仕事が早い?

 
 朝方は雨模様の20℃、午前9時過ぎには上がり、陽も射す時間帯もありましたが、おおむね曇りの一日で、最高気温は26℃でした。
 
 
 
キアゲハ #1(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2016/9/29 21:03)
キアゲハ #1
 気をつけていたのに、蛹化を見逃しました。
 下のものは脱皮殻で、栄養豊富だから幼虫の時代なら摂食しているのですが、蛹には口がありません。
 フラッシュを焚いたら緑がかって見えたので、緑色型なら茶色型と比較できると楽しみにしていました。
 
キアゲハ #1(蛹 2016/9/30 7:20)
キアゲハ #1
 白と黒のストライプになってしまい、二重にガックリしました。
 明るい場所での脱皮殻の別写真を載せておきますね。
 
 
フェンネル(セリ科ウイキョウ属 11:18)
フェンネル
 昨日フェンネルの残っていたのは8頭、本日は4頭、小鳥も鳴いているので、いなくなった4頭のうちどれだけが脱走できたのか分かりません。

 残っている4頭のうち1頭は頭部と腹端から茶色っぽくなっていて、全く動きません。フィールドでは気がつきませんでしたが、小さなハチらしいものがたかっています。
 
フェンネル(14:15)
フェンネル
 全体が茶色になっていて、★になったものと思われます。ハチらしいものは見当たりません。
 ただ、ハチらしいものが寄生バチであるなら、宿主を殺しては産みつけた幼虫が育たないのでどんなものでしょうか。
 
 
キアゲハ #4(蛹 15:47)
キアゲハ #4
キアゲハ #4
 ほかのものを観察していて、ふと眼をそらしたら見つかりました。
 右側の#3のブロックの裏側の枯草の軸で、白と黒のストライプの蛹になっていました。
 
キアゲハ #4
 寄生バチの1種、アシブトコバチの仲間?に見つかりました。こうなると卵を産みつけられ、残念ながら羽化することができません。
 
 
キアゲハ #5(幼虫 11:21)
キアゲハ #5
 #3のブロックの反対側の端を歩いていて、結局内側に落ちました。
 
キアゲハ #5(前蛹 11:28)
キアゲハ #5
 追いかけて一旦見失ったのですが、再度見つけたのは低いヤマハゼの幹?、その間1分でしたが、ヤマハゼはウルシを採る木でかぶれるから困るなぁとの思いが先に立ちました。
 写真をみるとすでに帯糸を張っていて、それでもまだ仕事が早いなぁと感心していました。記事タイトルも決まりましたが、藤本義一が出演した「福屋工務店、仕事が早い」のCMは関西では流行っても、多分全国区ではなかったのでしょうね。(^^ゞ
 
キアゲハ #5(前蛹 12:39)
キアゲハ #5
 頭部側から緑色が抜けてきて、やっとアレッと気づきました。
 
キアゲハ #5(蛹 14:15)
キアゲハ #5
 昼食を終えてゆっくり目に確認すると、案の定蛹になっていました。
 いくら仕事が早いといっても、これはスピード違反です。この近くで幼虫を見失ったので、入れ替わったのでしょうね。
 
キアゲハ #5(蛹 16:46)
キアゲハ #5
 やぶ蚊の襲来に音を上げて、これが#5の観察の本日最終分です。
 希望的観測も混じっていますが、緑色型になりそうです。(^^ゞ
 
 
キアゲハ #6(幼虫 14:27)
キアゲハ #6
 フェンネルから2mほど離れた枯れ枝などを寄せてある場所で、水平に近くなって固まっていました。草の葉上のものは、少し多めに思いますが幼虫の糞のようです。
 
キアゲハ #6(幼虫 15:06)
キアゲハ #6
 反対を向いて糸座を作り始めました。
 
キアゲハ #6(幼虫 16:23)
キアゲハ #6
 また元に戻り、帯糸を作りました。輪になっているのがよく分かりますね。
 
キアゲハ #6(幼虫 16:33-16:34)
キアゲハ #6
キアゲハ #6
キアゲハ #6
キアゲハ #6
 頭部を反らしたりして、帯糸にくぐらせることに成功しました。うまいものです。

