屋台酒(ヒカゲランド)

 
 朝方は21℃でしたが、少し慣れたのかそんなに涼しい感じはしませんでした。お昼には31℃に達し、また暑い日かと思っていると、風が出てきて気温が急降下し26℃になりました。雨に違いないと期待したにもかかわらず、雨粒が飛んだ程度で終わりました。


 午前中、9/4のフォローアップ(という建前のチョウ探し)で、これまで樹液酒場だった木の樹種調査に出かけました。(^^ゞ

 これまでの樹液酒場はみなエリアの北側の崖下近くだったので、奥へ行こうとして初っ端の木を見ると、
 
樹液酒場 #5(カシの仲間 上:ヒカゲチョウ・下:ヒメジャノメ)
樹液酒場 #5
樹液酒場 #5
 入口すぐの木です。ドングリがついていますが、ブナ科だと思います。まぁ、クヌギもコナラもマテバシイもみなブナ科ですから、安全パイですが・・・(^^ゞ
 このエリア内でひこばえが残されているのは珍しく、うっかり通り過ぎるところでした。前回もこの木を一応確認しましたが、見落としていたのかどうかは定かではありません。
 
樹液酒場 #5
 知らぬ同士が肩よせて ♪ (雨の屋台酒 by 小林幸子)、という感じです。
 ヒメジャノメが樹液を吸汁しているところを見たのはこれが初めてで、周囲の草の葉上で恨めしそうに見上げているばかりでした。

 この酒場をなぜ見つけられたかというと、お出迎えがあったからです。
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 多分ひこばえの葉にでもとまっていて、私の気配に気づいたのでしょうか。
 ヒカゲランドでムラサキシジミに出会ったのは、これも初めてのことです。
 
 
樹液酒場 #4(コナラ 左:ヒメジャノメ・右:サトキマダラヒカゲ)
樹液酒場 #4
 本日も営業中でした。
 
 
ジャノメチョウ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ
 今回は、酒場にいませんでした。
 
 
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科 セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ
 イチモンジセセリ、チャバネセセリと並んで我が家でも極々見慣れたセセリチョウですが、秋になってまだお目にかかっていません。

 ほかにルリタテハを見かけましたが、証拠写真以下でした。^^;


 さて、宿題です。
 
樹液酒場 #1(コナラ)
樹液酒場 #1
樹液酒場 #1
 
樹液酒場 #2(カシの仲間)
樹液酒場 #2
樹液酒場 #2
 
樹液酒場 #3(コナラ)
樹液酒場 #3
樹液酒場 #3
 どれも閉店してずい分になるのですが、再開なんてことはあるのでしょうか。

 樹種の判別はさっぱりです。ご存じの方は、ダメ出しなり太鼓判なりご教示くださいね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   ヒカゲランド  樹液酒場 

樹種調査(ヒカゲランド)

 
 朝方は23℃とそう低くはなりませんでしたが、昨夜の雨で空気がしっとりしていました。ただし、日中は31℃でそんな気分は吹っ飛んでしまいました、


 一昨日のヒカゲランドの記事で、樹液酒場の樹種のお尋ねがありましたので、午前中の涼しい間に樹種調査に出かけました。
 
 
コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジ
 オオヒカゲは見かけませんでしたが、コミスジが出迎えてくれました。左後翅に大きな欠けが見えます。
 暑い時期だからでしょうか、短時間しかとまらず、近づくと翔び立ちます。
 
 
樹液酒場 #4(上:ジャノメチョウ(2頭)・下:ルリタテハ)
樹液酒場 #4
 
コナラ(ブナ科)?
樹液酒場 #4
 どの葉もかなり傷んでましたが、葉形や葉柄の長さからコナラじゃないかと・・・^^;
 
ジャノメチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ
 2頭はこんな風に並んでいます。
 
サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
 2枚目の写真の後、ジャノメチョウの上部で吸汁していました。
 撮影の際は気づきませんでしたが、下に小さなムシが見えます。

 奥側のジャノメチョウとサトキマダラヒカゲは、私が近づいても樹液に執着していましたが、ほかは敏感で周辺を翔び回っていました。
 ヒメジャノメが珍しく吸汁に来ましたが、ジャノメチョウの隣でとまったので追い払われました。


