寝相三題、アカシジミ産卵スリスリ

 
 朝方は17℃、一日陽射しがあり最高気温は26℃、久しぶりの夏日となりました。
 風が強く、洗濯物がよく乾きました。




 さて、寝相の件ですが、
 
 
モンシロチョウ(夏型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科 7:18)
モンシロチョウ夏型 ♂
 昨日のお昼前から雨が降り出しましたが、庭のコクタンで吸蜜していたモンシロチョウが狼狽してロウバイの葉裏で雨宿り、ここで夜を過ごしたようです。
 
 
テングチョウ(タテハチョウ科テングチョウ亜科 8:01)
テングチョウ
 ロウバイの隣のアセビでしどけない格好をしています。背景の木がコクタンです。
 昨夜からかどうかは確認できていません。
 
 
ウラナミシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 17:09)
ウラナミシジミ
 今夕、花壇のブッドレアで見かけました。この後、前翅を後翅の間に更に格納しておねむ態勢です。
 暗くなってもこのままだったので、今夜の寝室はここのようです。

 それにしても寝相は三者三様ですね。


 ところで、このブッドレアは昨季挿し木苗4色2組いただいて3色をポットから地植えしたものですが、どんどん大きくなってもう私の背丈ほどになっています。こんなに大きくなるとは思わず、早く芯止めするのだったと後悔しきりです。
 もう1組はポットから鉢上げしたのですが、こちらはほとんど成長せず、5月に入ってから裏の畑に地植えしました。生長具合の余りの違いに驚くばかりです。

 一方、同時にいただいたウマノスズクサ3ポットのうち、鉢上げした2株はそれなりに生長していますが、花壇に地植えした1株はさっぱり大きくなりません。

 この逆の現象ともいうべきものは、どういうことでしょうね。首を傾げるばかりです。(以上業務連絡)(^^ゞ



 ムラシ・ポイントでは、
 
 
アカシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
20160608-akashi-11.jpg
 ムラシ・ポイントの我が家の車庫前の続きで見かけました。
 腹端に赤いものが見えますが、初めて見ました。産卵管にしては細すぎるようで、さて何でしょうか。

 同じ写真ですが、腹端のトリミング画像を入れた写真に差し替えました。(2016/6/9追記)
 
アカシジミ(産卵 15:37)
アカシジミ産卵
アカシジミ産卵
 カシ類の葉のつけ根に産卵しています。
 写真が悪いですが、この段階ではなるほど卵です。
 
アカシジミ(15:40)
アカシジミ産卵
アカシジミ産卵
アカシジミ卵
 卵の辺りを腹端で何度もスリスリを繰り返しています。
 スリスリが終わると糸状のもので卵がカバーされ、卵らしくは見えなくなりました。落下防止兼カムフラージュでしょうか。
 卵付近には糸状のものがたくさんついていて、命中精度はかなり低そうです。

 とすると、腹端の赤いものは吐糸のための器官でしょうか。
 
(2016/6/9追加 #1)
アカシジミ
 ↑の15:37の写真の続きです。
 そう思って見ると、先端に糸状のものが残っているように見えます。(^^ゞ
 
(2016/6/9追加 #2)
アカシジミ
 一連の動作を終えた後です。
 こちらも先端に糸くずが・・・(^^ゞ

 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントの進入路沿い一番上側の続きで見かけました。
 開翅を待ってかなり辛抱したのですが、陽が陰っていた場所で叶えてくれませんでした。以前のことを思い出してフラッシュを焚いたのですが、ピクリともしませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   寝相  ゼフ  産卵   

メスグロヒョウモンの産卵とフジバカマ群生地

 
 朝方は17℃、日中の最高気温は22℃、晴れてはいましたが雲が多く、陽射しはそれほど厳しいと感じませんでした。



 待ち人来たらずの日が続いていますので、ヒカゲランドやフジバカマ群生地の様子を見に出かけました。


 まずはヒカゲランドですが、この時期には樹液も出なくなるそうで、ジャノメチョウ亜科だけでなくチョウをほとんど見かけませんでした。
 そりゃ木もそろそろ冬支度の時期、生長も緩慢になったり停止しかけているのですから考えれば分かるハズなのですが、それを聞いた際はへぇでしたよ。
 