 一連の観察の中で帯糸をくぐらせるシーンを撮影したいとの課題だけは何とかクリアできした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  幼虫  前蛹    蛹化  脱皮  ハチ 

緑と黒、白、白と黒、脱走、迷走、前蛹、蛹化

 
 朝方は21℃、ほぼ一日中降り詰めで最高気温は24℃、本日の最低気温は深夜になりそうです。



 以下は昨日のことが中心で、本日の様子を追加しました。

 今季まだキアゲハの産卵シーンを見かけていないのですが、庭のフェンネルにキアゲハの幼虫が鈴なりなのを数日前に気づきました。
 
フェンネル(セリ科ウイキョウ属 2016/9/28 11:16)
フェンネル
 そろそろ脱走の時期かと確認すると、終齢(5齢)幼虫が10頭ほど見つかり、中には十分大きくなっているものも数頭見かけました。
 写真には目印をつけませんので、興味のある方はお探しください。^O^
 
 
キアゲハ #1(幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科
左上から13:01・13:18・13:36・13:49 2016/9/28)
キアゲハ #1
 昼食を終えて玄関を出るとポーチを歩いていて、危うく踏みそうになりました。ここはフェンネルから20m近く離れていますが、歩き出すとかなり早いので、お昼前の確認後に脱走したものと思われます。
 玄関前に置いてあるプランターの台に上りました。プランターにも登ろうとしたのですが、滑り落ちました。
 今度は離れのモルタル壁を登り始め、玄関庇の軒下に回って右往左往していましたが、また落ちました。
 
キアゲハ #1(幼虫 2016/9/28 15:33)
キアゲハ #1
 落下の衝撃は感じさせずさらに歩き、花台の鉢で停止しました。身を縮めたり伸ばしたり、頭部を左右に曲げたりし、ここを蛹化場所に決めたようです。
 私が確認してからだけでもこの間4時間余り、大変な運動量です。
 
キアゲハ #1(幼虫 2016/9/28 15:50)
キアゲハ #1
 糸座を作るため逆さまになりました。
  糸座(いとざ):口から吐いた糸を固め、腹端を固定するための台座
 
キアゲハ #1(幼虫 2016/9/28 17:09)
キアゲハ #1
 頭部を上にして静止したまま動きません。
 玄関先は玄関灯に集まってくる虫を捕食するためヤモリが3頭ほど常駐していて、パクリの危険性が大きいので、鉢を屋内に入れました。
 
キアゲハ #1(幼虫 2016/9/28 19:56)
キアゲハ #1
 吐糸を2本?重ねて帯糸を作りましたが、まだ前蛹になっていません。
  帯糸(たいし):輪状でこれに体を通し、寄りかかってハンモック状態になる。
     背中部分では糸が体にくっつくので、一方が切れても落ちることはない。
  前蛹(ぜんよう):蛹になるまでに姿勢を安定させ、その後脱皮して蛹になる。
 
キアゲハ #1(前蛹 7:21)
キアゲハ #1
 これは今朝です。明るいうちは屋外に出てもらいました。
 やはり夜のうちに前蛹になったようです。一向に蛹化する気配がないので、これもやはり夜のことでしょうか。
 
 
 
キアゲハ #2(幼虫 2016/9/28 13:16)
キアゲハ #2
 以前の観察の際は、例外なく食草の株元まで下りてから脱走していたのですが、この個体は横着者のようで花茎の先から隣のヤマボウシに移り、枝込みで見失いました。
 後刻フェンネルの株元付近を歩いていたのが同一の個体と思われますが、それも見失いました。
 
 
 
キアゲハ #3(前蛹 2016/9/28 14:53)
キアゲハ #3
 庭の外れの土止めのブロックで前蛹になっていました。時間的には前夜か昨日の早朝に前蛹となったと思われます。
 
