Ah nevertheless(キアゲハ羽化)

 
 朝方は23℃、最高気温は32℃、強い陽射しにパトロールする気も起こりませんでした。


 朝庭を見回っていると、座敷前の犬走りに置いてある鉢の辺りからキアゲハが這うように出てきました。
 
キアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 9:38)
キアゲハ ♀
 モルタルの壁を登り始めました。
 
キアゲハ ♀
 安定しました。
 羽化直後の新鮮な個体で、まだ尾状突起は伸びきっていないように見えました。

 すぐ近くで尻尾の切れたニホントカゲがウロウロしていて、追い立ててもそう遠くまで逃げません。一応の撮影を終え、どこで羽化したのかと考えていると、それまでゆっくりしか動かなかったニホントカゲが私の前を猛スピードで過ぎり、デッキ下に入りました。
 目で追うこともできないくらいの速さだったのでキアゲハを銜えていたかどうかは確認できていませんが、キアゲハの姿がありません。

 羽化直後の場合、翔ぶことができてもそう遠くへはいかないのが通例ですが、辺りを探しても見当たらず、その後翔ぶこともありませんでした。状況証拠で有罪とするのは難しそうですが、ニホントカゲの挙動から捕食されたものと思われます。

 改めて羽化場所を考えていて、昨季のことを思い出しました。
 
キアゲハ 蛹(抜け殻)
キアゲハ 蛹(抜け殻)
 鉢台代わりに座敷前の犬走りに置いてあるスノコの裏側です。
 右上がキアゲハ、左下は昨季のアゲハだったと記憶しています。アゲハも抜け殻です。

 脚は鉄製で高さは4cmありません。こんな狭い場所でキアゲハがよく羽化できたものだと感心します。


 Ah nevertheless nevertheless don't you?
 I would be angry. I would be angry. It is natulaly. ♪

 ところで、この歌は何でしょう。
 これで正しかったかどうか定かではありませんが、学生時代にこんなことが好きだった方がいたなぁと思い出しました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。(あゝそれなのに)
 

タグ:   羽化 

この寒い中で羽化

 
 朝方は0℃、結氷は見られませんでしたが、夜中から寒かったわけが分かりました。
 最高気温は7℃、冷たい西風も強く、午後からは小雨、とにかく寒い一日でした。


 こんな日は蝶影も見られないだろうとパトロールする気にはならなかったのですが、玄関先の軒下で
 
 
モンシロチョウ(シロチョウ科シロチョウ亜科 8:21)
モンシロチョウ
 ムサシアブミの鉢の縁にモンシロチョウがぶら下がっていました。
 昨夕からいたわけではないですから、あんたこの寒い中出てこなくてもいいのじゃないのなんて思っていました。この時間帯の気温は2℃でした。

 このムサシアブミは地植えのものを家内が鉢上げしたもので、管理にも手がかかるし、もう少しキレイな鉢もあるのにと思っていました。
 
モンシロチョウ
 アングルを変えて撮影したところあれ?、ゴミかクモの巣とでも思っていたものが蛹の殻に見えてきました。
 そう思って見ると、触角もこころなしかダレ~ンとしています。(^^ゞ

 レンズは春先チョウ追っかけモードの18-270mmでしたから、100mmマクロに換装して
 
(8:27)
モンシロチョウ
モンシロチョウ
 羽化間もないものと思われます。翅は伸びきっているようですが、アゲハの仲間と違って開翅しませんでした。

 蛹があることには全く気づかず羽化の瞬間は見逃しましたが、気づいていたとしてもこの寒さでは羽化するなんて思わず、同じことだったかもしれません。
 羽化のトリガーが何かは知りませんが、一旦スイッチが入ると今日は寒いから中止とはならないようですね。

 この鉢は何度も縁を持って移動したのに、蛹をよく潰さなかったものだと思います。
 
(9:30)
モンシロチョウ
 この時刻になると触角をピンと立てています。

 ここで夜明かしかなと思っていると、午前11時過ぎには見えなくなっていました。今夜も寒くなりそうなので、凌げる場所で耐えてほしいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   羽化  草花 

