けものみち

 
 朝方は薄化粧した-5℃、風花程度になったり前が見えなくなるほど降ったりの雪模様の一日で、風も強く最高気温は今季最低の2℃どまりでした。
 ただ、積雪量は心配したほどではなく、2~3cm程度で済みました。
 
 
雪(07:35)
雪
 左のナンテンはまだ実が残っていますが、センリョウなどは小鳥にほとんど取られています。
 雪は右のサザンカの葉上に見える程度です。
 
足跡(09:01)
雪
 東の畑から裏の畑へ上がる道に、点々と残されていました。途切れていてどこから来てどこへ行ったのかは確認できませんでした。
 右は私の長靴の跡、大きさから考えるとアナグマかハクビシンではないかと思われます。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 08:44)
ムラサキシジミ
 周囲に少し雪の積もった葉がある程度です。
 
ムラサキシジミ
 枯葉の下部や周りに少し雪がある程度で、まず影響はなさそうです。
 
 
ウラギンシジミのいた場所(11/15~ 08:54)
ウラギンシジミ
 葉が重なり合って、下からは確認できませんでした。
 この時間帯も-2℃、風も強くて長居は困難でした。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 08:39)
キタキチョウ
 東の畑の割に開けた崖で、昨日の強風にも今日の雪にも負けずがんばっていました。
 
キタキチョウ C01のいた場所(1/1~ 08:53)
キタキチョウ
 裏の畑のチャノキの個体は確認できませんでした。

 なお、裏の崖のU03も見当たりませんでしたが、天候が落ち着いてから再度確認するつもりです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  昆虫(蝶以外) 

冬景色

 
 朝方は-5℃、今冬一番の冷え込みでした。
 薄い霧が消えると、風もほとんどなく陽射しも暖かかったのですが、最高気温は10℃どまりでした。
 
 
ペンタス(アカネ科ペンタス属 07:17)
霜柱
 枯れて株元からバッサリしたものですが、掘り起こさないまま放置していました。
 怪我の功名、今朝の冷え込みで霜柱の白い花が咲きました。
 
 
コクタン(カキノキ科カキノキ属 07:17)
霜
 
サザンカ(ツバキ科カメリア属 08:14)
霜
 
チャノキ(ツバキ科カメリア属 08:18)
霜
 トゲトゲ撮影にトライしてみました。
 
 
ウラギンシジミ(11/15~ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 08:25)
ウラギンシジミ
 ぶら下がっている葉裏は当然ですが、その表側も霜が降りていませんでした。
 ただ、まだ氷点下だったものの、陽射しにより霜が融けて雨のように落ちてきました。
 
 
キタキチョウ C01(1/1~ 08:30)
キタキチョウ
 こちらはシダに霜が残っていますが、ぶら下がっている周辺の葉には霜がありません。

 越冬蝶の霜対策は万全のようです。



 そして夜には、
 
月暈(19:13)
月暈
 目視でも見逃しそうでしたが、ウデと機材の不足によるものか、見ようとしなければ見えませんね。(^^ゞ
 明日は雨のようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  蝶(越冬) 

蛹越冬

 
 朝方は4℃、すぐに陽が射し始めましたが木枯らしが冷たく、午後になると曇って時おり時雨れるようになり、最高気温は12℃どまりでした。




 成虫で越冬するチョウには特段の変化がありませんが、それ以外にも継続観察中のものがありました。
 
 
キアゲハ #1(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ蛹
 エケベリアのプラ鉢で蛹化した個体です。
 エケベリアは屋内で断水管理中なので、この個体のみ屋内観察です。
 
キアゲハ #3
キアゲハ蛹
 庭のブロックで蛹化した個体です。
 
キアゲハ #4
キアゲハ蛹
 庭の枯れ茎で蛹化した個体です。
 昨季の10/1の段階で寄生バチがとまっていましたが、目視の範囲では卵を産みつけられたような穴は見当たりません。
 
キアゲハ #6
キアゲハ蛹
 庭の枯れ茎で蛹化した個体です。
 帯糸は大丈夫のようですが、糸座が外れたようです。接着剤でくっつけるかどうか思案中です。(^^ゞ
 
キアゲハ #7?
キアゲハ蛹
 玄関先の通路のステップで蛹化した個体です。
 キアゲハだと思いますが、色合いも異なり定かではありません。
 隠すものがない上、色合いも一番目立つように思われますが、無事のようです。