キアゲハ #3(前蛹 2016/9/28 15:16・16:09)
キアゲハ #3
キアゲハ #3
 緑色部分が頭部からだんだん白くなり始め、体全体が白と黒のシマシマになりました。
 脱皮して蛹になる準備で、これまで観察したことないキアゲハの蛹化が観察できると期待したのですが、雨が降り出しここで水入りです。
 
キアゲハ #3(蛹 2016/9/28 17:10)
キアゲハ #3
 雨の中で蛹化したようですが、これまでこんなに白っぽい蛹は見たことがなく、蛹化直後ではないかと思われます。
 
キアゲハ #3(蛹 10:30)
キアゲハ #3
キアゲハ #3
 本日午前中のやみ間に確認すると、白と黒のストライプになっていました。
 この色は、前蛹の段階で蛹化場所の色や質感などを感じとって、頭部からホルモンを出すことにより変化させるそうです。アゲハチョウ科の場合蛹の色は緑か茶ですので、この個体も茶色になるのかも知れません。


 キアゲハについては、2013年に3個体(その1その2その3)の脱走から羽化まで観察したことありますが、それでも気づかなかったことの発見がありますね。
 この蛹が今季羽化するのであれば、蛹化から羽化までに10日前後かかりますが、越冬態は蛹ですから羽化は来季になるかも知れません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  幼虫  前蛹    蛹化  脱皮 

前蛹→蛹・寄生蜂

 
 朝方は23℃、日中は晴れ時々曇りで最高気温は32℃、2日続きの真夏日となりました。



 庭では、まだヒョウモンを見かけます。
 
オオウラギンスジヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 ブッドレアで吸蜜していましたが、全開はしてくれませんでした。敏感ですぐ逃げられ、近くの葉上で閉翅したまま長い時間ジッとしていました。

 一昨日とは別個体で翅表地色の黄色味が少し強いように思われますが、私のイメージではもっと黄色味があって暗めの感じです。



 家内が庭で水を使おうとして驚いたそうです。
 
キアゲハ(前蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 9:41)
キアゲハ 前蛹
 蛇口に直付けしたホースで、いつのまにか前蛹になっていました。昨日食草のフェンネルから逃亡し、夜に作業したものと思われます。
 
(11:19)
キアゲハ 前蛹
 こんな感じです。
 キアゲハの羽化観察の際も、前蛹から蛹に至る過程は十分に観察できていませんので、今夕以降見守っていきたいと思っていました。
 
(蛹 13:42)
キアゲハ 蛹
 昼ごはんを終えて確認すると、蛹化していました。これまでの観察では、大抵夕方から作業を始めていました。
 こんな明るいうちに蛹化するのであれば、あらかじめそう言っておいてよね。
 
キアシブトコバチ?(アシブトコバチ科 14:39)
キアシブトコバチ
 蛹に卵を生みつける寄生蜂のキアシブトコバチのようです。体長は3mm程度、↑の蛹化を確認した時刻には既にとりついていました。

 虫がとまっているのを感じているのか、キアゲハはカラダをピクピクと震わせますが落ちません。不干渉の主義に目をつぶって一応払っておきましたがまたきていて、見つけられた以上は到底防ぎきれるものではありません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   前蛹    昆虫(蝶以外) 

クロアゲハ蛹化

 
 夜半の雨は本降りでしたが、雨量はトータルでも30mm未満で心配したほどではありませんでした。
 雨のせいか朝方は21℃、20℃を超えたのがいつだったか忘れてるくらい久しぶりです。(単なる物忘れのせい?)(^^ゞ
 日中は27℃に達しましたが、お昼の一時的な激しい雨で気温は下がり始めました。



 ↓の続き、これも9/23のことです。
 
クロアゲハ(前蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/9/23 13:13)
20140923-kuroa-youka-01.jpg
 昼食休憩後、体を縮めたりねじったりし始めたのでよく見ると、皮がひび割れして白い筋が横方向に走っています。脱皮して蛹になるようです。
 
