新生蝶(2014-No.5)

 
 朝方は7℃、午前9時前に時雨れました。午前中曇り、午後雨の予報だったので、本日はパトロールも無理かなと思っているとすぐ陽が射してきました。
 日中曇った時間帯もありましたが、風も弱く、最高気温は20℃に達しました。


 裏の畑の尾根はアゲハの仲間の蝶道があり、これから4月にかけてアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどの飛翔を見ることができます。行き(西行き)はとまることがありませんが、帰り(東行き)は時折吸蜜などでとまってくれます。
 そろそろかなと、この場所の探索を強化しました。
 
アゲハ(春型 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ 春型
 帰り道の証拠写真以下で、まぁいいかでした。
 
アゲハ(春型 ♀)
アゲハ 春型 ♀
 遠くのヒメオドリコソウ(シソ科)で吸蜜しています。とりあえずこれなら許すのレベルです。
 
アゲハ(春型 ♀)
アゲハ 春型 ♀
 近くのヒメオドリコソウで吸蜜し始め、ここまで近づけました。この時期にしては望外です。
 何日か前に羽化したのか後翅の一部が欠け、尾状突起やオレンジ色の斑紋の片方が失われています。

 写真3枚とも同一個体だと思っていましたが、2枚目の個体は右側の尾状突起が完全に残存しているので、3枚目とは別個体のようです。


 ↓の初見(初撮)日一覧表のとおり、ソメイヨシノが早く開花した昨季より1日前になっていますが、蝶道の確認時期の関係だろうと思われます。


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/29 5  3/30 6  4/17 9  4/10 7
コツバメ     3/19 4  4/13 5
ツバメシジミ     4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ     4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ     4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 13  4/29 13  5/9 13
クロアゲハ     5/13 13  5/7 14  4/16 9
※ 各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。


 このほかの新生蝶関連では、
 
 
ルリシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ
 東の畑のツバキの花にとまっています。♀と思われますが、羽化不全の影響は見受けられないので、昨日とは別個体のようです。
 
 
ベニシジミ(春型 シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 ハコベの蕾にとまっています。下唇鬚の上部の黄色いものは、直前に吸蜜していたタンポポ(崖の中腹で咲いていて確認できないが、多分ニホンタンポポ)の花粉だと思われます。
 春型の裏翅のショッキング・オレンジ?が好きなのですが、逆光で異なった色合いになっています。


 まだコツバメの便りはありません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  野草  花木 

スヌーピー

 
 暑い夏が戻って来ました。朝方は23℃と気温が高め、日中は33℃に達しました。
 辛抱たまらず、午後遅くにエアコンを使う羽目になりました。


 こうなると日中はチョウをほとんど見かけず、代わりにこんなものが・・・
 
 
スヌーピーJ号
スヌーピーJ号
スヌーピーJ号
 メットライフ アリコの飛行船「スヌーピーJ号」が、上空を東から西へと横切りました。フライトスケジュールによれば、愛知から大阪へ移動中のようです。
 近づいて来る時はやはり飛行船はゆっくり飛ぶものだと思えましたが、上空になるとあれよあれよで通り過ぎていきました。(^^ゞ

 撮影時にメットライフ アリコの文字は読めたのですが、船首の絵がスヌーピーだとは分かりませんでした。
 空ヌケの上、ちょうど上空通過の際は背景に太陽で、100mmマクロレンズではまぁこんなものです。(ウデ?)
 
 
モンキアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
モンキアゲハ ♀
モンキアゲハ ♀
 夕方6時前、花壇のペンタスで吸蜜中です。比較的新鮮な個体でしたが、開翅シーンは撮影できませんでした。

 我が家の周囲はどちらを向いても低い山、秋になると日の出は遅く日の入りは早くなり、この時刻には少し薄暗くなっています。速いスピードで翅を開閉するアゲハチョウの仲間を撮影する場合、1/1000以上(理想は1/1600と思う。)のシャッター速度が要求されますが、上は1/800、下は1/640でやっとです。
 
 
カラスアゲハ?(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2013/9/11撮影)
カラスアゲハ ♂
 花壇のビンカで吸蜜中です。こちらも夕方ですが、ゆっくり滞在してくれませんでした。
 かなり傷んでいて、この写真ではカラスアゲハかミヤマカラスアゲハか判別し難いですが、印象としてはカラスアゲハのように思えました。


