チャマダラ型セセリの吸い戻し行動(新生蝶 2017-No.22-23)

 
 ヒンヤリした朝は10℃、午前中は薄曇りでも陽射しが多かったのですが、午後には曇り空に変わり、最高気温は22℃どまりでした。
 
 
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ
クロアゲハ
 お隣の裏の崖のツツジでは毎季黒系アゲハを見かけていて、勝手に入る訳にもいきませんから崖上の元畑から撮影しています。
 今季お初のクロアゲハが吸蜜に来ていましたが、見えない側で吸蜜することが多くどうしても飛翔狙いになります。
 
クロアゲハ
 通常は隠れている後翅表前縁の白い帯状の性標が見えます。
 
クロアゲハ
 見える場所でやっととまってくれましたが、連写モードなのでピントがもう一つです。(ウデ?)

 クロアゲハの出現時期は黒系アゲハの中でも早い部類なのですが、今季はこれまでで一番遅くなりました。
 
 
コチャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ
コチャバネセセリ
 お昼過ぎに再度黒系アゲハ待ちをしていて、元畑の法面のツツジで見かけました。

 コチャバネセセリの出現時期は、2013を除き4月下旬から5月中旬ですが、その中では一番遅くなりました。


[2017 新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
月日 順月日 順月日 順月日 順月日 順
モンキチョウ 3/22 1 4/6 6 4/24 3/28 3/25
ルリシジミ 3/23 2 3/21 3 3/20 3/28 3/17
モンシロチョウ 3/23 2 3/8 1 3/20 3/16 3/16
ベニシジミ 4/2 4 3/17 2 4/15 3/25 3/16
アゲハ 4/9 5 4/9 7 4/16 3/29 3/30
ツマキチョウ 4/13 6 4/9 7 4/17 4/10 4/2
ツバメシジミ 4/16 7 4/9 7 4/24 4/12 10 4/1
ヒメウラナミジ
ャノメ
 4/16 7 4/10 10 4/24 4/26 12 4/15 10
ヤマトシジミ 4/18 9 4/4 4 4/26 12 4/9 4/10
ミヤマセセリ 4/18 9     3/31 5/8 13
スジグロシロチ
ョウ
 4/18 9 4/20 12 4/25 11 4/27 13 4/15 10
トラフシジミ 4/22 12 4/12 11 4/12 4/14 11 4/16 12
キアゲハ 4/24 13 4/20 12 5/6 16 5/6 15 6/9 16
コツバメ 4/27 14 4/5 5 3/22 4/3 3/19
アオスジアゲハ 5/12 15 4/30 16 5/4 14 5/7 17 5/8 13
ツマグロヒョウ
モン
 5/14 16 4/20 12 5/4 14 5/11 17 5/13 14
クロアゲハ 5/16 17 4/26 15 5/5 15 5/6 15 5/13 14
コチャバネセセ
 5/16 17 5/12 17 4/26 12 4/27 13 6/27 17
※ 我が家周辺で2011年からの各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日
 順で5箇年分を整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は昨季の初見日順です。
  ただし、初見が5月以降の場合、この18種内での相対的順位を表示していること
 があります。


 2011年以降のいずれかの4月末までに見かけたことのある新生蝶18種は、本日でめでたく?コンプしました。
 昨季、一昨季はミヤマセセリを見られなかったのですが、今季は総じてチョウの出現時期が遅かったとはいうもののコンプできたのは3年ぶりです。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ
 玄関先の通路の多分カラスの糞で、ダイミョウセセリが吸汁していました。

 翅表を見ると関東型に近い個体ですが、地域型の関係で、ここ3日連続して見かけているダイミョウセセリをまとめて掲載する予定でした。
 この個体もその際再掲する予定ですが、本日ばかりはすぐ記事にする必要が生じました。
 