(2014/9/23 13:13)
20140923-kuroa-youka-02.jpg
 頭部に角が見えてきました。
 
(2014/9/23 13:14)
20140923-kuroa-youka-03.jpg
 脱皮が始まりました。
 魚の浮き袋状のものは内臓かと思いましたが、そんな訳はないので、頭部の殻のようです。
 オレンジ色のものは何でしょうか。クロアゲハ終齢幼虫の臭角は小豆色ですから、ほかのものなのでしょうね。
 
(2014/9/23 13:15)
20140923-kuroa-youka-04.jpg
20140923-kuroa-youka-05.jpg
20140923-kuroa-youka-06.jpg
20140923-kuroa-youka-07.jpg
 体を前後し、伸び縮みしながら徐々に脱いでいきます。
 
(2014/9/23 13:16)
20140923-kuroa-youka-08.jpg
 ほとんど脱げました。
 
(2014/9/23 13:17)
20140923-kuroa-youka-09.jpg
 あと少しに苦労しています。
 
(2014/9/23 13:18)
20140923-kuroa-youka-10.jpg
 やっと脱ぎ終わりましたが、ぶら下がった脱皮殻が落ちません。
 
(2014/9/23 13:22)
20140923-kuroa-youka-11.jpg
 何とか脱皮殻を落とそうと体をよじったりしますが、どうしても落ちません。
 
(2014/9/23 13:33)
20140923-kuroa-youka-12.jpg
 諦めたようで、腹端側から蛇腹を畳み始めました。腹端は固定されているので、頭部側から縮こまるように畳みます。
 
(2014/9/23 13:36)
20140923-kuroa-youka-13.jpg
 蛇腹を畳み終わり、体をそらし始めました。
(2014/9/23 13:49)
20140923-kuroa-youka-14.jpg
 体を目一杯そらし、体色も少し黒っぽくなりました。
 
(2014/9/23 16:00)
20140923-kuroa-youka-15.jpg
 蛇腹の境目は目立たなくなり、まだ緑色も残ってはいますが蛹の出来上がりでしょうか。


 たまたま前蛹を見つけた日に蛹化ショーを繰り広げてもらい、こんな嬉しいことはありません。

 蛹化場所が場所ですから匍匐スタイルで撮影したので、水平がとれていないことがあります。しかも、今日になっても首筋から脇の下、背中まで張りが残っています。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  前蛹    蛹化  脱皮 

そして誰もいなくなった のか?(2/2)

 
 朝方は19℃と高め、最高気温は25℃、陽射しはなく少し蒸しましたが、やはり秋、大したことはありませんでした。
 夕方にお湿り程度の雨、夜半には強い雨の予報です。



 さて、昨日の続きです。
 朝、花の点検をしていると、
 
 
クロアゲハ(前蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 2014/9/23)
クロアゲハ前蛹
 玄関ポーチの壁面に異様なものが、よく見ると見慣れたクロアゲハの終齢幼虫でした。
 
クロアゲハ前蛹
 ちゃんと糸で支えられ、腹端も糸の塊状のものでくっついています。蛹になる前、前蛹です。

 この場所は、ウンシュウミカンの鉢から直線距離で9m弱、その間にはデッキや段差などがたくさんあり、玄関を出入りする私たちに踏まれもしないでよくここまで来られたものだと思います。
 しかも、斜め上方には玄関灯があってガなどが飛来するため、夜間にはヤモリが複数で待ち受けています。

 壁面の段差のあるところまでタイル面からの高さは約6cm、奥行きは約2cmの場所で、水平になっていますが、こんなに低いところではいろいろなものに襲われそうな気がします。
 キアゲハの場合垂直方向に上っていたので、縦型になっているのだろうと思い込んで探したのですが、これでは見つからなくて当たり前です。
 
