お休みのお知らせ

 
 実家の父の体調が思わしくなく、四国との往復が重なっています。
 当分の間、お休みにさせていただきます。
 
 

第7回南山城村フォトコンテスト

 
 確実に熱帯夜の朝を迎えると思っていたのに、22℃と涼しい朝になりました。
 しかしながら最高気温は35℃の猛暑日、湿度はそう高くなかったものの、玄関から外に出ると熱風が吹きつけるような状態でした。



 そうは言いながらも、本日は第7回南山城村フォトコンテストの審査(投票)と作品展示があったので出かけました。
 
展示風景
フォトコンテスト
フォトコンテスト
 生きもの部門に2点を応募しましたが、部門全体では32点と小振りなものです。
 
作品 #1「弱肉強食
フォトコンテスト
 嫌いなヒトも多そうで全く期待していなかったのですが、入賞して思わず笑ってしまいました。
 
作品 #2「怪獣?ロボット?(ハンミョウ)」
フォトコンテスト
 今季は向こう受けする作品が不作だったので義理で応募したのですが、万が一入賞するならどちらかと言えばこちらと思っていました。

 投票したのは多分子どもと親なので、男の子ならともかく女の子やお母さんは期待できませんから、どんな方が投票してくれたのか知りたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: フォトコンテスト 

第6回南山城村フォトコンテスト結果

 
 朝方は22℃、冷やっとしていました。最高気温は曇りがちで32℃、日中はエアコンなしで済みましたが、夜半に雨が降るためか夕方に蒸し暑くなりエアコンの出番となりました。

 名ばかりの立秋と思っていましたが、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども」ですね。



 7月26日に開催された今季のフォトコンテストにも、例年のとおり生きもの部門に応募しました。
 
 
「害虫駆除(ヤマガラ)」
ヤマガラ
 
 
「樹液酒場(ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタなど)」
樹液酒場 #1
 
 
「緑眼の刺客(アオメアブ)」
アオメアブ ♀
 この順で3点を応募しました。

 審査は展示場所での来場者の投票によるもので、子たちの投票が多いことは知っていましたが、やはり入賞はクワガタでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: フォトコンテスト 

2014フォトコンテスト

 
 パラパラ雨の一日でした。最高気温は26℃でしたが、湿度が高くて閉口しました。


 立秋に後数日、今更ながら、暑中お見舞い申し上げます。


 この暑さでネタ探しの気も起こらずサボっていましたが、ネタが向こうからやってきました。
 
 
第5回フォトコンテスト
2014南山城村フォトコンテスト
 
2014南山城村フォトコンテスト
 今年も第5回南山城村フォトコンテストが実施され、7月27日から8月15日まで展示中です。
 やっと本日見に行ってきました。

 このコンテストは、風景と生き物の2部門に分かれていて応募は各部門3点以内、おおむね1年以内に村内で撮影されたものというゆる~い限定があるのみです。
 第1回から応募していますので、義理でも出さざるを得ないという思いです。

 ただ昨年から審査方法が審査員による審査から、初日のイベント開催時の来場者の投票によるものに変更になったので、私が出したいものを出すということでは入選は覚束ないことになってしまいました。



 [応募作品]
 
 
「守ってあげたい(ノコギリクワガタ)」(入選
2014南山城村フォトコンテスト
 
 
「京都府準絶滅危惧種 オオヒカゲ」
2014南山城村フォトコンテスト
 
 
「ミヤマカラスアゲハ」
2014南山城村フォトコンテスト
 ノコギリクワガタは出したい+入選狙いが合致したもので、予想通りでした。
 本当のところはカナヘビの交尾を応募したかったのですが、家内にあっさり却下されました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: フォトコンテスト  昆虫(蝶以外)   

なごやん~救いがたい

 
 朝方は8℃、日中は14℃、あまり陽もささなかったのに暖かい一日でした。


 さて、なごやん事件の結末です。


 敷島パンからの送り状(2/1受)
 