 もう少し気温が下がると、黒いアゲハも日中に顔を見せてくれるのではないかと期待しています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  草花 

やっぱりアゲハ(新生蝶六番手)

 
 霜注意報が出されていましたが、朝方は6℃でした。
 霜注意報が出されると霜に弱い鉢は屋内に取り込みますが、空振りでも続けなくては九仞の功を一簣に欠くことになりかねません。
 日中は、陽射しが柔らかで風もさわやか、春らしい陽気になりました。


 午後に出かける予定があったので、午前中に昨日のリベンジです。蝶道付近で待ち伏せました。
 
 
アゲハ(春型 ♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ ♂
 さてどこに?^O^
 ↓の写真を見ないで探してくださいね。
 
(↑のトリミング)
アゲハ ♂
 蝶道は七曲りなのか前後左右に翔び回り、置きピンもあまり効果がありません。
 昨日も書いたとおり、アゲハは昨季4/17、一昨季4/10がお初ですので、これもずい分早いです。
 
(トリミング)
アゲハ ♂
 ↑の続きの写真です。
 
 
(左:春型 ♀・右 春型 ♂)
アゲハ 求愛飛翔
 
(↑のトリミング)
アゲハ 求愛飛翔
 蝶道何往復の効用か、♀を見つけ追いかけています。結末は知りません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道 

今どきアゲハ?

 
 朝方は10℃もありましたが曇りがちで、お昼前にやっと陽が射すようになりました。
 
 
モンシロチョウ(♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ ♂
 舞台は選んでほしいですが、珍しくほぼ全開です。
 
 
ルリシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2013/3/26撮影)
ルリシジミ ♂
 狙っていますが、ルリシジミはなかなか開翅してくれません。
 
ルリシジミ(♂ 本日撮影)
ルリシジミ ♂
 シジミチョウを何頭か見かけたので、ヤマトシジミかツバメシジミが混じってそうに思ったのですが、みなルリシジミ、それも♂ばかりでした。(^^ゞ
 開翅の度合いは↑より大きいですが、近づかせてくれません。
 
 
キタキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:26)
キタキチョウ ♀
 こんな時刻にチャの葉裏に潜り込んだのでどうするのか見守っていましたが、しばらくして、何事もなかったような顔で出ていきました。何だったのでしょう。


 ところで、裏の畑の尾根近くのアゲハの仲間の蝶道になっている場所で、アゲハらしい姿を見かけました。いつものように蝶道を往復していました。
 アゲハは、昨季4/17、一昨季4/10がお初ですが、今季の新生蝶出現の早さからみれば、不思議なことではありません。かなり高いところを翔んでいたので目視での確認は困難で、飛翔写真を狙ってみましたがフレームにも入りませんでした。^^;
 近々再会できるのではないかと思っています。
 
 
セイヨウミツバチ(ミツバチ科)
セイヨウミツバチ
 発展途上の花粉塊を抱えて、蜜集めに忙しそうでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  昆虫(蝶以外) 

水滴コロコロ(2012-01)

 
 本日の3コマ目です。まだあるのですが、取りあえずここで打ち止めです。(^^ゞ


[看 板]
ヤマトシジミ
 朝霧が立っていたので、三脚を持ち出して裏の畑をパトロールしました。昨日はヤマトシジミ数頭、ウラナミシジミ、ヒメウラナミジャノメそれぞれ1頭を見かけたのに、今日はコノヒトしか見つけられませんでした。
 
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 7:23)
ヤマトシジミ
 看板とどこが違うのと思われるかもしれませんが、こちらは眼の前にクモの糸が見えています。こちらがF8.0、看板がF4.0で、被写界深度の違いは歴然としていますね。

 今頃気づきましたが、このヒトは眼の中に眉それも白眉がありますね。複眼に毛の生えているチョウは多いのですが、こんなのは初めて気づきました。
 
 
 
ミヤマカラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科 10:51)
ミヤマカラスアゲハ ♀
ミヤマカラスアゲハ ♀
 カリブラコア(スーパーベル)で吸蜜しています。
 先日の個体は、後翅裏の白い帯が全く見えなかったのでカラスアゲハと間違えて判別しましたが、この個体はうっすら白い帯が残っていますので、その点からだけでもミヤマカラスアゲハに間違いありません。(^^ゞ
 
