台風見舞い

 
 昨夜来の強い雨は、20:00から今日の08:00までの12時間で180mmに達し、最大時間雨量は05:00-06:00の38mmになりました。
 忘れっぽくなっている私の記憶では、こんな雨の量は知りません。

 皆様には、何かとご心配いただきましてありがとうございました。
 
 
崖崩れ
崖崩れ
 東の畑の高さ5~6mほどの崖の一部が崩れました。
 崖上は里道で、この間イノシシがヤマノイモ(だろうと思う。)をあさって、大きな穴を何か所もあけています。
 この道の奥(写真右側)は我が家周辺でのチョウのポイントの一つで、歩きにくくなって困っていました。チョウのポイントすなわちスズメバチのポイントですから、逃げる時も足をとられると最近はパトロールルートから外していましたが、とうとうこんなことになってしまいました。

 崩土を放置しておいても当面支障がなく、更に崩れてくる恐れもあるので、土が乾いてから除去するつもりです。
 自宅の裏側の崖にも同様の危険がありますが、何もなくてホッとしています。


 12:55に避難勧告が解除され、午後に落ち葉をかきあつめていると、こんなものが紛れていました。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 箒で掃きだしてしまいましたが、軒下にでも避難していたのでしょうか。
 苦労してきたのか、かなりスレています。


 崖崩れのあった東の畑では、チョウがたくさん翔んでいました。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♀
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 撮影時には後翅が長く見え、まだお目にかかったことのないオナガアゲハだと色めきましたが、残念ながらクロアゲハでした。前翅裏に黒い帯が見えますが、破れて欠けています。ほかにも傷んだ部分があり、そのため後翅が長く見えたようです。
 
 
キマダラセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
キマダラセセリ
 オミナエシで吸蜜中です。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 かなり傷んでいますが、♂はこの秋初めてでしょうか。ヒョウモンチョウ族の走りであれば嬉しいのですが。


 ほかにアゲハが数頭、アカタテハなどを見かけました。一斉に出てきた感がありますが、雨続きでお腹を空かしていたのでしょうね。
 
 
スズキハラボソツリアブ(上:♀・下:♂ ツリアブ科)
スズキハラボソツリアブ交尾
 こんなものもカップルで出てきました。オミナエシで吸蜜しているのは♀だけでした。(^^ゞ


 東の畑でウロウロしてたのはちょっとの間でしたが、ヤブカに何刺しも見舞われましたよ。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  地域    草花  昆虫(蝶以外)  交尾 

マーケティング(第4回南山城村フォトコンテスト)

 
 7月27日「京・村まつり」が開催され、その会場で第4回南山城村フォトコンテストの応募作品が展示されました。
 
 
第4回南山城村フォトコンテスト展示
第4回南山城村フォトコンテスト
 風景部門と生き物部門があり、私は生き物部門に3点を応募しました。生き物部門は#35までありましたので、応募作品は35点だったようです。
 
 
応募作品
応募作品
 審査は、これまで審査員により行われていましたが、今回から来場者の投票による方法に改められました。


 残念ながら、4回連続の入賞はできませんでした。
 審査方法の変更はあらかじめ承知していましたが、マーケティングの失敗ではなく、私が出したいもの、見て欲しいものを応募し、その結果ですから後悔はありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    昆虫(蝶以外)  フォトコンテスト 

春めく

 
 陽射しさんさん、春風そよそよ、最高気温は15℃に達し、過ごしやすい一日でした。


 こんな日は、成虫で越冬しているチョウも顔を見せるのではないかと、裏の畑などを歩き回りました。

 東の畑で、目の前を何かが過ぎりました。
 
テングチョウ ♀
 どこにいるでしょう。(^^ゞ
 ファインダーをのぞいても、なかなか見つかりませんでした。この段階では、エッ!ムラサキシジミ?状態でしたが、何はともあれ証拠写真です。
 
テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♀
 ここです、ここ!^O^
 越冬(明け?)テングチョウは、昨年は4/24、一昨年は5/14が初見なので、ずい分早くなっています。見つけられなかった越冬場所探しのごほうびでしょうか。
 
テングチョウ ♀
 表翅だけでなく前翅裏も見せてくれません。後翅からはみ出た前翅部分の明るい点は、白斑の部分が薄いため、逆光に透けているのではないかと思います。
 翔ぶスピードが速いので、逃げた方向さえ見分けられませんでした。
 