 # は昨秋の蛹化時に合わせています。#2は欠番です。
 #5は庭で自生したハゼで蛹化した個体ですが、かぶれるからだろうと思いますが、家内がハゼを抜き取ったようです。

 現段階では蛹5個体を継続観察中です。
 3月から4月のいつ頃に羽化するか分かりませんが、忘れそうな気もします。あれはどうなってる?とお声かけいただくと助かります。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ:   蝶(越冬) 

元気玉

 
 当地では、朝から陽が射して穏やかなお正月を迎えました。



 明けましておめでとうございます。
 昨季はご指導ご鞭撻ご寛恕(私らしい?)を賜り
 真にありがとうございました
 これに懲りず今季も引き続いてよろしくお願い申
 し上げます



 お正月ですから、お年玉をいただけるのではないかと遅めのパトロールでしたが、この歳までなると身の程知らずも甚だしいようで、どうしても出る一方です。
 
 
ウラギンシジミ(11/15~ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 10:27)
ウラギンシジミ
 気にかかっていた越冬ウラギンシジミですが、変わりはないようで一安心です。
 
(2016/12/31 10:27)
ウラギンシジミ
 これは昨日、脚立上からの写真です。
 複眼は通常の焦げ茶色で、先に白っ茶けたように見えたのは光の加減のようです。ただ、少しの風でも翅がフラフラ、後脚も振られているように見えたのが気になりました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 10:31)
ムラサキシジミ集団越冬
 2頭集団ですが、上を向いて寄り添っているくらいで特に変化はありません。
 
ムラサキシジミ(10:39)
ムラサキシジミ集団越冬
 8分後には、向かい合って蝶首会談していました。

 気温の低い時間帯には、体を寄せ合うことにより体温の低下を防いでいて、気温が上昇するとせまっ苦しいのはイヤと離れたように見えます。
 ただ、チョウは変温動物ですから、体を寄せ合っても体温保持や風除けにどれほどの効果があるのかは疑問を禁じ得ません。

 お昼過ぎには14℃に達したので、日向ぼっこ派はいないかと確認しましたが、アブくらいしか翔んでおらず、この2頭の会談はまだ続いているようでした。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 10:25)
キタキチョウ
 
キタキチョウ U03(12/23~ 夏秋中間型 10:50)
キタキチョウ
 東の畑法面の崖と裏の崖の個体は特に変化が見えません。
 
キタキチョウ C01(1/1~ 10:53)
キタキチョウ
 裏の崖の擁壁から見上げると、チャノキに黄色いものが見えました。
 株元から15cmほどの高さで、チャノキの葉裏にぶら下がっています。

 ささやかなお年玉ですね。
 
(秋型♂ 13:48)
キタキチョウ
 すぐには陽が反射して翅脈も見えにくかったので、午後改めて撮影しました。
 秋型♂のようです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬) 

らしい雪

 
 朝方は薄化粧の氷点下、その後も時おり雪、一時的には陽の射すこともありましたが、西から北よりの風が強く吹き、最高気温は6℃、寒い一日でした。

 今冬に霙が落ちてきたり風花が飛んだりということはあったような気がしますが、雪らしい雪はお初です。
 
 
雪
 と言ってもこの程度です。
 花がないかと探してみると、黄色のブッドレアが咲き残っていました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 07:59)
ムラサキシジミ集団越冬
 ムラサキ・ポイントの葉上には雪が積もっておらず、だからこそここを越冬場所に選んだということでしょうね。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 07:57)
ウラギンシジミ
 こちらも同じ並びですから、雪は見当たりません。

 気にかかるのはウラギンシジミの複眼ですが、通常はもっと焦げ茶色なのに、光の加減か白茶けて死んだ魚のような目になっています。
 力尽きたような気がしますが、天候が落ち着いたら脚立に上ってみます。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 08:01)
20161228-kitaki-04.jpg
 東の畑の東に面した崖です。
 確かに雪が降ったようだと分かる程度ですね。
 
キタキチョウ U03(12/23~ 夏秋中間型♀ 08:02)
キタキチョウ
 裏の南面した崖です。
 12/23にU01がいなくなり、同じ崖の2m弱東側でこの個体を見つけました。同じ夏秋中間型♀のようなのでU01が移動したとも思えますが、確かではないので暫定的にU03としておきます。

 コシダの葉上には雪が少しは見えるのですが、撮影が下側からなのでほとんど目立ちません。白っぽいものが葉上に見えると雪らしいと思ってくださいね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  蝶(越冬)