 30本余り(数えた訳ではない。)ある全ての木を確認しましたが、この木以外に営業している酒場はありませんでした。営業規制でもあるのでしょうか。
 かつて営業していた#1~#3の樹種も確認する予定でしたが、暑くなってきたためか失念してしまいました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   ヒカゲランド  樹液酒場 

新装開店(ヒカゲランド)

 
 未明の雨で朝方は22℃、曇り続きで30℃に届かない過ごしやすい一日でした。


 午前中は地域の恒例行事で、村道の草刈りゴミ拾いと農道の補修(穴ぼこなどをレミファルトで埋める。)を行いました。
 村道はともかくも、農家でない私には、年1回も利用しない農道の補修になぜ参加しないといけないのかなと思われてなりません。地域のほとんどが農家だった時代から連綿と続いているものですが、サラリーマンが農家より多くなった時代には、どうしても義務参加になってしまい、陰では不満が渦巻いているようです。表だって批判的な意見を表明するのは、私くらいですが・・・(^^ゞ
 こういうものは、キレイになりました、使いやすくなりましただけでなく、稀少なチョウが増えました(例示)とかいった具体的な二次的成果がないと、意義が感じられにくいのでしょうね。^O^


 暑さも和らいでいたので、午後久しぶりにヒカゲランドに出かけました。下草が刈られ、下枝も払われていたので、林床は乾いていてマムシなどの心配もなく観察には都合がいいのですが、環境の変化で樹液酒場やチョウ達がどうなっているのか心配でした。
 
 
オオヒカゲ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
オオヒカゲ ♀
オオヒカゲ ♀
 薮に潜んでいたのですが、出てきてモデルになってくれました。翅の傷みが見えない新鮮そうな個体でした。
 オオヒカゲに会いたいとは思っていましたが、期待薄だろうと予想していたので大喜びでした。


 樹液酒場 #1、#2、#3のどこにも、チョウだけでなく甲虫すらもいませんでした。心配が当たったのかと探していると、
 
樹液酒場 #4(上:サトキマダラヒカゲ・下:ジャノメチョウ)
樹液酒場 #4
 #1、#2、#3とは別の一角に開店していて、ホッとしました。
 実は、ジャノメチョウしか目に入らず、見えないところに更にもう1頭いました。ジャノメチョウに逃げられてサトキマダラヒカゲに気づき、サトキマダラヒカゲに逃げられてもう1頭に気づきました。幸い3頭とも撮影できましたが、視野は広く持たないとダメですね。(^^ゞ
 
ジャノメチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ
 欠けもなく比較的キレイな個体です。
 別にもう1頭かなり傷んだ個体を見かけました。
 
サトキマダラヒカゲ(夏型 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
 かなり傷んでいます。眼状紋が比較的明瞭ですが、この時期のサトキマダラヒカゲで間違いなさそうです。
 別にもう1頭同じくらい傷んだ個体を見かけました。
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
ルリタテハ
 翅を開いたり閉じたりしながら吸汁していました。


 スズメバチを1頭も見かけず、ゆとりを持って撮影できましたが、この酒場にはチョウにとって恐いヒトが・・・
 
樹液酒場 #4(上:ハラビロカマキリ(カマキリ科)?・下:ルリタテハの翅の残骸)
樹液酒場 #4
 ルリタテハを捕食した犯人がこのカマキリという証拠はありませんので、推定無罪です。^O^
ハラビロカマキリ(カマキリ科)?
ハラビロカマキリ
 前翅?に白い模様が入っているので、ハラビロカマキリと推定しました。
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
 これも比較的キレイな個体です。刈り残された小木の葉上で休憩中でしょうか。
 別に♀も見かけました。


 オオヒカゲに再会でき、見慣れたチョウとはいえこの時期に5種を確認できたことは大収穫でした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   ヒカゲランド  昆虫(蝶以外)  樹液酒場 

フォローアップ(2回目)

 
 雨の一日、ほとんど降り詰めでやみ間があっても5分と持ちません。予報では7日続きの雨マーク、記事ネタに困りそうです。


 一昨昨日、5月26日の二人観察会の2回目の事後調査に出かけました。
 1回目(6/2)は風が強くチョウも少なかったのですが、この日は風はあっても好天でたくさん見かけました。ただ、お目当てには、相変わらず出会えませんでした。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2012/6/13撮影以下同じ)
ヒメジャノメ♂
 こちらでは開翅してくれました。樹下の暗めの場所で閉じたり開いたりを繰り返していたので、ピン甘です。(^^ゞ
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 ヒメジャノメと同じ場所です。
 
