許容範囲(アサギマダラ 2017-03)

 
 朝方は霧雨の18℃、曇りがちで最高気温は25℃でした。



 出かけていたこともあって写真の整理が間に合わず、本日の記事はアサギマダラ一色です。
 
 
アサギマダラ #2(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ
アサギマダラ
 黒子のヒトです。今日はここまで近づかせてくれました。


 飛翔写真も、一歩後退してみました。(^^ゞ
アサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ
20170923-asagi-06.jpg
アサギマダラ
アサギマダラ
 納得の写真にはなかなかなりません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アサギマダラ 

瓜に瓜なし(アサギマダラ 2017-02)

 
 朝方は13℃とこの秋お初の15℃割れと冷え込みましたが、身体が慣れてきたのかそう寒いとは思いませんでした。
 お昼前からしとしと雨になり、最高気温は20℃、むしろ日中の方が寒々しく感じました。




 朝のうちはほんの少し陽が射したこともあるものの、どんよりして薄暗い状態だったので、どうかなとは思いながらアサギマダラの確認に出かけました。

 そこで出会ったものは、
 
イノシシ(若 イノシシ科 8:31)
イノシシ
イノシシ
イノシシ
 裏の畑を一回りして戻ってくると、東隣りの草むら(元畑)で何かを掘っているようで、間隔は2m程度とすぐ近くでした。

 体長は70~80cm、以前見たニホンアナグマより一回り大きく感じました。瓜坊の縞模様は消えていますが、今季生まれのように見えました。
 2枚目の写真の段階で気づかれたようで、すたこらと薮に潜り込まれました。

 我が家周辺でイノシシを撮影したのはお初です。
 これで3日連続ぶっ飛ばされ、撮りためたチョウの写真がお蔵入りしそうです。(^^ゞ
 
 
アサギマダラ #2(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科 8:22)
アサギマダラ
 裏の畑のフジバカマで吸蜜していました。
 相変わらず敏感でこの程度までしか近づかせてくれず、すぐ逃げられました。
 この後、イノシシに遭遇しました。

 昨日の個体は左前翅の後の角が欠けていましたが、この個体は欠けが見られないので昨日とは別個体です。
 右の首筋(前翅前縁の白い部分)に黒子があるので、個体識別用の目印です。
 
#2(9:52)
アサギマダラ
 2回目のパトです。やはり黒子が見えます。
#2(10:03)
アサギマダラ
 くるりの後です。
 
#2(10:05)
アサギマダラ
 逃げられて、ササやツタが茂っている場所で休んでいました。
 
アサギマダラ
アサギマダラ
アサギマダラ
 業を煮やして飛翔狙いに専念しても、距離感が合わずこの程度です。
 
#2(10:47)
アサギマダラ
 最終で、この後雨になりました。やはり黒子が見えます。


 このフジバカマは八分咲き程度ですから当分はアサギマダラ対応が可能と思われますが、サワフジバカマはまだ蕾が固いので、激減したヒヨドリバナを見回ってみました。
 
ヒヨドリバナ(キク科フジバカマ属)
ヒヨドリバナ
 我が家の進入路沿い法面の一かたまりです。ほころびかけた花も見えます。
 ほかには薮の間に散見される程度で、お隣の杉林にも何株かあるのですが、こちらはいつ刈り払われるかも分かりません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 哺乳類  アサギマダラ  野草 

アサギマダラがやってきたぁ~♪(アサギマダラ 2017-01・新生蝶 2017-No.43)

 
 紫探しに出て、蒼も探さなくてはと午前中に一回りしました。
 そやそや、かなり開花が進んだフジバカマには何が来てるかなぁと行ってみると・・・
 
アサギマダラ #1(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ
アサギマダラ
 定番にはちょっと物足りないですが、今季お初ですから・・・
 
アサギマダラ
 ハナニラにとまりましたが、口吻は伸ばしていなくて吸蜜はしなかったようです。
 フジバカマ属と間違え、気づいたのかも知れません。
 
アサギマダラ
アサギマダラ
 スモモの葉上にとまりました。
 裏表ですが、もっと適当なアングルが見つかりませんでした。


 アサギマダラの飛来時期は、これまでで一番早かった一昨季の10/5から2週間も早く、初めて9月中のお目見えになりました。

   2017:  9/21-
   2016: 10/12-10/29 18日間 3個体(うち♀1)+1
   2015: 10/05-10/17 13日間 3個体
   2014: 10/07-10/17 11日間 7個体
   2013: 10/06-10/21 16日間 3個体
   2012: 10/11-10/26 16日間 5個体
   2011: 10/09-10/24 16日間 5個体+α
   2010: 10/15-10/26 12日間 10個体前後(初見)