一将功なりて

 
 本日も昨日に続き最高気温は36℃、私の平熱は36.1℃ですからやっておれません。


 唯一生き残っているキアゲハ#12の蛹は、昨日(8/11)色も黒ずみ、そろそろかなという感じでした。
 ただ、シュウメイギクの葉が倒れて、基本姿勢とは逆の頭部が下になったままなので、無事羽化できるか心配していました。

 今朝蛹を確認すると、シュウメイギクの葉の向こうで動くものがありました。
 
 
キアゲハ#12(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 6:31)
キアゲハ#12 羽化
 もう蛹から抜け出した後で、アヤメの葉にぶら下がっていました。

 逆になった蛹からどのように抜け出すのか、蛹内部の排泄物が頭部側にきていても正常に羽化できるのかが気になっていたのですが、羽化の始まる瞬間に立ち会うことはできませんでした。

 この個体も♂のようで、羽化観察は都合4頭目ですが、♀はいませんでした。
 
(6:36)
キアゲハ#12 羽化
 キアゲハの重みで葉がしなって落ちそうになり、隣の葉に移りました。
 その葉も重みに耐えられず、とうとう落ちて横倒しになりました。
 
(6:39)
キアゲハ#12 手乗り
 救助要請があったので、出動です。(^^ゞ
 
(7:27)
キアゲハ#12 羽化
 色合いも考えてアブチロンに移ってもらったのですが、逆光側からしかアングルがありません。
 
(7:56)
キアゲハ#12 蛹便
 やはり蛹便を排泄しました。タイルは15cm四方ですから、相当な量です。

 気をつけていたつもりでしたが、開翅姿を見ることなく、いつの間にか翔び立ったようです。


 残念ながら羽化の始まる瞬間や完了時刻を確認できませんでしたが、15頭の幼虫うち無事羽化できたのはこの1頭のみ、自然のルールは厳しいものですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   羽化  手乗り 

油断!(キアゲハ #5 羽化)

 
 昨日(7/16)のことです。
 この日は、午前5時10分に起こされました。#5の色が羽化直前に見え、家内は今にも羽化しそうと思ったようです。
 
 
キアゲハ #5(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 5:34
2013/7/16撮影 以下同じ)
キアゲハ #5 蛹
 2日続き、三度目の羽化観察の私も、羽化は間近と感じました。
 ただ、先行した2回はいずれも午前7時台の羽化開始だったため、まだまだだろうとすでに悪癖の思い込みに影響されています。^^;


 今回の羽化に当たっての課題は、羽化開始から蛹を抜け出すまでの一部始終を動画撮影することの1点に絞りました。

 三脚を据え、使い勝手の悪い Nikon P300 の動画機能で蛹を試しに撮影してみましたが、どうにも後ピンになってしまいます。

 そんなことに時間をかけていると、羽化が始まりました。すぐ、スタートボタンを押しましたが、動画の開始時刻は06:32:16で、蛹の口が少し開いた状況(#4の羽化2枚目(4秒後)の写真程度)からですので、動画開始時刻の数秒前に羽化が始まったものと思われます。
 したがって、羽化開始時刻を06:32:12と推定することとします。
 
 
(6:34)
キアゲハ #5 羽化
 静止画の羽化1枚目はこんな時刻、体が2/3ほど出てきた姿になってしまいました。
 
(6:34)
キアゲハ #5 羽化
 口吻は、雨樋状のもの1対の状態だと分かります。
 
(6:35)
キアゲハ #5 羽化
キアゲハ #5 羽化
キアゲハ #5 羽化
キアゲハ #5 羽化
 口吻を縮めたり伸ばしたりしながら、やっと1本に張り合わせられたようです。
 
(6:37)
キアゲハ #5 羽化
 蛹の中に体の一部を残したまま向きを変えました。
 
(6:37)
キアゲハ #5 羽化
 蛹から完全に抜け出しました。

 羽化開始時刻(推定)は06:32:12、蛹から抜け出した時点が06:37:41で、329秒が経過しています。#3の80秒、#4の86秒と比較して極端に長いのですが、#5がどんくさいのではなく、例えば#4は抜け出してから口吻を張り合わせていましたから、その辺りの差なのでしょうか。
 