ミヤマカラスアゲハ ♀
ミヤマカラスアゲハ ♀
 閉じかけたモミジアオイに、膝?を曲げ、水平近くまで体を倒して潜り込みました。
 
ミヤマカラスアゲハ ♀
 我が家のヒガンバナ、ハエマンサス・コッキネウスで吸蜜中です。この花の蕾は載せましたが、正直なところ花はお見せしたくないと思っていました。^^;
 白花に黒いアゲハ、赤花に黄色いアゲハとおっしゃっていらっしゃる方がおられましたが、思うようにはなりませんね。(^^ゞ

 ところで我が家でも、陽だまりの斜面にほんまもんのヒガンバナが咲いていましたよ。
 
ミヤマカラスアゲハ(♀ アゲハチョウ科 12:47)
ミヤマカラスアゲハ ♀
ミヤマカラスアゲハ ♀
 午前中の個体は右の尾状突起に傷みが見え、別個体のような気がしますが、よく分かりません。
 ニチニチソウで吸蜜して、翔び出す瞬間です。

 しかし、我ながら何を焦っているのでしょうね。ミヤマカラスアゲハには満足できる写真がありません。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   水滴コロコロ  蝶道 

庭の通行人

 
 昨日と同じく朝方は19℃、最高気温は32℃でしたが、風がなくて湿度が少し高めでした。


 我が家の庭は、黒いアゲハの通行路(蝶道)となっており、高い場所を通り過ぎるヒト、花の味見をしてすぐ行ってしまうヒト、あちこちの花を渡り歩くヒトなどいろいろです。
 通り過ぎる時間帯も、朝、昼前後、夕方といろいろで、種によって決まっている訳でもなさそうです。1日1回なのか往復なのか何度もなのかについても、通り過ぎる時に私が庭に出ていれば確認できますが、日ごろの行いのご褒美でチャンスをほとんどフォローできているのか、報いで低打率なのか判断できません。(^^ゞ
 
 
ミヤマカラスアゲハクロアゲハ(♀ アゲハチョウ科 11:19)
20120913kuroa.jpg
 ブッドレアで束の間の吸蜜でした。右後翅が大きく欠けていて、ここ2~3日連続して見かけている個体のようです。

 鍵コメさんから、ミヤマカラスアゲハであると教えていただきました。ありがとうございます。
 しかしまぁ、この写真でよく判別できるものですね。前翅亜外縁の明色帯(白い帯)は気になりましたが、傷みがひどかったため光の加減だろうと深く考えず、クロアゲハに即断しました。^^;(2012/9/20追記)

 暑さのためか、剪定の誤りか、ブッドレアの花がすっかり小さくなってしまいました。(^^ゞ
 
 
ミヤマカラスアゲハカラスアゲハ(夏型 ♀ アゲハチョウ科 17:05)
20120913karasu-01.jpg
20120913karasu-02.jpg
20120913karasu-03.jpg
 マリーゴールド、ビンカ、モミジアオイを渡り歩いて吸蜜中です。これだけ大きなチョウでも、モミジアオイでは抱かれているように見えますね。
 尾状突起が左右とも欠けています。

 カラスアゲハ夏型にそっくりなミヤマカラスアゲハの夏型には、春型の後翅裏の明瞭な白帯が不明瞭になったり見えなくなることがあるため、ミヤマカラスアゲハである可能性を検討しましたが、やはりカラスアゲハのようです。

 こちらもミヤマカラスアゲハですか。
 一見でカラスアゲハ系と分かったので、どちらかは余り考えず追い続けました。↑のとおり検討の上、希望的観測を排して、最終的にカラスアゲハと決定しました。
 前翅表亜外縁の明色帯は、カラスアゲハでは外に向かって徐々に幅が広がっているのに対し、ミヤマカラスアゲハでは同幅であることについては承知していましたが、写真ではどちらともいえないように見えました。
 後翅裏外中央部の白帯が全く見えず、夏型では稀ながらないこともあるとはいえ、だからミヤマカラスアゲハであるとは言いかねました。
 いずれにしろ、修行が足りないということかと・・・^^;(2012/9/20追記)
 
20120913karasu-04.jpg
 飛翔の証拠写真です。(^^ゞ
 
20120913karasu-05.jpg
 お別れの際、さぁ全開翅してあげるよとばかりに葉上でとまってくれましたが、もう少し低い木にして欲しかったですね。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  花木  草花 

