目が△(ヒカゲランド 2016-02)

 
 朝方は19℃、最高気温は22℃と気温がほとんど上がらない一日でした。ただ、午後9時の今は17℃、気温が一番下がった頃でしょうか。
 お昼前から梅雨らしいしとしと雨、やみ間はありましたが明朝まで続くようです。



 昨日は用事ついでに久しぶりにヒカゲランドを見回ってきました。
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/6/6)
メスグロヒョウモン ♂
メスグロヒョウモン ♂
 何やメスグロヒョウモンかぁ、うちでもう見たでぇ、と思っていて、目が三角になりました。

 ヒョウモンは翅の表、裏どちらでも識別できますが、翅表の場合は性標(翅脈が太くなっている。)と斑紋で判断します。
 メスグロヒョウモンの場合青線で図示したように性標は3本ですが、フィールドで指を折って1,2,3と数える余裕はありません。したがって、前翅左右の赤丸で図示したハの字の斑紋があれば間違いないと確認しています。

 この個体の場合斑紋が黒三角になっていてとてもハとは読めず、アンタ誰やでした。過去記事を調べても大抵は線状で中に若干メタボ気味のものもありますが、こんな三角形のものは初めてです。
 斑紋異常と言うほどのものでなく個体差の範疇かとは思いますが、こんなものもあるんだと驚きました。
 
 
ヒオドシチョウ(♂? タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/6/6)
ヒオドシチョウ
ヒオドシチョウ
 砂留(なんて言うとあの方に叱られそう。人造池の囲い。)で吸水中でした。翅を開閉するので、閉じると遠目ではどこにいるのか分かりません。
 ピカピカで今季の新生だと思われますが、我が家周辺では今のところ越冬個体しか見かけていません。
 
ヒオドシチョウ
 逃げられて翅裏も見せてくれました。
 よほど喉が渇いていたのか、まだ吸水を続けていました。

 翅裏の紋様から♂と思われますが確信はなく、アゲハの仲間で吸水するのは全て♂(例外があるかどうか知りません。)ということがヒオドシチョウにも通用するかどうかについても知識がありません。
 
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/6/6)
ルリタテハ夏型
 とりあえず証拠写真、翅を開閉していたので回り込もうとしたら逃げられました。
 我が家周辺では今季秋型(越冬個体)を見かけていないので、何とか夏型を見たいものです。


 ヒカゲランドで開店中の樹液酒場は2店、お昼過ぎだったためか蝶影は薄く、ほかにはサトキマダラヒカゲ2個体、ヒカゲチョウ1個体を見かけただけでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   吸水  ヒカゲランド