 
(6:39)
キアゲハ #5 羽化
 翅が徐々に伸びています。
 
(6:41)
キアゲハ #5 羽化
 反対側からです。翅を開閉し始めました。
 
(♂ 7:18)
キアゲハ #5 羽化
 尾状突起の捩れは少し残っていますが、翅脈はかなり濃くなっています。
 腹端の形状から、3頭続きで♂のようです。
 
(8:27)
キアゲハ #5 羽化
 全開翅です。私のイメージにあった羽化シーンは、こういう甲羅干しだったので、よっしゃぁ!です。
 ただ、抜け殻の蛹も隠れてしまい、羽化が一目瞭然とはなりませんね。
 
(8:48)
キアゲハ #5 羽化
 反対側からなら、羽化中と分かりますね。


 9:18に翔び立ち、薮に消えました。

 06:32の羽化開始から09:18の羽化完了まで2時間46分、トラブルもありましたが充実した時間でした。
 #3、#4、#5と3個体の羽化を連続的に観察し、天候や場所の違いによるものだけでない、個体ごとに違った行動があることに気づき、種と個の問題を改めて認識しました。


 なお、羽化シーンの動画は、ピン大甘ですが羽化の雰囲気を感じ取れるものになりました。フルハイビジョンで約16分、2.2GBもあり、画面を縮小し短くするとともに、容量を落とす必要があります。すぐは対応できないので、対応でき次第載せたいと考えています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:     羽化 

雨中大作戦(キアゲハ #4 羽化)

 
 昨日(7/15:海の日)のことです。
 昨朝は、午前5時30分に起こされました。一昨日待ちぼうけをくらわされた#4の色がずい分変わっていて、家内は今にも羽化しそうと思ったようです。
 
 
キアゲハ #4(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 06:38
2013/7/15撮影 以下同じ)
キアゲハ #4 蛹
 起き抜けはそうでもないと思いましたが、この時間になると翅の黄色が透かして見える部分が濃くなり、この日の羽化は確実に思えました。
 
(07:17)
キアゲハ #4 蛹
 今にも羽化しそうな様子ですが、問題は空模様、すぐパラパラと雨粒が落ちてきました。


 今回の羽化に当たっての疑問や課題は次のとおりです。

① 雨が降っても羽化するのか。羽化しても翅が乾きにくいので、羽化不全が発生しないか。
② 雨の中での撮影をどうするか。
③ 動画撮影のご提案をいただいたが、試し撮りがうまくいかず、雨の関係もあるので先送りし、羽化を開始して蛹から抜け出すまでを密度高く撮影すること。

 のおおむね3点です。


 雨もごくごく弱くなったので確認すると、やはり蛹がビクッとしたかと思うと
 
(07:44)
キアゲハ #4 羽化
 チャック(とは言わないか、ジッパー)のところから割れて、翅の模様がのぞいています。
 ちょっと待ってよ。背中の部分が割れるのじゃなかったのと#3の羽化の写真を見直しましたが、同じ箇所も割れていました。撮影角度の違いのようです。
 ただ、何らかの原因で、背中部分が少し割れにくかったのでしょうか。
 
(07:44)
キアゲハ #4 羽化
 この段階では、背中部分が割れているのを確認できます。
 
(07:45)
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
 蛹の蓋を押し上げて、複眼、触角、脚、翅などが順次見えてきます。
 
(07:46)
キアゲハ #4 羽化
 葉柄か蛹につかまると推測していたのですが、背面跳びスタイルで葉に取りつきます。
 
(07:46)
キアゲハ #4 羽化
 蛹から抜け出しました。
 羽化開始が07:44:42、この時点が07:46:08、86秒の出来事です。#3の場合で80秒でしたから、大差ありません。

 課題の一つの「羽化を開始して蛹から抜け出すまでを密度高く撮影すること」について、この間の撮影枚数60枚とほぼ達成できたのは、雨が止んでいたことが大きいと思います。
 人徳でしょうか、日ごろの行いでしょうか。\(^O^)/
 
 07:46~07:47)
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
 口吻の先が枝分かれしているのをご覧いただけるでしょうか。雨樋の形状をした2本を張り合わせているようです。

 腹端の形状から♂のようです。書き落としていて、YODA さんのコメントで気づきました。(^^ゞ(2013/7/18追記)