 
メスグロヒョウモン(産卵 タテハチョウ科ドクチョウ亜科 12:13)
メスグロヒョウモン産卵
 アンタも樹液を吸うのかい?、もう樹液も出ないハズだけどと思いながら、まぁ一応と撮影しました。
 腰が曲がっていることには気づきませんでした。(^^ゞ
 
(12:14)
メスグロヒョウモン産卵
メスグロヒョウモン産卵
 近くの木に来たので、産卵に気づきました。
 以前、ヒョウモンの仲間が木に産卵することを知らない段階で、たまたまメスグロヒョウモンの産卵シーンを撮影し、産卵しているとのご指摘いただいたにもかかわらず、またまた同じことを繰り返しました。

 メスグロヒョウモンの食草はスミレ科ですから、木に産卵することに違和感があります。越冬態は卵か幼虫ですから遅かれ早かれ降りなければならないのですが、木に産卵するほうが生き延びる確率が高いのでしょうか。

 脚に卵がついていますが、こんなところにも産卵するとは知りませんでした。(^^ゞ
 産卵中に脚を動かすので、たまたま脚についたと思われます。
 腹端を木肌に押しつけるので卵が出ている途中は撮影できませんでしたが、離すと卵が増えていました。
 
(12:15)
メスグロヒョウモン産卵
 少し昇ってまた産卵しています。
 しかし、脚の卵は邪魔ですね。
 
(卵 12:21)
メスグロヒョウモン卵
 何とか凹凸が見えると思いますが、薄暗いこともあって、いろいろやってみても私の機材ではここまでです。
 風はある程度強かったのですが、この木が揺れていたからとの理屈には無理がありますよね。(^^ゞ



 一仕事終えた気持ちにはなりましたが、改めて出かけるとなると億劫にもなりかねないので、フジバカマ群生地に回ってみました。
 
 
フジバカマ(キク科)
フジバカマ
フジバカマ
 耕作放棄田のあちこちに咲いていますが、もう盛りを過ぎています。
 以前はある程度手が入っていたのですが、セイタカアワダチソウだけでなくアシも増えていて先行きが心配です。

 キタテハと多分ミドリヒョウモンの♀を見かけた程度で、やはりアサギマダラの南下時期と開花時期が一致しないのではないかと思われます。
 
 
サワフジバカマ(キク科)
サワフジバカマ
 我が家のものはこれから開花ですから、やはりサワフジバカマのようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵    ヒカゲランド 

冬支度(産卵・越冬)

 
 朝方は15℃と高め、日中の最高気温は19℃でしたが、午後2時前から暗くなって風が急に強くなり、その後は雨模様になりました。
 近畿では木枯らし1号が吹いたそうですが、当地ではそれほど風が強くはありませんでした。吹いてないよと騒ぐ必要もないので、そうしておきますね。^O^



 日中のパトロールは、相変わらず交尾体と越冬態勢に入ったチョウ探しですが、挙動不審者約2名発見。
 
 
モンキチョウ(産卵 シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:40)
モンキチョウ 産卵
 裏の畑のあちこちで、産卵しています。食草はマメ科なので、カラスノエンドウではないかと思われます。
 地面スレスレなので、腹部端までの撮影は苦心します。
 
(産卵・卵 11:40)
モンキチョウ 産卵・卵
 
(↑のトリミング)
モンキチョウ 産卵・卵
 同一個体です。
 腹部端の先に見える米粒状の白いものが卵と思われます。モンキチョウの卵は初見です。
 モンキチョウの越冬態は幼虫ですので、この卵が孵化して冬を越すのでしょうか。
 
 
ヒメアカタテハ(産卵・卵 タテハチョウ科タテハチョウ亜科 12:56)
ヒメアカタテハ 産卵・卵
 
(↑のトリミング)
ヒメアカタテハ 産卵・卵
 裏の畑にいっぱいあるこの草で産卵しています。花でも咲いていれば別ですが、それらしいものに当たってみても分からずじまいです。

