早めのお出まし(新生蝶(2016-No.12~14))

 
 朝方は4℃、霜注意報が出ていましたが気がつくほどの霜はなかったようです。
 晴れの一日で最高気温は22℃になりましたが、午後には風が強くなりました。



 パトロールに出ても、穴場だった裏の畑の尾根付近では蝶影が薄く、目ぼしいものは見当たりませんでした。
 
 
 
キアゲハ(春型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ ♀
キアゲハ ♀
キアゲハ ♀
キアゲハ ♀
 東の畑で見かけ、ほとんどとまらないので撮影しながら裏の畑まで追いかけました。飛翔撮影でも大型のチョウですから、流石に見られる写真もありました。

 我が家周辺ではキアゲハは比較希少種でしたが、羽化観察しようとフェンネル(ウイキョウ)を植え、家内が嫌がるにもかかわらずパセリやニンジンの幼虫を保護?してきたことから、かなり増えてきて見慣れたチョウになっています。

 にもかかわらず、キアゲハを4月中に見かけたのは、2011年からの6年間で初めてで、一番早い5/6から半月早くなっています。
 したがって、これまでの新生蝶初見(初撮)日一覧表には載っていなくて、久しぶりに項目を追加しました。
 
 
 
スジグロシロチョウ #1(春型 ♀ シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ♀
 庭のカブ(ナズナ)の周りを翔び回っていたので産卵に来たのかと思いましたが、結局産卵はしませんでした。
 左後翅が大きく欠けています。

 スジグロシロチョウの出現時期は例年並みでしょうか。
 
左:スジグロシロチョウ #1(♀)
右:モンシロチョウ(春型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ→スジグロシロチョウ誤認求愛
 何をどう勘違いしたのか、モンシロチョウがかなりしつこくスジグロシロチョウに求愛していました。
 スジグロシロチョウの翅表が見えるので♀と識別できますが、このような場合は交尾拒否の姿勢をとらないものなのですね。
 
モンシロチョウ(春型 ♂・♀(とまっている側) シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ求愛
モンシロチョウ求愛
 こちらは正当な?求愛ですが、♀が腹部を反らして交尾拒否の姿勢をとっています。
 
スジグロシロチョウ #2(春型)
スジグロシロチョウ
 庭のネギ(下仁田)で吸蜜中です。
 左後翅に欠けが見えますが、右後翅もかなり傷んでいるようです。翅の傷み具合からも #1とは別個体ですね。

 春型の後翅のみによる♂♀識別は不安な点があるのですが、色合いなどから♂と思われます。
 
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
ツマグロヒョウモン ♂
 庭のカブ(ナズナ)で吸蜜中です。
 カメラの設定誤りで、ピントが怪しくなりました。

 ツマグロヒョウモンの出現時期も、これまで一番早い4/29よりも1週間以上早くなっています。



[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20162015201420132012
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンシロチョウ 3/8 1 3/20 3/16 3/16 3/27
ベニシジミ 3/17 2 4/15 3/25 3/16 4/8
ルリシジミ 3/21 3 3/20 3/28 3/17 3/31
ヤマトシジミ 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10 4/15
コツバメ 4/5 5 3/22 4/3 3/19 4/13
モンキチョウ 4/6 6 4/24 3/28 3/25 4/14
アゲハ 4/9 7 4/16 3/29 3/30 4/17
ツバメシジミ 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1 4/17
ツマキチョウ 4/9 7 4/17 4/10 4/2 4/27 11
ヒメウラナミジャ
ノメ
 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10 4/27 11
トラフシジミ 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12 4/15
キアゲハ 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16 9/22 17
スジグロシロチョ
 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10 4/12
ツマグロヒョウモ
 4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14 4/29 13
コチャバネセセリ   4/26 12 4/27 13 6/27 17 5/5 14
クロアゲハ   5/5 15 5/6 15 5/13 14 5/7 16
ミヤマセセリ     3/31 5/8 13 5/5 14
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初
 見日順で5箇年分を整理しています。今季まだ見かけていない場合は昨季の初
 見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この17種内での相対的順位を表示している
 ことがあります。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   野菜  誤認求愛 

晴れ間のチョウ(2の1 アゲハ編)

 
 朝方は17℃、曇りがちではありましたが久方ぶりの陽射し、最高気温は26℃となりました。



 チョウも晴れ間を待ち兼ねていたのか、次から次へと顔を見せてくれました。
 2回に分けて掲載します。まずはアゲハ編です。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(夏型 ♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
 東の畑のヒガンバナでミヤマカラスアゲハが吸蜜中だったのでしめたと思いましたが、左前後翅はガタガタ、鱗粉も大部分剥落しているようです。
 