ダイミョウセセリ
 デッキの上の糞に移動したので状況がよく見えるようになり、腹ばいになって腹端の撮影に執心しました。

 流石にオシッコしているかどうか見えませんが、腹端を曲げていて、その部分辺りから前方が濡れている上、口吻が濡れた場所に届いていることから吸い戻しを行っていることは確かなようです。

 吸い戻しとは、乾燥した糞を腹端を曲げて排泄した水分(要はオシッコ)で溶かし、吸汁しやすくして吸うもので、イチモンジセセリなど黒三角型のセセリチョウではしばしば見かけるのですが、チャマダラ型のセセリチョウでは初めてです。

 とまっている時のチャマダラ型のセセリチョウは通常開翅しているため、腹端などの撮影が難しいので、こんな写真は私が初めてではないかとの助平心がもたげてきました。

 ですが、こっそりではあるけれどよくお世話になっている輝(かがやき)さんの「大阪市とその周辺の蝶」に「ダイミョウセセリの吸い戻し」としてバッチリ掲載されていて、ギャフンと言わされました。

 何でもご存知の方はいらっしゃるものですねぇ。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   吸い戻し 

これが(新生蝶(2016-No.35))

 
 朝方は16℃、今頃にしてはヒンヤリ目でした。
 朝のうちは陽射しが強かったのですが、午後には雲が広がり、夕方には雨になりました。最高気温は28℃でした。
 
 
 
ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)
ウマノスズクサ
 ジャコウアゲハ御用達に植えた鉢植えのウマノスズクサが開花しました。信州からの到来苗です。
 花は期待していなかったのですが、それ以上にえっ!これがという感じです。どこがどう馬の鈴か理解できません。そもそもが、馬の鈴なんて見たことがありません。(^^ゞ

 家内が食虫植物みたいといっていましたが、食べはしないものの、ハエが入ってくると花粉を振りかけるまでは一時的に閉じ込めるそうです。
 今季まだジャコウアゲハを見かけていません。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 花壇のブッドレアで吸蜜中です。
 今季お初なのに、何があったのかあわれな姿です。

 オオウラギンスジヒョウモンは、2015/6/13、2014/6/19、2013/6/24、2012/7/6、2011/6/26がそれぞれお初で、昨季が少し早かったことを除けばほぼ例年並みでしょうか。



 ジャノメ・ポイント付近のパトロールでは収穫はなかったのですが、
 
オオチャバネセセリ(吸い戻し セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ 吸い戻し行動
 東の畑のフキの葉上で、鳥の糞でしょうか、吸い戻し行動をとっていました。
 吸い戻しとは、獣糞などが乾燥していると吸汁しにくいため、腹端から排泄した水分(要はオシッコ)で溶かして吸い取ることで、セセリチョウの仲間ではよく見かけます。

 右ペーンのタグ欄の吸い戻しをクリックいただくと、中にはオシッコの水玉が見えるものもありますよ。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   花木  吸い戻し 

指が溶けるぅ

 
 朝方は12℃、午後になって雲が空を覆うようになって、最高気温は22℃でした。



 パトロールしてもお目当てのチョウは現われず、唯一の収穫は、
 
モンキチョウ(産卵 シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:09)
モンキチョウ産卵
モンキチョウ産卵
 裏の畑でカラスノエンドウに産卵していました。



 我が家周辺の樹液酒場は軒を並べて4軒ほどあるのですがまだ営業を始めていないので、村内他地域(ヒカゲランド)の樹液酒場を確認に出かけました。
 そちらもまだだったのであっさり方針転換です。
 
 
ヤゴのなる木
ヤゴ
 ヒカゲランドの四畳半ほどの池の中です。
 当然抜け殻ばかりで、何トンボのものかの知識はありませんが、水面上にシオヤトンボが飛んでいたのでその辺かなと思う程度です。
 中には、樹液酒場予定の木に登って羽化したものも見られました。
 