 団塊夫婦・山野草に魅せられて」のhitori-shizuka さんから、チチコグサモドキ(キク科)と教えていただきました。いつもいつもありがとうございます。
 ヒメアカタテハの食草としてよく例示されている同属のハハコグサは調べたのですが、チチコグサやチチコグサモドキは名前すら知りませんでした。
 花が咲いているともご指摘いただきました。この花は見たことがありますが、名前も知らない植物では花が咲いていても調べられませんので、前言は「こともある」を追加して読んでくださいね。(^^ゞ(2013/11/6追記)

 ヒメアカタテハの産卵は初見です。ピン甘ですが、腹部端の先に見える緑色のものが卵と思われます。
 ヒメアカタテハの越冬態は成虫または幼虫なので、この卵が孵化し、親とともに冬を越すのでしょうか。

 ヒメアカタテハの越冬態は、最近では不定とされているようです。私の短い観察経験によれば、春先に越冬明けのヨレヨレさんすら見たことがなく、完全に秋のチョウですので、当地では少なくとも成虫で越冬していないのではないかという疑問を持っています。(2013/11/6追記)
 
(産卵・卵 13:14)
ヒメアカタテハ 産卵・卵
 
(↑のトリミング)
ヒメアカタテハ 産卵・卵
 ほかにも挙動不審の個体がいたので、同一個体かどうかは不明です。
 
 
キタキチョウ #1(♀? シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:23)
キタキチョウ #1
キタキチョウ #1
 まだ陽射しのある時間帯に、我が家裏の崖の窪地のシダにぶら下がっています。触角は格納しないままです。崖は南に向いていますが、この場所はほぼ東向きです。
 角度がとれないため間近でガサゴソしましたが目覚める様子はなく、雨の上がった夕方もこのままでした。

 日中、チャの木の脇を通ると、よくキタキチョウが翔び出してきます。危険を感じてのようですが、何もなければそのまま休止しているのではないかと思われます。
 個体差はあっても、越冬態勢に入っている個体もいるようなので、崖はもちろんたくさんあるチャの木もぼつぼつ確認する必要がありますね。気が遠くなりそうです。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵    蝶(越冬) 

コツバメの卵

 
 朝方は8℃、風も弱く、穏やかな一日の始まりでした。
 最高気温は21℃に達しましたが、お昼前から急に風が強くなり、時おり突風が吹くなど、撮影には不向きな日中となりました。


 それでもパトロールするとちらほらとチョウが翔び交っていて、ここ数日のネタ枯れがウソのよう、できれば2コマにしようと考えています。


 まずは、すっかり我が家の家族となったコツバメからです。
 鉢植えのビオラやアリッサムなどアセビ桃花を行ったり来たり、落ち着きのない様子です。
 
 
コツバメ(産卵 シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:36)
コツバメ 産卵
 
(15:25)
コツバメ 産卵
 花の盛りを過ぎた鉢植えのアケビ赤花で産卵です。
 白花、桃花、赤花の全部で産卵してくれましたので、長期計画が1年早まって、来季は表翅の青を我がものとできそうです。(^^ゞ
 
(卵)
コツバメ 卵
コツバメ 卵
 やっと見つけられました。下側の写真では、奥側にもう1個あるようです。私のカメラ(ウデ?)では、これが精一杯です。^^;
 白花や桃花でも探したのですが、花と比べるとその小ささが分かりますね。白花もや桃花も花穂の軸は緑色ですが、赤花は焦げ茶色のため見つけやすかったようです。
 それでも、慣れない三脚をひっぱり出してさぁ撮影となると、どこだったかなぁと改めて探しました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵   

優曇華の花

 
 朝方は5℃、日中は13℃に達し、風もなく、久しぶりに過ごしやすい一日でした。
 もしかするとと畑などをパトロールしましたが、チョウの姿は見かけませんでした。
 
 
クサカゲロウ(卵 クサカゲロウ科)
クサカゲロウ 卵
クサカゲロウ 卵
 玄関ドアの枠に産みつけられていました。写真左は外壁の白タイル、右はガラス、黒い枠の上に白い卵と白い柄、しかも陽光さんさん、どう撮影しても私のウデではこんなものです。^^;

 盲亀の浮木、優曇華の花、ここで会ったが百年目、いざ尋常に勝負、勝負!