クロアゲハ前蛹
 黒ずんでいるので★になっているのではないかと心配しましたが、動きました。

 キアゲハは日中逃亡し、その日の夜半に前蛹になり、次の日の夜半には蛹化しました。
 今回の場合、#1は8/23、#2は9/18、#3は9/21の夜半にそれぞれ逃亡したので、前蛹になったのがいつにしても、この段階までに最低でも2日は経過していることになります。


 これまでキアゲハの羽化観察経験をもとにクロアゲハの蛹化場所を探していましたが、異なる視点で探してみると、
 
 
クロアゲハ(蛹 2014/9/23)
クロアゲハ蛹
クロアゲハ蛹
 ベンチ座面の裏側で見つけました。このベンチの脚や背板の裏側などは丁寧に点検しましたが、ここは見上げもしませんでした。
 
クロアゲハ蛹
 糸で支えていて、どこも破れてはいないようですから羽化前だと思われます。干からびてしまっているのかと思いましたが、ピクンと動きました。
 アゲハの蛹とよく似ているそうですが、クロアゲハのようです。

 この場所は、ウンシュウミカンの鉢から直線距離で約2m、コンクリート面から座面までの高さは約39cmです。
 この個体は#1か#2と思われますが、場合によれば8/23に逃亡した#0の可能性もないとはいえません。


 秋に蛹化したものは蛹のまま越冬する場合もあるようですが、どちらも注意深く観察し、無事羽化まで見届けたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 前蛹   

二頭を追うものは(3の3)

 
 朝方は23℃、昨日は21℃で、8月の声を聞いて季節が動いたような気がしています。
 一方、キアゲハ幼虫の移動は、なかなかまとめきれません。(^^ゞ


 一昨昨日(8/1)のことです。8/1の動きは、これで一段落です。

 #11、#12の観察を終えてパセリを見ると、午前中6頭だったので6-2=4のハズなのに2頭しか残っていません。
 一とおり探して見つからないのでまぁやむを得ないかでしたが、改めて少し離れた場所から動くものを探しました。
 
 
キアゲハ #13(5齢幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 15:34
2013/8/1撮影・以下最下段の1枚を除き同じ)
キアゲハ幼虫 #13
 何年も植えっぱなしのため、少しいじけて下葉も枯れ上がっているキクの上にいます。
 
(15:40)
キアゲハ幼虫 #13
 前蛹態勢になったのでここに決めたのかと思うと、
 
(15:55)
キアゲハ幼虫 #13
 下方向に動き出し、
 
(16:26)
キアゲハ幼虫 #13
 一見では見えにくい場所に移りました。
 
(17:17 2013/8/2撮影)
キアゲハ前蛹 #13
 写真では分かりにくいですが、糸を回していて前蛹になっていました。実は、朝撮影してたのですが、糸が見えないと撮りなおしています。(^^ゞ
 このキクは、パセリの株元から直線距離で約7.5m離れています。


 四頭目はどうしても見つかりませんでした。この頃になると、大き目のニホンオオトカゲがウロウロ、こころなしかお腹が大きそうに見えて仕方ありません。(^^ゞ


 でタイトルは、
   二頭を追うものは一頭を得ず
   二頭を追うものは三頭を得る
   二頭を追うものは四頭を得ず   どれでしょうね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  幼虫  逃亡  前蛹 

二頭を追うものは(2の3)

 
 一昨日(8/1)のことです。と言っても、↓の続きみたいなものですね。
 
 
キアゲハ #12(5齢幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 14:35
2013/8/1撮影・最下段の1枚を除き同じ)
キアゲハ幼虫 #12
キアゲハ幼虫 #12
 ↓の#11と違い、素直にパセリの主茎を伝って地上に降りようとしています。
 というのは見せかけだけ、#12も#11と同時(14:22)に動き出し、茎に挟まれるなど手間取っていたので、#11の撮影を優先しました。(^^ゞ
 まぁ、課題の一つだった移動開始確認は、ここでも達成できましたから。
 
