夏枯れ(新生蝶 2017-No.40)

 
 朝方は曇りの24℃、一時的には雨も降りましたが午前10時頃から時々陽が射すようになり、最高気温は30℃になりました。
 
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
チャバネセセリ
 庭のシソの葉上で見かけました。

 チャバネセセリは、2016/8/30、2015/6/21、2014/6/8、2013/5/24、2012/5/27、2011/9/16がそれぞれお初です。
 当地はぎりぎりで越冬可能範囲(越冬態は不明。)に入っているようですが、この冬は雨が多くて越冬できなかったためか、温かい地域で羽化して広がったものが、世代を重ねて到達した二化個体と思われます。
 
 
アゲハ(産卵 夏型 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ産卵
 東の畑のサンショウで産卵していました。
 
 
ホシミスジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科 2017/8/14)
ホシミスジ
 お隣のワラビ畑で見かけました。
 昨季までなら何やで済ましていたのですが、今季は姿を見かけることが極めて少なく、6/22以来で今季三度目という状況です。


 新生蝶もやっと40種かと思ったのですが、昨季の本日段階でも同じでした。遅れているとの印象でしたが、案外です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: セセリチョウ科  アゲハチョウ科  産卵  タテハチョウ科 

ぬか喜び

 
 土用を過ぎてから気候が変わったような気がしますが、残暑はさてどうなるでしょうか。
 朝方は20℃、久しぶりに寒いぼ(さぶいぼ)が立ちました。
 ほぼ一日陽射しはあっても、どこか空気がひんやりしていて、最高気温は30℃どまりでした。
 
 
 
イチモンジセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
イチモンジセセリ
イチモンジセセリ
 早朝庭に出てみると、ロウバイの葉上にとまっていました。
 オオチャバネセセリはよく見かけるのですが、イチモンジセセリは5/18以来で今季二度目です。




 さて、昨日の成果に味を占めて本日も朝方パトに出ました。
 
 
ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメウラナミジャノメ
 裏の畑で見かけました。

 昨日の記事で、「翅裏は眼状紋以外全面波模様のハズですが、この個体は前後翅とも外縁が黒っぽくなっています。」と書きましたが、注意していると昨日ほど濃くはないにしても似たような個体を見かけます。
 これは個体差の範ちゅうで季節型とまでは言えないにしても、夏場にはこのような個体が出てくるのではないかと思われますが、結局、何や、ヒメウラナミジャノメかぁでろくろく注意をしてこなかったということでしょうね。(^^ゞ
 
 
ムラサキシジミ #1(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントで見かけました。
 枝の間に何か落ちているような感じでとまっていて、芽をなめているようです。
 矢印のところに何かいるのですが、写真でも見えないくらいですから当然気づいていません。
 
ムラサキシジミ #1
ムラサキシジミ
 ファインダを懸命にのぞいているので、これでもまだ気づいていません。
 
ムラサキシジミ 上:#1・下:#2
ムラサキシジミ
 やっと気づいて2ショット撮影ですが、この写真だけで#2には逃げられました。(^^ゞ
 こういう2ショットはときどき見かけるのですが、翅裏の斑紋の濃さがこれほど差があるのは何故なのでしょうね。
 
ムラサキシジミ #3(♀)
ムラサキシジミ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 気安く開翅してくれるのですが、高いところを翔び移っては開翅を繰り返すだけで、降りてきてはくれませんでした。
 
ムラサキシジミ #4
ムラサキシジミ
 裏の畑で見かけました。
 翅の傷みが目立ちます。

 時期的にみて、ムラサキシジミは三化個体と思われます。
 本日はムラサキツバメを見かけませんでした。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 相変わらずムラサキ・ポイントで葉裏にぶら下がっています。
 
 
サトキマダラヒカゲ(夏型 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
サトキマダラヒカゲ
 主にムラサキ・ポイントの木の下闇を都合数頭が翔び交っていました。
 夏型は春型より眼状紋がクッキリしていて、過去に何度もヤマキマダラヒカゲではと思わされました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: セセリチョウ科  タテハチョウ科  シジミチョウ科 

久パト(越冬蝶 2017-No.9)

  
 
 このところ朝のうちは雨粒が落ちてきそうな曇り空、お昼前後から晴れて気温が急上昇という日が続いています。
 本日も朝方は24℃の曇り空、午前9時頃に少雨、午前10時頃から晴れ間が見えて、最高気温は31℃でした。



 この時期になると、庭でウスバキトンボばかり(と思う、ほとんどとまってくれません。)が20頭ほどの集団で翔んでいたので、朝方は蚊も少ないだろうと久方ぶりにパトロールに出ました。
 
