もう夏?(新生蝶 2017-No.15)

 
 朝方は15℃と高く始まり、最高気温は今季最高の27℃、二度目の夏日で暑く感じました。



 まずは、一昨昨日に見たお初くんです。
 
サトキマダラヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2017/5/2)
サトキマダラヒカゲ
 裏の畑を歩いていると、どこかから翔び出して、フキの葉上にとまりました。
 すぐ逃げられたので、獣糞で吸汁していたのかもしれないと糞を探しましたが、いつもならパト中に避けてヨロヨロ歩かなくてはならないのに、いざ探すとなるとさっぱり見つかりませんでした。(^^ゞ

 1~2日後には何頭か羽化するだろうからと掲載を先延ばしにしてると、3日が過ぎてしまいました。

 サトキマダラヒカゲは、2016/5/1、2015/5/10、2014/5/13、2013/5/15、2012/5/19、2011/5/20がそれぞれお初で、出現時期はこれまでで一番早かった昨季より1日遅れになりました。




 本日は暖かい朝だったので、朝ドラ前にパトロールしてみました。
 
ヤマトシジミ(交尾 上:♀・下:♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ交尾
 裏の畑でワラビにぶら下がっていました。
(左:♂・右:♀)
ヤマトシジミ交尾
 極めて敏感であちこち翔ばれ、枯れかけた葉上ではホソハリカメムシ(かな?)が羨ましそうに見つめていました。
 交尾飛翔形式は←♀+♂でした。


 パトロールの収穫はこの程度で、以降は暑さに負けての庭の花壇に誰か来ないかなスタンスでした。
 
ベニシジミ(夏型? シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 デッキ前の花壇のアルメリアで吸蜜していました。背景はタイムです。
 前翅表外縁の黒帯の幅が広いので、えっ!もう夏型と思って追いかけましたが、なかなか開翅してくれませんでした。
 
(左:夏型?・右:春型)
ベニシジミ
 南側の花壇のクリサンセマム・ノースポールでの2ショットです。
 左側の個体が右側の個体にアタックしていたこともあったので、左側が夏型の♂、右側が春型の♀と思いましたが、定かではありません。

 ベニシジミの夏型はこれまで6月以降に撮影しており、その頃になってそやそや夏型の季節やなと撮影する程度でしたから、出現時期がいつ頃かの信頼できる記録はありません。
 
 
ツバメシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ツバメシジミ
 この方も暑かったのか、デッキ前の花壇の濡れた土の部分で、移動しながらしきりに吸水していました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   交尾  吸水 

目が△(ヒカゲランド 2016-02)

 
 朝方は19℃、最高気温は22℃と気温がほとんど上がらない一日でした。ただ、午後9時の今は17℃、気温が一番下がった頃でしょうか。
 お昼前から梅雨らしいしとしと雨、やみ間はありましたが明朝まで続くようです。



 昨日は用事ついでに久しぶりにヒカゲランドを見回ってきました。
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/6/6)
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
 何やメスグロヒョウモンかぁ、うちでもう見たでぇ、と思っていて、目が三角になりました。

 ヒョウモンは翅の表、裏どちらでも識別できますが、翅表の場合は性標(翅脈が太くなっている。)と斑紋で判断します。
 メスグロヒョウモンの場合青線で図示したように性標は3本ですが、フィールドで指を折って1,2,3と数える余裕はありません。したがって、前翅左右の赤丸で図示したハの字の斑紋があれば間違いないと確認しています。

 この個体の場合斑紋が黒三角になっていてとてもハとは読めず、アンタ誰やでした。過去記事を調べても大抵は線状で中に若干メタボ気味のものもありますが、こんな三角形のものは初めてです。
 斑紋異常と言うほどのものでなく個体差の範疇かとは思いますが、こんなものもあるんだと驚きました。
 
 
ヒオドシチョウ(♂? タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/6/6)
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
 砂留(なんて言うとあの方に叱られそう。人造池の囲い。)で吸水中でした。翅を開閉するので、閉じると遠目ではどこにいるのか分かりません。
 ピカピカで今季の新生だと思われますが、我が家周辺では今のところ越冬個体しか見かけていません。
 
ヒオドシチョウ
 逃げられて翅裏も見せてくれました。
 よほど喉が渇いていたのか、まだ吸水を続けていました。

 翅裏の紋様から♂と思われますが確信はなく、アゲハの仲間で吸水するのは全て♂(例外があるかどうか知りません。)ということがヒオドシチョウにも通用するかどうかについても知識がありません。
 
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/6/6)
ルリタテハ夏型
 とりあえず証拠写真、翅を開閉していたので回り込もうとしたら逃げられました。
 我が家周辺では今季秋型(越冬個体)を見かけていないので、何とか夏型を見たいものです。


 ヒカゲランドで開店中の樹液酒場は2店、お昼過ぎだったためか蝶影は薄く、ほかにはサトキマダラヒカゲ2個体、ヒカゲチョウ1個体を見かけただけでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   吸水  ヒカゲランド