 
キタキチョウ #8(11:59)
キタキチョウ #8
 こちらも、久しぶりに触角を立て気味です。翔び立つ時期はまだ早いと思いながらも、何度か見回りました。
 
(15:29)
キタキチョウ #8
 お昼より一歩?表側に出てきて、日向ぼっこのようです。触角は、先端を残して格納しています。
 
 
ハナアブ(ハナアブ科)
ハナアブ
 陽気に誘われてか、ハコベで吸蜜中です。
 ごくごく小さいアブは真冬でも見かけましたが、この大きさのものは今季お初です。別種のアブもオオイヌノフグリで吸蜜していましたが、チョウほどシャカリキに追いかけないので写真はありません。(^^ゞ
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科 11:39)
フクジュソウ
 
(13:31)
フクジュソウ
 6芽になっていました。葉も展開しかけています。
 上と下は、撮影方向が180°逆です。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 雨樋を設置して、工事はほぼ完了です。足場は週明けに撤去するようです。

 ネタに使った工事が終わればチョウが顔を見せる、世の中捨てたものじゃないですね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  昆虫(蝶以外)  草花  地域 

工事日誌(4回目)

 
 朝方は-2℃、最高は6℃、陽射しはあっても曇りがちで風が冷たく、やはり寒いですね。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 まだスレートを敷き終えていません。
 ↓のクイズはサービスし過ぎのようで、ご覧のとおり下屋根の天窓をなくしました。北側の部屋で明かりとりにはよかったのですが、20年以上経過すると結露するようになって、晴れた日でも雨漏り?します。
 上屋根の天窓も同様ですが、下は階段で明かりが欠かせないので、少しのしずくは辛抱です。
 
 
キタキチョウ #8(16:26)
キタキチョウ #8
 4本脚、触角格納状態です。
 3月は暖かくなるそうなので、パトロールを強化する予定です。
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科 2013/2/24撮影)
フクジュソウ
 もう開いたと言ってもいいのでしょうか?先日の写真のうち一番右側の芽で、ほかにも花弁がのぞいて先が黄色くなっているものがあります。ただ、相変わらず5芽のまま、土を追加してかけた際、少しずれていたようです。^^;
 
 
フキ(キク科)
蕗の薹
 一応蕗の薹です。撮影しようと思ったら、手ごろなのは家内が収穫してしまっていました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    蝶(越冬)  草花 

工事日誌

 
 今日も最高は6℃、風が強く、時おり雪が舞い、とても戸外には長くいられません。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 それでも作業は進みます。
 毎度同じような写真ですが、これが3回目です。キタキチョウの観察日記が、工事日誌に化けてしまいました。(^^ゞ
 防水シートを張り終え、スレートが置かれています。滑り落ちないかと心配ですが、プロのやることですから、まぁ大丈夫なんでしょう。

 さて、ここでクイズです。構造の変更がありますが、それは何でしょう。サービス問題のつもり、早い者勝ちです。^O^
 次回の記事に解答を載せますね。

 ↓の写真では、2階の赤い屋根が波打ったようになっていますが、ファイル容量を小さくしてリサイズするため解像度を落としたところ、このようになってしまいました。
 今回は、WINDOWS付属のペイントを使ってみましたが、このとおり、ファイル容量もそう大きくなく案外優秀です。
 
 
キタキチョウ #8(16:40)
キタキチョウ #8
 本日は夕方の写真です。変わりありません。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    蝶(越冬) 

寒さ続き

 
 ここ数日寒い日が続き、雨や雪などでパトロールも滞っていました。
 
 
瓦の葺替え
葺替え
 こちらの作業も、4日振りに再開です。
 2階が終わり、1階の屋根のスレートをはがしています。薄暗くなるまで作業していましたが、ベニヤの上に防水シートをかぶせて、本日は終了のようです。
 
 
キタキチョウ #8(10:00)
キタキチョウ #8
 屋根の葺替えもせず、同じ葉裏でがんばっています。雨や雪にも大丈夫だったようです。
 右後翅には、破れや傷みが見えます。風に飛ばされた際、傷んだのでしょうか。↓で気づいてはいたのですが、書き落としました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  地域 

チョウは翔ばず

 
 久しぶりに10℃を越え、陽射しもたっぷりだったので、裏の畑をキョロキョロしてみました。

 越冬組のタテハチョウはかけらもなく、飛んでたのは小さな虫ばかり・・・
 
 
キタキチョウ #8(13:52)
キタキチョウ #8
 この方も陽射しを浴びてましたが・・・
 100mmマクロに換装して、クローズアップを撮影しました。やはりこんな日は4本脚でしたが、触角は格納したままでした。


 代わりにこんなものを見かけました。(^^ゞ
 
瓦の葺替え
葺替え
葺替え
 2階の屋根から作業を開始し、スレートをはがし、ベニヤを張ったうえに防水シートをかぶせています。
 スレートは瓦程度の大きさかと思っていましたが、横90cm余り、縦の広いところで約42cmと大きいことに驚きました。