 
ムラサキツバメ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 フィールドでは尾状突起が見えなかったので、ムラサキシジミだろうと思い、すぐ逃げられても執着しませんでした。
 
ムラサキツバメ(♀)
ムラサキツバメ
 こちらは夕方、ムラシ・ポイントで見かけました。
 ムラサキツバメをムラシ・ポイントで見かけたのはこれが初めてのような気がしますが、最近記憶があてになりません。(^^ゞ
 開翅してくれませんでしたが、翔ぶと翅表の青が見えたので♀です。

 ムラサキツバメの出現時期は下表のとおり2014が初見で、これでも今季が一番早くなっています。もっと早くパトしていれば、もっと早く見られたのかも知れません。

 なお、ムラサキツバメは成虫で越冬するので区分上は越冬蝶としていますが、春先に見かけたことがないので当地では越冬できず、時期から考えてどこかで羽化したものが飛来した二化個体だろうと思われます。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 4 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
ルリタテハ 4/5 5 7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
テングチョウ 4/13 6 3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ 6/16 7 3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒメアカタテハ 7/14 8 10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ 8/12 9 10/19 10 8/16 12 10/7 10 
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 に整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 ぶら下がっていても近くを歩くと翔び出し、とまったらすぐ葉裏に潜ります。
 
 
アサマイチモンジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
アサマイチモンジ
アサマイチモンジ
 お隣のワラビ畑付近で見かけました。
 フィールドではメスグロヒョウモンの♀かとも思いましたが、流石にこの時期は避暑地で寝ている(夏眠)ようです。
 
 
ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメウラナミジャノメ
 ムラサキ・ポイント付近で見かけました。
 どこか違和感があって撮影したのですが、翅裏は眼状紋以外全面波模様のハズが、この個体は前後翅とも外縁が黒っぽくなっています。
 これが個体差なのか異常型なのか知識がありません。
 
 
ジャノメチョウ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ
 ムラサキ・ポイント付近などで2~3個体見かけました。
 
 
ヒカゲチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウ
 東の畑で見かけました。
 
 
キアゲハ(幼虫 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ幼虫
 庭の薹立ちしたパセリをふと見たら、いるわいるわ!3齢から5齢までとり合わせて10頭余り、中には脱皮したてで脱皮殻を引きずっているもの、脱皮殻を摂食しているものなどいろいろです。

 なお、先に観察していた信州産は、逃亡シーンを見損ないました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: シジミチョウ科  タテハチョウ科  アゲハチョウ科  幼虫  脱皮 

交代要員

 朝方は雨で6℃、最低気温は夜半で、3℃ほどだったようです。
 雨が上がってからは、気温は急上昇15℃までになりました。何なの?というところでしょうか。

 で、ムラサキシジミですが、昨日見かけたところに踏み込むと、足元から翔び立ちました。
 ずっと眼の高さ程度の場所にとまっていたので、うかつでした。

 追いかけていくと、大きなものが目の前を横切りました。
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科)
ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ
 11月7日以来、2回目の出会いです。
 我が家では滅多に見かけないのに、いくら暖かいとはいえ、こんな時季に会えるとは不思議ですね。
 2枚目は、コンデジによる撮影です。ここまで近寄れました。
 これなら手乗りができるかもしれないと指を差し出しましたが、イヤイヤされました。^^;
 
ヤマトシジミ(♂ シジミチョウ科)
ヤマトシジミ
 この写真だけ、トリミングしています。
 
ベニシジミ(シジミチョウ科)
ベニシジミ
 これもコンデジによる撮影です。

 キミたち、一体どこにいたの?

タグ: タテハチョウ科  シジミチョウ科 

クモガタヒョウモンがいない

 今朝は2℃、日中も10℃に届かず、風が強い一日でした。
 奈良公園では初雪だそうですが、当地はまだのようです。

 昨日は、久しぶりにブログをお休みにしました。
 今日はこんな日でしたので、連休とも思いましたが、宿題を片づけることにしました。。

 と言うのは、クモガタヒョウモンに関して記事が3件あり、「北信に舞う蝶たち」のHA さんから誤りのご指摘をいただきました。ありがとうございます。

 クモガタヒョウモンと銘打った在庫写真は5回分あり、点検を先延ばしにしていましたが、やっと整理できました。
 その結果がタイトルです。^^;

 どれも目一杯トリミングしましたので、ピンボケその他はご容赦くださいね。(^^ゞ
 
ミドリヒョウモンメスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科 6/21撮影)
メスグロヒョウモン ♂
 
メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科 6/21撮影)
メスグロヒョウモン ♂
 10/8に「蝶ノート(その1)補足の補足」のタイトルで記事掲載しました。
 その上、ほかのブログで勘違いの予習をして、「今度こそ大丈夫です」なんて書いてあります。
 「今度」以前は記事中でリンクしています。
 いずれにしても、恥の二度塗り、三度塗りになっています。