 この辺りから、雨がポツポツし始めました。
 
(07:49)
キアゲハ #4 羽化
 口吻の張り合わせが終わって、翅が伸び始めました。
 
(07:51)
キアゲハ #4 羽化
 前側の葉がジャマです。
 
(07:53)
キアゲハ #4 羽化
 緊急避難?で、ご覧のとおり人為的落葉です。(^^ゞ
 天の逆鱗に触れたのか、本降りになってきました。
 
(07:54~59)
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
 叩くような雨になり、葉裏で右に左に向きを変え、おっとっとっと落ちかけています。
 
(08:01)
キアゲハ #4 羽化
 風が出て、この有様です。
 
(08:11)
キアゲハ #4 羽化
 それでも昇って、何とか耐えています。

 よく撮影できたものだとお考えでしょうが、ポツポツの段階で思案していると、家内が黙って傘をさしかけてくれました。
 人徳でしょうか。(^^ゞ
 いえ、持つべきものはいい家内ですね。(^-^)v


 一旦車庫に避難し、双眼鏡を持ち出して、声に出さずにがんばってねと応援します。
 自然の営みにはできる限り干渉しないことを原則にしていますから、ずい分辛抱しましたが、この雨にはどうにも見かねて救助の指を差し伸べました。(^^ゞ
 
(08:34・8:35)
キアゲハ #4 手乗り
キアゲハ #4 手乗り
 縷々書いたのは、手乗りの言い訳じゃありませんからね。(^^ゞ
 まぁ、キアゲハに乗ってもらったのは、初めてですが・・・
 
(08:37)
キアゲハ #4 羽化
 計画性のなさで、目についた軒下のクレマチスに移ってもらいました。
 ツルの恩返しは機織り、カメの恩返しは竜宮城ですが、チョウの恩返しは開翅のようです。(^^ゞ
 
(08:41)
キアゲハ #4 羽化
 翅もしっかりしてきたのか、こんな姿勢もとれるようになりました。
 
(08:48)
キアゲハ #4 羽化
 レンズフードが支柱にあたると、ビックリしたのか開翅しました。と言うことは、さっきのはお礼じゃなかったのね。(^^ゞ


 そうこうしているうちに、雨が上がりました。こんなことなら、もっと早く救助すればよかったですね。^^;
 折角ですから、三脚を持ち出しました。
 
(09:03)
キアゲハ #4 羽化
 F4.0です。
 
(09:05・09:09)
キアゲハ #4 羽化
キアゲハ #4 羽化
 クレマチスの葉上に白い卵状のものが見えます。蛹時代の不要物を排泄した蛹便(ようべん)でしょうか。
 クレマチスに移ってもらったからこそ確認できたわけで、怪我の功名です。(^^ゞ
 
(09:22)
キアゲハ #4 羽化
 また増えて流れていますが、連写しても腹端から出ているところは写らないものですね。
 
(10:07)
キアゲハ #4 羽化
 右側の葉に移って、またお漏らしです。
 
(10:20)
キアゲハ #4 羽化
 開翅して直後に翔び立ち、薮に消えました。

 07:44の羽化開始から10:20の羽化完了まで、2時間36分のショー、雨の中、大仕事をなし終えたキアゲハは、どこか誇らしそうに見えました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:     羽化  手乗り 

キアゲハ #3 羽化(詳報)

 
 朝方は24℃でしたが、いつもより早く起きたのに、ちっとも涼しさを感じませんでした。


 本日2コマ目、といっても↓の記事(速報)の詳細版です。
 
 
キアゲハ #3(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 06:02)
キアゲハ #3 蛹
 昨日の夕方よりは黒っぽくなったような気がしますが、まだ薄いので羽化は翌日かなとも思いました。
 実は、家内が午前5時前後に確認し、少し変化していると感じたそうで、かなり思案したようですが、早めに私を起こしてくれました。
 
(06:17)
キアゲハ #3 蛹
 更に黒っぽく、黄色の斑が濃くなったように見えました。
 
(06:58)
撮影準備
 臨戦態勢です。(^^ゞ
 家内の協力に応えるためにも、空振りも結構という気持ちでした。
 
(07:17)
キアゲハ #3 蛹
 蛹から3~4回しずくが落ちたような気がしたと思うと、蛹に何かが触れた様子もないのにビクッと動きました。
 前兆?と思っていると・・・
 
