段目、下が本堂に参拝する二段目のエスカレータです。
 私も西国三十三所、四国八十八箇所を始め、近畿はもちろんのこと鎌倉や時代小説に出てくる江戸の社寺などを多く拝観したことがありますが、エスカレータを備えているのはここしか知りません。
 なお、家内はお参りしますが、私は無神論者、社殿や仏閣、仏像が好きなだけです。(^^ゞ
 
 
アサギマダラ(♀ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
 と言いながら、お参りのご利益でしょうか、前を歩いていたご婦人が道路に落ちていたアサギマダラを見つけたので、渡りをするチョウだと講釈しておきました。
 ずい分弱っていて指を差し出してもつかまる力もなく、余命幾許かと思われる個体でした。

 これが今季お初のアサギマダラで、六甲山系で羽化したものが降りてきたと思われますが、出現の終盤近くに見られる♀であることが気にかかっていて、もう我が家付近を通り過ぎたのではと幾分疑心暗鬼になっています。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺  アサギマダラ 

とこにゃん

 
 本日はお出かけのため、新顔には会えませんでした。
 
 
とこにゃん
とこにゃん
 右下の猫は実物より一回り大きいかなくらいですから、どのくらいの大きさか想像できるでしょうね。
 ひこにゃんなら知ってるけど、つい最近TVで見るまで全く知りませんでした。
 
 
招き猫通り
招き猫通り
 道路擁壁に39態の猫が飾られています。ニヤッとするもの、理解できないものいろいろでした。
 後姿は愛妻です。^^;
 
 
土管坂
土管坂
 日本六古窯の常滑焼も明治時代の主力製品は土管だったそうです。
 右側は焼酎入れ、なかなかの壮観です。


 10,000歩余り、陽射しが強く心地よい汗をかきました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

業務連絡

 
 寒波襲来というのに、昨日今日とお出かけしました。
 
 
コブハクチョウ(カモ科)
松本城
 
コブハクチョウ
 「えっ、カモ科だったの」ですが、前が♂後が♀のようです。

 国宝4城目の松本城です。(^^ゞ
 
 
諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社春宮
 当地の氏神さんは諏訪大社の末社の諏訪神社なのに、行ったことがないどころか、諏訪大社が4社で構成されていることすら知りませんでした。^^;

 離れているため4社とも回ると半日かかりました。相場(300円)より高い500円の朱印を4社とも書いてもらうと、思いがけず最後の上宮で神饌を頂戴しました。スタンプラリーでもやっていたのでしょうか。(^^ゞ


 冷え込みはそれほど厳しくなく、お天気続きで、今日などは車の中では暑いほどでした。紅葉には少し早かったようですが、美しく色づいている場所もありました。
 チョウはまったく見かけませんでした。

 お蕎麦は頂戴しましたが、標高700mの場所のM-ビュッフェは雪に閉ざされているだろうとシェフのランチは諦めました。
 今回、諏訪湖の水面の標高が759mと知り、認識を改めました。(^^ゞ


 長野と上田くらいしか行ったことのなかった信州ですが、付け焼刃で買った本を眺めていてあちこちを訪れてみたいと思わされました。
 寒くなくてチョウが翔んでいる時期に改めて行きたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   社寺  野鳥 

おのぼりさん II

 
 先日、母の3回忌で留守にしましたが、日程に空きができたので足を伸ばしました。
 
 
金丸座(2013/5/25撮影以下同じ)
金丸座
金丸座
 夕方だったので中の見学は諦めていましたが、係員の方から時間はないけどのぞいてみますかと声をかけていただき、花道から舞台、奈落、2階席まで駆け足で見学できました。
 
 
鞘橋
鞘橋
鞘橋
 渡れないのが残念でした。
 
 
センダン
 前のスクリューは今治造船が奉納したものですが、私の興味は後方の木です。クロアゲハやアオスジアゲハが何頭も吸蜜に来ていて、何の木だろうと気にかかりましたが分からずじまい、あの人に教えてもらうしかないかと思っていました。(^^ゞ
 デジイチはリュックに入っているのですが、疲れ切っていてチョウを撮る気にもならず、コンデジが精一杯でした。^^;
 
センダン(センダン科)
センダン
センダン
 帰り道でこんなものがありました。
 花も似ているので、同じものだろうと納得しましたが・・・
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺 

