お休みのお知らせ

 
 実家の父の体調が思わしくなく、四国との往復が重なっています。
 当分の間、お休みにさせていただきます。
 
 

抱き枕

 
 朝方は大霜の-4℃、晴れていたのは朝のうちだけで午後には雨になり、最高気温は5℃どまりの寒い日でした。
 
 
ウスタビガ(1/29~ 繭 ヤママユガ科ヤママユガ亜科 7:55)
ウスタビガ 繭
 こんな空でした。
 この青を見て、今日はこんないい日かと思ったのに看板倒れでした。(^^ゞ

 梅が咲いたとか蕾が緩んだと聞こえてきたので、1/29に裏の畑のナンコウウメを見に行くと、黄緑色の枯葉が目に入りました。角度を変えると厚みがあったので、ウスタビガの繭と分かりました。

 本日はトゲの花観察でした。
 
ウスタビガ 繭
ウスタビガ 繭
 陽の当たる側は既に融けたようで、逆光側だけトゲトゲでした。

 ウスタビガは10~11月に羽化するそうですから、繭は空じゃないかと思いましたが、どこにも開いた箇所はないし、触ってみると持ちおもりする気がしました。
 繭を開いて中の蛹を見てみたい誘惑に駆られましたが、何とか思いとどまりました。(^^ゞ
 
 
キアゲハ #3(蛹 アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科 7:25)
キアゲハ 蛹
 庭のブロックで蛹化した個体です。
 トゲの花どころか霜の影響は全く見当たりません。
 
キアゲハ #3(2017/1/16 7:27)
キアゲハ 蛹
 世間では大雪、当地ではうっすらの日には、少量の雪を抱えていました。
 
 
キアゲハ #4(7:25)
キアゲハ 蛹
 庭の枯れ茎で蛹化した個体です。
 水平近くになっているので、殻や帯糸にも小さいながらトゲが見えます。
 1/16には、うっすら雪でも隠されていました。
 
 
キアゲハ #7(7:24)
キアゲハ 蛹
 玄関先の通路のステップで蛹化した個体です。
 #3は東に面した場所、こちらは西に面した場所なので霜の影響は大きいと思ったのですが、こちらでも霜は全く見当たりません。
 
キアゲハ #7(2017/1/16 7:25)
キアゲハ 蛹
 雪に関しては、西に面したこちらが多いですね。


 屋内の#1は健在ですが、庭の枯れ茎で蛹化した#6は見失ってしまいました。
 この結果、継続観察中のキアゲハの蛹は4個体です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 昆虫(蝶以外)   

防霜

 
 
 朝方は-3℃、薄曇りで最高気温は12℃、午後3時頃からは雨になりました。



 リクエストがあったので、トゲの花を載せますね。
 あのぉ、犯人?探しはやめてくださいね。私がそう思っただけですから・・・(^^ゞ
 
オベリスク(2017/1/26 7:39)
霜
 庭に転がっている壊れたオベリスクの帯の部分です。鉄製だからトゲの花がよく咲いています。
 
ブッドレア(フジウツギ科フジウツギ属 2017/1/26 7:57)
霜
 裏の畑のブッドレアの花ガラです。裏の畑は開けているので冷え込みも厳しいようです。
 
 
キタキチョウ E05(11/22~ 秋型♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科
2017/1/26 7:56)
キタキチョウ
 周囲にはトゲの花が咲いているものもありますが、キタキチョウにはほとんど影響がないようです。
 
 
ムラサキシジミ(シジミチョウ科ミドリシジミ亜科 2017/1/26 8:00)
ムラサキシジミ
ムラサキシジミ
 カシ類の葉にもトゲの花が咲いています。奥まったところにあるこの枯葉は大丈夫だと思っていたのですが、周りには霜がついています。

 ムラサキシジミは1/18まで2個体と確認していたのですが、1/25には1個体になってしまいました。


[ムラサキシジミ越冬個体数の推移]
11/12-11/1511/30-12/112/2-12/412/5-12/2412/25- 1/18 1/25-
112321
※ 日付は当初確認日から最終確認日を示しています。
  なお、11/16から11/29までは越冬個体 0、1/19-1/24は確認できていません。


 多分再会のウラギンシジミは、その翌日の1/18にいなくなってしまいました。
 この結果、本日現在で継続観察中の成虫越冬蝶は、ムラサキシジミ1個体、キタキチョウ1個体となりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 自然・季節  蝶(越冬) 

団体グルメツアー

 
 朝方は-3℃、昨日一昨日の-5~-6℃からすると気持ち寒さが緩んだのかなと思えます。
 
 
ナンテン(メギ科ナンテン属 2017/1/26 9:46)
メジロ
 ナンテンに メジロが?羽 とまってた ♪

 庭のナンテンは、鳥たちがお好みでないのか例年は遅くまで実が残っているのですが、一昨日はこんな状態でした。
 ずうずうしい割に敏感なので、玄関戸を静かに開けての撮影です。この後すぐ飛び立たれましたが、人の姿が見えなくなるとまた戻ってきます。
 
ナンテン(2017/1/26 7:35)
ナンテン
 
センリョウ(センリョウ科センリョウ属 2017/1/26 7:34)
センリョウ
 この日は-6℃とこの冬一番の寒さで、トゲの花が咲いていました。
 でも、こんなシーンもあっという間に見られなくなりそうです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 

タグ: 野鳥  自然・季節 

後継?

 
 朝は3日続きの薄化粧、最低気温は-1℃で少し寒さが緩んだのかなという印象です。陽射しはあっても気温が上がらず、最高気温は7℃どまりでした。
 
 
雪(07:27)
雪
 ↓とほぼ同じ時刻にナンテンとサザンカを同じ構図で撮影したつもりでしたが、ずいぶん違っていますね。
 ただ、本日の雪は昨日一昨日のサラサラ雪とは違った湿った雪で、ナンテンの実では融けています。



 観察場所は滑ったりすると命にかかわるような場所も多いので、雪が融けて地面がある程度乾いてから、↓で確認できなかった越冬蝶を見つけるために出動しました。


 まず、ムラサキ・ポイントの越冬ウラギンシジミ(2016/11/15~2017/1/10)ですが、やはり見つからず、周囲に★も見当たりませんでした。
 ただ、
 
ウラギンシジミ(1/17~ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 16:21)
ウラギンシジミ
 ウラギンシジミ越冬場所の木枯らし風下側(南東方向)の3~4m離れた薮の中で見かけました。地表から70~80cmの高さの枯れ枝(つる?)にしがみついていて、風や雨、雪を遮るものは何もありません。
 
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ
 必死でしがみついている感じです。
 ムラサキ・ポイントの個体と異なっている点は見られず、場所などを考え合わせると同一個体の可能性が高いと思われますが、個体識別は困難なため確かではありません。
 多分1/14の強風で飛ばされ、手近のものによじ登ったのではないかと思われます。

 この場所では到底越冬できるとは考えられず、風雨が避けられる場所に移ったとしても、この間かなりエネルギーを消耗したと思われるので、先行きが心配です。見守りたいと思っています。


 キタキチョウは、裏の崖のU03(2016/12/23~2017/1/10)、裏の畑のチャノキのC01(2017/1/1~2017/1/10)とも見つかりませんでした。


 以上の結果、継続観察している成虫越冬蝶は、ムラサキシジミ2個体集団、ウラギンシジミ1個体、キタキチョウ1個体となりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。