 
(羽化 07:18)
キアゲハ #3 羽化
 蛹の背中部分が割れて、羽化の始まりです。
 すぐ家内を呼びました。
 
(07:18)
キアゲハ #3 羽化
 翅も見えてきました。
 
(07:19)
キアゲハ #3 羽化
 体の半分ほどが見えてきました。
 口吻の元のほうは1本ですが、先は枝分かれしているように見えます。口を動かして、雨樋の形状をした2本を張り合わせるそうですが、これがそうでしょうか。
 
(07:19)
キアゲハ #3 羽化
 翅が全部出て、あと少しです。
 
(♂ 07:19)
キアゲハ #3 羽化
 蛹から腹端まで全部出てきました。腹端の形状から♂のようです。
 蛹には液体が残っているようですが、羊水ではないにしても、これで保護されてたのでしょうか。

 頭が見えてからここまでちょうど80秒、のたりのたりとゆっくり出てくるのかと思ったら、スタスタスタ、あっという間です。待ち構えていなければ、見逃した可能性が高そうです。
 
 
(07:21)
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
 翅はシワシワですが、徐々に伸びてきています。
 背景は地面に敷いた新聞紙、計画性の無さの表れですね。(^^ゞ
 
(07:22)
キアゲハ #3 羽化
 翅が更に伸びるとともに、昇り始めました。
 
(07:24)
キアゲハ #3 羽化
 幼虫時代にジャマされたクモの巣を越えて、一段上に昇ろうとしています。
 脚が長いのは羨ましいですね。(^^ゞ
 
(07:28)
キアゲハ #3 羽化
 上からの写真です。尾状突起もそれらしくなっています。
 
(07:31)
キアゲハ #3 羽化
 翅脈はまだ細く、ピンボケのように見えます。
 あのぉ、ピンボケもよく載せますが、これはまぁ合っていますよ。(^^ゞ
 
(07:35)
キアゲハ #3 羽化
 開翅して甲羅干しするように思っていたのですが、この程度しか開きません。
 尾状突起はまだねじれています。
 
(08:04)
キアゲハ #3 羽化
 この状態が長く、水分補給にトイレ休憩、しばしば日陰に入っていました。
 
(08:28)
キアゲハ #3 羽化・ニホントカゲ
 地上ではニホントカゲがウロウロ、シオヤアブも飛んでいました。

 そうこうしていると風が出て、ギボウシの花が近くに落ちると、驚いて翔び立ちました。(08:54)
 そこまでは計算に入っていません。(^^ゞ
 
 
(08:59)
キアゲハ #3 羽化
 遠くへは行っていないハズと探すと、サザンカで開翅していました。
 
(09:02)
キアゲハ #3 羽化
 更にナンテンに移動、表翅側はフェンス越しの崖ですから、裏側からちょっと失礼。
 
(09:05)
キアゲハ #3 羽化
 今度はロウバイに寄り掛かったヤマブキへ、撮影位置がよくなると開翅しません。^^;
 
(09:10)
キアゲハ #3 羽化
 ギラギラ太陽の下待つことしばし、まぁまぁ満足できる開翅写真です。
 
(09:25)
キアゲハ #3 羽化
 次はワレモコウ、ここでもなかなか開翅してくれません。
 
(09:36)
キアゲハ #3 羽化
 待ちくたびれた甲斐はあったようです。

 10:02、竹やぶに翔んで行き、羽化は完了です。羽化開始から実に2時間44分、長丁場でした。
 
 
(11:05)
蛹 抜け殻
 汗まみれ、クモの巣まみれの観察を終え、シャワーを浴びた後、あっ、そうそうで抜け殻を撮影しました。


 チョウの羽化シーンに出会ったのは初めてで、ありふれた言葉ですが、生命の神秘を痛感しました。
 ご指導、ご支援をいただいた皆様に厚く感謝申し上げます。
 特に、「いつも i らしく」のみさとさんの「キアゲハの観察記録」は、バイブルにさせていただきました。ありがとうございました。


 これで終わった訳でなく、まだ#4、#5が残っており、#4は明日かも知れません。心にゆとりを持ちながら観察を続けたいと考えています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:     羽化  その他生き物 

キアゲハ #3 羽化(速報)

 
 キアゲハ #3 が本日羽化しました。ご指導、ご支援ありがとうございます。
 取りあえず写真だけです。詳細は後程。
 
キアゲハ #3(羽化 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
キアゲハ #3 羽化
 写真は400枚以上あります。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   羽化