ムラサキシジミ集団越冬

 
 朝方は5℃、冬らしくない青空が広がり、陽射しさんさんとはいうものの、空気は冷たく最高気温は15℃でした。
 
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 13:56 2016/12/1)
ムラサキシジミ越冬
 これは昨日のことです。

 雨上がりに、一昨日枯葉に帰って来たムラサキシジミを確認すると、枯葉が傾き気味で、体半分が葉からはみ出すようなとまり方をしていました。



 このため、またいなくなっているのじゃないかと、本日は恐々枯葉をのぞき込みました。
 
ムラサキシジミ(11:13)
ムラサキシジミ集団越冬
ムラサキシジミ集団越冬
 あぁ、いたいたでしたが、隣に縦の軸のようなものが見えます。若しかするととは思ったのですが、周囲が明るいため余計に暗くて目視では判別できなかったので、撮影の上慌てて確認のため戻りました。

 緑葉に囲まれたりしてろくろくアングルもなかったのですが、何とか2個体と確認できました。尾状突起が見えないので、右側の個体もやはりムラサキシジミのようです。

 2個体で集団越冬とはおこがましいのですが、ムラサキシジミの越冬を確認したのですら2季目ですし、複数個体は当然これが初めてです。
 
ムラサキシジミ(12:49)
ムラサキシジミ集団越冬
ムラサキシジミ集団越冬
 写真がもう一つだったのでお昼過ぎに出てみると、更にアングルが厳しくなっていましたが、まぁ何とか撮影できました。

 一昨日に帰ってきて、2日後の本日には2個体になったということは、明後日には3個体か倍の4個体になるかもと期待しながら引き上げました。
 
ムラサキシジミ(16:03)
ムラサキシジミ集団越冬
 夕方確認すると、確かに3個体になっていました。(^^ゞ
 ハエ君には、追い出したりすることなどないよう重々言い聞かせておきました。

 ムラサキシジミの一方は上向き、一方は下向きで、この姿勢のまま眠るのでしょうか。明朝確認したいと思っています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)  昆虫(蝶以外) 

お帰りなさい

 
 朝方は3℃、陽は射していましたが気温の上がり方が鈍く、午後には曇ってきて最高気温は14℃どまりでした。




 裏の畑では翔んでいるヤマトシジミを2個体見かけただけだったので、このお天気で日向ぼっこのムラサキ兄弟を見るのは無理かなと思いながら、ムラサキ・ポイントを回ってみました。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 11:30)
ムラサキシジミ
 以前ムラサキシジミが越冬していた枯葉をそっとのぞいてみると、戻ってきていました。
 頭部を右にしてほぼ水平になっていたので、下側から撮影しました。
 以前の個体と同じくらいの大きさですが、同一個体かどうかは不明です。
 
ムラサキシジミ
 以前の場合、南側からは枯葉がむき出しになって雨が当たるようになったため出ていったとと思われますが、このように緑葉で隠れるようになったので戻ってきたのでしょうか。
 
(13:32)
ムラサキシジミ
 この時刻になると、斜め上に向きを変えています。
 今度は一冬ここに居続けて欲しいものです。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:40)
ウラギンシジミ
 足場が悪いのですが、脚立を持ち出して近くに寄ってみました。
 この時間帯には曇っていて薄暗い上、少し風が吹き始め、葉に爪を立てているのかどうか確認できませんでした。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:18)
左からE-01(11/15~)・E-02(11/26~)・E-03(11/25~)
キタキチョウ 3ショット
 11/26とは配置が変わっていますが、同じメンバーと思われます。
 ()は確認開始日、Eは東(East)の畑の崖の意です。
 
キタキチョウ E-04(11/15~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ E-05(11/22~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ E-06(11/30~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ E-07(11/30~)
キタキチョウ
 東の崖で都合7個体見かけています。
 
キタキチョウ U-01(11/30~)
キタキチョウ
 
キタキチョウ U-02(11/30~)
キタキチョウ
 Uは裏の崖の意です。都合2個体見つけました。
 裏の崖は風が遮られ陽がよく当たるので、例年コシダには越冬キタキチョウが多いのですが、越冬団地移転後は少なめです。
 気温が上がることがあれば移動してくるものと思われます。

 越冬キタキチョウは、合計で9個体を継続観察中ということになりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬) 

キタキチョウ越冬団地移転

 
 やみ間のない雨の一日でした。



 昨日一昨日の様子です。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:23 2016/11/26)
キタキチョウ
 東の畑の崖面です。
 中央少し右の黄色いものは草が×印をしているようにキタキチョウではありませんが、それでも3個体います。上側の1個体が11/15から継続観察しているものと思われます。

 この団地は2個体が増えた新規のもので、11/19の3団地はすべて消滅し、どの場所でも1個体すら見つかりませんでした。その原因は、日中でもキタキチョウが翔ぶような暖かい日が何日かあったこと、強い風などで草むらの状態が様変わりしていることなどが考えられます。