の優曇華の花に見立てられますが、3000年に1回しか咲かない花とは別物ですね。^O^
 
 
キタキチョウ #8(♀ 8:49)
キタキチョウ #8 ♀
キタキチョウ #8 ♀
 雨や風にも負けずがんばっていて、私と一緒に年を越すのはどうもこのヒトだけのようです。
 暖かかった今日の昼過ぎでも、じっとしたままでした。


 特に事件のない限り、年内はこれが最後の記事です。

 何かとお教えいただいたり、激励、ツッコミその他もろもろ、本当にありがとうございました。
 よいお年をお迎えください。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 昆虫(蝶以外)    蝶(越冬)   

アゲハ産卵

 
 朝方は23℃、最高気温は30℃まででしたが、昨日は一日雨だったこと、その前に朝夕ずい分涼しくなっていたことなどにより、身体が秋向きに変わってきているのか、厳しい残暑に私も家内もへばり気味です。


 それでもチョウの季節は動いているのか、ご無沙汰の方の姿をボツボツ見かけています。
 それは別途記事で紹介させていただくとして、花の東京のど真ん中 ♪(かどうかは知りません。)で、今季アゲハが少ないと話題になっているようなので、まずはアゲハの話題です。
 
 
アゲハ(♀♀? アゲハチョウ科)
アゲハ
 我が家の庭では、暑い夏中毎日のようにアゲハを見かけていますが、アゲハの好むフロックスやヒャクニチソウ、ミカン科の木がある東の畑の様子です。
 ワレモコウにはトンボがよくとまりますが、アゲハは見向きもしません。
 
 
(♀)
アゲハ
 上の一方か別個体かは分かりませんが、原種のユズの周りを翔びかっています。
 
(13:16)
アゲハ 産卵
 産卵するのではないかと注意していると、案の定、産卵しました。
 この写真の後はユズによりつかず、あれれ?でしたが・・・
 
アゲハ(卵)
アゲハ 卵
 卵は直径1mm程度と聞いていましたので、撮影できるかもしれないと探してみました。
 コンデジによる撮影で、少なくとも2個見えます。
 
アゲハ 卵
アゲハ 卵
 凹凸のない真球に近い形をしています。右上に拡大写真をつけました。

 直径1mm程度の卵の撮影ですらピンボケの山、歩留まりは2割程度でした。ちなみに、コンデジで2枚だけ撮影しましたが、2枚とも使えます。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   草花  産卵   

初見蝶今季No.10(いつかはゼフィルス)

 
 台風4号の影響もあるのでしょうか、今日も蒸し暑い一日でした。
 晴れているうちに一仕事と考えているのか、チョウもいろいろ姿を見せてくれました。


 昔、「いつかはクラウン」というのキャッチコピーがありましたが、果たせないまま、今は1500CCに乗っています。
 チョウに興味をもちだしてから、いつかはゼフィルスと考えることもありましたが、遠出して土地鑑のない場所で探すのも億劫だし、これもクラウンの二の舞かなぁと思っていました。(^^ゞ

 私が見たことのないゼフィルス(ゼフ)の講釈をするのも何ですが、年に一度しか出現しない樹上性のシジミチョウで、ピンキリのようですが稀少性のある25種のことです。

 ところが・・・
 
 
アカシジミ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
アカシジミ♀
 家内と草刈りに出る途中、我が家の進入路横の樹上に500円硬貨大のオレンジが目に入りました。かなり大きいけれど、尾状突起が確認できたので、もしかするとと慌ててカメラを取りに帰り、何とか証拠写真です。

 降りてきてとお願いすると、
 
アカシジミ♀
アカシジミ♀
 まぁまぁの写真になりました。
 開翅してくれるかどうか分からなかったので、下は表翅が気持ちのぞける写真です。後で調べると、開翅はまず望めないとのことでしたので、正解です。^O^
  
(産卵)
アカシジミ産卵
アカシジミ産卵
 更に降りてきて、枝葉の茂った暗いところで、ほぼ水平になって産卵を始めました。
 下側から中腰で撮影しましたが、ブレる恐れがあったのでコンデジでも撮影しました。それでもブレていますね。(^^ゞ
 
アカシジミ・卵
 後の枝上に見えるのが卵のようです。
 アカシジミを見失ってから改めて卵を探しましたが、どの枝か見つけられませんでした。(^^ゞ


 ゼフが我が家にいながらで見られるとは、驚きでもありますが、幸せなことだと実感しています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   ゼフ  産卵   

端境期?