平成26年1月
お客さま各位

拝啓
平素は弊社商品に格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 この度は、弊社商品の一部でカルキ臭のするものがあり、万全を期する為自主回収させていただきました。お客様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしましたこと、ここに深くお詫び申し上げます。また、自主回収にご協力いただき、対象商品をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。
 今後、原因を徹底究明のうえ、品質管理体制を強化し再発防止に努めて参りますので、何卒ご理解を賜りますとともに、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
 本日、商品代金に代え、クオカード(コンビニエンスストアなどでお使いいただける商品券です)をお送りいたしますので、お納めくださいますようお願い申し上げます。
 末筆ながらお客さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

敬具

〒461-8721 名古屋市東区白壁五丁目3番地
敷島製パン株式会社 パスコお客さま相談室
フリーダイヤル:0120-877-835
 
 私の気になったのは、「万全を期する為自主回収させていただきました」との文言、食べたって大したことはないとの考え方が透けて見えるように思えます。穿ち過ぎでしょうか。(^^ゞ
 
quo.jpg
 写真が1枚もないのもさびしいので・・・
 我が村にはコンビニが1軒もないなんて、思いもしないのでしょうね。(^^ゞ

----------------------------

販売店に対する私のメール(1/9送信)

敷島製パンが、「なごやん」などでジクロロフェノールが混入しカルキ臭がする製品を自主回収しているということが昨日の新聞等で報道されました。
よりにもよってその当日(1/8)、家内が買い物に行ったところ、●●店では「なごやん」が売り出しされていて、この製品は問題ない旨の小さな注意書きはあったそうです。
混入の原因や範囲は敷島製パンから具体的に説明されておらず今後の防止策も必ずしも明らかではありません。
http://www.pasconet.co.jp/20140107.html
口に入る食品であるのに、流通業者である御社が責任を持って即日どのように確認したのか疑問です。当面は販売を控え、防止策などを確認の上、再開するというのが妥当な線ではないでしょうか。
お手数ですが、お考えをお示しください。


販売店からのメール(1/10受信)

平素は○○をご利用いただきありがとうございます。
私は、○○××部お客様相談室の□□と申します。

なごやんの件でメールをいただきました件におきましては報道されました パスコ なごやん でカルキ臭があると指摘されました。
下記該当日付けの商品は全て売場より撤去を致しております。
該当商品 2014/2/6~2014/2/13 までの賞味期限です。
この度の商品撤去は原材料に何らかの原因でカルキ臭が付着したとの事より該当の原材料を使用している全商品の撤去を行いました。
該当商品(該当原材料)以外は異常がない旨もメーカー様に確認の上販売致してしております。

今後とも、○○へのご愛顧ご利用をお願い致します。


 これは論点をずらしたりすり替えたりする議会答弁の見本、ツッコむ気にもなりませんでした。
 数日後家内が買い物に行った際は、なごやんの姿はなかったそうですから、問題視したのは私だけではなかったようです。
 
 
写真をクリックいただくいても、今回だけは大きくなりません。(^^ゞ
 

なごやん~理屈はそうなんやけど・・・

 
 しのつく雨がやみ間なく続いた一日でした。


 全国区かどうか承知していませんので、「なごやん」って何やとおっしゃる方もありそうですね。
 
なごやん
20140108-nagoyan-01.jpg
 何のことはない、白あんの饅頭です。

 今朝、家内が「なごやん」の記事が掲載されているよと教えてくれました。三面(実際は33面)の片隅の小さな記事でした。
 それによると、「なごやん」などにジクロロフェノールが混入し、カルキ臭がする製品を自主回収しているというものでした。

 PascoのHPを見てみると「賞味期限表示が14.2.6~14.2.13の期間のもので、製造者が「敷島製パン株式会社 K」のもの」が該当するとのことです。
 
包装ケースの表示
20140108-nagoyan-02.jpg
 的中!今年は春から・・・何でも当たりゃいいというものではないですよね。^^;

 5個入で2個残っており、昨日もおやつに食べたばかりです。私、鼻は敏感なほうですが、カルキ臭は感じませんでした。
 その際には、今日家内が買い物をすると言ってたので「なごやん」を買ってくるよう頼んでいました。笑えない話です。