 
ホソミオツネントンボ(♂ アオイトトンボ科オツネントンボ亜科)
ホソミオツネントンボ ♂
 細身のトンボがいたと思ったら、今季既に見かけた成虫越冬組でした。



 時間はなかったのですが、近隣の継続観察地を回ってみました。
 
 
ニホンカワトンボ(♀ カワトンボ科カワトンボ亜科)
ニホンカワトンボ ♀
 細身の新生トンボではお初です。
 茶色の翅に目が行って、胸部や腹部がこんなに緑がかっているとはこれまで気づきませんでした。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♂
 帰ろうとすると、車近くの地面にとまっていました。今季の初セセリで、我が家周辺ではまだ見かけていません。
 しきりに地面をなめてミネラルを補給しているようでした。
 
コチャバネセセリ ♂
 ピカピカのようだったので、指を差し出してみました。
 
コチャバネセセリ ♂
 指をなめていましたが、乾燥肌だったためか腹端からオシッコをだして吸う吸い戻しを始めました。
 ホントにオシッコをしたかどうかは感じませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵  野草  ヒカゲランド  昆虫(蝶以外)  手乗り  吸い戻し 

やっとれるか

 
 最高気温は24℃、時おり突風が吹きましたが、快適な一日でした。


 庭のベニシジミが端境期を迎えたのかグッと少なくなり、午前中はパトロールしても蝶影をほとんど見かけませんでした。
 一転、午後にはいろいろありました。
 
 
ルリタテハ(夏型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 庭のバーベナで忙しく翅を開閉させながら吸蜜しています。
 今季の初撮ですが、流石に越冬明けだろうなと納得のできるほどヨレヨレです。
 
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
 かなりの時間バーベナで吸蜜していたのですが、ばっかり食に飽きたのか、ヤブデマリ、ビオラ、マーガレットに移動です。

 そうそう、タイトルは、やっとルリかの間違いです。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
テングチョウ  3/12 1  2/28 1  4/24 7  5/14 7
アカタテハ  3/12 1  3/9 4  3/7 2  3/19 2
キタテハ  3/17 3  3/6 2  3/3 1  2/27 1
キタキチョウ  3/17 3  3/7 3  3/29 3  3/31 3
ムラサキシジミ  3/17 3  3/9 4  4/15 5  4/28 4
ウラギンシジミ  3/28 6  8/26 6  6/14 9  6/17 8
ルリタテハ  5/17 7  10/5 8  4/5 4  5/2 5
ヒメアカタテハ     8/27 7  9/6 10  9/5 9
クロコノマチョウ     5/2 5
ヒオドシチョウ     4/17 6
イシガケチョウ     5/5 8
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 ○ ルリタテハは昨季も春先に見かけ、今季も3月の終わりか4月の初めに見かけていますが、相性が悪いのか撮影はずい分遅れています。
 ○ クロコノマチョウは昨季一昨季とも(多分4~5月に)見かけていますが、ルリタテハより更に敏感です。なお、昨季は村内の別の場所で撮影しました。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♂ 吸戻し
コチャバネセセリ ♂ 吸戻し
 例年になく庭でコチャバネセセリをよく見かけるのですが、本日は玄関ポーチで何かを吸い戻ししています。
 この場所の軒でツバメが営巣しており、直下には新聞紙を敷いているのですが、今季のカップルは行儀が悪く、多分ツバメの糞だろうと思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: タテハチョウ科  セセリチョウ科  吸い戻し 

網戸掃除のコツ

 
 雨が降り続き、梅雨寒の一日でした。特に午前中は雨脚が強く、12時間の雨量累計は80mmに達しました。


 雨の中、キアゲハの幼虫を確認すると、5齢(終齢)が2頭、4齢が3頭、3齢が1頭となっていました。


 さて、6月22日のことです。
 
 
オオチャバネセセリ #1(セセリチョウ科セセリチョウ亜科
2013/6/22撮影以下同じ)
オオチャバネセセリ #1
オオチャバネセセリ #1
 オオチャバネセセリは6/19が今季お初でしたが、開翅してくれなかったので再チャレンジしました。
 多分♀だと思います。