 
 庭を訪れるチョウがメッキリ減って、黒いアゲハが相変わらず横切るほかはモンシロチョウばかりです。


 モンシロチョウの産卵シーンを撮影した記憶があいまいだったので、
 
モンシロチョウ(産卵 ♀ シロチョウ科)
モンシロチョウ
 産卵してはすぐ翔び立つを繰り返し、期せずして飛翔写真になりました。(^^ゞ
モンシロチョウ 産卵
 ミズナに産卵しているのをやっと撮影しましたが、向きがよくありません。
モンシロチョウ 産卵
 チンゲンサイで、また逃げられました。
 図示したものが卵でしょうか。


 で、久しぶりに裏の畑を一周してきました。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメジャノメ ♂
 今季お初です。暗いところで、溝越しなのでかなり離れています。
(↑のトリミング)
ヒメジャノメ ♂
 後翅裏の性標が見えるので♂ですね。
 
 
ヒカゲチョウクロヒカゲ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)?
ヒカゲチョウ
 ヒメジャノメと同じ場所です。我が家周辺では今季お初です。
(↑のトリミング)
ヒカゲチョウ
 撮影時にはヒカゲチョウと思っていたのですが、余り黒くないクロヒカゲのようです

 これ以降、ヒカゲチョウとクロヒカゲを見てきた積み重ねで、これはヒカゲチョウの誤りと気づきました。第一感は大切にしなくてはいけないと反省しています。(^^ゞ(2012/7/1追記)
 
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン ♂
 今季お初です。エライ遠いです。
 アザミで吸蜜中です。
(↑のトリミング)
メスグロヒョウモン ♂
 最後に真横を向いてから翔び立ったので、メスグロヒョウモンの確証を得ました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   野菜  産卵    野草 

ムラサキシジミ ランランラン

 
 朝から晴れて暑かったですが、まぁいろいろあった一日でした。

 まずは、これからです。あとは雨の日対策になりそうです。(^^ゞ
 
ムラサキシジミ(♀ シジミチョウ科)
ムラサキシジミ ♀
 昨年12月17日の越冬確認以来の開翅した姿です。
 この辺りを離れず、翔んではとまりを繰り返し、かと言ってもっと近づかせてはくれません。

 この時季なのにこれも越冬個体なのか、スレ、欠けで、キレイな色合いには程遠いですね。
 同じ場所ですし、面ざしが似ているような気がしますので、もしかすると・・・(^^ゞ
ムラサキシジミ ♀
 何かを懸命に調べているようです。
ムラサキシジミ ♀
 さて、お立合い!種も仕掛けもございません。
 この時点で、芽に白いものがありますね。私は気づいていませんでした。
ムラサキシジミ ♀
 ハッ!
ムラサキシジミ ♀
 2倍、2ばぁ~い!不思議や不思議。
 やっと気がつきました。白い玉は卵のようです。
ムラサキシジミ 卵
 親指ほどのスズメバチを見かけたので、一旦退散しました。
 後程確認すると、この芽に3個ありました。なぜか、ほかの芽には見当たりませんでした。
 ということは、この樹は食草(樹)のマテバシイでしょうか。
ムラサキシジミ ♀
 葉裏にも産卵していたようですが、どの葉か分かりませんでした。^^;

 で、締めは、やはりこれですね。
ムラサキシジミ ♀
ムラサキシジミ ♀
ムラサキシジミ ♀
 一番下が一番クッキリなのに、説明が必要です。
 翔んでます。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
 

タグ:   産卵