 これ以外は、同じ崖で1個体を見つけただけで、キタキチョウは都合4個体と激減しています。



 さて、ムラサキ・ポイントでは、
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2016/11/26)
ムラサキシジミ
 枝が大揺れの風が吹いていたので、この日はムラサキシジミ1個体だけを見かけただけでした。
 下草(シダ)に降りてくれたのですが、開翅はお預けでした。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 2016/11/26)
ウラギンシジミ
 こちらは変化がありません。

 スズメバチも一日で1~2頭しか見かけなくなったので、そろそろムラサキ兄弟の塒やウラギンシジミのぶら下がり追加個体を探してみたいと思っています。
 
 
ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/11/25)
ツマグロヒョウモン
 こちらは一昨日、裏の畑で見かけました。
 ツマグロヒョウモンはずっと♂ばかりでしたが、久しぶりの♀でした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)   

日向ぼっこたち

 
 朝方は13℃、晴れときどき曇りながら陽射しは強く、最高気温は21℃に達しました。

 福島県沖のM7.4の地震と津波での被害は少なかったとはいうものの、余震が続いていて早くおさまって欲しいものだと思っています。




 暖かくて陽射しがあったので、ムラサキ・ポイントのパトロールです。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ
 
(♂)
ウラギンシジミ
 私の承知しているところでは、この時期のウラギンシジミは、厚みのある葉の裏に爪を突き立ててぶら下がっているからそうそうは出て来られないというものですが、このヒトたちはまだ越冬態勢に入ってなくて、葉に爪を引っ掛けておねむしている段階なのでしょうか。
 本日は風があって大量の枯葉やドングリが落ちてきていたため、驚いて翔びだしたのかも知れません。
 
ウラギンシジミ
 いずれかの個体がぶら下がっていた方なのかと確認しましたが、こちらは特に変わりがないようです。
 
 
ムラサキシジミ 上:#2・下:#1(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
ムラサキシジミ
 本日の2ショットです。
 
#1(♂)
ムラサキシジミ
 葉表のアブラムシ類の排泄物を舐めていたので口吻の先を接写しようとしたのですが、すぐやめて開翅してくれました。あのねぇ。
 
#2(♂)
ムラサキシジミ
 前翅外縁が両方とも縦にカッターで切り取られたような先日の個体ですが、どうしてこうなったのかの理由を未だに思いつきません。
 
#3(♀)
ムラサキシジミ
 樹下のチャノキに降りて開翅してくれました。
 比較的傷みの少ない個体です。♂と違って相方を探す必要のない分、活動することが少なかったからでしょうか。


 本日は、ムラサキ・ポイント常連さんのムラサキツバメは姿を見せてくれませんでした。



 残り少ない命を謳歌している方を記録として載せておきますね。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
チャバネセセリ
 裏の畑で見かけました。
 これまで11月中旬の撮影記録はあるのですが、11月下旬の撮影は初めてです。記録として残そうという思いはなかったので、見かけても撮影しなかっただけかもしれません。
 
 
モンキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
モンキチョウ
 裏の畑で久しぶりに見かけました。こちらの撮影記録も11月中旬までです。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2016/11/20)
ツマグロヒョウモン
 裏の畑で毎日のように♂ばかり1個体だけ見かけます。撮影できなかったので一昨日の写真ですが、黄色のブッドレアで吸蜜中です。
 こちらの撮影記録も11月中旬までです。


 ほかに、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウを見かけましたが、ベニシジミは姿を見ませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)   

ぶら下がり健康法

 
 朝方はパラパラ雨の12℃と暖かめでした。午前中は時おりしびしび雨、午後には上がっても曇り空で、最高気温は16℃どまりでした。




 ぶら下がっているチョウたちの様子を見てみました。
 
 
キタキチョウ(シロチョウ科モンキチョウ亜科 13:03)
キタキチョウ
 東の畑の崖上の里道の上側法面で見かけました。
 この場所では、11/13から継続観察中の1個体ともう1個体の都合5個体見かけました。

 また、東の畑の崖面で11/15から継続観察中の1個体を見かけています。
 
キタキチョウ(13:47)
キタキチョウ
 裏の崖の東側中央寄りで見かけました。
 擁壁の天面を東から歩いて探すと1個体も見つからなかったのですが、経験則で逆から探すと次々見つかりました。
 この場所では、別の1個体も見かけています。
 
キタキチョウ(13:52)
キタキチョウ
 裏の崖の西側の窪んだ場所で見かけました。
 右側の個体は11/13から継続観察中です。


 本日はキタキチョウを都合12個体見かけましたが、こんな日ですからぶら下がっているのであって、お天気が戻ればこのうち何個体かは翔び出すのだと思います。
 ある程度安定してからナンバリングして整理したいと思っています。
 
 
ウラギンシジミ[11/15~](シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 13:15)
越冬ウラギンシジミ
 ムラサキ・ポイントで継続観察中の個体です。特に変化は見当たりません。


 別の個体やムラサキツバメ、ムラサキツバメの寝室を探してみましたが、さっぱり見つかりませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 蝶(越冬)