きれいきれい(越冬蝶 2017-No.5)

  
 
 朝方は薄曇りの5℃、気温の上がり方は鈍かったのですが、それでも最高気温は19℃になりました。
 
 
 
ムラサキシジミの越冬場所(10:13)
越冬場所
 日課その1の越冬ムラサキシジミの確認ですが、気温の上がり方は鈍かったので出遅れてこの時間になりました。もぬけの空で、その辺にも見当たりませんでした。
 夕方にも戻っていなくて、整理上は昨日越冬完了となりました。

 途切れたことはあっても最初に越冬を確認した2016/11/12からは143日、最大3頭まで増減のあった2016/11/30からは125日、最後まで残ったこの個体は2016/12/5に2頭目で入ってきたもののようで120日間ここで越冬していたことになります。

 成虫になったチョウの生存期間はおおむね1週間から10日だそうですが、4箇月越冬してまだこれから子孫を残す活動を繰り広げるのですから、成虫で越冬するチョウの生存期間は格段に長いものですね。
 
 
 
ルリタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 日課その2の自生アセビパトです。
 遠くからの証拠写真とシャッターを落とすと同時くらいに逃げられました。

 どこにいるのかの「ウォーリーをさがせ」ではありません。トリミングする気になりません。それでもルリタテハと分かるんです!!! ^^;

 春先にルリタテハを見かけても撮り逃がすことがよくあり、初撮の早い年は4月、遅い年は10月、夏型が初見ということも珍しくありません。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 20172016201520142013
 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順 月日 順
ムラサキシジミ 3/27 1 3/31 6 4/24 6 3/17 3 3/9 4
アカタテハ 3/29 2 3/21 4 3/22 4 3/12 1 3/9 4
キタキチョウ 3/30 3 3/5 2 3/17 1 3/17 3 3/7 3
キタテハ 4/4 4 3/5 2 3/22 4 3/17 3 3/6 2
ルリタテハ 4/5 5 7/3 8 6/3 9 5/17 7 10/5 9
テングチョウ   3/4 1 3/17 1 3/12 1 2/28 1
ウラギンシジミ   3/29 5 3/21 3 3/28 6 8/26 6
ヒオドシチョウ   4/15 7 5/30 8 6/4 8  
ヒメアカタテハ   10/14 9 8/14 11 6/13 9 8/27 7
ムラサキツバメ   10/19 10 8/16 12 10/7 10 
イシガケチョウ     4/27 7    
クロコノマチョウ     7/11 10    
※ 我が家周辺で過去5年間に見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順
 に整理しています。
  今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 
 
左:キタキチョウ(秋型 シロチョウ科モンキチョウ亜科)
右:モンシロチョウ(春型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
誤認求愛
 モンシロチョウやキタキチョウがあちこちで婚活していましたが、中にはこんな誤認求愛も見かけました。
 モンシロチョウの♀は白いハズなのに、どんな理由でしつこく黄色いチョウを追いかけるのでしょうね。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 薄曇りの中でしたが、ムラサキ・ポイント近くのチャノキの葉上で日向ぼっこでしょうか。しかも、あっさり開翅してくれました。
 昨日の#1と同一個体のようで、左後翅の裂け目上部が欠け落ちた感じです。
 
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 同一個体ですが、ムラサキ・ポイントの葉上で口吻をよじらせ、触角を脚にこすりつけて身づくろいをしています。
 クリーニング行動と言われ、以前にもムラサキシジミやムラサキツバメなどで見かけたことがあります。
 
ムラサキシジミ
 こちらでも開翅してくれました。同一個体のハズなのに、光線の加減か印象が大きく異なっている気がします。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  クリーニング行動 

続 おひさまの恵み

 
 昨夜は冷え込み、昨日の最低気温、本日の最低気温は真夜中の8℃となったようです。
 本日は朝から雲がどんよりと垂れ込め、雨を予告するような風が吹いていて、午前11時前には降り始めました。



 それにひきかえ昨日の朝は文字どおりの秋晴れだったのですが、早めにパトロールに出たくても、家内とのつき合いで「べっぴんさん」も見なきゃいけないし、何やかやで午前9時を回ってしまいました。(^^ゞ
 
 
キタテハ(秋型 ♀ タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/10/24)
キタテハ秋型 ♀
 ムラサキ・ポイントに向かっていると、寝ていたのを叩き起こしたようで、お隣のチャノキから翔び出して来ました。
 昨日あたりからキタテハがかなり増えてきた印象です。
 