 で、メスグロヒョウモンと言えば、♀は黒く、どう見てもヒョウモンの仲間らしくない姿をしていて、♂を見たいものと思っていました。
 初見ですが、感動も何もあったものではありません。(^^ゞ
メスグロヒョウモン(♂ 6/22撮影)?
メスグロヒョウモン ♂
 こちらは翌日、同じコクタンにとまっています。
 この写真1枚ですが、↑と多分同じヒトでしょう。
ミドリヒョウモンメスグロヒョウモン(♂ 10/18撮影)?
メスグロヒョウモン ♂
 高山ダム周辺で撮影しましたが、ひどく傷んでいましたので、「蝶ノート(その10)」には採用しなかったものです。
 採用してると、当然!クモガタヒョウモンとなっているでしょうね。(^^ゞ
 
 ミドリヒョウモン(♂ 10/6撮影)
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン
 10/6当日に「蝶ノート(その1)」のタイトルで記事掲載しました。
 この記事にも追記があり、ご丁寧に「クモガタヒョウモンの裏側写真を追加」と赤字で記載しています。
 ミドリヒョウモンだとするとこれも初見ですが、裏翅は緑色が見えません。
 所によってありふれたチョウのようで、その緑色を見たいと思っていたのですが・・・
 
オオウラギンスジヒョウモン( タテハチョウ科 10/6撮影)??
オオウラギンスジヒョウモン
 ↑のミドリヒョウモンの2~3分前に1枚だけ撮影したもので、意識せず一緒くたにしたようです。
 裏翅が見えませんので、自信はありません。見えても自信がないのは同じです。
 「蝶ノート(その1)」の写真と同じ種類のように思います。
 
ミドリヒョウモン(♂ 10/7撮影)?
ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン
 ↑のミドリヒョウモンより、もっと傷んでいます。
 記事にしていないのがそのせいなのか、続けざまに載せるものじゃないと思ったのか、記憶にありません。(^^ゞ

 まだ、元記事は訂正していません。既に追記や補足をしているので、この記事のほとぼりが冷めた頃、訂正するつもりです。

 この記事にも誤りがありそうです。
 ご遠慮なく(ただし、優しく、分かりやすく)ご指摘くださいね。(^^ゞ

タグ: タテハチョウ科 

蝶ノート(その20)

 朝方は10℃、強い西風が竹を鳴らして吹きすさび、晴れの時間が多くても寒い一日でした。

 こんな日は、チョウはどこで風を避けているのだろうと、一応見回りました。

 ヤマトシジミは、相変わらずたくさん翔んでいました。と言うよりは、飛ばされていましたのほうが実際のところかもしれません。
 ベニシジミも見かけましたが、翔ぶと言うより草にしがみついていたという感じです。
 
アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハ
アカタテハ
 下の記事のヒメアカタテハと見比べていただくと、色合いの違いが目につきますが、それよりも表後翅中央部にも模様があるかどうかが、判別の決め手だと思います。
 この写真のように、アカタテハの後翅中央部と前翅の一部には模様がありません。
 後翅も見せてくれましたので、下の記事の2枚目はアカタテハと確認できました。
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科)
ウラギンシジミ ♂
 笹などにしがみついて、大揺れでも離れません。ファインダーをのぞいていて、船酔いしそうでした。
 かなりスレています。もう1頭新鮮そうな♂が翔んできて、2頭でダンス(実はケンカ?)してましたが、移動が速すぎて撮れません。
 結局、追い払ってしまいました。

 ほかに、キチョウ、チャバネセセリを見かけました。

タグ: タテハチョウ科  シジミチョウ科 

蝶ノート(その19)

 3コマ目です。

 ヒメアカタテハとアカタテハの区別が、怪しいのです。
 表翅と裏翅を同時に見せてくれると問題はないのですが、裏翅だけの場合、はっきりとは区別できません。
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科 11/7撮影)
ヒメアカタテハ
 多分、初見です。どこで区別すればいいのか分からなかった頃、見かけたと思い込んでいましたが、どうも違うようです。^^;
 一瞬、ツマグロヒョウモンの♀と思いましたが、どこか違うと気付いて追いかけました。(^^ゞ
 畑の地面にベタッととまり、とうとう裏翅を見せないまま、翔んで行ってしまいました。
 
アカタテハ(タテハチョウ科)?
アカタテハ
 チャ(茶)の花で吸蜜中です。
 少しの間で、開翅しないままでした。
 ヒメアカタテハであれば後翅裏側の蛇の目がもっとはっきりしているハズなので、アカタテハとは思いますが、ヒメアカタテハを見かけた翌日ですから、ますます自信がありません。

 HA さんに、季節型(あれば)、♂♀などを含めて、判別法の詳細な解説をリクエストしたい気分です。(^_-)-☆

タグ: タテハチョウ科 

蝶ノート(その18)

 2コマ目です。

 鳥くんたちのおもてなし用のミカン、需要のなさそうな場所から移動しようと思っていたところ、来ました!
 
キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハ
 ジョウビタキを呼ぼうと、メジロ用を間違えて設置したものですが、このヒトが来ました。
 余程気に入ったのか、午前10時半過ぎから午後1時過ぎまで、ずーっと吸蜜していました。

 体は重くなったでしょうし、まったく離れる様子もなかったので、そっと指を出してみました。
 乗った!乗りました。
 1秒ほどで翔び立ちましたが、魔法が使えるようになりました。(^-^)v

 コンデジを探しだし、右手に構えて再三再四トライしましたが、乗るどころかすぐ逃げてしまいます。
 あげくは、お腹が一杯になったのか、干渉に耐えかねて家出したのか、ミカンの近くでとまらないようになってしまいました。

 執念深いのはご存じのとおりです。(^^ゞ
 明日もトライしてみます。

タグ: タテハチョウ科 

蝶ノート(その14)

 朝方は8℃と冷え込みましたが、一日過ごしやすいいい天気でした。
 残暑の記憶が鮮明に残っているためか、小春日和とは言いにくいですね。

 こんな日は、名残のチョウとばかり、裏の畑で日向ぼっこです。(^^ゞ
 蝶ノートも一挙にリアルタイムになりましたが、積み残しはまだ少々あります。^^;
 
キタテハ(タテハチョウ科)
キタテハ
キタテハ
 余り気にかけていなかったのですが、最近は、よく似てるシータテハがいないかと鵜の目鷹の目です。キタテハの在庫写真も一通り再確認しました。
 これもまたまた、「北信に舞う蝶たち」さんちで、キタテハとシータテハの違いについての解説記事を載せられたからです。(すぐ影響されますね。)
 シータテハは、山あいの我が家よりもう少し高い山にいるようですが、助平心でついつい・・・(^^ゞ

 やはりキタテハばかりですが、上はいかり肩なので♂、下はなで肩なので♀でしょうか。(ウソばっかり)
 事実、♂?が♀?に粉をかけ、交尾シーンを見ることができると期待しましたが、ハネつけられていました。
 HA さん、キタテハの♂♀を見分ける解説記事をお願いしますね。(^_^)/~
 
アゲハ(♀ アゲハチョウ科)
アゲハ
 毎日のように見かけていましたが、実に半月ぶりです。久しぶりに追いかけました。(^^ゞ
 イヨカンで産卵しているようですが、こんなに寒くなってきても孵化するのでしょうか?
 
アカタテハ(タテハチョウ科)
アカタテハ
 畑から帰ってくると、サッシにとまっていました。
 汚いですね。(チョウはキレイな個体です。)年末も近いので、掃除しろと言われているみたいです。^^;
 
ミセバヤ
ミセバヤ
 蕾が色づいてから、実に20日余り、やっと咲きました。
 例年、咲くまではシカト状態でしたが、今年はしっかり観察できました。^^;

タグ: タテハチョウ科  アゲハチョウ科  産卵  多肉など 

蝶ノート(その13)

 3コマ目です。

 10月1110日は地域の運動会でした。
 (雨で運動会が11日に順延になったことを、すっかり忘れていました。写真のデータを確認すればすぐ分かることなのに、思い込みってイヤですね。大丈夫かいな! 11/2追記)

 秋晴れの一日でしたので、競技の合間に、会場近くでチョウ探しをしてみました。
 アサギマダラ来訪以前から、かなりビョーキは進行していたようですね。(^^ゞ

 日付を遡ってどうするというツッコミは、勘弁してくださいね、3コマ目ですから。

 廃校になった小学校の進入路には両側に花壇があり、ランタナが花盛りでした。キタテハが腐るほどいて、義理立てした後が本番です。(^^ゞ
 
ツマグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科 10月1110日撮影)
ツマグロヒョウモン ♀
 この時点では、私にとって珍しかったのですが、今では何や、になっています。
 
オオスカシバ(スズメガ科ホウジャク亜科 10月1110日撮影)
オオスカシバ
 チョウではありませんが、ガの中でこの亜科だけは、ホバリングの姿に思い入れがあります。
 
ベニシジミ(シジミチョウ科 10月1110日撮影)
ベニシジミ
 小学校のグラウンドで、お船に乗っていました。大陸が見えたぞ~とでも叫んでいるのでしょうか。
 お気に入りの写真です。

タグ: タテハチョウ科    シジミチョウ科