東風吹かば

 
 朝方は12℃、午前中は陽射しもありましたが、午前9時過ぎには風が強くなり、木々を揺らすほどの風になりました。
 午後には曇りがちになり、夕方には雨、最高気温は23℃でした。



 昨日は一日いいお天気だったのですが、
 
(2016/10/15)
竹生島
 うみは広いな 大きいな ♪
 と言っても、海は海でも淡海の方です。
 この時期のお出かけ日和はアサギ日和、後ろ髪を引かれる思いでお出かけしました。


 本日の予報では朝のうち晴れるとのことだったので、朝一を含めしつこく見回りましたが、午前9時過ぎからの風は東からの強い風でした。

   東風吹かば にほひ薄まる フジバカマ
        アサギマダラよ 渡り忘るな (草原の道だね)

 とばかりにこの風に乗ってアサギマダラも西へ行ったのか、姿を見せてくれませんでした。

 なお、ご本家の下の句は大鏡の時平伝に載っている「春な忘れそ」と習いましたが、初出の拾遺和歌集では「春を忘るな」となっているそうです。
 ちなみに、大宰府天満宮では「春な忘れそ」を採用しています。



 10月中頃になると当地ではそろそろ姿を見せなくなるチョウもあるので、本日見かけたチョウを並べてみます。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 裏の畑のチャノキの葉上です。かなりスレています。
 
ウラギンシジミ(♀)
ウラギンシジミ
 裏の畑のチャノキの葉上です。やはりスレて、後翅の白鱗粉はほぼ剥落しています。
 大きければいいというものではないでしょうが、逃げなかったのでレンズフードが当たりそうなほど目一杯で接写してみました。

 ウラギンシジミは成虫で越冬し、越冬中や越冬明け間もない個体は何度か見かけたことがありますが、春先の越冬明けまで越冬個体を継続観察できたことはありません。
 
 
ルリタテハ(秋型 ♀ タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 ムラサキ・ポイントのカシ類の葉上です。枝が大揺れし、ドングリがバラバラ落下するするような風で、なかなかピントが合わせられませんでした。

 ルリタテハも成虫で越冬しますが、我が家周辺では個体数が少ないためか越冬中の個体を見かけたことがありません。
 
 
キタテハ(秋型 ♂ タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
キタテハ
 裏の畑でほかに2個体見かけました。

 キタテハも成虫で越冬し、越冬中の個体を一度だけ見かけたことがあります。
 
 
アカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
アカタテハ
アカタテハ
 スレの激しい個体と比較的傷みの少ない個体をいずれも裏の畑で見かけました。化数(世代)が異なるのでしょうか。

 アカタテハも成虫で越冬しますが、冬季に★個体を見かけたことはあっても、越冬中の個体を見かけたことがありません。キタテハよりも個体数が多いハズなのに、いったいどんなところで越冬しているのでしょうね。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
 裏の畑で本日も挙動不審でした。

 ヒメアカタテハの越冬態はアカタテハと同じだと思っていましたが、決まっていないそうです。我が家周辺では春先に越冬明け個体を見かけたことがなく、見かけるのは早くて初夏ですから、成虫では越冬していないものと思われます。


 ほかにはムラサキシジミ、アゲハなどを見かけました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   社寺 

ご利益 or Passing

 
 朝方は11℃、寒っ!でした。



 予報でも久しぶりに晴れだったので、これも久しぶりのお出かけでした。
 
 
紫雲山中山寺(真言宗中山寺派(大本山))
中山寺
 二回り目の西国三十三所で宝塚市の中山寺(第二十四番)に出かけました。
 この寺は子授・安産のお寺で、本日もお宮参りの若夫婦がたくさん訪れていました。以前はそんなに参拝者が多いとは思わなかったのですが、テレビ・スポットなど商売っ気たっぷりでいっそ清清しいほどです。^O^
 
中山寺
中山寺
 上が納経所などへの一段目、下が本堂に参拝する二段目のエスカレータです。
 私も西国三十三所、四国八十八箇所を始め、近畿はもちろんのこと鎌倉や時代小説に出てくる江戸の社寺などを多く拝観したことがありますが、エスカレータを備えているのはここしか知りません。
 なお、家内はお参りしますが、私は無神論者、社殿や仏閣、仏像が好きなだけです。(^^ゞ
 