 ほぼ2月一杯かかるそうで、周りの鳥たちを全く見かけなくなってしまいました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬)  地域 

第3回南山城村フォトコンテスト

 
 3日続きの猛暑日かと思ったら、お昼前後に曇り始め、午後3時には雷鳴、夕方に雨が降り始め空気がしっとりしてきました。


 毎年応募しているフォトコンテストの結果が、昨日発表されました。
 今年のコンテストは、前2回の生き物部門だけででなく、風景部門が追加されましたが、風景を上手に撮影したためしがなく、生き物部門のみに応募しました。
 
フォトコンテスト結果
コンテスト
コンテスト
 手前が風景部門(38点)、奥が生き物部門(52点)です。
 応募点数は部門ごとに一人3点以内のため、応募作の選択にかなり苦労し、締切ギリギリに応募しました。


[応募作]
 
(No.1)「成虫で越冬するキタキチョウ」
応募作01
 
(No.2)「ヒメウラナミジャノメの交尾」
応募作02
 
(No.3 入賞)「シンクロ(オオウラギンスジヒョウモン)」
応募作03
 
 水滴コロコロ写真など写真としてはもう少しよいものもありましたが、私の応募方針は被写体の状況にウエイトを置いたものとしました。
 審査員メンバーにはチョウに詳しい方はいらっしゃらないので、入賞を第一目的とするのであれば、写真としての出来を考えた方がいいようです。

 そうはいいながら、No.3は天の声で応募作に入れたもので、これが入賞したのは複雑な気持ちです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域  カメラ  フォトコンテスト 

春分

 
 朝方は-2℃、花壇の花々はペシャンコ、軒下のパンジー・ビオラもうっすらと霜をかぶっていました。
 暑さ寒さも彼岸までじゃないのと思っていると、陽射しは春のものになりました。ただ風は冷たく、12℃にしかなりませんでした。

 残っている2頭のキタキチョウ(No.3・No.7)は、このくらいの温度ではと思っているのか、動く気配もありませんでした。夜、気温は急降下、明朝も霜になりそうな気配で、君たち分かってるねと言ってあげたくなりました。


 午後、家内に誘われて、先日(と言っても、もう一月以上前になるのですね。)行った岩倉峡に歩きに出かけました。
 
木津川(岩倉峡の吊り橋から撮影)
岩倉峡
 先日と違ったコースをとって林の中を歩くと、風もさえぎられてポカポカ陽気、暑いくらいでした。

 木々で鳥はさえずっていましたが、どのヒトもモデルになってくれません。鵜の目鷹の目で探したチョウも翔んでませんでしたので、今日は散歩と割り切りました。
 一回りして8,000歩を超えそろそろ帰ろうと思っていた頃、目の隅を黒いものが横切りました。
 
ルリタテハ(タテハチョウ科)
ルリタテハ
 離れたところに数秒とまっただけの証拠写真です。^^;
 この時期ですから、やはり越冬個体のようですね。


 午前中、我が家裏の畑で見かけたのは、おなじみさん。
 
キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハ
 収穫の際拾いもらしたユズにとまっていました。
 初お目見えの個体よりスレが少な目なので別個体のようですが、比較するつもりはありません。YODA識別法により♂♀も判別できるそうですが、やめときます。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 地域    蝶(越冬) 

ぶーらぶら ♪


 気温がぐっと下がるとの予報に、玄関先の鉢を取り込みましたが、0℃とそう寒くなりませんでした。
 しかし日中は5℃に届かず、冷たい風が吹いていました。

 今冬、我が家周辺には鳥の訪れが極端に少ないため、寒風をついて探鳥を試みました。
 
JA02KB(ヘリ科)
JA02KB
 こんな空でした。(^^ゞ
 青空に赤が映えていました。神戸市航空機動隊のヘリだそうです。

 鳥も越冬蝶も見かけません。見つけたのは、
 
ハチの巣
ハチの巣
ハチの巣
 小学校裏のヒカゲチョウのポイントで、シイ?の木に2個くっついていました。
 ここではスズメバチによく出会いましたが、スズメバチの巣は見つかりません。アシナガバチの巣のようです。
 
ヤマフジ(マメ科)
ヤマフジ
 谷あいの段々畑沿いを流れている溝川を隔てた藪にありました。長さは15~20cm、風があるので揺れていました。(^^ゞ
 この写真を見た家内が、活花用に採りに行きたいと言い出しました。山の中なりに、その環境に見合った材料を使いたいようです。

タグ: 昆虫(蝶以外)  花木  地域