 また昨日のチョウがぶっ飛ばされました。でも、昨日今日の飛ばされ方なら大歓迎です。
 タイトルは盗用です。やさしいあの方のことですから、笑って許していただけることでしょう。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: アサギマダラ  野草 

青い宝石 オオセイボウ

 
 朝方は18℃、曇り空でいつ降り始めるのかというような空模様でしたが、結局は降らず、最高気温は26℃でした。




 チョウでも収獲の多い一日でしたが、何と言ってもこれです。
 
オオセイボウ(セイボウ科セイボウ亜科 トリミング)
オオセイボウ
 
(↑の原図)
オオセイボウ
 
(トリミング)
オオセイボウ
 
(↑の原図)
オオセイボウ
 裏の畑のブッドレアで見かけました。実に5年ぶりです。
 体長は20mm弱、記憶の中でどんどん大きくなっていったのか、エライ小さいなという印象です。花穂をちょこまかと移動し、近寄ると逃げられました。
 裏の畑のオミナエシに日参していたのは、これ待ちでした。

 寄生蜂で、スズバチ、トックリバチなどの巣に産卵するそうです。
 
 
ハンミョウ(オサムシ科ハンミョウ亜科 2017/9/19)
ハンミョウ
 昨夜、玄関灯に誘われて軒下にとまっていました。日中なら年数回は見かけますが、夜の飛来は初めて確認しました。
 右上は、シロオビノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)です。

 近寄ると飛ばれ、頭に追突されました。小さな虫を捕食していたようですが、撮影しきれませんでした。
 
ハンミョウ
 今朝も居残っていて、午前10時頃にいなくなりました。
 道教えと言われますが、帰り道は遠かった 来た時よりも遠かった ♪ なのでしょうか。(^^ゞ

 ところで、帰り道は遠かったは好きでよく歌ったのですが、誰の歌だったかさっぱり思い出せません。チコとビーグルスだそうですが、WIKIには項目すらありません。
 それよりも、作詞が藤本義一だったことにもっと驚きました。
 
 
アカアシオオアオカミキリ(カミキリムシ科カミキリ亜科 2017/9/4)
アカアシオオアオカミキリ
アカアシオオアオカミキリ
 ムラサキ・ポイント付近で見かけました。
 体長30mm程度で、よく見かけるゴマダラカミキリほどの大きさです。
 アカアシオオアオカミキリなんて見たままじゃん、芸はないんかい!ですね。(^^ゞ
 
 
ハエマンサス・コッキネウス(ヒガンバナ科ハエマンサス属)
ハエマンサス・コッキネウス
ハエマンサス・コッキネウス
 2鉢です。時期ですから。

 玄関の明かりとりの桟にニホンアマガエルが鎮座しています。
 ヤモリと並んで、この方も玄関ポーチでの捕食者の一人です。戸を開け立てしてもピクリとも動かず、夜目覚めて活躍しています。
 軒下にあるツバメの巣や、この方たちを狙って上位の捕食者であるアオダイショウが姿を見せるのが難儀ですが、これも自然の摂理と割り切って追い払う程度です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ハチ  ハンミョウ    カミキリ  草花  両生類 

クローズアップ

 
 朝方は17℃、陽射しが強く最高気温は28℃でした。




 紫探しでパトに出ましたが、
 
ムラサキツバメ(♀ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキツバメ
 ムラサキ・ポイントで見かけました。
 ムラサキツバメは2個体見かけたのですが、この方しかモデルになってくれず、ここまで近づかせてもらっても開翅してくれませんでした。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 こちらもムラサキ・ポイントで見かけました。
 やはり開翅してくれませんでした。
 
 
メスグロヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
メスグロヒョウモン
 東の畑のフロックスにとまりました。あっという間でしたから、吸蜜した訳じゃなさそうです。
 この秋、メスグロヒョウモンの♂はよく見かけていますが、♀はお初です。
 
 
ヤマトシジミ(交尾 左:♂・右:♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ヤマトシジミ交尾
 裏の畑を歩いているとシジミチョウらしきものが翔び、どこか違和感があったので追いかけてみました。
 交尾飛翔形式は←♀+♂でした。

 ヤマトシジミもかなり増えてきているようです。
 
 
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ヒメアカタテハ
 裏の畑のオミナエシで吸蜜中です。
 当地では秋のチョウですが、まだ偶にしか見かけません。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ
 ムラサキ・ポイント付近で見かけました。
 久しぶりで翅を閉じ始めたのでオッと思いましたが、半開翅まででした。
 この2枚の写真は2時間ほどの時間差がありますが、斑紋や左前翅前縁の欠けから同一個体と思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: ムラサキツバメ  ムラサキシジミ  ヒョウモン  シジミチョウ科  交尾  タテハチョウ科  セセリチョウ科