 
アゲハ(夏型 左:♂・右:♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ
アゲハ
 これも東の畑で求愛行動が見られました。
 下側の写真の背景は、進入路沿いのヒャクニチソウとキバナコスモスの草むらです。
 
 
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ・アゲハ
 東の畑の法面のヒガンバナでミヤマカラスアゲハが吸蜜中です。花の向こう側ばかりで吸蜜するので翔ぶところを狙ってみました。
 翅の傷み具合からすると、↑と同一個体のようです。
 
手前:ミヤマカラスアゲハ・奥:アゲハ(♂)
ミヤマカラスアゲハ・アゲハ
 ミヤマカラスアゲハが吸蜜中のところへアゲハがやってきました。
 
ミヤマカラスアゲハ・アゲハ
ミヤマカラスアゲハ・アゲハ
ミヤマカラスアゲハ・アゲハ
 しつこくアゲハに絡まれ、辛抱できなくなったミヤマカラスアゲハも翔び立ち、一度は反撃していましたが、結局は右と左に泣き別れです。
 
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
 アゲハがいなくなった頃また戻ってきました。

 しかし、ミヤマカラスアゲハ♀に、アゲハ♀と似通ったところがあるとはとても思えません。誤認求愛にも程があると言いたいですね。
 
 
クロアゲハ #1(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ
 庭のモミジアオイで吸蜜中です。クロアゲハもヨレヨレですが、モミジアオイも萎れてクモの巣だらけです。(^^ゞ
 
クロアゲハ #2(♀)
クロアゲハ
 庭のブロッコリーの防虫網で珍しく全開翅してくれました。
 色褪せた感じはしましたが、欠けも見えずこんなとまり方をするのだからてっきり羽化間もない個体だと思いましたよ。PCに落とすとスレが目立ちました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   草花    誤認求愛 

ハラキリ

 
 朝方は23℃、昨日からの雨で締め切ったままだったので寝苦しい夜でした。
 お昼前からまた小雨、一時的には薄日も射しましたが、夜には本降りになりました。最高気温は結局27℃どまりでした。



 懲りもせずアゲハチョウ科の話題です。
 
 
蛹(アゲハチョウ科)
蛹
 8/20に発見以来、ほとんど変化がありません。気づいたことといえば、左脇?の裂け目から黒いものが見えることで、黒系アゲハの蛹との意を強くしました。

 経験則上、アゲハチョウ科は蛹化しておおむね10日前後で羽化するもので、その前日には表面の色が変化すると思っていますが、見つけてから11日目になっても羽化の兆候らしきものが全く見えません。
 
蛹
 しかも、腹側が縦に大きく裂けています。
 まさか、某国副首相の発言で国民の身代わりに切腹した訳ではないでしょうけれど、発見時にこの裂け目があったかどうか気づきませんでした。

 これはもう★になったかとそっと持ち上げてみると、持ちおもりするし、ピクピクと動いたので安心しました。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/28)
ミヤマカラスアゲハ ♂
ミヤマカラスアゲハ ♂
 ペチュニア・カリブラコアで吸蜜中です。
 庭で撮影させてくれる黒系アゲハはほとんどが♀という印象ですが、♂は婚活に忙しいのでしょうか。
 
 
キアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/27)
キアゲハ ♂
キアゲハ ♂
 ペチュニア・カリブラコアで吸蜜中です。フィールドでは新鮮そうに見えましたが、後翅には傷みが見えます。
 
左:キアゲハ・右:アゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2015/8/28)
キアゲハ ♂・アゲハ ♂
 そこに似たチョウが絡みに来たので、見たことのないキアゲハの交尾が見られるかと期待しました。
 よく考えると、キアゲハは♂ですから♀が逆ナンする訳がなく、すぐアゲハの♂と気がつきました。
 アゲハはキアゲハの進路を遮り、翅表を見せつけているので、アゲハの♀と誤認して求愛しているものと思われます。
 
左:キアゲハ・右:アゲハ(2015/8/28)
キアゲハ ♂・アゲハ ♂
 誤認求愛に気づいたアゲハがヒオウギで吸蜜していると、キアゲハが猛然と逆襲しました。余程腹に据えかねたのでしょうか。^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:     草花  誤認求愛