 
アサマイチモンジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
アサマイチモンジ
 ひらひらと翔び回るので飛翔を狙いましたがほぼ全滅、やっととまってくれたので、アサマイチモンジと確認できました。
アサマイチモンジ
 また、翔び立ちました。さすがにブレています。
 
 
ヒメキマダラセセリ(♀ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
ヒメキマダラセセリ♀
 これまで見かけたヒメキマダラセセリの2/3程度の大きさだったため別種と思いましたが、やはりヒメキマダラセセリでした。(^^ゞ
 
 
ルリタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ秋型
ルリタテハ秋型
 草刈りの後燃やしたらしい灰で、ミネラル補給?をしていました。
 夏型が見られて不思議のないこの時期に、ひどく傷んでいるのは当然としても、越冬個体がまだ生き残っているとは驚きです。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ♀
ウラギンシジミ♀
 後翅に大きな欠けが見られます。
 開翅してくれましたが、位置関係が悪く表翅の白が確認できる程度です。
 
ウラギンシジミ(♂)
ウラギンシジミ♂
 引き上げようと車まで帰ったら、地面にとまっていました。開翅しませんでしたが、翔んだら表翅のオレンジが見えました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:  

フォローアップ

 
 昨日の午後、1週間前の二人観察会の事後調査に出かけました。風が強く枝も揺れ葉が裏返るほどで、チョウにも撮影にも厳しい状態でした。

 お目当てのチョウは見かけませんでしたが・・・
 
 
ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科 2012/6/2撮影以下同じ)
ヒメキマダラセセリ
(↑のトリミング)
ヒメキマダラセセリ
 葉に落ちた鳥の糞の上で、吸い戻しをしているように見えました。固まった糞の上にオシッコをかけ、柔らかくして吸汁しようとするものですが、風によるブレもあって、残念ながらオシッコまでは写っていません。
 吸汁するかと待ち構えていると、強い風でヒメキマダラセセリも吹き飛ばされてしまいました。(^^ゞ

 なお、見かけた黄色いセセリチョウは、やはりみなヒメキマダラセセリでした。
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 前回見かけなかったチョウは、これだけでした。
 一番まともなのを選びましたが、かなり暗い場所だったため、それでも少しブレています。
 
 
コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジ
コミスジ
 前回ロクな写真が撮影できなかったため、リトライしました。我が家周辺では何度か見かけているのですが、それも証拠写真以下です。^^;
 
 
キンモンガ(アゲハモドキガ科)
キンモンガ
 おまけです。前回は撮影しませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   昆虫(蝶以外) 

二人観察会

 
 昨日、ブログでお知り合いになった pixypapa さんのお誘いで、南山城村内にチョウ探しに出かけました。
 村内に同好の士がいると聞いたことがなく、村外の方に村内を案内いただくのは複雑な気持ちでしたが、私も知らない場所ではありませんでした。

 お目当てのチョウには会えませんでしたが、二人でしゃべり合いながらのチョウ探しは、私にとって初めての体験で、楽しい時間でした。
 大学では林業を専攻されたそうで、木のことをほとんど知らない私には、おあつらえの方でした。(^^ゞ


 まずはチョウから・・・
 
 
カラスアゲハクロアゲハ(吸水 アゲハチョウ科 2012/5/26撮影以下同じ)
クロアゲハ 吸水
 路上で吸水していました。後翅裏の赤紋が目立たないようなので♂と思われます。
 吸水シーンは初めてでしたが、100mmマクロを抱えていたのでまぁこんなものです。
 ご指摘いただいて、フィールドで青かったのを思い出しました。^^;
 ♂だそうですが、私はこの写真では判別できません。(2012/6/1追記)
 
ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科)
ヒメキマダラセセリ
 今季初撮です。
 黄色いセセリチョウはたくさん見かけましたが、キマダラセセリやコキマダラセセリはいなかったのか、撮影できたのはみなこれでした。
ヒメキマダラセセリ
ヒメキマダラセセリ
 上とは別個体で、ここまで近づいても逃げる気配がありませんでした。
 で、指を差し出しましたが、後ろで pixypapa さんが動画撮影していたようなので、緊張して逃げられました。(^^ゞ

 ほかに今季初撮のコミスジ、イチモンジセセリなどを見かけましたが、昨日今日我が家でも見かけましたので、改めて載せる予定です。トラフシジミも見かけましたが、すっかり見慣れたチョウになってしまいました。(^^ゞ


 次はトンボ・・・
 
ヤマサナエ(サナエトンボ科)
ヤマサナエ
 少し早めに現地に行ったところ見かけ、てっきり幼少のみぎり以来見た覚えのないオニヤンマだと思い込んでいました。
 本日、「Close To You」(Matsu さんち)でトンボ特集をされていたのですが、よく似たのが載ってるなぁ・・・でした。
 
オオカワトンボ(カワトンボ科)
オオカワトンボ
 このトンボにもそういう時期のあるメタリック塗装の胴体を撮影したいのですが、なかなか果たせません。


 そのほかは・・・
 
シュレーゲルアオガエル(アオガエル科)
シュレーゲルアオガエル
 珍しくはありませんが、写真右下のイモムシに目もくれず瞑想にふけっていたのでつい。(^^ゞ
 
 
タケカレハ(繭 カレハガ科)?
タケカレハ 繭
 ヨシ(アシ)にくっついていて、二人とも何か分かりませんでした。
 私は触りませんでしたが、pixypapa さんは何度も触っていました。タケカレハなら繭にも毒毛があるそうですが、pixypapa さんどうもありませんか。
 その時は私も何か知らなかったので法的責任はありませんが、固いですかとか聞きましたので道義的責任はありそうです。(^^ゞ


 pixypapa さん、お世話になりました。楽しい時間をありがとうございました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   昆虫(蝶以外)  その他生き物 

自然観察会(その他編)


 今日、自然観察会の場所周辺を再探索、いろいろ収獲がありました。判別できないものもあり、整理して載せるつもりです。

 6月12日の自然観察会、これで最終です。
 
ホタルブクロ(蛍袋 キキョウ科)
ホタルブクロ
 溝の中から生えていたため、鉄条網突破スタイル(コンバットをご覧になってた方は、お分かりですよね。)で撮影していたところ、同行者から笑われました。
 大の大人が、エッというものにキャーキャー言ってても、私は笑わないのだけどなぁ・・・^^;
 
ゲンジボタル(ホタル科)
ゲンジボタル
 ↑に入れるものが必要ですよね。(^^ゞ
 
ヤマカガシ(ナミヘビ科)
ヤマカガシ
 マムシより強毒です。
 持っているのは水生動物の専門家、日本一大きなスッポンや、地域での絶滅危惧種を発見したとして、よく新聞に載る方です。
 シマヘビも捕まえ、後はマムシを探すと意気込んでいて、向こうの水生昆虫の専門家から、今日はヘビの厄日だと冷やかされていました。
 こういう方にはヘビが寄ってくることがあるので、この後は別行動でした。この前も別行動でしたけど・・・(^^ゞ
 
ガマ(蒲 ガマ科)
ガマ
 こんなのがたくさん生えています。水が豊富な証拠ですね。

タグ: 草花  昆虫(蝶以外)  その他生き物  野草 

自然観察会(トンボ編)


 朝からやみ間なく降り続き、今日は、1回もシャッターを切ることがありませんでした。

 6月12日の自然観察会の続きです。
 元は田んぼで、水に不自由しないところのため、トンボを多く見かけました。名前は調べていません(と言えば聞こえがいい?ですが、判別できません。)が、ご容赦くださいね。

 まず、イトトンボです。
 
イトトンボ-1
イトトンボ-2
イトトンボ-3
イトトンボ-4-1
 3、4枚目はピントがどうしても合わず、コンデジによる撮影です。^^;
 4枚目は、以前載せたホソミオツネントンボの♂だと思います。
イトトンボ-4-2
 ↑のホソミオツネントンボが、♀の首筋を押さえていますが、溝の中のガマの葉の間にはさまっていますので近づけず、こんな写真です。