 ついでに・・・
 
オオチャバネセセリ #1 手乗り
オオチャバネセセリ #1 手乗り
 案外スッと乗ってくれ、なかなか降りようとしませんでした。
 
 
オオチャバネセセリ #2(吸い戻し)
オオチャバネセセリ #2 吸い戻し
オオチャバネセセリ #2 吸い戻し
 戻ってくると網戸にとまっていました。多分♂だと思います。
 網戸の網目の液体がご覧になれるでしょうか。オシッコをかけて口吻で吸う、吸い戻しをしています。
 網戸を掃除した記憶がないので、積年の汚れがこびりついていて、舐めとれなかったのでしょうか。(^^ゞ
 
オオチャバネセセリ #2 吸い戻し
 オシッコが空中を飛んでいる写真を撮影しようと何度かトライしました。

 左からの連番で、中央が↑の2枚目をトリミングしたものです。この3枚は、EXIFを見るといずれも14:31:38の撮影で、1秒以内でオシッコしてるようです。残念ながら空中のオシッコは撮影できませんでしたが、中央の写真には腹端の水滴が写っています。

 オオチャバネセセリでなくてもこのタイプのセセリチョウはよく吸い戻しを行いますので、大挙して来てもらうと一遍に網戸がキレイになりますね。オシッコ臭くはならないと思いますが、シャワーしておけば完璧です。^O^
 ただ、セセリチョウがビッシリ網戸に取りついたシーンを思い浮かべると、ぞっとしませんね。(^^ゞ

 ついでに・・・(^^ゞ
 
オオチャバネセセリ #2 手乗り
オオチャバネセセリ #2 手乗り
 こちらの個体は余り気乗りがしなかったのか、背景を考えていると翔び立たれました。


 ところで、「フィールドガイド 日本のチョウ」では、オオチャバネセセリは5段階のうちの3つ星になっています。ゼフィルスでも2つ星は多く、3つ星はかなり珍しいということです。
 ところが、最近の我が家では、出会うセセリチョウは皆オオチャバネセセリでまたアンタか状態、シーズンを通じてもイチモンジセセリやチャバネセセリより多いように思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: セセリチョウ科  吸い戻し  網戸掃除 

余禄

 
 朝から本降り、時おり雷鳴の聞こえる一日でした。目を剥くほどの降りにはならず、庭の花も(雑草も)喜んでいました。(^^ゞ


 玄関先のツバメの営巣は、ヘビ、カラスの襲来が一番心配ですが、玄関ポーチ糞を落とし、こびりつくとデッキブラシでこすっても落ちず、汚なくなるのが難点です。新聞紙を敷いて少しでも軽減しようとしていますが、その上に落としてくれるとは限りません。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科 2012/7/18撮影)
コチャバネセセリ
 そこにコチャバネセセリが飛来しました。軒で日陰になりますので、陽が射しこむような時季ならともかくも、夏には滅多に見かけません。
 これは、と期待しました。
 
コチャバネセセリ吸戻し
コチャバネセセリ吸戻し
 ツバメの糞の上に乗り、このような行為を繰り返します。
 ♂ですから産卵する訳がありません。糞にオシッコをかけ、柔らかくして吸汁するので、吸戻しと言われます。

 オシッコの航跡?を何とか撮影したいと苦労しましたが、どうしても見えません。これはウデの問題ではなく、カメラ性能によるものだと確信しています。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: セセリチョウ科  吸い戻し 

フォローアップ(3回目 その1)

 
 久しぶりに2コマ目です。


 5月26日の二人観察会の3回目の事後調査(いずれも一人)に出かけました。
 1回目(6/2)2回目(6/13)とも収穫はいろいろでしたが、今回はお目当てに出会え、らしきものも撮影しました。
 つたない写真ですが、らしきものについてご教示ください。
 