アゲハ・レビュー

 
 朝は8℃と寒いくらいでしたが、お昼過ぎには22℃に達し、どこまで上がるのかと思っていると、午後雷とともに驟雨、しかしながら風が弱かったため、昨日ほどひどくはありませんでした。
 午後8時過ぎ、月や星が見えないと家内と話してると、また雨、本降りです。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(春型 ♂ アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハ♂
ミヤマカラスアゲハ♂
ミヤマカラスアゲハ♂
 一昨日は藪の中でしたが、庭先のバーベナに吸蜜に訪れました。白と青のラインで、一瞬はルリタテハかと錯覚しそうになりました。
 翅を忙しくはばたかせながら吸蜜し、翔び移ることを繰り返しますので、ピント合わせには苦労しました。(ウデ?)
 前翅表に黒い性標があるので、♂ですね。一昨日のものにはこの性標がないようなので、多分♀だったのでしょう。左前翅が割れ、尾状突起の先端が欠けています。
 
 
クロアゲハ(春型 ♂ アゲハチョウ科)
クロアゲハ♂
クロアゲハ♂
 今季初お目見え、キリシマツツジで吸蜜中です。
 こちらもじっとしてくれず、おまけにほぼ黒一色ですので、ピント合わせにはもっと苦労しました。(ウデ?)(^^ゞ
 後翅表の通常は前翅に隠れる部分に白い性標が見えますので、♂ですね。
 
 
アゲハ(春型 ♀ アゲハチョウ科)
アゲハ♀
 これもバーベナに吸蜜に来ました。
 性標はないので自信はありませんが、色合いなどから♀と判別しました。

 このバーベナは砂利敷きにこぼれ種が増えたもので、水やりの際ホースでなでなでしたり、広がると減らしたりなどに耐え、毎年咲いてくれます。アカタテハなども来ますので、咲くと大切にするのですが・・・^^;
 そうそう、今後のためゴミは拾っておきましたよ。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  草花 

初見蝶今季No.3・No.4

 
 朝方は10℃とひんやり目でしたが、お昼には24℃に達し、昨日までとは打って変わった気持ちのいい一日でした。日向での積み残しの作業は暑かったですが、風が吹き抜けて、日陰では快適でした。

 この陽気に誘われて、チョウもワンサカ見かけました。まずは、初見のチョウからです。


 裏の畑は、我が家に向かってかなり傾斜していて、一番奥がちょうど尾根になっていますが、そのすぐ手前は蝶道になっているのか、黒いアゲハなどいろいろなチョウが通り過ぎます。

 尾根の樹液酒場を確認に行く途中、頭上をつがいの黒いアゲハが通り過ぎ、珍しくそのうち1頭が降りてきました。
 
ミヤマカラスアゲハ(春型 アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
 角度が悪く、魅力の源泉である青緑色の鱗粉が一部しか写っていません。前翅表の細い白帯と後翅裏の白帯が何とか写っていて、ミヤマカラスアゲハと思います。
 ミヤマカラスアゲハであれば、初見です。機会があれば、美しく図鑑用にも使える写真をものにしたいですね。


 今日は裏の畑より、玄関先の花にたくさんのチョウを見かけました。
 白い花に、何か白いものがついてるように見えました。
 
イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウ
イシガケチョウ
 初見です、今季4種類目になります。南方系のチョウで、近畿では紀伊半島に生息しているそうですが、当地では見かけない種類と思っていました。
 クリサンセマム・ノースポールやタイムで午後一杯吸蜜していました。
 越冬組でひどく傷んでいます。尾状突起も左後翅に何とか残っている程度、左右を合わせると全体像が見えるかなといった具合です。
イシガケチョウ
 平開してとまり裏翅が見えることが少ないため、裏側に回って撮影しました。

 クリサンセマム・ノースポールは、昨秋こぼれ種が発芽したもので、冬中ボツボツと咲いていました。そろそろ衣替えの時期と思っていましたが、ほかにもいろいろなチョウが吸蜜していますので、もう少し残しておくことにしました。^O^

 そして、締めは・・・
 
イシガケチョウ 手乗り
イシガケチョウ 手乗り
 やっぱり、これです。(^^ゞ
 案外人なつっこいようで、素直に乗ってくれました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶道  草花  手乗り