 
アサギマダラ(♀ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♀
アサギマダラ ♀
 と言いながら、お参りのご利益でしょうか、前を歩いていたご婦人が道路に落ちていたアサギマダラを見つけたので、渡りをするチョウだと講釈しておきました。
 ずい分弱っていて指を差し出してもつかまる力もなく、余命幾許かと思われる個体でした。

 これが今季お初のアサギマダラで、六甲山系で羽化したものが降りてきたと思われますが、出現の終盤近くに見られる♀であることが気にかかっていて、もう我が家付近を通り過ぎたのではと幾分疑心暗鬼になっています。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺  アサギマダラ 

業務連絡

 
 寒波襲来というのに、昨日今日とお出かけしました。
 
 
コブハクチョウ(カモ科)
松本城
 
コブハクチョウ
 「えっ、カモ科だったの」ですが、前が♂後が♀のようです。

 国宝4城目の松本城です。(^^ゞ
 
 
諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社春宮
 当地の氏神さんは諏訪大社の末社の諏訪神社なのに、行ったことがないどころか、諏訪大社が4社で構成されていることすら知りませんでした。^^;

 離れているため4社とも回ると半日かかりました。相場(300円)より高い500円の朱印を4社とも書いてもらうと、思いがけず最後の上宮で神饌を頂戴しました。スタンプラリーでもやっていたのでしょうか。(^^ゞ


 冷え込みはそれほど厳しくなく、お天気続きで、今日などは車の中では暑いほどでした。紅葉には少し早かったようですが、美しく色づいている場所もありました。
 チョウはまったく見かけませんでした。

 お蕎麦は頂戴しましたが、標高700mの場所のM-ビュッフェは雪に閉ざされているだろうとシェフのランチは諦めました。
 今回、諏訪湖の水面の標高が759mと知り、認識を改めました。(^^ゞ


 長野と上田くらいしか行ったことのなかった信州ですが、付け焼刃で買った本を眺めていてあちこちを訪れてみたいと思わされました。
 寒くなくてチョウが翔んでいる時期に改めて行きたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   社寺  野鳥 

おのぼりさん II

 
 先日、母の3回忌で留守にしましたが、日程に空きができたので足を伸ばしました。
 
 
金丸座(2013/5/25撮影以下同じ)
金丸座
金丸座
 夕方だったので中の見学は諦めていましたが、係員の方から時間はないけどのぞいてみますかと声をかけていただき、花道から舞台、奈落、2階席まで駆け足で見学できました。
 
 
鞘橋
鞘橋
鞘橋
 渡れないのが残念でした。
 
 
センダン
 前のスクリューは今治造船が奉納したものですが、私の興味は後方の木です。クロアゲハやアオスジアゲハが何頭も吸蜜に来ていて、何の木だろうと気にかかりましたが分からずじまい、あの人に教えてもらうしかないかと思っていました。(^^ゞ
 デジイチはリュックに入っているのですが、疲れ切っていてチョウを撮る気にもならず、コンデジが精一杯でした。^^;
 
センダン(センダン科)
センダン
センダン
 帰り道でこんなものがありました。
 花も似ているので、同じものだろうと納得しましたが・・・
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺 

並みじゃない

 
 朝方は13℃、すぐに雨が降り出しました。午後3時前に雨は上がり14℃までなりましたが、陽射しもなく、チョウは1頭も見かけずじまいでした。


 本日もお休みにしようと思って、写真を整理していると、4月27日のことを思い出しました。

 この日は朝から陽光さんさんでしたが、家内との約束で滋賀県日野町鎌掛のホンシャクナゲ群落に花見に出かけました。シャクナゲには少し早く、お見せできる写真もありません。
 こういうこともあろうかと下調べしていた同町内の正明寺(しょうみょうじ)、信楽寺(しんぎょうじ=龍の天井絵)、正法寺(しょうぼうじ=藤の寺)を回りました。