(14:47~14:48)
キアゲハ幼虫 #12
キアゲハ幼虫 #12
キアゲハ幼虫 #12
 通路上などに置いてあった石を乗り越え、
 
(14:50)
キアゲハ幼虫 #12
 スイセンノウ(酔仙翁 ナデシコ科)に昇りました。私の知らないうちに家内がバッサリやっていたので、蛹化場所には不適当と思ったようです。
 
(15:01)
キアゲハ幼虫 #12
 シュウメイギクで込み合った場所で、葉の縁を這っています。
 
(15:45)
キアゲハ幼虫 #12
 試行錯誤を繰り返しながら、15:20頃にパセリの株元から直線距離で約9m離れたシュウメイギクの葉裏を蛹化場所に定めたようです。
 この写真は、その後安定したことを確認した時のものです。

 シュウメイギクは群生状態ですから、この葉に移った時刻は定かではありませんが、15:20とすると動き出してから58分を要した勘定です。
 
(16:26)
キアゲハ幼虫 #12
 中央の葉の裏が蛹化場所です。支柱は目印です。
 葉を捲り上げないと撮影は困難で、課題としていた前蛹から蛹への脱皮の撮影は、こちらでも期待できません。
 
 
前蛹(7:12 2013/8/2撮影)
キアゲハ 前蛹 #12
 葉を捲り上げて撮影しました。
 こちらはハンモック状態でしたので、一安心です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  幼虫  逃亡  前蛹 

蛹化(#4)・前蛹(#5)

 
 またまた本日2コマ目です。(^^ゞ
 と言っても、↓の続編ですから、「ルート選定と目的地(#5)」からお読みくださいね。
 
 
キアゲハ(蛹 #4 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 9:48)
キアゲハ 蛹 #4
 予定通りです。(^^ゞ
 一応朝一には確認済みです。

 なお、この木はアカメガシワだと、「団塊夫婦・山野草に魅せられて」のhitori-shizuka さんからお教えいただきました。いつもありがとうございます。
 
 
(前蛹 #5 7:07)
キアゲハ 前蛹 #5
 3日続きですから、見なれてしまいました。(^^ゞ


 3日続けてのコピペ記事もどきもこれで終了です。(^^ゞ
 明朝、#5が蛹化していれば、3頭の羽化の兆候を見逃さないようにするだけですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科    前蛹 

蛹化(#3)・前蛹(#4)

 
 本日も2コマ目です。
 と言っても、↓の続編ですから、「三歩進んで二歩さがる(#4)」からお読みくださいね。
 
 
キアゲハ(蛹 #3 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 7:34)
キアゲハ蛹 #3
キアゲハ蛹 #3
 本日は朝から小雨、朝一(6:30)に傘をさして確認したら、蛹化を完了していました。予期していたとはいいながらガックリです。
 
 
(前蛹 #4 7:18・7:38)
キアゲハ前蛹 #4
キアゲハ前蛹 #4
 昨日の今日ですから、珍しくもありません。(^^ゞ

 17時頃短時間ですが夕立のような雨が降ったので、やみ間の19:30に安否確認に向かいました。#4に蛹化の兆しはなかったですが、3頭とも健在です。

 雨模様のため、これで本日の観察は打ち切りです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科    前蛹 

前蛹(#3)

 
 本日2コマ目です。
 と言っても、↓の続編ですから、「三度目の正直(#3)」からお読みくださいね。
 
 
キアゲハ(前蛹 #3 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 6:33)
キアゲハ 前蛹
 リンドウの茎に糸を巻きつけて、胸部?を吊っています。腹端も糸の塊で支えているようです。
 夜なべの成果ですね。
 
(7:16)
キアゲハ 前蛹
 反対側です。
 リンドウ1株に寝てもらい、クマバチやマルハナバチが垂れた花に潜り込むギボシの花茎は立ってもらいました。朝食とその作業に時間がかかりました。(^^ゞ


 蛹化を見るため午後8時まで観察していましたが、変化がありません。これも夜なべ仕事でしょうか。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アゲハチョウ科  前蛹