おのぼりさん

 
 ご無沙汰でした。


 家内の企画、私の手配で、こんなところにお出かけでした。
 
 
DSCN4368.jpg
 
DSCN4375.jpg
 さて、どこでしょう。
 
DSCN4403.jpg
 こちらは、はとバスで日帰りです。
 
DSCN4421.jpg
 
DSCN4426-2.jpg
 まぁ、分かりますよね。^O^
 
スカイツリー
 強風で、当日券は発売中止でした。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺 

国宝2城

 
 朝方は7℃、最高気温は12℃にしかならず、陽射しはありましたが強い西風で雨もぱらつき、陽が陰ると外にはいられないような一日でした。


 実家の香川県で兄貴夫婦と同居している90歳を過ぎた父親が、一昨昨日神戸に用事のあった兄貴夫婦と出てきて、3日ほど一緒していました。
 
 
姫路城(2012/11/11撮影)
姫路城 「天空の白鷺」
姫路城 「天空の白鷺」
 大天守を修理中ですが、その見学施設「天空の白鷺」に登りました。
 この日は本降りで歩きにくい日、コンデジでの外観写真もブレているように見えます。(^^ゞ
 
 
永源寺(2012/11/12撮影)
永源寺(滋賀県)
 紅葉の名所、盛りの時期でした。
 
 
金剛輪寺(2012/11/12撮影)
金剛輪寺(滋賀県)
 湖東三山の一つで紅葉の名所、ここでも三重塔を修理中でしたが見学施設はオープンしておらず、途中までしか見られませんでした。
 
 
彦根城(2012/11/13撮影)
彦根城(滋賀県)
彦根城(滋賀県)
 父親は2回ほど来たことがあるそうなので無理だと言うかと思ったら、天守閣の急階段も手すりにしがみつきながら登りました。家内ともども驚きましたが、当の本人はケロッとしていました。^^;
 下は玄宮園(庭園)からの景色です。

 国宝の城は犬山城、松本城と合わせて4つだそうです。



[本日のキタキチョウ]
 
キタキチョウ #1(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科 7:16)
キタキチョウ #1 ♂
 3日間確認ができませんでしたが、1頭だけ確認しました。見つからないとおっしゃる方もいらっしゃいますので、図示しておきました。^O^
 崖を一通り探しましたが、#2(♀)は引っ越ししたようです。
 
(14:38)
キタキチョウ #1 ♂
 触角を前翅に格納し、すっかり越冬態勢です。個体識別したところ、#1と思われます。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺     

御在所岳

 
 朝方は8℃、格好の深い霧でしたが、本日は家内のお供でお出かけの日でしたので、パトロールはできませんでした。

 出かけた場所は三重県菰野町の御在所岳、村体育振興会が主催で教育委員会が後援の村民歩こう会でした。
 
 
御在所岳
御在所岳
 晴天に恵まれました。


 ロープウェイがありますが、歩こう会ですから山上駅まで徒歩で登る訳です。片道5km(帰りはロープウェイ)と聞いてはいましたが、1212mの山、心ひそかに大丈夫かなと思ってました。家内は楽しみにしていたので、冷や水を浴びせるようなことはし(でき?)ませんでした。(^^ゞ

 いざ登り始めると、案の定登山口でも急な坂、途中はロープや鎖をつかまなければ登れない場所や断崖絶壁を下に見てなど苦闘の連続でした。おまけに家内がこむら返りを起こして、教育委員会の職員さんにずい分お世話になってしまいました。
 帰りのロープウェイは12分、便利でもあり、ありがた迷惑のようでも・・・^^;
 
御在所岳
 ロープウェイを横に見て、一応歩いた証拠写真です。チョウも当然ながら見かけませんでしたし、ここ以外では撮影する気力も余裕もありませんでした。(^^ゞ
 紅葉には、半月から1カ月程度早かったようです。
 
御在所岳
 山上駅付近にある国土交通省のレーダ雨量計です。全国で26基だそうです。おなじみの気象庁の気象レーダー(全国20カ所)と最近は連携して雨量解析もなされているようですが、やはり無駄遣いがぬぐい切れない印象が・・・^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節 