 
ルリタテハ(秋型 ♀? タテハチョウ科タテハチョウ亜科 2016/10/24)
ルリタテハ
 こちらは、ムラサキ・ポイントの樹下から翔び出して来ました。
 この後は、相変わらずスズメバチに邪険にされながら、大クヌギの樹液酒場で熱心に吸汁していました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリンシジミ亜科 2016/10/24)
ムラサキシジミ ♀
ムラサキシジミ ♀
 ムラサキ・ポイントの高い位置の葉上で開翅してくれました。
 同一個体ですが、半開翅と平開では印象も色合いも全く異なります。

 この日、ムラサキシジミをムラサキ・ポイントで別に1個体、異なる場所で別に2個体見かけましたが、どれも開翅してくれませんでした。
 
 
ムラサキツバメ #1(♀ シジミチョウ科ミドリンシジミ亜科 2016/10/24)
ムラサキツバメ ♀
 これもムラサキ・ポイントの高い位置の葉上で、半開翅してくれました。
 もっと早い時間帯なら、下の方で平開してくれるのでしょうね。
 
ムラサキツバメ #2(♀? 2016/10/24)
ムラサキツバメ ♀
ムラサキツバメ ♀
ムラサキツバメ ♀
 ムラサキ・ポイントでこの間見かけている♀のようですが、この日は目一杯近づかせてくれました。

 どこか挙動がおかしく感じましたが、フィールドでは確認できませんでした。
 写真を見ると、口吻を伸ばして身づくろい(クリーニング行動)でもしているのか、口吻が格納できないで困っているのか、何をしているのかよく分かりません。
 口吻のつけ根(器官?)とその近くには、ゴミのようなものが付着しているようです。

 右ペーンのタグ欄のクリーニング行動をクリックいただくと、過去のムラサキシジミとミズイロオナガシジミのクリーニング行動の観察記事をご覧いただけますが、そのどちらとも異なる行動のように見えます。
 ご存知の方はお教えください。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   クリーニング行動 

7月後半の虫たち(もろもろ編)

 
 朝方は25℃、最高気温は35℃、3日連続の熱帯夜、5日連続の猛暑日、たまりません。
 例年なら猛暑日は3日程度、異常気象ではなくてこれが当たり前の時代になったのかもしれませんね。



 ゴマダラチョウは今季まだ見かけていないなと思い出し、夕方久しぶりにパトロールしてみました。しかし、ジャノメ・ポイント付近でもジャノメチョウ亜科の見慣れた方ばかりでした。


 で、7月後半に見かけた虫たちの後編です。
 
 
ヒガシキリギリス(♀ キリギリス科 2015/7/23)
ヒガシキリギリス ♀
 ジャノメ・ポイント付近のワラビの葉上で見かけました。
 産卵管を折り畳んで葉裏に突っ込んでいるように見えたので、産卵しているものと思いました。

 しかし冷静になって考えると、長い産卵管は筒状の内部になどに産卵するためのもので、葉裏に産卵するのであればジャマになって仕方がありません。
 これは産卵管のお手入れいわゆるクリーニング行動ではないかと考えられますが、確かではありません。
 
ヒガシキリギリス(♂ 2015/7/23)
ヒガシキリギリス ♂
 ↑の4分後、隣のササの葉上だったので、同一個体と思ったら産卵管がありませんでした。(^^ゞ
 
 
ヤマトシジミ(★ ♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2015/7/18)
クモ
 ススキ?の葉裏に開翅したままとまっています。ヤマトシジミの寝相は葉先などで正座スタイルだけどと首を傾げました。
 後知恵ですが、この形でとまれる訳はありませんよね。
 
アズチグモクモ(捕食 カニグモ科 2015/7/18)
クモ
 何クモか分かりませんが、徘徊性走行性のクモに捕まっています。
 こんなに小さいクモなのに、食べきれるのでしょうか。

 蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲譜物語」」の chochoensis さんから、アズチグモと教えていただきました。ありがとうございます。
 なお、走行性はうろ覚えで書き飛ばしたことによる単純な誤りです。走行性能抜群って、車のセールスマンじゃぁ。(^^ゞ(2015/8/6追記)
 