 
オオヒカゲ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
オオヒカゲ ♀
オオヒカゲ ♀
 お目当てにしていたこちらでも、やっと見かけました。
 草陰でぶら下がっていました。自分ながら、よく見つけたものだと感心します。
 ヒカゲランドの個体より大きいように見えました。♀だからでしょうか。
 下のクローズアップ写真にがかかったように見えるのは、風になびく草が写り込んでいるのですが、これをよけようとすると逃げられました。(^^ゞ
 
 
トラフシジミ(夏型 シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)???
トラフシジミ ?
(↑のトリミング)
トラフシジミ ?
(トリミング)
トラフシジミ ?
 らしきものその1です。
 当てにはなりませんが、トラフシジミほどの大きさ、表翅は濃い青色だったような記憶が・・・^^;
 ここまで書いてきて、あれ?トラフシジミの夏型ではと思い当りました。(^^ゞ
 トラフシジミの裏翅の地色は灰色のイメージが強く、先ほどまでは候補にすらあがりませんでしたが、いかがでしょうか?

 見直しにより訂正しました。(2017/8/26追記)
 
 
???
ガ ?
 らしきものその2です。
 長い尾状突起が目立ちますが、触角の先端のとがり方といい、太っ腹?といい、見れば見るほどガに見えますね。(^^ゞ

 お目当てのゼフィルスとは違っても、まぁそれはそれで・・・^O^
 
 
オオチャバネセセリ(交尾 セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ交尾
 セセリチョウ科の交尾シーンは初見です。
 この時は100mmマクロをつけていたので、250mmを取りに車まで戻りました。
オオチャバネセセリ交尾
オオチャバネセセリ交尾
 角度が変わっていました。
 
オオチャバネセセリ?(吸い戻し)
オオチャバネセセリ吸い戻し
 黄色味が強いですが、オオチャバネセセリだろうと思います。
 鳥の糞を吸汁していてオシッコのシーンも見られるかと期待したのですが・・・
 
マガリケムシヒキ(♀ ムシヒキアブ科)
マガリケムシヒキ ♀
 このヒトに襲われ、際どく難を逃れたようです。


 チョウ以外も盛り沢山な成果、それはその2で・・・
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 観察会  タテハチョウ科  シジミチョウ科    セセリチョウ科  交尾  吸い戻し  アブ 

フォローアップ

 
 昨日の午後、1週間前の二人観察会の事後調査に出かけました。風が強く枝も揺れ葉が裏返るほどで、チョウにも撮影にも厳しい状態でした。

 お目当てのチョウは見かけませんでしたが・・・
 
 
ヒメキマダラセセリ(セセリチョウ科 2012/6/2撮影以下同じ)
ヒメキマダラセセリ
(↑のトリミング)
ヒメキマダラセセリ
 葉に落ちた鳥の糞の上で、吸い戻しをしているように見えました。固まった糞の上にオシッコをかけ、柔らかくして吸汁しようとするものですが、風によるブレもあって、残念ながらオシッコまでは写っていません。
 吸汁するかと待ち構えていると、強い風でヒメキマダラセセリも吹き飛ばされてしまいました。(^^ゞ

 なお、見かけた黄色いセセリチョウは、やはりみなヒメキマダラセセリでした。
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 前回見かけなかったチョウは、これだけでした。
 一番まともなのを選びましたが、かなり暗い場所だったため、それでも少しブレています。
 
 
コミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
コミスジ
コミスジ
 前回ロクな写真が撮影できなかったため、リトライしました。我が家周辺では何度か見かけているのですが、それも証拠写真以下です。^^;
 
 
キンモンガ(アゲハモドキガ科)
キンモンガ
 おまけです。前回は撮影しませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: セセリチョウ科  吸い戻し  タテハチョウ科