 続いて、普通?のトンボです。
 
トンボ-1
トンボ-2
トンボ-3
トンボ-4
 一番下の赤いのは、ショウジョウトンボでしょうか。

 撮影は、チョウと違って過熱していません。ダブっているかどうかも、判然としません。^^;
 撮影しやすいかどうかは別にして、いるところにはいるものですね。

タグ: 昆虫(蝶以外)  地域 

自然観察会(チョウ編 2の2)


 昨日の続きです。

 チョウを2回に分けましたが、驚くようなものは出て来ません。期待しないでくださいね。(^^ゞ
 
ツバメシジミ(夏型 ♂ シジミチョウ科 2011/6/12撮影)
ツバメシジミ ♂
ツバメシジミ ♂
 シジミチョウは、ルリシジミ、ベニシジミとこのツバメシジミの3種類で、いずれも夏型でした。ヤマトシジミは、1頭も見かけませんでした。
ツバメシジミ交尾体
 ツバメシジミを取り上げたのは、このためです。
 他の参加者にお知らせしましたが、見にきたのは4~5人でした。^^;
 
モンシロチョウ(シロチョウ科 2011/6/12撮影)
モンシロチョウ交尾体
 どうなっているか分かりませんね。
モンシロチョウ交尾体
 ↑のピクセル等倍切り出しです。
 交尾している2頭のほかに、2頭(多分どちらも♂)がちょっかいをかけていました。写真では、3頭のようです。
 どうなっているの?と首を傾げているヒマがあれば、シャッターを切れと自分に言い聞かせてはいるのですが、現場では・・・( ̄◆ ̄;)
モンシロチョウ交尾体
 干渉に耐えかねたのか、連結したまま翔び立ちました。

 翔び立つとは思わず、シャッター速度は飛翔狙いの1/1600~2000にはなっていませんので、ひどい写真です。交尾の際はこのようにして翔ぶというご参考に・・・
 着地して間もなく離れてしまいました。決して私のせいじゃありませんよ。(^^ゞ

タグ: 地域    交尾 

自然観察会(チョウ編 2の1)


 朝方はどんよりした曇り空でしたが、弁当を作ったからと家内に背中を押され、自然観察会に参加しました。
 
自然観察会
 天候の加減で参加者は十数人、荒廃した谷地田での水生昆虫の観察が主でした。
 絶滅危惧種のクロゲンゴロウ発見!などの声をよそに、長靴姿でチョウ探しです。(^^ゞ
 
コムラサキ(タテハチョウ科)
コムラサキ
 水中用の網だけでなく、捕虫網を持ってる方がいるなぁとは思っていましたが、始まってすぐ捕まえたようです。捕まえる前に教えてくれるとよかったのですが、これでは初見とは言いにくいですね。(^^ゞ
 表翅の紫色が綺麗で、ここにいると分かったことが収穫です。
 
クロヒカゲ(ジャノメチョウ科 トリミング)
クロヒカゲ
 先日、ヒカゲチョウを見かけた際、そっくりさんがいると書きましたが、これがそのヒトです。
 初見(チョウ No.13)です。高い樹の枝にとまっていました。足場もなく指をくわえていると、ほかの方が通り過ぎて、さよならです。

 以前と同じではとおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、元の方も見かけました。^O^
 
ヒカゲチョウ(ジャノメチョウ科)
ヒカゲチョウ
 こちらは草の中で、十分近づけました。

 ○ クロヒカゲの前翅の中ほど(中室)の線は2本、ヒカゲチョウは1本
   ・・・そのように言われればそうかも。
 ○ クロヒカゲの後翅外側の線は、蛇の目を囲むように大きく外側に曲がる、ヒカゲチョウは浅い
   ・・・見比べればそのとおりですね。
 ただし、教科書どおりといかず個体変異もありますので、一方だけを見て判断できる自信はまだありません。
 
サトキマダラヒカゲ(ジャノメチョウ科)
サトキマダラヒカゲ
 ここは、学校の裏手で開発されないままクヌギなどが残されているところですので、場所柄、サトキマダラヒカゲとそっくりさんのヤマキマダラヒカゲではないかと楽しみでした。
 確認したところ、やはりサトキマダラヒカゲのようですね。(^^ゞ

タグ: 地域