 
ダイミョウセセリ(セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科 2015/7/19)
ダイミョウセセリ
 庭のブッドレアでダイミョウセセリが吸蜜中のところにハチ?アブ?が飛来しました。
 複眼が特徴的なのですぐ分かるだろうと高をくくっていましたが、ツマグロキンバエの複眼がよく似ていて、ご親戚だろうと思われます。
 何だ、ハエかぁですね。(^^ゞ

 ↑と同じ chochoensis さんから オオハナアブ(ハナアブ科)の♀と教えていただきました。重ねてありがとうございます。
 同じハエ目ですから複眼の模様がツマグロキンバエと似ていても不思議ではありませんが、ずい分遠い親戚です。(2015/8/6追記)
 
 
アブラゼミ(セミ科 2015/7/21)
アブラゼミ
 玄関ポーチの軒下にとまっていました。
 しみじみ観察すると、翅の白斑の並びと緑色の翅脈が美しいものだと感じました。
 
 
キイトトンボ(イトトンボ科 2015/7/25)
キイトトンボ
 ジャノメ・ポイント付近で見かけました。
 我が家周辺で見かける数少ない細身のトンボの一つです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 昆虫(蝶以外)  クリーニング行動    その他生き物  捕食 

ミズイロオナガシジミ

 
 昨日の雨の影響で朝は14℃、寒いくらいでした。最高気温は24℃、日向ぼっこをしたいほどで、一日強い風が吹いていました。


 朝のうち出られなかったためお昼前からパトロールしましたが、それほどの成果は得られませんでした。


[本日の看板]
 
ミズイロオナガシジミ ♂
 カキの葉上ですが、下側からの撮影のため木漏れ日状態で、珍しく試みたぼけももう一つです。
 前翅外側の黒帯の前端が鍵状になっているなど昨日の個体とは斑紋が大きく異なっていて、別個体と思われます。
 
ミズイロオナガシジミ( シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ミズイロオナガシジミ ♂
 お隣が刈った草につかまっています。
 
ミズイロオナガシジミ ♂
ミズイロオナガシジミ ♂
 カキの葉上に移って、先日のムラサキシジミのような不思議な動作をしていました。
 口吻を格納したままなのがムラサキシジミとは異なる点で、まるで猫が顔をなでているような印象を受けました。終わった段階では、ムラサキシジミと同様右触角が前脚にひっかかったようになっています。
 羽化間もないためと思われますが、一体何をしているのでしょうね。

 陽射しもない場所だったため、期待した開翅シーンは見られませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   ゼフ  クリーニング行動 

ウラギンヒョウモン(新生蝶(2015-No.32))

 
 朝方は20℃、曇っていたお昼前まではしのぎやすかったのですが、陽が射して最高気温は30℃に達しました。


 ムラシ・ポイントで嬉しい出会いがありました。
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 ムラシ・ポイントの我が家側(北側)で見かけました。どこにも傷みが見えず、羽化間もない一化個体だろうと思われます。
 例年見ていた越冬個体の産卵シーンを、残念ながら今季は見逃したようです。
 
ムラサキシジミ
 曇っていたためか、まだ開翅の仕方が分からないのか、開翅するでもなくジッとしたままです。
 そのうち口の辺りでもぞもぞした感じになり、フィールドでは分からなかったのですが、写真では口吻が勝手に伸びてもつれたようになっています。
 
ムラサキシジミ
 口吻は何とか格納できたのですが、右触角が脚に引っかかったままになっています。
 この様子からも羽化間もないと考えられます。
 
 
テングチョウ(産卵 タテハチョウ科テングチョウ亜科 10:30)
テングチョウ産卵
テングチョウ産卵
 食草(食樹)のムクノキで産卵姿勢をとっています。卵は確認できませんでした。
 かなりスレが見られることから越冬個体と思われますが、新鮮そうな個体も見られる時期なので確かではありません。
 
 
ウラギンヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン ♂
ウラギンヒョウモン ♂
 東の畑から裏の畑に上る通路付近で見かけました。
 とまらなかったので飛翔撮影ですが、珍しく歩留まりがよかったです。ただ、先ごろツマグロヒョウモン♂をウラギンヒョウモンと誤認した経過があるので、PCに落としてみるまで喜びはありませんでした。(^^ゞ
 
ウラギンヒョウモン ♂
ウラギンヒョウモン ♂
 翅裏の銀白紋が確認できる写真も残りました。

 ウラギンヒョウモンは2014/5/8、2013/5/21、2012/6/22、2011/6/14がお初で、今季が早いとも遅いとも言いがたいですね。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   産卵  クリーニング行動