 我が家ではあまり見かけないチョウにどこかで会えると思っていましたが、最高気温も17℃で風が強く、モンシロチョウを1頭見かけただけでした。^^;
 
 
正明寺(2013/4/27撮影)
正明寺
 黄檗宗のお寺で後水尾天皇の勅願寺、流石に趣きがありました。
 庭は砂が盛られ、真っ直ぐに畝?が立てられていました。渦を描いたりするのはときどき見かけますが、こういうシンプルなものは初めて見ました。
 
 
ハンミョウ(緑色個体 ハンミョウ科 2013/4/27撮影)
ハンミョウ緑色個体
 目の前の石畳にハンミョウがいたのでカメラを構えると、後ろからオジサンがノッシノッシと歩いてきて逃げられました。
 オジサン頼むよ~~~と心の中で言いながら、遠くの砂の中に逃げたのを今季お初の証拠写真で撮影しました。

 拡大してよく見るとどこかは分からないが何かおかしいので、ハンミョウの仲間かと調べていると、異常種!ナヌ!でした。^^;
 普通種はこちらのとおりカラフル(ドギツイ?)で、背中の横筋と首回りを中心にオレンジ色ですが、この個体は緑色で渋めです。
 こんなことと知っていたなら、庭に入らないにしてもシャカリキに追いかけるのだったと悔やむことしきりです。(^^ゞ


 ところでハンミョウは、ナミハンミョウと呼ばれることがあります。アゲハをナミアゲハ、ヒカゲチョウをナミヒカゲとする向きもありますが、並みの人間と言われて嬉しいハズはありません。
 人間様の不遜さが表れたものと、どうしてもなじめません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 花見  社寺  昆虫(蝶以外)  異常型 

おのぼりさん

 
 ご無沙汰でした。


 家内の企画、私の手配で、こんなところにお出かけでした。
 
 
DSCN4368.jpg
 
DSCN4375.jpg
 さて、どこでしょう。
 
DSCN4403.jpg
 こちらは、はとバスで日帰りです。
 
DSCN4421.jpg
 
DSCN4426-2.jpg
 まぁ、分かりますよね。^O^
 
スカイツリー
 強風で、当日券は発売中止でした。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺 

国宝2城

 
 朝方は7℃、最高気温は12℃にしかならず、陽射しはありましたが強い西風で雨もぱらつき、陽が陰ると外にはいられないような一日でした。


 実家の香川県で兄貴夫婦と同居している90歳を過ぎた父親が、一昨昨日神戸に用事のあった兄貴夫婦と出てきて、3日ほど一緒していました。
 
 
姫路城(2012/11/11撮影)
姫路城 「天空の白鷺」
姫路城 「天空の白鷺」
 大天守を修理中ですが、その見学施設「天空の白鷺」に登りました。
 この日は本降りで歩きにくい日、コンデジでの外観写真もブレているように見えます。(^^ゞ
 
 
永源寺(2012/11/12撮影)
永源寺(滋賀県)
 紅葉の名所、盛りの時期でした。
 
 
金剛輪寺(2012/11/12撮影)
金剛輪寺(滋賀県)
 湖東三山の一つで紅葉の名所、ここでも三重塔を修理中でしたが見学施設はオープンしておらず、途中までしか見られませんでした。
 
 
彦根城(2012/11/13撮影)
彦根城(滋賀県)
彦根城(滋賀県)
 父親は2回ほど来たことがあるそうなので無理だと言うかと思ったら、天守閣の急階段も手すりにしがみつきながら登りました。家内ともども驚きましたが、当の本人はケロッとしていました。^^;
 下は玄宮園(庭園)からの景色です。

 国宝の城は犬山城、松本城と合わせて4つだそうです。



[本日のキタキチョウ]
 
キタキチョウ #1(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科 7:16)
キタキチョウ #1 ♂
 3日間確認ができませんでしたが、1頭だけ確認しました。見つからないとおっしゃる方もいらっしゃいますので、図示しておきました。^O^
 崖を一通り探しましたが、#2(♀)は引っ越ししたようです。
 
(14:38)
キタキチョウ #1 ♂
 触角を前翅に格納し、すっかり越冬態勢です。個体識別したところ、#1と思われます。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 社寺     

野鳥?