 フリーダイヤルはどうせつながりにくいだろうと、本日受取人払いで送付しましたが、案の定混雑しているようでHPにその旨追記されていました。


 そしてスーパーの買い物から帰ってきた家内が、開口一番、「なごやん」がたくさん置いてあって、期間外に製造したものは大丈夫と小さな字で書かれていたと言います。
 理屈からするとその通りかもしれませんが、口に入るものなのに食品会社やスーパーの感覚はそんなものかと呆れました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 事件 

マーケティング(第4回南山城村フォトコンテスト)

 
 7月27日「京・村まつり」が開催され、その会場で第4回南山城村フォトコンテストの応募作品が展示されました。
 
 
第4回南山城村フォトコンテスト展示
第4回南山城村フォトコンテスト
 風景部門と生き物部門があり、私は生き物部門に3点を応募しました。生き物部門は#35までありましたので、応募作品は35点だったようです。
 
 
応募作品
応募作品
 審査は、これまで審査員により行われていましたが、今回から来場者の投票による方法に改められました。


 残念ながら、4回連続の入賞はできませんでした。
 審査方法の変更はあらかじめ承知していましたが、マーケティングの失敗ではなく、私が出したいもの、見て欲しいものを応募し、その結果ですから後悔はありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    昆虫(蝶以外)  フォトコンテスト 

第3回南山城村フォトコンテスト

 
 3日続きの猛暑日かと思ったら、お昼前後に曇り始め、午後3時には雷鳴、夕方に雨が降り始め空気がしっとりしてきました。


 毎年応募しているフォトコンテストの結果が、昨日発表されました。
 今年のコンテストは、前2回の生き物部門だけででなく、風景部門が追加されましたが、風景を上手に撮影したためしがなく、生き物部門のみに応募しました。
 
フォトコンテスト結果
コンテスト
コンテスト
 手前が風景部門(38点)、奥が生き物部門(52点)です。
 応募点数は部門ごとに一人3点以内のため、応募作の選択にかなり苦労し、締切ギリギリに応募しました。


[応募作]
 
(No.1)「成虫で越冬するキタキチョウ」
応募作01
 
(No.2)「ヒメウラナミジャノメの交尾」
応募作02
 
(No.3 入賞)「シンクロ(オオウラギンスジヒョウモン)」
応募作03
 
 水滴コロコロ写真など写真としてはもう少しよいものもありましたが、私の応募方針は被写体の状況にウエイトを置いたものとしました。
 審査員メンバーにはチョウに詳しい方はいらっしゃらないので、入賞を第一目的とするのであれば、写真としての出来を考えた方がいいようです。

 そうはいいながら、No.3は天の声で応募作に入れたもので、これが入賞したのは複雑な気持ちです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域  カメラ  フォトコンテスト 

連山


明けましておめでとうございます
 
注連飾り
 陽射しも晴れやかな、お正月になりました。
 いとこが作ってくれた注連飾りです。
 
2011賀状
 
花壇
 
 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

タグ: 自然・季節 

花鳥の郷


 朝方は8℃、しっかりした?霧でした。
 霧が晴れるとチョウ日和になりそうに思えましたが、ゆっくりしておれませんでした。
 
kachounosato01.jpg この花鳥の郷は、昔ゴルフ場の計画が破綻し、その跡地を日本画家上村三代の孫、上村淳之氏が買収したまま放置されていた土地を、人・花・鳥の集える里山として復活しようとするものです。

 何で蝶がないのや、とは言いませんが、気にかかっていましたので参加しました。

 ところが、上村氏が急遽欠席!、何やと思いながらも途中退席はしませんでした。
kachouzu01.jpg
 上村氏の身代わりに、松柏美術館所蔵の花鳥画5点の展示されていたことが収穫でした。
 花鳥画は興味の外ですが、間近に見られ、撮影も禁止されていませんでした。警備は、講演会受付2人が常駐していただけで、大丈夫かと勝手に心配しました。
kachouzu02.jpg
 会場にある上村氏寄贈の絵です。

 下草刈り、遊歩道整備など力仕事があり、我が家でも私はやりませんので、当面はサポーターでいようかと思案中です。(^^ゞ

タグ: 地域