木造橋

 
 朝方は16℃、「暖房温度は18℃」からすると、そろそろストーブを・・・(^^ゞ
 日中は29℃まで達し、涼しさに慣れてきた身体には、厳しい暑さでした。


 本日の1コマ目ですと宣言しておきますね。(^^ゞ

 一昨日、ここ1週間ほどのうちでは珍しくブログをお休みにしましたが、その日はバスツアーで、静岡県島田市の大井川鉄道のSLに乗ってきました。
 
C11(トリミング 2012/9/23撮影以下同じ)
20120923-SL.jpg
 鉄ちゃんでなく、花ちゃん<蝶ちゃんですので、証拠写真です。(^^ゞ
 トリミングの比率が原図と異なりますが、他人様のご尊顔が写っていますので・・・
 
 
蓬莱橋(1枚目のみ家内撮影)
蓬莱橋
蓬莱橋
蓬莱橋 ギネス認定書
 約1km、世界一長い木造歩道橋だそうで、ギネスに登録されています。
 時間がなかったので向こう岸まで渡れませんでしたが、通行料100円以上の値打ちがありました。
 欄干は膝上程度、端にいると人が通るたび揺れてスリル満点です。係員が真ん中通ってくださいねと言ってたので、オヤジギャグかいと思ってましたが、ナルホドでした。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

ウラギンシジミ産卵

 
 昼過ぎまで晴れて、昨日に続いて真夏日かとイヤになっていると、午後急に暗くなったので雨を期待しました。パラッとしただけで空振りかと思いましたが、午後4時を過ぎて降り始めました。
 降水量は知れていますが、庭の花たちにも、人間様にも、恵みの雨でした。


 6月23日分です。
 この日は、滋賀県愛知郡愛荘町「手おりの里・金剛苑」の夏の感謝祭に毎年恒例の家内のお供でした。ここは、近江上布(麻織物)や秦荘紬(絹織物)の工房ですが、そんなお高いものを買うわけでなく、端切れの出物探しです。

 そんなものに興味のかけらもない私は、もっぱら園内を散策?しました。^O^
 
 
ルリシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2012/6/23撮影以下同じ)
ルリシジミ ♀
 ここで毎年ルリシジミの♀を見かけます。♂は見られず、産卵もしませんでした。
 少し開翅してくれましたが、飛翔写真は全滅です。^^;
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♀
 裏翅から透かしてもオレンジが映りませんので、♀ですね。
 
ウラギンシジミ ♀
 はい、♀ですね。^O^
 
(産卵 13:04)
ウラギンシジミ 産卵
 はい、はい、♀ですね。^O^
 フジの蔓で、しきりに産卵していました。ウラギンシジミの産卵シーンは、多分これが初めてです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵 

夏のチョウ

 
 3日続きの強い風、おまけに本日は雨、玄関先にも出かねています。
 行事が重なって、年に数日しか飲まないお酒を3日続けて飲み、朝からボーッとしていました。

 一昨昨日、学生時代の将棋部のOB会があり、待ち時間に鴨川に出てみました。狙いはツマキチョウでしたが、違ったものに出会いました。
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科 2012/4/29撮影)
ツマグロヒョウモン ♂
 今季初です。置いてあった自転車のベルにとまりました。
 帽子にもとまったのでそっと脱ぎましたが、撮影できませんでした。なぜとまったのが分かったかというと、影で見えたからです。影の写真を撮影しておけばよかったと思うのは、下衆の後知恵というものでしょうか。^^;
ツマグロヒョウモン ♂
 羽化して間もないのでしょうか、翅が伸びきっていないようです。コンデジでここまで近づけたので当然指を差し出しましたが、お友達になるのは拒否されました。(^^ゞ

 ところで、夏のチョウといえば、私はツマグロヒョウモンを思い起こします。我が家周りではまだ見かけていませんが、6月頃に初お目見えではないかとの印象で、確認すると昨季は5月9日だったことに逆に驚きました。
 翅の色合いの派手さから、そんな風に思うのでしょうか。
 
 
左:マガモ・右:コサギ(2012/4/29撮影)
水鳥
 鴨川では、こんなヒトたちも見かけました。
 
 
アカエグリバ(ヤガ科エグリバ類 2012/4/30撮影)
アカエグリバ
 パンジーの鉢に落ち葉があったので、手で払い落そうとしても落ちません。ありゃこれはと気づきました。
 体長は3cm弱で、以前見かけたものより二回りほど小さく感じました。
アカエグリバ
アカエグリバ
 こうしてみると、何とかガと分かりますが、造形の妙ですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   野鳥  昆虫(蝶以外)