 最高気温は相変わらず5℃を切っています。ホントに寒い冬ですね。
 明日の朝は、今季一番の寒さになりそうです。

 こんな寒い中、来月には満90歳になる親父が三社参りに出てきました。足も弱って杖を片手ですが、元気なものです。
 橿原神宮、大神(おおみわ:三輪山)神社に続いて、三社目で落ち合いました。
 
石上(いそのかみ)神宮 楼門
石上神宮
 元は鐘楼門として上層に鐘が吊るされていたのですが、神仏分離令により取り外され、売却されたそうです。
 そういえば、神社には鐘はありませんね。
 後方が本殿です。
 
東天紅(高知県産・天然記念物)
ニワトリ
ニワトリ
 境内には、烏骨鶏、レグホン!など30羽ほどが放し飼い状態、樹上ではみなさん半睡状態で、下で騒いでいてもピクリともしません。
 このヒトたちも、越冬しているのでしょうか。(^^ゞ

タグ: 社寺  その他生き物 

雲辺寺(うんぺんじ)


 昨日一昨日、私の実家(讃岐)に帰省、父親連れで、四国八十八箇所第66番の巨鼈山(きょごうざん)雲辺寺にお参りしました。
 
雲辺寺ロープウェイ(2011/7/14撮影)
雲辺寺ロープウェイ
 雲辺寺は、標高927mの雲辺寺山頂上920mにあり、八十八箇所中一番高い所にある札所です。
 陽射しの強い日でしたが、日陰では流石に涼しく感じました。
 このロープウェイは、全長2594m・高低差657mだそうです。
 
五百羅漢
雲辺寺-五百羅漢
 ユーモアにあふれたお顔でした。
 父親は足元が少し不安なので、写真はそっちのけでした。
 
雲辺寺ロープウェイ
雲辺寺ロープウェイ
 帰りはこんな状態です。
 1時間20分の時間差ですが、山の天気は変わりやすいものですね。
 
テングチョウ(テングチョウ科)
テングチョウ
 高山のチョウは、ほとんど見かけませんでした。探しにも追いかけもできませんでしたが・・・(^^ゞ
 テングチョウは結構見かけましたが、撮影させてくれたのはこんな状態です。^^;
 
琴弾公園-銭形
琴弾公園-銭形
 寛永通寶の砂絵です。(^^ゞ
 春秋の年2回、ボランティアにより整備するそうですが、ろくに影もない状態では、文字も読みにくいですね。
 
伊吹島
伊吹島
 観音寺市沖の島ですが、通称イリコ島、だしジャコの産地です。
 家内は、イリコが買えて満足そうでした。

 たまにはと、故郷の観光案内をしてみました。

タグ: 社寺  自然・季節   

節分恒例


 節分の今日、朝方は-4℃と冷え込みましたが、一日陽射しがあって風もほとんどなく、立春を待たず、春だと教えてくれました。
 コートとマフラーでは、暑いくらいでした。

 昨年の成果に味をしめ、伏見稲荷にお出かけです。
 
伏見稲荷楼門
 こんな空でした。(^^ゞ
 伏見稲荷大社の楼門も、青空に映えて、一段と鮮やかです。
 
ドバト
 三方を高い樹に囲まれた空を、鳥の群れが何度も行きかいます。ドバトかなと思いながら、目視では確認できません。
 写真で見ると、やはりドバト(ハト科)でした。(^^ゞ
 
豆まき
 で目的の豆まきです。
 昨年は拾い過ぎたと家内の弁、あちこちに福のお裾分けをしたようですが、私は食した記憶がありません。だから幸薄かったのでしょうか。^^;
 今回は撮影に専念するからと、豆ひろいは家内にまかせました。
豆まき
 ナイスピッチ!

 専念しても、なかなか満足できる写真は撮れませんね。

 で結果は・・・家内は一つも拾えなかったようです。
 去年より人が多かったのだからとなぐさめましたが、その日は最後までブツブツ言っていました。^O^

タグ: 自然・季節  社寺  野鳥